DX×ビジネス

icon
週末エンプラこぼれ話:

訪日観光客の増加が期待される一方、人手不足に悩む旅館の現場で、業務を効率化しつつどう接客サービスを向上させるのか。そんな課題に挑む旅館が、部屋のドアに顔認証とスマートロックを活用する実証実験を進めている。何が起こっているのか、実際にお邪魔してみた。

(1月17日 07時00分)
icon

IDC Japanは、国内IT市場の2020〜2023年の地域別市場規模予測を発表した。2020年は前年の反動からマイナス成長になるものの、2021年以降は国内IT市場全体では緩やかに回復する。ただし、地方はマイナス成長が続く見込み。

(1月16日 10時50分)
icon

セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームスホールディングスは、Oracleのクラウド型経営管理ソリューションを導入し、店舗と事業部の損益表作成業務を効率化して、早期開示を実現。経営層や事業本部長に精緻な経営指標をタイムリーに報告できるようになった。

(1月15日 14時00分)
icon
Weekly Memo:

2020年、エンタープライズIT市場はどう動くか。Microsoft、Oracle、SAP、Salesforce.comのソフトウェアベンダー大手4社の動向から、同市場の行方を筆者なりの視点で探ってみたい。

(1月14日 14時00分)
icon

生活になじみつつあるドローンだが、産業活用においてはまだ課題が多い。その課題とは。また日本においてどうすればドローンが発達するのだろうか。

(1月14日 07時00分)
icon

北海道情報大学では、日本IBMとの連携により、「IBM Watson」を活用したAI教育プログラムを開発。ボール紙ロボット「TJBot」を用いて、「健康や食」に関するアドバイスをするロボットの制作も組み入れた。同大学がテーマとする「食の保健機能研究」を基盤に、地域・社会に貢献できるAI人材の育成を目指す。

(1月10日 08時00分)
icon
独占ロングインタビュー:

国内初となる東京リージョンを2019年5月に開設し、9月に発表した無償版クラウド「Oracle Cloud Free Tier」で大きな注目を集めた日本オラクル。2020年の大阪リージョン開設を控え、現状と今後をどう捉えているのか。就任から4カ月を迎えたケネス・ヨハンセンCEOに聞いた。

(1月10日 07時00分)
icon

NTTドコモとNTTデータは、AIを活用した電話業務の自動化ソリューションを2020年4月以降に提供開始予定で、実業務における実証実験を開始した。AIによる電話応対技術とRPAを組み合わせ、PC操作を含めた電話応対業務を一貫してAIが代行するソリューションの提供を目指す。

(1月8日 14時00分)
icon
そもそもブロックチェーンとは何か?(後編):

ブロックチェーンは仮想通貨の管理システムから生まれ、「正確な情報」が求められるビジネスの世界で活用されています。ネット時代における新しい信頼性の技術は今後、われわれの社会をどのように変えていくでしょうか。

(1月7日 07時00分)
icon
全てがコトになる:

2019年は「サブスク元年」と言われた。企業側にとって、サブスクへのビジネスシフトは簡単ではない。それでもビジネスのサブスク化が止まらないのはなぜか? ――顧客と投資家がそれを望んでいるからだ。今、日本の製造業は岐路に立っている。

(1月6日 07時00分)
icon

ドローンは、災害調査や測量など、多くのビジネスで使われるようになってきている。日本はエンタープライズドローン分野で世界と戦うことはできるのか。

(1月6日 07時00分)
icon

2019年末、日本に外資系量子コンピュータ事業の参入が相次いだ。既にNECや富士通といった国内企業も取り組む量子コンピュータだが、GoogleやIBMといった国外の大手に比べれば遅れがちな点は否めない。背景で投資を加速する日本政府の掲げる「目標」とは。

(12月27日 07時00分)
icon

NEDOら6者は、無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避する技術の実証実験を行った。飛行中の故障や悪天候などの緊急事態に対応し、無人航空機が自らの判断で経路を変更して、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行する。離島間物流などへの適用を目指す。

(12月26日 15時00分)
icon

Dell Technologiesは2020年を「Next Data Decade(データが導く次の10年)」が始まる最初の年と位置づけ、これからの10年で登場する新しいイノベーションや技術を予測した。

(12月26日 08時53分)
icon

京都橘大学と日立製作所は、119番通報を受信する通信指令員向けの支援システムとして、AIを活用して聴取内容を基に傷病者の緊急度や傷病名などの判定を支援する「緊急度判定支援システム」の共同開発に取り組む。

(12月25日 13時00分)
icon

5Gや折りたたみデバイス、教育へのAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の浸透、クラウドゲーミングの普及などを挙げた。

(12月25日 10時35分)
icon

IPAは、2020年4月に施行される改正民法に対応した「情報システム・モデル取引・契約書」を公開した。ユーザー企業とITベンダーのどちらかに利益が偏らないよう、中立的な立場での契約書作成を目指した。

(12月25日 10時03分)
icon
2020年のクラウド業界も予測:

競合同士による協業やクラウドベンダーによる他社の買収劇が相次いだ2019年。読者がよく耳にしたのが「マルチクラウド」「コンテナ」といった用語だったのではないか。その裏側には、これまでの競争の形を大きく変えた各ベンダーの思惑がある。

(12月25日 07時00分)
icon

SGシステムは、複数メーカーのデジタルタコグラフ(デジタコ)に対応するクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」をグループ会社である佐川急便の34営業所に導入する。互換性のない各社のデジタコを一元管理でき、運行管理や安全指導の効率化や強化を図れるという。

(12月24日 12時00分)
icon

商船三井は、MOLマリン、海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所、東京海洋大学と共同で、避航操船アルゴリズムと運航自動化に関する共同研究を開始する。自律航行の実現に向け、周囲の船による衝突リスクの危険がある領域を避けて避航航路を設定するAI技術を開発する。

(12月23日 11時00分)
icon
Weekly Memo:

今回は年内最後のWeekly Memoなので、2019年のエンタープライズ/コマーシャルIT市場において印象に残ったトレンドとして4つのキーワードを挙げ、その理由やポイントを述べたい。

(12月23日 11時00分)
icon

ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」で稼働させるアニーリングマシンを活用し、組み合わせ最適化問題の解決を目的とした共創サービスを提供する。

(12月23日 08時54分)
icon

ITRは、AI市場について市場規模の推移と予測を発表した。2018年度の売上金額は対前年度比53.5%増の199億5000万円。用途の多様化などによって今後も継続的な伸びが見込まれ、2023年度の売上金額は640億円に達すると予測する。

(12月20日 12時01分)
icon

NTTデータは、ライフデータイニシアティブと連携し、電子カルテを含む詳細な医療情報を収集・匿名加工して、研究機関などに提供する認定事業「匿名加工医療情報作成事業」を2020年1月6日に開始する。両社は、事業開始に当たり、次世代医療基盤法に基づく初の事象者認定を取得した。

(12月20日 11時00分)
icon

ガートナー ジャパンは「日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。同社は、ポストモダンERPやEBCへのロードマップも意識した、長期的なERP戦略を立案することが重要だとしている。

(12月19日 08時00分)
icon

ネットワークインフラからアプリケーションまでをトータルソリューションとして、企業や自治体向けに提案する。自社施設で利用するためにローカル5Gの免許を申請し、2020年度以降にNECグループの工場に導入する。

(12月18日 09時50分)
icon

沖縄電力とNECは、通学路にある交差点付近の電柱に設置したカメラ映像から、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実証実験を開始した。人や普通車、大型車などを識別しながら、台数や速度、歩行者交通量といった交通流データを収集、分析し、時間帯ごとに危険度を推定する。

(12月17日 10時00分)
icon

KDDI、熊本県阿蘇郡南阿蘇村らは、5G対応のドローンを活用し、南阿蘇の景色や震災遺構を眺望できるVR観光の実証実験を実施した。360度カメラの映像をVRゴーグルにリアルタイムで伝送し、阿蘇山の全景などのライブ映像を見られる他、4Kカメラの高精細映像を見ながらドローンの操縦もできる。

(12月17日 07時00分)
icon
Weekly Memo:

今やIT業界のご意見番的存在でもあるSAPジャパンの福田譲社長に、「2019年の印象と2020年の展望」をテーマに話を聞いた。すると、DXの極意は「エコシステム」にあるとのこと。果たして、どういうことか。

(12月16日 12時29分)
icon

羽田空港国際線旅客ターミナルの保安検査場に、待ち時間をAIで予測し、デジタルサイネージに表示する「待ち時間予測システム」が導入された。NECのAI技術を活用し、監視カメラの映像やセンサーで取得した情報から、人の流れや通過人数を収集、分析し、混雑状況を把握する。

(12月13日 09時55分)
icon

日本マイクロソフトは、「Azure Red Hat OpenShift」の一般提供を、Microsoft Azureの東日本リージョンで開始する。レッドハットとマイクロソフトが共同で、サービス管理や技術サポートを提供する。

(12月13日 09時38分)
icon
金融機関の「DX」が基幹系にも:

地方銀行グループが設立する新銀行がパブリッククラウドを前提としたクラウドネイティブな実装のシステムを採用する。FinTech系企業の参入障壁を解消する動きが進む中、既存の地銀でも軽快にIT戦略を実装できる環境の整備に本腰を入れる。

(12月12日 16時00分)

注目のテーマ