ニュース
» 2010年01月13日 17時38分 UPDATE

Windows Mobileコンセプト版を無償公開:ACCESS、JavaScriptエンジンを高速化した「NetFront Browser v4.0」を発表

ACCESSが、Webブラウザ「NetFront Browser v4.0」を発表した。v3.5と比べて、JavaScriptエンジンの実効速度が20倍も高速になっているという。

[ITmedia]

 ACCESSは1月13日、携帯端末や情報家電での利用に最適化したWebブラウザ「NetFront Browser」のバージョン4.0を公開した。

 バージョン3.5から大きく進化したポイントは、JavaScriptエンジンだ。エンジンの構造を刷新し、組み込み向けのWebブラウザとしては世界最速レベルのJavaScriptエンジンを実装した。3.5のJavaScriptエンジンと比較すると、約20倍の高速化(SunSpider Benchmark 0.9で、3.5が43245ミリ秒、4.0は2144ミリ秒を記録)を果たしており、JavaScriptを多用したWebサイトも快適に閲覧できるという。

Photo SunSpider Benchmark 0.9を利用したバージョン3.5と4.0の速度比較。4.0の方が20倍も高速だという

 また4.0のアプリケーションおよび移植層のAPIは、3.5との互換性が確保されている。つまり、3.5向けに開発したWebアプリケーションなどが、4.0でもほぼそのまま利用できることを意味する。

 対応OSは、LinuxやSymbian OS、Garnet OS、BREW、Windows Mobile、Windows CE、VxWorks、Nucleus、ITRONなど。プロセッサーはARM、XScale、StrongARM、PowerPC、MIPS、SH-Mobileなどをサポートする。

 なおACCESSでは、Windows Mobile対応の「NetFront Browser 4.0コンセプト版」を、1月13日からWebサイトで無償公開している。一足先にWindows Mobile上でその性能を体験できる。使用期限は6月30日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.