ニュース
» 2012年10月12日 11時00分 UPDATE

2012年PC秋冬モデル:着脱式キーボードでタブレットとノートPCの“2Wayスタイル”に――「HP ENVY x2」

「HP ENVY x2」はWindowsタブレットと着脱式のキーボードドックを組み合わせ、タブレットスタイルとノートPCスタイルの両方を利用できるハイブリッド型のモバイルノートPC。7万円前後という価格も魅力的だ。

[池田憲弘,ITmedia]

セパレート型のハイブリッドノートPCを投入

photo HP ENVY x2

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は10月12日、タブレットスタイルとノートPCスタイルを切り替えて利用できるハイブリッド型のモバイルノートPC「HP ENVY x2」を発表した。量販店モデルは用意せず、同社直販サイト“HP Directplus”限定で2013年1月に販売を開始する。価格は7万円前後となる予定。

 HP ENVY x2は、11.6型ワイドの静電タッチパネル付き液晶ディスプレイを搭載するタブレットと、着脱式のキーボードドックを組み合わせ、タブレットスタイルとノートPCスタイルを、利用シーンに応じて使い分けられることが大きな特徴だ。

 CPUはAtom Z2760(1.8GHz)、メインメモリはDDR2 2Gバイト(2Gバイト×1)、データストレージは64Gバイトのフラッシュメモリ(eMMC)を搭載。グラフィックスはCPU統合のグラフィックスコアを利用する。

 ディスプレイは広視野角のIPSパネルを採用しており、解像度は1366×768ドットだ。ほかのENVY製品と同様に、高音質化技術の「Beats Audio」に対応しており、タブレット本体にステレオスピーカーを備える。

photophotophoto ボディの素材はアルミニウム。タブレットの背面中央にはHPのロゴがあしらわれている(写真=左、中央)。製品版では日本語キーボードとなる。キーピッチは18.9ミリ、キーストロークは1.5ミリだ(写真=右)

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を利用できるほか、NFC(Near Field Communication)を標準で搭載。インタフェース類は、タブレット本体にmicro SDカードスロットとマイク入力/ヘッドフォン出力のコンボジャック、200万画素でフルHD対応のフロントカメラと、800万画素のリアカメラを、キーボードドックにはUSB 2.0×2、HDMI出力、2in1メディアスロット(SDメモリーカード、MMCに対応)などを装備した。

 OSは32ビット版のWindows 8をプリインストール。タブレット単体での本体サイズは、303.9(幅)×193.6(奥行き)×8.55(高さ)ミリで、重量は約0.71キロだ。キーボードドックとの接続時には、本体サイズが303.9(幅)×207.1(奥行き)×18.9(高さ)ミリ、重量が約1.41キロとなる。バッテリー駆動時間は、タブレット単体で約7.5時間、キーボードドック接続時は最長で約14時間とされている。

photophoto キーボードドックのインタフェースは左側面にUSBとHDMI出力を(写真=左)、右側面にはUSBと2in1メディアスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力のコンボジャックを備える(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.