ニュース
» 2011年12月08日 21時41分 UPDATE

モバイルITの将来展望を発信する展示会:「Mobile IT Asia」出展者説明会を12月13日に開催

モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が、来たる2012年3月14日16日まで、東京ビッグサイトで開催される。開催の約3カ月前となる12月13日には、出展者向けの説明会を東京・有明で予定している。

[ITmedia]

 Mobile IT Asia実行委員会が12月13日、2012年3月14日から16日に東京ビッグサイトで開催する展示会「Mobile IT Asia」の出展者説明会を開催する。会場は東京・有明の東京ファッションタウンビル(TFTビル)東館9階、研修室909。最寄り駅はゆりかもめの国際展示場正門。

 Mobile IT Asiaは、モバイルインフラビジネスからスマートデバイス、クラウドサービス、アプリケーション、コンテンツなど、幅広いモバイルIT市場の未来を見据え、これらを支える技術やサービス、ソリューションなどをあまねく紹介することでモバイルIT分野の将来とビジネスモデルの発展に寄与すべく企画された展示会。現在すでに提供されている製品やサービス、ビジネスモデルを紹介するだけでなく、これから大きく発展が予想されるモバイルIT業界に関わるプレーヤー同士が出会い、化学反応や有機的結合を果たしてさらに飛躍する、そんな場を構築すべく開催する。

 当日は、同時開催される国際自動車通信技術展(ATTT)およびパーキング・ジャパンに関する概要説明、企画説明なども行う予定だ。

 Mobile IT Asia実行委員会のアドバイザリーボードには、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)チェアマンの安田靖彦氏(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム会長、東京大学名誉教授、早稲田大学名誉教授)を始め、アイティメディアの「ITmedia +D Mobile」や「ITmedia プロフェッショナルモバイル」、イードの「レスポンス」「ScanNetSecurity」「GameBusiness.jp」「RBB TODAY」などが名を連ねる。企画委員会の委員長はITジャーナリストの神尾寿氏。アドバイザーとしてジャーナリストの林信行氏も参加している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.