ニュース
» 2017年11月17日 14時00分 公開

グーグルが渋谷に“凱旋” 2019年秋に本社移転

Googleの日本法人「グーグル」が、2019年秋に本社を東京・渋谷に移転する。渋谷駅の南側に建設中の「渋谷ストリーム」(地上35階建て)の全オフィスフロアを借りるという。

[井上翔,ITmedia]

 グーグルは2019年秋、本社を東京都渋谷区に移転する。東京急行電鉄などが主体となって建設を進めている複合施設「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」のオフィスフロア(14〜35階)を全フロア借りた上で、現在の本社(東京都港区)に勤務する全従業員を新本社に移す。

渋谷ストリーム 記者発表会で展示された「渋谷ストリーム」の模型
Googleロゴ 模型の建物には「Google」ロゴが入っていたが、「あくまでイメージで、実際の建物にロゴを付けるかどうかは未定」(関係者)とのこと

Google初の「海外拠点」は渋谷だった

Googleのルース・ポラットCFO グーグル本社移転について話す米Googleのルース・ポラットCFO(親会社である米AlphabetのCFOも兼務)

 グーグルは米Googleの日本法人。2001年にGoogleとしては初めての海外拠点(法人)として東京都渋谷区に設立された。設立時、当時新築したばかりのセルリアンタワーにオフィスを構えた。その後、従業員の増加に合わせてオフィス面積を拡大してきたが、追いつかなくなったことから、2010年に本社を現在の六本木ヒルズ(東京都港区)に移転した。

再び渋谷へ

東急電鉄の野本弘文社長 祝辞を述べる東京急行電鉄の野本弘文社長(東急グループ代表)

 今回の移転で、グーグルは約9年ぶりに拠点を渋谷区に“戻す”ことになる。

 発表に合わせて来日した米Googleのルース・ポラットCFO(親会社の米AlphabetのCFOを兼務)は、「日本は『あって当たり前』な多くのテクノロジーが生まれた場所。渋谷は(日本の首都である)東京のイノベーションの中心地でもある。ベンチャー企業、イノベーター(革新者)、クリエイターや投資家を引きつける磁石のような場所である」と、渋谷への再移転の狙いを語った。

 渋谷ストリームの事業主を代表してあいさつに立った東京急行電鉄の野本弘文社長は、「(2010年のグーグル本社移転で)一抹の寂しさを感じつつ、また戻ってきてもらえるようなビルを作ろうと思い、足掛け10年かけて『渋谷ストリーム』ができた。グーグルが戻ってくることで、渋谷という街を世界に発信してもらえる」と、渋谷に“戻ってくる”グーグルに期待を寄せた。

 グーグルの新本社は、現在約1300人いる従業員の「倍以上」の人員を収容できるという。ただし、現時点では「具体的な増員の計画はない」(関係者)という。本社移転に伴う人員計画は今後検討していくことになりそうだ。

フォトセッション 記念撮影に臨むGoogleのポラットCFO(左)、東京急行電鉄の野本社長(中)とグーグル(日本法人)のピーター・フィッツジェラルド代表

関連キーワード

Google | 渋谷 | 東京 | 本社 | 東急 | 移転


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう