ニュース
» 2016年05月10日 18時24分 UPDATE

アキヨドにグランドオープン:「20年前から代わり映えしないPC売り場を断ち切りたい」――最新デバイスを体験できる「Windowsエリア」誕生

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店に「Windowsエリア」がグランドオープン。Windowsの最新デバイスや周辺機器を体験し、専門スタッフに相談できる。

[青柳美帆子,ITmedia]

 2016年5月10日――Windows「10」の日に、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店の1階PC売り場に国内最大級の「Windowsエリア」がグランドオープンした。Windowsエリアとは、「より良いWindows PCの購入体験を」をモットーに日本マイクロソフトが全国の家電量販店で展開している取り組み。専門スタッフにWindowsに関する相談をしたり、最新のWindows 10を搭載したPCやスマートデバイスなどを体験、比較したりできる売り場だ。

5月10日にグランドオープンした、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店の「Windowsエリア」

 報道陣向けに開催したオープン記念セレモニーには、ヨドバシカメラ、米Microsoft、日本マイクロソフトそれぞれの役員が出席し、Windowsエリアに懸ける思いを語った。

ヨドバシカメラ専務取締役の日野文彦氏

 「今までのPC売り場は、20年前から代わり映えしない、楽しくない場所というイメージがあった」とヨドバシカメラ専務取締役営業統括部長の日野文彦氏は振り返る。その現状を打破するべくWindowsエリアをスタートしたという。

 「Windows 10の発売で、Windowsに対して日本のユーザーが興味を持ち始めている。特にフォトグラファーやクリエイターの皆さんに、WindowsやSurfaceが受け入れられるようになってきた。ヨドバシカメラは従来のようなPC売り場のあり方を断ち切って、たくさんのお客様にお応えしたい」(日野氏)

 Windowsエリアでは、最新のPCやSurfaceシリーズ、Windows 10 Mobileを搭載するスマートフォンなどを体験できるほか、ゲーミングPCや周辺機器のラインアップにも力を入れる。こうした幅広い商品を揃えた売り場展開は、大型店舗のヨドバシカメラAkibaならでは。

Surfaceシリーズが展示され、実際に使ってみることができるコーナー
ゲーミングPCの体験もできる

 この店舗の大きな特徴は、中央に設置された円形の対面カウンターだ。このカウンターで、PCに関する相談はもちろん、来店した客の「やりたいこと」をくみ取り提案を行っていく。また、このスペースを使って定期的にイベントも行うという。プレオープンしていたゴールデンウィーク期間中には、写真編集の専門家によるフォトレタッチワークショップや、似顔絵絵師による「Surfaceペン」実演イベントを開催した。

 「たくさんのお客様に受け入れられている。売り上げはこのエリアを作ってから約2倍となった。『楽しくないパソコン売り場』からのリニューアルができたと感じている」(日野氏)。円形の対面カウンターは、ヨドバシカメラ側の提案で作り上げられたものだ。

ジェレミー・デール氏(写真=左)、高橋美波氏(写真=右)

 米Microsoft コーポレートバイスプレジレント ワールドワイド リテールセールス&マーケティングのジェレミー・デール氏と、日本マイクロソフト 執行役コンシューマー&パートナーグループ ゼネラルマネージャーの高橋美波氏はこう語る。

 「Microsoftのミッションは、人と組織がより多くのことを達成し、多くの成功を収めるために力を与えること。弊社では『より自分らしいコンピューターの使い方』という面でさらなるイノベーションを目指している。Windowsエリアは、お客様が実際にWindows 10を体験できる素晴らしい環境だと思う。特にこの円形のゾーンが私は好きですね」(デール氏)

 「Windowsエリアは全国で27店舗展開している。ヨドバシカメラの店舗は、ヨドバシカメラの知見を反映し、『対話型・対面型』でWindowsデバイスの価値を訴求していくことが大きな特徴になっている。ヨドバシカメラとともに提案型・体験型の接客を作っていき、多くのお客様に『パソコンはこんなことができるんだ!』と思っていただきたい」(高橋氏)

中央に設置された円形のカウンターの中で握手をする4人。一番右はヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 執行役員店長 松田謙一氏

 日本マイクロソフトは、前年比で落ち込んでいる日本のパソコン市場を、「よりよい性能・クールなデザイン・新しい体験」をユーザーに提供する「モダン(現代的な)PC」の魅力を伝えることで、盛り上げていく考えだ。ヨドバシカメラも「Akiba店を皮切りに、梅田、京都、横浜、札幌、博多と矢継ぎ早に展開をしていきたい。ただし質も追求していく」(日野氏)とコメントした。

Windowsエリアに隣接するのはAppleの売り場。こうして両方展開されることで、消費者にとっての選択肢が増える
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう