ニュース
» 2010年11月12日 15時56分 UPDATE

エリアに関するツイートをARエアタグで表示――「pin@clip ピナクリ」の実証実験

東急は渋谷駅周辺において、エリアに関するツイートをARエアタグとして表示するiPhoneアプリ「pin@clip ピナクリ」を利用した実証実験を実施する。

[富永ジュン,ITmedia]

 東京急行電鉄は、iPhone向け位置情報連動型サービスアプリ「pin@clip ピナクリ」の実証実験を渋谷駅周辺にて11月12日から2011年3月末まで実施する。

 pin@clip ピナクリは、東京急行電鉄、関心空間、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所、東急エージェンシーの4社で共同開発したiPhoneアプリで、実証実験エリア内でpin@clip ピナクリを起動してカメラをかざすと、カメラに写る風景の上にARマーカーが表示され、案内情報やお得な情報を入手したり、ARマーカーを利用した位置情報連動型ソーシャルゲームを楽しめる。

 アプリケーションとサーバシステム双方の基盤として、Twitterのツイートに位置情報を付加することでツイートと店舗・駅・イベント会場といったエリア情報を密接に組み合わせられる位置情報連動ソーシャルサービスプラットフォーム「ランブリン」が採用されている。店舗へのチェックイン、エリアごとのツイート、店舗などスポットへのツイートといった使い方が可能だ。

 pin@clip ピナクリでは、ランブリンのiPhoneアプリ版をベースにARなどのインターフェイスや位置情報連動型ソーシャルゲームなどの機能を追加している。

  同実証実験は、経済産業省2010年度「ITとサービスの融合による新市場創出促進事業(地理・空間情報基盤活用サービス実証事業)」の一環として採択されている。

PhotoPhotoPhoto エリアに関するツイートをARエアタグとして表示する「pin@clip ピナクリ」

記事中のアプリ

  • →App Storeで「pin@clip」をダウンロードする(リンクをクリックするとiTunesが起動します)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.