ニュース
» 2010年05月14日 17時41分 UPDATE

Android 2.2はテザリング対応、5倍高性能に

間もなく発表されるAndroid 2.2は、バージョン2.1から大幅に性能が高まっており、テザリングサポートや携帯電話をWi-Fiホットスポットに変える機能があるという。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 Googleは次期版モバイルOS「Android 2.2(Froyo)」を来週のGoogle I/Oイベントで立ち上げる見込みだが、同OSの詳細が早くもネットに出回っている。

 AdobeとGoogleは既に、Android 2.2がFlash 10.1をサポートすることを認めている。同OSでは断片化(複数のバージョンの乱立)の問題が抑えられるとも報じられている。

 また、同OSはAndroid 2.1よりも450%高速だとAndroid Policeブログが報告している。TechCrunchは、同OSはテザリングをサポートし、Wi-Fiホットスポットとしても使えると伝えている。

 Android PoliceはAndroid 2.2をNexus Oneにインストールして1週間テストし、Linpackベンチマークテストで動作速度をほかのデバイスと比べてみた。

 テストの結果、Android 2.2を搭載したNexus Oneは37.5MFLOPSのスコアをたたき出した。Nexus OneにAndroid 2.1を搭載した場合は6.5M〜7MFLOPSなので、性能が450%高まっていると言える。スクリーンショットはこちら

 またTechCrunchは、Android 2.2には、ノートPCを携帯端末に接続してデータ通信できるUSBテザリング機能が内蔵されていると伝えている。同OSには、AndroidデバイスをWi-Fiホットスポットに変える機能もあるという。スクリーンショットはこちら

 これらの機能は、Androidが携帯電話を単なる小さなモバイルコンピュータではなく、今日のノートPCやデスクトップPCの機能性を一部実現できるモバイルコンピュータに変えられるということを示している。

 これらはAndroid 2.2の重要な機能だ。そこで疑問なのが、同OSがスマートフォンに採用されるまでどのくらいかかるかということだ。5000万台以上売れているiPhoneの次期版が来月発表されることを考えると、これは重要な疑問だ。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう