ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「911T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「911T」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

写真で解説する「920T」(ソフトウェア編)
2007年春モデル「911T」の後継モデルとして登場する東芝製の新機種「920T」。ソフトウェアやユーザーインタフェースの多くは前機種と共通する部分は多いものの、ワンセグ機能に“911Tにこれさえあれば”といういくつか機能が新たに搭載されるなど、細かい進化を遂げている。(2007/10/23)

動画で見る「920T」
前モデル「911T」の特徴を色濃く引き継いだ、東芝製の新機種「920T」。外観はボディカラーや十字キー周り、そしてキー形状やレイアウトなどに若干の変更があるようだ。911Tと見た目の印象はどれだけ違うのか、動画で見比べてみよう。(2007/10/22)

写真で解説する「920T」
“ほぼ全部入り”だった2007年春モデル「911T」の高機能さを引き継ぎ、新デザインと外光下でも見やすい3インチワイドVGAクリアスクリーン液晶を採用。スペックは大きく変わらず、さながら911Tのマイナーチェンジ版という位置付けだが、911Tでは未対応だったワンセグの予約録画や外部メモリ録画機能などもしっかり備えるなど、さらなる使い勝手への工夫も盛り込んだ。(2007/10/22)

3インチWVGA、Bluetooth、ワンセグ、スリムスライド、“ほぼ全部入り”の進化版──「920T」
あの“ほぼ全部入り”が正統進化──東芝製の「920T」は、2007年春モデル「911T」のスリムスライドボディやワンセグ、3インチワイドVGAディスプレイ、HSDPA、Bluetooth、1Gバイトメモリ、S!FeliCaなどを継承し、新たにクリアスクリーン液晶や外部メモリ録画/予約録画機能、大容量バッテリーなどを備えて進化した。(2007/10/22)

「911T」にドキュメントビューアが起動しなくなる不具合、ソフト更新で対応
東芝製端末「911T」に、初回起動時から60日後にドキュメントビューアが起動しなくなる不具合があることが分かった。ソフトバンクモバイルは、ソフト更新で対応する。(2007/7/13)

写真で解説する「W54T」(機能編)
前回の“ほぼ全部入り”機の数少ないウィークポイントを克服し、ハイエンド機らしい高級感とライバル機「911T」並みの18.5ミリのスリムボディを実現した新機種「W54T」。ワンセグやカメラ機能などにも若干の改良が図られた。(2007/5/23)

“メタル”の輝きと“ラバー”の質感、ワンセグ搭載のハイエンド機──「912T」
ステンレスの輝きとラバーコートの質感、そして厚さ16ミリのスリムボディを実現したワンセグ端末が「912T」。2.8インチワイドQVGAディスプレイ、HSDPA、美肌機能付き3Mカメラ、Bluetooth、GPS、PCサイトビューアなど、911T譲りの多機能さが特徴だ。(2007/5/22)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
W52Tとほぼ同じ? いや、微妙に違う写りの差──「911T」
前回行ったauの“ほぼ全部入り”「W52T」に続き、今回はソフトバンクモバイルの“ほぼ全部入り”「911T」のカメラ機能をチェックする。それぞれカメラ機能は320万画素のAF付きでスペック同じだが、場合によって写りが微妙に違う……それはなぜだろうか。(2007/5/14)

911Tの“ここ”が知りたい(6):
マルチタスクには対応しているのか――「911T」
「911T」には、複数の機能を同時に起動できるマルチタスク機能が搭載されているのだろうか。また暗い場所で気になるダイヤルキーのバックライトや、カメラ・画像についてもリポートしよう。(2007/5/8)

911Tの“ここ”が知りたい(5):
ワンセグ録画中に着信するとどうなる――「911T」
“ソフトバンク端末のワンセグ”といえばアクオスケータイのみだったが、東芝製「911T」の登場で選択肢が増えた。その911Tのワンセグ受信感度や録画機能についての質問が多く寄せられた。(2007/5/8)

「911T」の“ここ”が知りたい(4):
どれくらいの速さで通信できるか――「911T」
「911T」は、下り最大3.6Mbps/上り最大384Kbpsの高速通信が可能なHSDPA規格「3Gハイスピード」に対応しているが、実際はどのくらい速いのか。通信速度について検証した。(2007/4/25)

「911T」の“ここ”が知りたい(3):
本体の内蔵メモリにPCからアクセスできるか――「911T」
「911T」には1Gバイトの内蔵メモリがあり、録画したワンセグ番組や音楽ファイル、画像、ムービーなどを保存できる。この内蔵メモリにあるデータをPCから読み書きすることができるのかを気にする声が多かった。(2007/4/19)

「911T」の“ここ”が知りたい(2):
フォントはワイドVGAに最適化されるか――「911T」
「911T」の大きな特徴として挙げられるのが、3インチワイドVGA液晶だ。特にフォントに関する質問は多く、高精細な液晶がどこまで生きるのかに注目していることがうかがえる。(2007/4/17)

「911T」の“ここ”が知りたい(1):
Macから音楽ファイルを転送できるか――「911T」
ソフトバンクの春モデルの“全部入り”ケータイとして注目を集めている「911T」だけに、多くの質問が寄せられた。今回は音楽とBluetooth機能をピックアップしよう。(2007/4/16)

携帯販売ランキング(3月19日〜3月25日):
“注目モデル”が必ずしも売れるわけではない
携帯各社による春商戦向けモデル発売ラッシュも終わり、ランキングは穏やかになっている。今回の見どころはau春モデルのラストを飾る「MEDIA SKIN」は何位か、最強携帯「911T」は首位を奪えるか。さて、今回のランキングはどのような結果になっただろうか。(2007/3/30)

「くーまん」がソフトバンク原宿にやってくる
「ソフトバンク原宿」で、東芝製端末の販促イベントが行われている。“全部入り”ケータイ「911T」などの実機を試せるほか、東芝製端末でおなじみのキャラクター「くーまん」も登場。週末には記念撮影会も行う。(2007/3/29)

東芝「911T」レビュー:
圧倒的な“高機能”が心地いい──ハイエンド機「911T」の実力に迫る(後編)
キャリアの垣根を越えても魅力的な多機能さ、そして17.9ミリというスリムデザインを兼ね備えた東芝製ハイエンド携帯「911T」。後編はBluetoothや音楽、動画再生機能など、携帯としての使い勝手をじっくり検証していく。(2007/3/29)

ソフトバンク、「911T」のソフト更新を開始──モバイルSuicaアプリでの不具合を修正
ソフトバンクは3月26日、東芝製の3G端末「911T」で、モバイルSuicaアプリの一部機能を実行するとエラーメッセージが表示される問題を修正するソフト更新を開始した。(2007/3/26)

開発チームに聞く「911T」:
“17ミリ台”を死守せよ──妥協なきハイエンド携帯、開発の裏側
「絶対に17ミリ台をキープせよ」。開発当初から課せられた、限りなく高い目標設定──。“本気”の東芝製ハイエンド携帯「911T」はどのような苦労の末に誕生したのか。開発の裏側を開発チームに聞いた。(2007/3/23)

jigブラウザ、ソフトバンク「911T」に対応
jig.jpのフルブラウザアプリ「jigブラウザ」が、ソフトバンクモバイルのハイエンド端末「911T」に対応した。横向き表示にも対応し、よりPC環境に近いブラウジングが可能になった。(2007/3/19)

“ほぼ全部入り”のハイエンド端末「911T」の価格が明らかに
ソフトバンクモバイルの東芝製端末「911T」の販売価格が明らかになった。新規契約で割賦販売制の「新スーパーボーナス」に加入した際の実質負担額は2万円台半ば、加入しない場合の価格は3万円台半ばとなっている。(2007/3/16)

ソフトバンクの“ほぼ全部入り”──「911T」、3月17日に発売
ワンセグ、3インチワイドVGA液晶、Bluetooth、HDSPAなど、主要な機能をほぼ搭載した東芝製のハイエンド端末「911T」が、3月17日に店頭に並ぶ。(2007/3/16)

東芝「911T」レビュー:
圧倒的な“高機能”が心地いい──ハイエンド機「911T」の実力に迫る(前編)
3インチのワイドVGA液晶+ワンセグ+Bluetooth+HSDPA+1Gバイト内蔵メモリ+PCサイト/ドキュメントビューア+S!FeliCa……多彩な機能を厚さ17.9ミリのスリム&スライドボディに詰め込んだ注目のハイエンド端末が東芝製の「911T」だ。早速その実力を検証していこう。(2007/3/16)

写真で解説する「911T」(ソフトウェア編)
今までにないほどの“全部入り”が喜ばしい東芝製の3G端末「911T」。外観に続いて、ワンセグや横向きで使うPCサイトブラウザ、カメラなどの機能はどうなっているだろうか。(2007/1/26)

写真で解説する「911T」
“全部入り”……なのに「薄い」──auの「W52T」と同じく“全部入り”のフル装備が特徴の東芝製端末「911T」。ワンセグ+大画面+スリム+スクエア+鮮やかな色など、昨今のケータイのトレンドが凝縮されている。(2007/1/25)

ワンセグ+3インチWVGA+薄型スライド+HSDPA+BT──“全部入り”の「911T」
auが“全部入り”ならソフトバンクも“全部入り”。東芝製の「911T」は、ワンセグ+3インチWVGA+BT+薄型スライド+HSDPAなどのフル装備で登場する。(2007/1/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。