ニュース
» 2012年10月19日 12時00分 公開

2012年PC秋冬モデル:Core i7モデルを追加した1台4役の21.5型AV PC――「dynabook REGZA PC D712」

「dynabook REGZA PC D712」は、21.5型フルHD液晶を備えた液晶一体型PCのバリューモデル。秋冬モデルはWindows 8の導入とともに、Core i7搭載の上位モデルを追加した。

[ITmedia]

新たにCore i7+3波ダブルチューナー+BDドライブ搭載の上位機を追加

21.5型フルHD液晶を搭載した「dynabook REGZA PC D712」

 東芝は10月19日、21.5型フルHD液晶ディスプレイを搭載した液晶一体型PC「dynabook REGZA PC D712」の2012年秋冬モデルを発表した。従来は1モデルのみの販売だったが、今回は64ビット版Windows 8を導入するとともに、Core i7搭載の上位機を追加し、2モデルで展開する。

 発売日はいずれも10月26日の予定だ。価格はオープンで、実売価格は上位機の「D712/V7G」が19万円前後、下位機の「D712/V3G」が12万円前後の見込み。それぞれにダークグリーン、メローボルドー、リュクスホワイトのカラーが用意される。

 D712シリーズは、同社の液晶一体型PC「dynabook REGZA PC」の下位モデルだ。上位機のD712/V7Gは、Core i7-3630QM(2.4GHz/最大3.4GHz)、8Gバイメモリ(DDR3-1600/4Gバイト×2)、2TバイトHDD(5000rpm)、BDXL対応Blu-ray Discドライブを備える。3波デジタル対応のダブルチューナーを装備し、IEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Office Home and Business 2010を備えるなど、これまでのD712シリーズから大幅に仕様を強化した。

 下位機のD712/V3Gは、CPUをCeleron B820(1.7GHz)からCeleron B830(1.8GHz)に底上げしている。4Gバイトメモリ(PC3-10600/2Gバイト×2)や1TバイトHDD(5000rpm)は夏モデルから変わりがない。こちらは地上デジタル放送のシングルチューナーを搭載し、無線LANはIEEE802.11b/g/n、オフィススイートはOffice Personal 2010となる。

 そのほかの主な仕様は共通だ。1000BASE-Tの有線LAN、SDXC対応SDメモリーカードスロット、USB 3.0×2、USB 2.0×4、HDMI入力、音声入出力、有効画素数約100万画素のWebカメラを搭載する。

 ボディデザインは夏モデルのラウンドフォルムを継承している。本体サイズは最小傾斜時で522(幅)×174(奥行き)×388(高さ)ミリ、重量は約6.5キロだ。抗菌仕様のタイルキーボードとレーザーマウス(いずれもワイヤレス仕様)、リモコンが付属する。

左からダークグリーン、メローボルドー、リュクスホワイトのカラー

dynabook REGZA PC D712店頭モデルの概要(その1)
dynabook REGZA PC D712 D712/V7G (3色) 液晶一体型 Win 8採用、CPU強化 Core i7-3630QM (2.4GHz/最大3.4GHz) 8GB (DDR3) 2TB 64ビット版 Windows 8 19万円前後
D712/V3G (3色) 液晶一体型 Win 8採用、CPU強化 Celeron B830 (1.8GHz) 4GB (DDR3) 1TB 64ビット版 Windows 8 12万円前後
dynabook REGZA PC D712店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook REGZA PC D712 D712/V7G (3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM76 BDXL対応 Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4000) 3波デジ×2 / Office Home and Business 2010 約6.5キロ
D712/V3G (3色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM76 DVDスーパーマルチ CPU統合 地デジ / Office Home and Business 2010 約6.5キロ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう