ニュース
» 2015年02月16日 15時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット春モデル:VAIOの超高性能タブレットが“Z”シリーズとして正式発表――「VAIO Z Canvas」 (2/2)

[前橋豪,ITmedia]
前のページへ 1|2       

スタンド、ワイヤレスキーボード、筆圧ペンにもこだわり

 タブレット本体に、専用ワイヤレスキーボードと筆圧対応デジタイザスタイラスを組み合わせた2in1+ペンの構成は、VAIO Prototype Tablet PCから変わらない。

tm_1502_z_canvas_09.jpg

 ワイヤレスキーボードはタブレット本体のフットプリントと同じサイズで、非使用時に磁力で合体させることで、画面保護カバーの役割も担う。この際、タブレット本体とワイヤレスキーボードは小型の専用端子で接続され、タブレットからキーボードに充電が行われる。ワイヤレスキーボードはMicro USB端子から単体で充電することも可能だ。キーボードはフルピッチを確保し、大きめのクリックパッドも搭載する。

tm_1502_z_canvas_10.jpg ワイヤレスキーボードは、2.4GHz帯を利用したRF接続を採用。主要キーはフルピッチを確保している。大きめのタッチパッドは、左右ボタン一体型のクリックパッドだ
tm_1502_z_canvas_11.jpg 1枚板で構成されるキーボードの背面もシルバーになった
tm_1502_z_canvas_12.jpg ワイヤレスキーボードは薄型軽量に仕上がっている
tm_1502_z_canvas_13.jpg タブレット本体とワイヤレスキーボードは、磁力で重ね合わせて、画面を保護したまま持ち運べる。この際、タブレット本体からワイヤレスキーボードに小型端子経由で充電が行われる仕組みだ
tm_1502_z_canvas_14.jpgtm_1502_z_canvas_15.jpg キーボードの右上には、キーボードの電源スイッチ(タッチパッドの無効機能付き)と、タブレット本体に接続する小型の充電端子がある(写真=左)。タブレット本体の右下にも、キーボードに給電するための小型端子を用意している(写真=右)
tm_1502_z_canvas_16.jpgtm_1502_z_canvas_17.jpg キーボード背面の右下には充電状態を示すLEDがある(写真=左)。キーボード単体でも充電できるよう、Micro USB端子も設けられている(写真=右)

 デジタイザスタイラスは、視差の小さいN-trig製の筆圧対応ペンを採用。同社がクリエイターからのフィードバックを受けて独自にチューニングし、画面からペンを少し浮かせたホバー時のカーソル追従性、および書き味を向上させている。

 筆圧レベルも従来の256段階から1024段階に高めた(ソフトウェアによる1024段階の筆圧調整が可能で、ハードウェアとしては256段階に最適化して出力される)。筆圧の感度は、ユーザーの好みに応じてカスタマイズも可能だ。

 ペンで描いている際に、画面に触れた手の平を誤認識しないようなパームチェック機能を備えるほか、指でのタッチ機能をオフにするハードウェアボタンをボディ上面に装備している。

tm_1502_z_canvas_18.jpg VAIOロゴが入ったブラックのデジタイザスタイラスはN-trig製。ペンのボディはアルミ素材で、2つのボタンとクリップが付いている。筆圧レベルは1024段階に対応する
tm_1502_z_canvas_19.jpg 固さが違う2本のペン先を用意。単6形乾電池で駆動する。タブレット本体の右側に装着できるペンホルダーも持つ
tm_1502_z_canvas_20.jpg タブレット本体にペンホルダーを装着し、ペンを差したところ。この状態で持ち運べる

 タブレット本体の背面にはチルト角度を無段階に調整できるスタンドも内蔵した。通常はスタンドのヒンジが上部にあるが、VAIO Z Canvasではヒンジを下部に設けており、内蔵スタンドが上から下に開く逆向きの構造となっている。

 内蔵スタンドは一度開くと、画面の端を持って前後にチルト角度を調整をしても、スタンドがしっかりその角度を保持でき、少し力を加えてペンで描画したくらいでは倒れない。画面をある程度まで寝かせると、スタンドはパタンと閉じる仕組みだ。

tm_1502_z_canvas_21.jpg 背面に内蔵されたスタンドを開いた様子。上から下にスタンドが開き、接地面積が広いため、平らな机上で安定しやすい
tm_1502_z_canvas_22.jpg 内蔵スタンドは無段階にチルト調整が可能だ。画面をかなり寝かせた状態までチルトでき、少し力を加えてペンで描いたくらいでは倒れない

 ボディサイズや重量は不明だが、フットプリントは約A4ペーパーサイズ、厚さと重さはキーボード込みで「13インチMacBook Pro」(厚さ18ミリ/約1.57キロ)より薄型軽量かつ高性能を実現したという。

tm_1502_z_canvas_23.jpg フットプリントは約A4ペーパーサイズ、厚さと重さはキーボード込みで「13インチMacBook Pro」より薄型軽量という
tm_1502_z_canvas_24.jpg タブレットのボディにTDP 47ワットのCPUを搭載するだけあって、付属のACアダプタはノートPC並の大きさだ
前のページへ 1|2       

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.