ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「dts」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「dts」に関する情報が集まったページです。

ASUS、Ryzen 7+GTX 1660 Tiを搭載したタフ設計の15.6型ゲーミングノート
ASUS JAPANは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを搭載したタフ設計の15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505DU」を発売する。(2019/6/19)

人手での作業に伴う課題を解決
OSS利用に不可欠のライセンス・セキュリティリスク管理をDTSはどう効率化したか
システムインテグレーターのDTSは、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用してBIツールなどの製品を開発している。避けては通れないOSSライセンス違反のチェックや脆弱(ぜいじゃく)性検査を同社が効率化できた要因は何だろうか。(2019/6/17)

TECHNO-FRONTIER 2019 開催直前情報:
「モーター開発に貢献する測定器」を展示 横河計測
横河計測は、2019年4月17〜19日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2019」で、「モーターの開発に貢献するソリューション」をテーマに展示を行う。(2019/4/15)

ASUS、Ryzen 5+Radeon搭載で9万円台の15.6型ゲーミングノート「ASUS TUF Gaming FX505DY」
ASUS JAPANは、AMD製APUを搭載した15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505DY」を発表した。(2019/4/3)

MWC19 Barcelona:
折りたたみスマホとは異なる手法で2画面化も LGの新スマホ「V50 ThinQ」「G8 ThinQ」を試す
LGが、同社初の5G対応スマートフォン「V50 ThinQ」と、静脈認証機能を備えた「G8 ThinQ」を発表。V50 ThinQの2画面化できるデバイスや、G8 ThinQのハンズフリー操作などを試した。なお、LG V50 ThinQ、LG G8 ThinQともに具体的な発売時期や価格は発表されなかった。(2019/2/26)

NXP Immersiv3D:
Dolby Atmos、DTS:X対応オーディオソリューション
NXP Semiconductorsは、Arm Cortex-A53上でDolby Atmos(ドルビーアトモス)とDTS:Xをサポートする、スマートホーム市場向けのオーディオソリューション「Immersiv3D」を発表した。(2019/1/25)

組み込みソフトウェア開発:
DTSインサイト、「Arm Development Studio」の販売とテクニカルサポートを開始
DTSインサイトは、Armの国内正規販売代理店として新製品「Arm Development Studio」の販売およびテクニカルサポートを開始したことを発表した。(2019/1/23)

CES 2019:
「クリエイターとユーザーの架け橋に」 ソニーが8Kテレビや立体音響を手掛ける理由
ソニーが「CES 2019」開幕前日のプレスカンファレンスで同社初の8K液晶テレビや立体音響技術「360 Reality Audio」を紹介。吉田憲一郎社長は「コンテンツの感動を届けるクリエイティブエンタテインメントカンパニーでありたい」と強調した。(2019/1/8)

CES 2019:
LG、「Dolby Atmos」+「DTS:X」+「Googleアシスタント」のサウンドバーをCESで披露へ
LG Electronicsが、来年のCES 2019で披露する予定のサウンドバーを一足先に発表。開発ではMeridian Audioと提携し、「Dolby Atmos」と「DTS:X」の両方に対応し、「Googleアシスタント」を搭載する。(2018/12/28)

Snapdragon 835搭載:
Y!mobileから初のLG製「Android One X5」登場 独自UIのカメラアプリ搭載
Y!mobileが展開する「Android One」準拠スマートフォンに、ハイエンドモデルが追加される。Snapdragon 835を搭載し、Y!mobileのAndroid Oneスマホとしては初めて独自UIのカメラも搭載した。(2018/12/4)

ゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸 12万円弱で11月23日発売
ASUSが「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表したゲーミングスマートフォンが日本に上陸する。オーバークロックしたプロセッサを始めとして、ゲームを楽しむ上で重要な機能をふんだんに詰め込み、純正オプション品も豊富に用意している。(2018/11/16)

SteelSeries、有機ELパネルも内蔵した多機能ゲーミングマウス「Rival 710」
SteelSeriesは、有機ELパネルを備えたUSBゲーミングマウス「Rival 710」を発表した。(2018/10/25)

自然エネルギー:
大和ハウスの水力発電所が完成、発電した電力は自社の電力小売事業に
大和ハウス工業が岐阜県飛騨市で建設を進めてきた水力発電所が完成。発電した電力は同社が全量を買い取り、法人企業に販売する。(2018/10/24)

.NET TIPS:
サマータイムを処理するには?[.NET 3.5、C#/VB]
.NETでサマータイムを扱うにはDateTimeOffset構造体を利用するが、その際に知っておくべきこと、日時の取得/生成などを行う方法を説明する。(2018/9/5)

対応製品の登場も間近:
「HDMI 2.1」 8K対応や動的HDRなど新機能を振り返る
「HDMI 2.1」は、テストスペックの仕様書が2018年第2〜第3四半期に段階的に公開される予定であり、実際に製品が市場に出てくるのは間近だと考えられる。そこで、HDMI 2.1の特徴的な機能を振り返ってみたい。(2018/7/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
遅れてきたフラグシップスマホ「LG G7 ThinQ」は何が新しい?
LGが遅ればせながらようやく新たなフラグシップスマホ「G7 ThinQ」を発表しました。モデル名に「ThinQ」を付けているのはLGのAI戦略を大きくアピールしたいから。ThinQはLGが開発したAIシステムで、既に家電製品の一部に搭載しています。(2018/5/19)

「5」「5Z」はDSDV対応:
ASUSの新しい「ZenFone 5」ファミリーが日本上陸 「5」「5Z」「5Q」を順次発売
「Mobile World Congress 2018」に合わせて台湾ASUSが発表した「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」「ZenFone 5Q」が、日本でも販売されることになった。いずれもドコモ、au、Y!mobile(ソフトバンク)音声通話に対応し、5/5Zは「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)」も可能だ。【写真追加】(2018/5/15)

ロジクールからeスポーツ向けフラッグシップキーボード「G512」登場 2種類のスイッチで展開
ゲーミングブランド「ロジクールG」シリーズに、フラッグシップモデルキーボード「G512」と、LIGHTSYNC対応ゲーミングスピーカー「G560」が加わった。(2018/4/25)

DTSインサイト EVRICA:
「業界最速レベル」の高速モニタリング、ARMマイコンRAM計測ツール
DTSインサイトがARMマイコンRAM計測ツール「EVRICA」を販売開始した。測定点当たり10マイクロ秒以下という「業界最速レベル」の高速モニタリングが可能で、データはPCから確認できる。(2018/3/7)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
オンキヨーのスマートスピーカー「P3」と「Amazon Echo」を比較して分かったこと(実力チェック編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はオンキヨーのAlexa対応スピーカー「P3」の実力を、Alexa対応スマートスピーカー「Amazon Echo」と比較しながらチェックする。(2018/3/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
オンキヨーのスマートスピーカー「P3」と「Amazon Echo」を比較して分かったこと(セットアップ編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はオンキヨーのAlexa対応スピーカー「P3」を紹介する。(2018/3/2)

Mobile World Congress 2018:
オンキヨーの4Kタブレット「GRANBEAT」参考展示、2018年前半の発売を目指す
オンキヨーが、タブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」をMWC 2018で参考出展している。2160×3840ピクセルの4Kディスプレイを搭載。DTSが新開発したサラウンド音声技術「DTS:X Premium」にも対応する。(2018/2/28)

オンキヨー、4Kディスプレイとスピーカー4基を備えた“GRANBEAT”タブレットPC 「MWC 2018」に参考出展
オンキヨーは、スペインで開催される「MWC 2018」に4Kコンテンツ対応タブレットPC「“GRANBEAT” Hi-Res Tablet」を参考出展する。(2018/2/26)

ソニー、バーチャル7.1ch再生のサラウンドヘッドフォン新製品 PS4に合わせた「ゲーム」モードも
ソニーがバーチャルサラウンド対応の宅内用ワイヤレスヘッドフォンシステム「WH-L600」を発売する。「シネマ」モードは、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが協力。(2018/2/21)

CES 2018:
Dolby AtmosとDTS:Xに対応したサウンドバーも ソニーのホームシアター新製品
ソニーがCESでホームシアター製品を発表。3.1chながらもDolby AtmosとDTS:Xの再生に対応したサウンドバーも新登場。(2018/1/10)

果敢なチャレンジ精神に天晴!――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(中編)
中編は6位から4位までカウントダウン。デノンが先陣を切って普及価格帯AVアンプに採用を決めたイマーシブサラウンド規格「Auro-3D」や、復活の足音を高らかに鳴らすシャープの8Kに対する取り組みなどがランクイン。(2017/12/30)

「スマスピ」おしゃべり広場:
今年の“顔”のスマートスピーカー 冬ボで買うならどれ?
今年はスマートスピーカーが熱かった。冬ボでスマスピデビューはいかがだろうか。(2017/12/8)

音楽好きのためのスマートスピーカー、オンキヨーが2機種を販売 GoogleとAmazonから「AI選べる」
オンキヨーグループが「音楽好きのためのスマートスピーカー」2機種を国内初披露。Googleアシスタント搭載の「G3(VC-GX30)」と、Amazon Alexaを搭載しDTS Play-Fiの機能を加えた「P3(VC-PX30)」で、近日中に販売予定。(2017/11/30)

「AIを選べる」 オンキヨーが2つのスマートスピーカーを投入
オンキヨーグループがスマートスピーカー2機種を発表。Googleアシスタント搭載の「G3(VC-GX30)」と、Amazon Alexaを搭載しDTS Play-Fiの機能を加えた「P3(VC-PX30)」で、近日販売予定という。(2017/11/30)

ケーブル1本で8Kや10Kも 「HDMI 2.1」正式リリース
HDMI ForumがHDMI規格の最新版「Ver.2.1」を正式リリース。伝送速度を最大48Gbpsまで上げ、最大10Kの解像度をサポートしたほか、4K/120Hzや8K/60Hzもケーブル1本で伝送できる。(2017/11/29)

スマートスピーカーと連携するサウンドバー、ソニーが発売
ソニーは「Googleアシスタント」搭載のスマートスピーカーと連携するサウンドバーを発売する。(2017/10/10)

オンキヨーが音にこだわったスマートスピーカーを発表 GoogleアシスタントとAlexaの2面展開
「IFA2017」でオンキヨーが秋に欧州での発売を予定しているGoogleアシスタント搭載のスピーカー「G3」と、Amazon AlexaにDTS Play-Fiの機能を盛り込んだスピーカー「P3」を発表した。日本での販売についても前向きな姿勢だ。(2017/9/1)

遅れてきたイマーシブサウンド、「Auro-3D」
デノンのAVアンプ新製品が対応した「Auro-3D」(オーロスリーディー)とは? その開発者であり、「イマーシブサウンド」という用語の提案者でもあるWilfried Van Baelen氏が解説してくれた。(2017/8/25)

デノン、国内初の「Auro-3D」対応AVアンプ2機種を発売
デノンが国内初となる「Auro-3D」(オーロスリーディー)対応のAVアンプ2機種を9月中旬に発売する。(2017/8/25)

セルフィーモデルは“デュアル”インカメラ――「ZenFone 4」ファミリーのミドルレンジモデルが3機種登場
「ZenFone 4」の派生機種としてデュアルインカメラを備えた「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」と、5000mAhバッテリーを備える「ZenFone 4 Max Pro」が登場する。【追記】(2017/8/17)

オンキヨーとパイオニアのアンプやシアターシステムが続々とDTS Play-Fiをサポート
オンキヨーグループが、OnkyoとPioneer、Integraの各ブランドで販売しているAVアンプやシアターシステムに向け、DTS Play-Fi対応ファームウェアの提供を開始した。(2017/8/10)

オンキヨーがスマートスピーカーに本腰、DTS Play-Fiもサポートした音質重視モデルを開発
オンキヨーグループは、米AmazonのAIアシスタント「Alexa」(アレクサ)を搭載したスマートスピーカーを10月下旬から米国、英国、ドイツで販売する。(2017/8/10)

ASUS、10.1型WUXGA液晶を備えたAndroidタブレット「ASUS ZenPad 10」新モデルを発表
ASUS JAPANは、同社製タブレット端末「ASUS ZenPad 10」の新構成モデルを発表した。(2017/7/19)

ロジクール、臨場感あふれるサウンドを楽しめる7.1chサラウンド対応ヘッドセット「G433」など2製品
ロジクールは、ゲーミングブランド「Logicool G」製となるヘッドセット2製品「G233」「G433」を発売する。(2017/6/22)

産業社会におけるデジタル化の価値(3):
デジタル社会の進展に伴い重要性が増すセキュリティ対策
「デジタル化」とは何か――。デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第3回では、デジタル化の流れの“受け皿”となる産業用ネットワーク/インダストリアルIoT(IIoT)と、それに関連したセキュリティの話題を取り上げます。(2017/5/23)

ESEC2017&IoT/M2M展:
バイナリーを対象に静的解析、派生開発に焦点を当てた「リゾルバー」
DTSインサイトは、「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」において、静的解析ツール「Re:Zolver(リゾルバー)」を展示した。コンパイルを終了した後のオブジェクトコード(バイナリー)を対象にしており、派生開発に焦点を当てた機能を特徴としている。(2017/5/18)

ESEC2017&IoT/M2M展 開催直前情報:
効率化のための「派生開発」なのに手戻りが多い理由とは?
横河ディジタルコンピュータ、アートシステム、DTSの3社の組み込み関連事業を統合して2017年4月1日にスタートしたDTSインサイトが、「第20回 組込みシステム開発技術展」に出展する。課題が多く発生する「派生開発」にフォーカスした提案を行う。(2017/5/8)

充実一途の「Azure Certified for IoT」も:
PR:「Windows 10 IoT」はなぜIoTデバイスのためのOSなのか
IoT時代に求められるデバイスOSとは何か。マイクロソフトは「第6回 IoT/M2M展」において、その答えを披露する。充実を続けるIoTデバイスの認証プログラム「Microsoft Azure Certified for IoT」の魅力にも迫る。(2017/4/26)

石野純也のMobile Eye:
「ZenFone AR」で“革命”を起こせるか? 課題はコンテンツとGoogle連携
GoogleのAR技術「Tango」とVR(仮想現実)プラットフォーム「Daydream」に対応した「ZenFone AR」が日本で登場。イノベーター層に向けたという本機を投入する狙いは? 日本でヒットするために必要なこととは?(2017/4/15)

PR:春の新生活にぴったり――ファーウェイの新型スマホ「HUAWEI nova」「HUAWEI nova lite」が登場
ファーウェイからお手頃な価格で、使い勝手のいい新たなスマートフォンが登場。洗練されたデザインのボディーが目を引く「HUAWEI nova」と、低価格ながら必要十分な機能を備えた「HUAWEI nova lite」の2機種。その魅力をレビューしよう。(2017/2/24)

若者向けの新シリーズ「HUAWEI nova」発表――セルフィー機能に注力、3万7980円【更新】
ファーウェイ・ジャパンが、SIMフリースマホの新機種「HUAWEI nova」を発表。2月24日に発売する。novaはセルフィー機能にこだわったミッドハイのスマホ。価格は3万7980円(税別)。(2017/2/21)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
なぜドルビービジョン対応製品が増えたのか?――CESリポート(後編)
AV評論家・麻倉怜士氏によるCESリポート後編。今回はドルビービジョンにソニーの「Crystal LED Display」と超短焦点プロジェクター、HDMI 2.1、MQAの最新動向など盛りだくさん。さらに「ドルビーシネマ」体験リポート付き。映画館はここまで来た!(2017/2/13)

本物のポルシェのパーツを使った「911サウンドバー」登場
ポルシェ ジャパンが「911サウンドバー」を発売する。「ポルシェ911GT3」で実際に使用しているメインサイレンサーとテールパイプを用いた2.1chサウンドシステム。ワイヤレススピーカーとしても利用できる。(2017/2/6)

サブウーファーを置きたくない人のためのサウンドバー、ボーズから
ボーズは、サウンドバーの新製品「SoundTouch 300」を2月10日に発売する。新開発の「QuietPortテクノロジー」は、小型のエンクロージャーでボリュームを上げた際に生じる低域の歪みを抑える。(2017/1/27)

CES 2017:
ソニーからDolby Atmos対応の新AVアンプとサウンドバーが登場――開発者に詳細を聞いた
「Dolby Atmos対応のコンテンツの広がりに、ソニーとして万全の体制で臨む」――ソニーがコンシューマー向け製品としては初めてDolby Atmosに対応したAVアンプ「STR-DN1080」、そしてサウンドバー「HT-ST5000」を発表。 CESの会場で開発者に話を聞いた。(2017/1/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。