ニュース
» 2015年10月13日 14時00分 UPDATE

7/8/8.1のプロダクトキーでアクティベーション可能に:Windows 10プレビュー「Build 10565」公開――Skype統合、EdgeやCortanaの新機能も

Windows 10正式リリース後も、開発プレビュー版の配信は続いている。「Build 10565」ではSkypeの統合、EdgeやCortanaの新機能追加、そしてアクティベーションの改善が行われた。

[前橋豪,ITmedia]

 米Microsoftは10月12日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの最新版「Build 10565」を公開した。Windows Insider Programの参加者は、「Fast」リングに設定していればアップデートできる。

 Windows 10 Insider Previewは、一般公開されているWindows 10より新しいビルドを検証する目的で、Windows Insider Program参加者に配信される開発プレビュー版だ。主な新機能は以下の通り。

Windows 10

SkypeをUWPアプリとしてWindows 10に統合

 Skypeのテキスト、音声、ビデオのチャット機能がUniversal Windows Platform(UWP)アプリとしてWindows 10に統合された。メッセージングアプリでSkypeユーザーとチャットが行えるほか、Skypeアプリを開くことなく、アクションセンターに届いた着信から直接返信できる「Quick Reply」機能を試せる。今後、Windows 10 Mobile Insider Previewの最新ビルドも同様にSkypeの統合が進められる予定だ。

Edgeのタブでプレビュー表示、お気に入りの同期機能

 Windows 10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」で複数のタブを開いている際、バックグラウンドのタブにポインタを合わせると、Webページの小さなプレビューが表示されるようになった。また、お気に入りとリーディングリストの同期機能も追加されている。

Microsoft Edge Edgeのタブからプレビュー表示が可能になった

Cortanaの手書き文字認識、チケット制イベントの追跡

 音声対応パーソナルアシスタントの「Cortana」は、手書き文字の認識に対応し、日時や場所、数字に基づいてリマインダを設定できる。また、メールの確認を通じて映画などチケットを入手したイベントを追跡し、間に合うように移動する案内を行う。Uberの乗車予約や追跡にも対応する。

Cortana Cortanaは手書きのメモを理解できるようになった

ユーザーインタフェースの細かな改善

 タイトルバーは色をフルカラーで設定可能になった。「スタート」の右クリックメニューは、タイル調整などを行いやすいよう細かなメニューが改善されている。デバイスマネージャやレジストリエディタは、アイコンが新しくなった。また、最後に使ったプリンタをデフォルトのプリンタとして登録する設定も加わっている。

タイトルバーの配色 タイトルバーは色をフルカラーでカスタマイズできる
「スタート」の右クリックメニュー改善 スタートの右クリックメニューも改善された

Windows 7〜8.1のプロダクトキーでアクティベーションが可能に

 Windows 10 Insider Previewの本ビルドをインストールし、自動アクティベーションが起動しない場合、Windows 7/8/8.1のプロダクトキーを入力すれば、Windows 10のプロダクトキーとしてアクティベーションが可能になった。

 また同様に、クリーンインストールする場合もWindows 7/8/8.1のプロダクトキーでアクティベートできる(現時点で本ビルドのISOは非公開)。これにより、Windows 7/8/8.1のライセンスを用いたアップグレードにおいて、Windows 10のアップグレード前にWindows 7/8/8.1をインストールしておく手間が省ける。

細かな不具合修正や既知の問題も

 そのほか、細かな不具合の修正を行ったほか、既知の問題も存在する。詳しくは、公式ブログの告知を参照いただきたい。


 なお、Microsoftは11月前半に、Windows 10正式版の大型アップデート「Threshold 2」を公開する見込みだ。これは7月29日に一般公開された正式版(Threshold 1)をベースに、新機能の追加やさまざまな改善が行われたものとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.