連載
» 2017年12月09日 06時00分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:「この曲なんだっけ?」を解決 Amazon Echoで再生した楽曲を自動リスト化してみた (2/2)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

曲一覧をまとめてメール配信するIFTTTアプレットも

 ところで、上記の方法の欠点は、スプレッドシートがいつまでも切り替わらず、同じスプレッドシートに延々と曲が書き足されていくことだ。せめて週単位や月単位で別のスプレッドシートに切り替わってくれるとよいのだが、試した限りではどうやらそうではなく、ひたすら同じスプレッドシートに追記される。

 また新しい行はリストの最下段に追加されるため、量が増えてくると下までスクロールするのがやや面倒になってくる。Webサイトのアクセスログのような莫大な量ではないとはいえ、いつか破綻するのは必至なので、適当なタイミングで削除するなり、古いスプレッドシートの名前を書き換えて分割するなり、対処が必要になる。

 こうした作業は面倒だという人のために、もう1つ、別のIFTTTアプレットを紹介しておこう。これはIFTTTが提供している通知メールのダイジェストサービス「Email Digest」を使用し、Amazon Echoで再生された曲を週1回まとめてメールで配信してくれるアプレットだ。スマホのAlexaアプリで見られる曲一覧を、メールで送信してくれるものだと思えばよい。

 こちらは曲情報が行列で区切られているわけではないので加工には向かず、また情報が見られるまで最長1週間かかってしまうので、用途はかなり限られるが、何らかの事情でGoogleスプレッドシートが使えない、メールだけで完結させたい、ということであれば、試してみてもよいかもしれない。

IFTTTIFTTT Amazon Echoで再生した曲を週1回まとめてメール配信するIFTTTアプレット「Get a weekly email digest of the songs played on your Amazon Echo」(画像=左)。メール配信の時刻、曜日(週1回のみ)、メールタイトルを設定できる(画像=右)。週2回以上送信したい場合、アプレットそのものを複製してやるとよい
IFTTT 情報の順序は自由に変更できる
IFTTT 送られてきたメール。曲情報が行列で区切られているわけではないため、加工にはあまり向かない

 つづく。

関連キーワード

Amazon | Alexa | Amazon Echo | IFTTT | Google Spreadsheets


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう