ニュース
» 2013年01月16日 11時46分 UPDATE

2013 International CES:2013 CESはクーラーにも注目したい! (1/2)

“総合メーカー”の大規模ブースが目立つCES会場だが、未発表モデルで注目したいパーツベンダーもある。ここでは、PCケースやクーラーユニットなどを紹介しよう。

[本間文,ITmedia]

Silver Stone Technology

 Silver Stone Technologyは、Mini-ITX対応のホームシアターPC向けPCケースや、インテルがオールインワン向けプラットフォームとしても積極的に推進しているThin Mini-ITX対応PCケースなど、スモールフォームファクタ向けの製品を拡充していた。「Milo ML05」は、Mini-ITX対応のホームシアターPC向けモデルで、サイズが350(幅)×99(高さ)×204(奥行き)ミリの本体にスリムタイプの光学ドライブ用ベイと4基の2.5インチドライブベイを搭載する。冷却機構としては120ミリ径ファンに加えて、2基の80ミリ径ファンをサイドパネルに搭載できる。

 「Petite PT13」は、Thin Mini-ITXに対応した省スペースデスクトップPC向けケースで、186(幅)×42.5(高さ)×181(奥行き)ミリ、容量が約1.5リットルのサイズを実現している。ドライブベイは2.5インチ対応を天板に取り付けるのみで、光学ドライブベイはなく、冷却機構もCPUクーラーユニットだけだ。

kn_parts2_01.jpgkn_parts2_02.jpg Mini-ITX対応のホームシアターPC向けケース「Milo ML05」(写真=左)。Thin Mini-ITXに対応した小型ケースの「Petite PT13」。ケースはファンレスで、天板に2.5インチドライブを取り付けるスペースを備える(写真=右)

 micro ATX対応のミニタワーPCケース「SUGO SG09」の派生モデルとなる「SUGO SG10」は、220(幅)×295(高さ)×354(奥行き)ミリのボディにスリムタイプの光学ドライブ用ベイ、3.5インチ対応ドライブベイを2基、2.5インチ対応ドライブベイを4基搭載する。フロントパネルに180ミリ径の防じんファンを備え、サイドパネルに120ミリ径ファンを2基搭載できる。

kn_parts2_03.jpgkn_parts2_04.jpg コンパクトなmicro ATXフォームファクタ準拠のPCケース「SUGO SG09」

 さらに、COMPUTEX TAIPEI 2012で参考出品したゲーミングPC向けケース「Raven RV04」の量産試作機や、これとベースデザインを共用する静音重視モデル「Fortress FT04」、そして、産業用PCを想定して防じん性能を高めた「Mommoth MM01」も公開した。

kn_parts2_05.jpgkn_parts2_06.jpg Silver StoneのフラグシップゲーミングPCケース“Raven”シリーズの最新モデル「RV04」量産試作機。本体サイズは219(幅)×581(高さ)×497(奥行き)ミリで、フロントに2基の180ミリ径ファンを搭載し、2基の5.25インチドライブベイ、7基の3.5インチドライブベイ、4基の2.5インチドライブベイを備える(写真=左)。左が「Raven RV04」量産試作機で、右は同じベースボディを利用して静音性を追求した「Fortress FT04」だ(写真=右)

kn_parts2_07.jpgkn_parts2_08.jpg 防じん性を追求した「Mommoth MM01」は、業務用エアコンなどに使うエアフィルタをフロントに装備する

 PCケース以外でも、7ミリ厚データストレージ用の外付けケースや、このケースとUSBメモリを組み合わせて無線LANデータストレージを構築できる「WS01」といった開発中の製品も展示していた。いずれも2013年の前半に市場投入する見通しだ。

kn_parts2_09.jpgkn_parts2_10.jpg Silver Stoneが開発中の7ミリ厚ドライブに対応する外付けストレージケース(写真=左)。こちらも開発中の無線LANハブ「WS01」。USBメモリやUSB接続外付けストレージユニットと組み合わせて無線LANストレージを構築できる(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう