ニュース
» 2011年06月20日 21時36分 UPDATE

“両眼ARメガネ”「STAR1200」、Vuzixが実用化――約45万円で受注生産

Vuzix Corporationが、ARのためのメガネ型ディスプレイを開発。2つのシースルーディスプレイを備える“両眼ARメガネ”で、サイド・バイ・サイドの3D映像も表示できる。

[山田祐介,ITmedia]

 Vuzix Corporationは6月20日、AR(拡張現実)向けシースルー型HMD「STAR1200」の注文受付を開始した。直販サイト「Vuzix Shop」で受け付ける。完全受注生産で、価格は44万9800円。発売日は同社の公式Twitterで発表する。


photophoto STAR1200

 STAR1200は、右目と左目の双方に映像を送り込む“両眼ARメガネ”だ。3Dまたは2DのCGを、ホログラムのように現実の風景に重ねられるという。サイド・バイ・サイドの3D表示にも対応する。

 PCやiPhoneなどのモバイルデバイスと有線接続して利用する。サングラスのようなデザインを採用し、重量は約85グラムに抑えた。WVGA(852x480ピクセル)の解像度に対応する透過型ディスプレイを左右に2つ備え、約3メートル先に75インチの仮想スクリーンを展開する。

 マーカー型ARなどで対象物を認識するのに役立つ、1080p出力に対応したHDカメラを搭載。頭の傾きや動き、方位などをモニタリングする装置(6-DOFヘッドトラッカー)も付属し、データを外部デバイスへ提供できる。

 PCとはVGAアダプタやUSBで接続し、USBバスパワーで駆動する。HDカメラはWebカメラとしてPCに認識されるため、特別なソフトウェアを使わずARシステムと連携できるという。

 充電式バッテリー装置やAV機器接続インタフェースも付属。コンポジットまたはコンポーネント出力ができるポータブルデバイスとの接続、iPhoneやiPadとの接続に対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.