SOAがつくる変幻自在の情報システム

すべて
新着記事
連載
ニュース
関連リンク

新着記事

icon
SOAでつくる変幻自在の情報システム:

SOAは情報システムをどう変えていくのか

SOAは基本的にはWebサービスの技術に基づいている。そこで、ここでは改めてWebサービスの技術について確認しておこう。 (11/24 07:55)


news007.jpg
SOAでつくる変幻自在の情報システム:

ベンダーが触れたくないSOAの課題

SOAをベースに情報システムを構築することにメリットがあることは明らかだが、実装が簡単かといえばそういうわけでもない。SOAは技術の違いは吸収してくれるが、アプリケーション設計の違いは吸収してくれないからである。 (11/16 07:23)


「帳票SOA」、ウイングアークは標準化を目指す

ウイングアーク テクノロジーズは、帳票を1つのサービスとして提供する新コンセプト「帳票SOA」に基づく帳票開発ツール「SVFX-Designer」を発表した。 (11/15 22:52)


レガシーアプリからSOAへ、HPが移行サービスを提供

HPは、メインフレームに代表されるレガシーシステムを、SOAやWebサービスに基づくオープンシステムへと移行させるサービスを開始した。 (11/10 15:48)


news007.jpg
SOAでつくる変幻自在の情報システム:

SOAの何が新しいのか?

SOAとは何なのか?  あまり明瞭にされていない。というのも、根本は古くからあるアイデアであるからだ。とはいえ、SOAが単なる「リバイバル」的なブームなのかというとそうではない。 (11/7 08:51)


NEC、SOA対応を強化したERPソフトの新バージョンを発売

NECは、プロセス産業向けERPソフトの新バージョン「FlexProcess R6.0」の販売を開始した。 (11/4 21:57)


news044.jpg
SOAでつくる変幻自在の情報システム:

SOAという言葉は人々を混乱させるために生まれた?

SOAの基盤となる技術にWebサービスがある。テックバイザージェイピーの栗原氏はここでいう「サービス」について、「アプリケーション境界を越えて複数のアプリケーションから共用されるソフトウェア部品」と表現する。 (11/1 15:06)


SOA環境での迅速な問題の切り分けから解決までを支援、日本IBMがTivoli新製品

日本IBMは、複数のコンポーネントが連携しあって稼動するコンポジット・アプリケーション」の運用管理を支援する「IBM Tivoli」の新製品群を発表した。Rationalとの連携も可能だ。 (11/1 10:39)


自社に合わせたSOA導入を、日本ユニシスが「SOA適用サービス」提供

日本ユニシスは11月より、企業や官公庁におけるSOAの導入を支援する「SOA適用サービス」の本格提供を開始する。 (10/31 21:44)


news009.jpg
IBM SOA Summit Tokyo Report:

システムをいかに速く環境に適応させられるか企業競争に生き残るカギ

日本IBMが開催した“IBM SOA Summit Tokyo for IT Management”で、米IBMグローバルサービス SOA&Webサービス担当副社長のマイケル・リボウ氏が“ビジネスの革新を支えるIT”と題する講演を行なった (10/31 09:52)


BPELがすべてをつなげる、オラクルがISV製品でSOA検証

日本オラクルは、ビジネスプロセス管理のミドルウェア「Oracle BPEL Process Manager」を用い、複数の国産アプリケーションパッケージを連携させた成果を発表した。 (10/28 22:44)


news060.jpg
IBM SOA Summit Tokyo Report:

2008年までに新規開発の80%にSOAが利用される――米IBMのカーター氏

日本IBMが開催した“IBM SOA Summit Tokyo for IT Management”で、米IBMソフトウェアグループのサンディー・カーター氏が“SOAを支えるソフトウェア最新情報:ビジネスの柔軟性を得るためのカギ”と題する講演を行なった。 (10/28 16:48)


OASISに新技術委員会、Webサービスセキュリティの拡張仕様を定義

OASISは、SOAPメッセージのフォーマットと特徴に関するセキュリティポリシー定義を目指す技術委員会「WS-SX」を設置する。 (10/27 08:25)


news009.jpg

Sun、Windowsにも対応のJava ES新版発表

SunはJava ESのリリース4を発表した。SOA機能が強化され、3カ月以内にWindows Server 2003のサポートも追加する見通し。 (10/27 08:18)


news119.jpg
今週は日本のSOA Week ?

SAPとマイクロソフトがTCOの削減とROIの最大化をもたらす

今週はSAP、オラクル、BEA、IBMの4ベンダーが、そろってSOAによるしすてむ構築をテーマにしたカンファレンスを開催した。各社の様子をリポートする。 (10/26 20:44)


news105.jpg
BEA World 2005 Tokyo Report:

日本HPは自らの経験をSOAサービス提供に生かす

BEA World2005の2日目、キーノートセッションにおいて、日本HPの取締役副社長である石積尚幸氏が、自社におけるSOA化への取り組みについて紹介する講演を行った (10/26 20:13)


news080.jpg
Oracle Fusion Middleware Day Report:

データ統合でSOAをリードするオラクルのミドルウェア戦略

Oracle Fusion Middleware Dayの基調講演に登壇したアプリケーション事業推進本部長の保科実氏は、「近年のIT投資は新規システム構築から既存システムの統合にシフトしている」と話した。 (10/26 18:33)


「正しくないデータはつくられなくなる」と米OracleのPIM Data Hub開発担当者

日本オラクルはマスターデータを一元管理するための新製品「Oracle Product Information Management Data Hub」を国内で販売すると発表した。 (10/25 22:42)


SOA実現へオラクルがスイート攻勢、データ統合で差別化も

日本オラクルが10月25日に開催した「Oracle Fusion Middleware Day」において、米Oracleのビジェイ・テラ氏が同社のSOA構想を語った。 (10/25 22:08)


news102.jpg
今週は日本のSOA Week?

ミドルウェア統合は中堅企業にもメリット――Oracle Fusion Middleware Day

25日はBEAWorld2005とOracle Fusion Middleware Dayが開催された。26日はIBM SOA SummitとSAP TechEdだ。業界をリードする4社が図ったように今週SOAのソリューションを披露する。まさに「SOA Week」とでも呼べばいいだろう。 (10/25 20:35)


BEA World 2005 Tokyo Report:

日本BEA、IMSに準拠した「BEA WebLogic SIP Server 2.1」を発表

BEA World 2005 Tokyoを開催中の日本BEAは、J2EEとSIPサーブレットコンテナを統合した、業界初のIMS準拠アプリケーションサーバ「BEA WebLogic SIP Server 2.1」を発表した。 (10/25 18:09)


news056.jpg
BEA World 2005 Tokyo Report:

BEA World 2005 Tokyo開幕、IT資産の流動化に向けて革新を継続するBEA

都内のホテルで「BEA World 2005 Tokyo」が開幕、約1000人の顧客やパートナーらが集まったオープニングの基調講演でグラハム氏は、エンタープライズITを簡素化する同社の革新について話した。 (10/25 17:57)


非Oracle環境に「ホット・プラガブル」、SOA拡大を狙う

日本オラクルは10月24日、同社のミドルウェア製品群を非Oracleの異機種混在SOA環境に適合させる「ホット・プラガブル」構想を発表した。 (10/25 00:24)


SAPがISVをリクルート、「エコシステムが競争優位に」

SAPジャパンは、ISV向けのパートナープログラム「Powered by SAP NetWeaver認定プログラム」を展開し、パートナーの大幅拡充に取り組む。 (10/25 00:13)


SOA化は簡単? IBMらが既存ソフトのSOA化作業を検証

イーマニファクチャリング、イーシー・ワン、フェアウェイソリューションズ、日本IBMの4社が共同で、既存アプリケーションをSOA化する方法論をまとめ、公開した。 (10/20 22:16)


news090.jpg
SOA Business Exchangeリポート

天城に集結したIBMの主要ISVパートナーが見た最新のSOA

日本IBMは伊豆・天城の研修施設に国内主要ISVの幹部を集め、SOAによるシステム構築の最新動向について議論するセミナー「SOA Business Exchange」を開催した (10/20 19:46)


SOAの導入促進を――日本HPと日本BEA、マイクロソフトが協業

日本HPと日本BEAシステムズ、マイクロソフトの3社は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の導入促進に向けて協業し、相互接続性の検証などに取り組む。 (10/19 22:33)


Siebel Customer World Report:

Siebel、SOA対応のCRMコンポーネント群を提供

Siebelは「Siebel Customer World」でSOA対応のCRMコンポーネント「Siebel Component Assembly」を発表した。また、BIツールの最新版「Siebel Business Analytics 7.8」も併せて発表している。 (10/19 15:07)


news002.jpg
Interview:

「マルチコア×仮想化」はSOAに最適なハードウェアプラットフォーム

消費電力の上昇を回避しながら性能を引き上げるマルチコア化は、仮想化技術によってさらに生きてくるという。Paxville DPを発表したインテルの平野氏に話を聞いた。 (10/12 01:14)


連載

ITソリューションフロンティア:技術

SOA―サービス指向アーキテクチャー(前)

企業合併や事業部門の再編、統合が相次ぎ、ビジネスプロセスを迅速に変更、拡張したいというニーズが高まっている。こうしたビジネス環境の変化に対し、柔軟かつ迅速に対応可能なITシステムを実現できるものとしてSOA(Service Oriented Architecture)が注目を集めている。本稿では、SOAの概念と効果的導入のためのポイントについて考察する。前編。 (02/25 08:30)


news002.gif
dev Java

特集:Apache Beehiveとは何か――BEAがOSSで築くSOA基盤

7月28日にApache Software Foundationから公開された「Apache Beehive Project」。BEA SystemsがOSSとして寄与したアプリケーション開発フレームワークのことだ。この特集では、その真価を探るべく、開発手順を挙げてひも解く。 (11/08 13:00)


news007.jpg
新たな潮流:

SOAの意味するもの――時代を見る

SOAという新たな潮流が起ころうとしている。NTTドコモの携帯電話が起こした固定電話から携帯電話へのシフトや、アップルのiPODに見られるインターネットでの音楽購入へのシフトの予兆と同様に、システム構築にも新たなパラダイムが訪れている。SEはこうした大きな流れを捉えておく必要がある(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件) (04/25 00:00)


news007.jpg
新たな潮流:

SOAのカギを握るBPEL

今回は、SOAによるシステム構築でカギになるBPELについて紹介する。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件) (05/09 01:39)


news071.jpg
『SOA―サービス指向アーキテクチャ』から転載

SOAとは何か?

この記事は翔泳社発刊の書籍『SOA―サービス指向アーキテクチャ』の一部を許可を得て転載しています。 (06/14 16:55)


news002.jpg
『SOA―サービス指向アーキテクチャ』から転載

SOAの定義

この記事は翔泳社発刊の書籍『SOA―サービス指向アーキテクチャ』の一部を許可を得て転載しています。 (06/19 02:46)


news002.jpg
『SOA―サービス指向アーキテクチャ』から転載

最適なサービスの活用:BPM

この記事は翔泳社発刊の書籍『SOA―サービス指向アーキテクチャ』の一部を許可を得て転載しています。 (06/26 01:30)


news003.jpg
夏季集中講座 「成功するSOA、失敗するSOA」

「物理的にムリ」と情報システム部門が言う

「経営戦略としてのSOAとは何なのか?」──この連載「成功するSOA、失敗するSOA」では、SOAでビジネスを変革するヒントを紹介していきます(日本BEAシステムズ著「ビジネスはSOAで変革する」からの抜粋です)。 (08/10 08:00)


ニュース

Siebel Customer World Report:

Siebel、SOA対応のCRMコンポーネント群を提供

Siebelは「Siebel Customer World」でSOA対応のCRMコンポーネント「Siebel Component Assembly」を発表した。また、BIツールの最新版「Siebel Business Analytics 7.8」も併せて発表している。 (10/19 15:07)


SAPジャパン、SOA移行支援プログラムを発表

SAPジャパンがSOA移行ロードマップを作成するESAアダプションプログラムを発表した。顧客企業の戦略に応じて、顧客の視点から作成するのが特徴だという。 (05/18 13:08)


news015.jpg
BEA World 2005 Santa Clara Report

「Think liquid」──SOAで企業システムを簡素化するとBEAのチュアングCEO

Think liquidでリブランディングを図るBEA Systemsが、本拠地のシリコンバレーで「BEA World 2005」を開催した。チュアングCEOは、基調講演に登場し、同社のSOA戦略の概要を紹介した。 (09/28 09:31)


来たれSOA時代――UMLモデリング推進協議会とXMLコンソーシアムが協力

UMLモデリング推進協議会(UMTP)とXMLコンソーシアムは、BPMとSOAの実現に向けた研究、調査活動を共同で推進する。またXML技術者育成推進委員会とともにエンジニア育成に向けた認定制度を推進する。 (09/15 19:16)


「SOAのリーダー」を宣言するBEA

「BEAは包括的なSOAプラットフォームを提供する唯一のインフラソフト企業」――BEAWorldでアルフレッド・チュアングCEOが主張した。(IDG) (09/28 12:09)


news002.jpg
Interview:

「マルチコア×仮想化」はSOAに最適なハードウェアプラットフォーム

消費電力の上昇を回避しながら性能を引き上げるマルチコア化は、仮想化技術によってさらに生きてくるという。Paxville DPを発表したインテルの平野氏に話を聞いた。 (10/12 01:14)


Sun、SOA導入支援サービス「SOA Path」を発表

Sunは、JavaプラットフォームとSOA実装におけるノウハウを顧客に提供する新サービスを発表した。 (05/18 08:05)


SOAにまつわる「現場と上のギャップ」

現場の開発者は『まだ始まってもいない』と言う。SOAを推進している幹部は『実際に何らかの進展を見せている』と言う――BEAのCTOが両者のギャップを語った。 (05/18 16:36)


Javaの難問にSOAで挑むIBM

SOAのような分散コンピューティング環境において、抽象化レイヤ技術「Service Data Objects」(SDO)が果たす役割は大きなものになるだろう。 (09/22 20:41)


news014.jpg
SOA実現に向けて

ディスカッション:日本におけるSOAの現状と課題

IBM Software World 2005の最後、パネル・ディスカッションは、パネリスト全員が「SOAは推進されるべき」との共通認識を持つこと確認し合った。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件) (05/26 04:51)


news084.jpg
Rational Software Development Conference 2005:

Keynote:「抽象化こそがソフトウェア開発の課題」とIBMのブーチ氏

IBMのフェロー、ブーチ氏が開催2日目Rational Software Development Conference 2005の基調講演で語ったポイントは、ソフトウェア開発の課題、そしてビジネスとITのギャップを埋めるためのSOAを、目に見える形で具現化することだった。 (05/25 20:25)


Rational Software Development Conference 2005:

ビジネス目標とアプリ開発の連携の必要性を強調したIBM

ラスベガスで開催されているIBM Rational Software Development Conference 2005において、同社はビジネスとソフトウェア開発の連携の重要性を説いた。 (05/24 19:49)


news009.jpg
Pep BoysによるSOA導入

事例に見るSOA構築時の考慮点

IBM Software World 2005で、SOAに基づくシステムを構築する際に考慮すべき点について、日本IBMの蓮見氏が米国の自動車パーツ用品販売のPep Boysの事例をもとに解説した。 (05/23 00:00)


news012.jpg

IBMが描くSOAによるIT環境の未来像

IBM Software World 2005では、SOAに関するセッションが15セッションも行われた。IBMからのメッセージとしては最後となるセッションに登壇した長島哲也氏が、同社のSOA戦略について総括した。 (05/23 00:00)


news066.jpg
IBM Software World 2005

楽天のビジネス拡大を止めないために

プロ野球参入で一気に知名度をあげた楽天グループは、成長を止めないためにITへの投資にも本腰を入れている。 (05/18 17:01)


news117.jpg
手本はクルマの開発

トヨタの成長を支えるITの革新

17日に開幕したIBM Software Worldでトヨタ自動車のITによる業務改革が紹介された。(IBM Software World 2005) (05/17 21:31)


news119.jpg
IBM Software World 2005開催

Keynote:日本の活力を取り戻すために

IBM Software World 2005が開幕、基調講演では日本IBMの代表取締役会長で、社団法人経済同友会の代表幹事の北城恪太郎氏が日本の活力をいかに取り戻すかをテーマに講演した。(IBM Software World 2005) (05/17 22:02)


関連リンク

index.jpg

「次世代」中堅企業はITで利益を出す

ビジネスのグローバル化など競争が激化する中で、中堅企業がITを活用していかに利益を出していくのかに焦点を当てる。 (10/13 03:12)


index.jpg

顧客満足度ナンバーワンSEの条件

(04/24 23:52)


index.jpg

データ経営でビジネスを制す

ビジネスインテリジェンスという概念がようやく日本の情報システム部門内において定着してきた。BIの概念にはさまざまな推進要因があるからだ。 (09/07 07:40)




Special

- PR -

Special

- PR -