ニュース
» 2015年06月01日 18時00分 UPDATE

対象OSで無料アップグレード予約も可能に:「Windows 10」は7月29日に提供開始

“今夏”とアナウンスされていたWindows 10の提供開始は7月29日に決定。

[前橋豪,ITmedia]

 米Microsoftは6月1日(現地時間)、次期OS「Windows 10」の提供を2015年7月29日に開始すると発表した。これまでWindows 10は“今夏”提供とアナウンスされ、OEMメーカー筋から7月に繰り上がったとの情報も出ていたが、正式な提供日が明らかになったのは初めてだ。

 今回発表されたのは、PC/タブレット向けWindows 10の無料アップグレード提供開始日。Windows 10搭載PCやパッケージ製品などの発売日は未定としている。また、スマートフォン/小型タブレット向けのMobile版など、他のエディションは今年後半に提供される予定だ。

tm_1506_w10_01.jpg PC/タブレット向けWindows 10は、7月29日(米国時間)の発売が決定した

 PC/タブレット向けWindows 10は提供開始後1年間、Windows 7/8.1から無料でアップグレードできる(企業向けWindows 10は対象外)。そのため、有料だった過去のWindowsメジャーバージョンアップに比べて、移行が早期に進むと予想され、同社Operating System担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏は、「(会計年度の)2018年までに10億台のアクティブなWindows 10デバイスが存在することになるだろう」と述べている。

 この発表とともに、Windows 7/8.1にはWindows 10への無料アップグレード予約機能が追加された。通知領域に現れるWindowsアイコンをクリックすると、無料アップグレードの予約が行える。予約することで、Windows 10が利用可能になると自動でダウンロードが開始され、アップグレードができる。

 MicrosoftはBuild 2015にて、Web、.NET、Win32(デスクトップアプリ)、Android、iOS向けのコードを最小限の修正だけでWindows 10用に移植できるソフトウェア開発キット(SDK)を発表。既存のアプリを稼働デバイス数の急増が見込まれるWindows 10向けに展開することが新たなビジネスチャンスと、アプリ開発者に訴えている。

tm_1401win10J_3_01.jpg Windows 10は、PCやタブレット、スマートフォン以外にも幅広いデバイスをサポートする
tm_1506_w10_02.jpg Windows 7/8.1にはWindows 10への無料アップグレード予約機能が追加された

※今回発表されたのは無料アップグレードの提供日であり、搭載PCやパッケージ製品の発売日は未定のため、「発売」の記述を「提供開始」に変更しました。おわびして訂正いたします(2015年6月1日21時30分/PC USER編集部)

関連キーワード

Windows | Microsoft | Windows 10


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.