ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アドベントネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アドベントネット」に関する情報が集まったページです。

シスコ×ゾーホー エキスパート対談:
PR:Cisco NetFlowが、ネットワーク運用の武器として再び注目される理由
シスコが推進してきたフロー可視化技術のNetFlowが、この2、3年新たな注目を浴びるようになってきたという。それはなぜなのか。シスコシステムズとゾーホーのエンジニアたちが、NetFlowの真髄を語る。(2016/1/25)

オンラインオフィス「Zoho」とGoogle Docsが連係、文書の直接編集が可能に
ビジネス向けWebサービス「Zoho」シリーズの一部で、Google Docsに保存した文書の直接編集やメール添付が可能になった。(2009/12/3)

AdventNet、社名をZOHOに変更
社名をZOHO Corporationに変更するほか、組織を3部門構成にする。(2009/5/29)

オンラインオフィス「Zoho」がGmailやFacebookに埋め込み可能に
アドベントネットは、オンラインオフィス「Zoho」の各サービスをGmailやFacebookなど外部のWebサービスにガジェットとして埋め込める「Zoho Gadgets」日本語版を公開した。(2009/4/21)

MSN、Yahoo、Google――複数チャットをまとめられる「Zoho Chat」最新版
オンラインオフィス「Zoho」シリーズのチャットサービス「Zoho Chat」最新版では、MSNや米Yahoo、Googleなど複数のチャットサービスのアカウントをまとめて、ブラウザ上で管理できる。(2009/4/1)

SaaS型法人サービス「Zoho」のモバイル版が登場――iPhone、スマートフォンに対応
アドベントネットがSaaS型ビジネスソリューション「Zoho」のモバイル版をリリース。iPhone対応の「iZoho」、その他のスマートフォン向けの「Zoho Mobile」を日本語化し、3月下旬から順次提供する。(2009/3/27)

Zoho NotebookにGoogle Notebookのインポート機能が追加
サービス終了が発表されたGoogle Notebookで作成したメモが、Zoho Netebookにインポートできるようになった。(2009/1/22)

2010年まで回復見込めず:
景気後退の中でもSaaSエンタープライズアプリ市場は成長――Gartnerの見方
Gartnerによると、景気後退の中にあってもSaaSエンタープライズアプリケーションとクラウドコンピューティングの市場は今後も拡大する見込みだ。しかしSaaS市場は企業の支出抑制の影響を受け始めており、来年にはSaaSへの投資が減少する可能性もあるという。(2008/10/27)

Zoho Mail、Google Gears利用でオフライン対応に
オンラインオフィススイートZohoのメールサービスが、Webアプリのオフライン化ツールGearsの本家Google Gmailより先にオフライン対応になった。(2008/10/11)

Zohoに文書を一括管理できる「Zoho Docs」
Zoho Suiteで作成したすべての文書を一括管理可能な「Zoho Docs」が登場した。(2008/9/5)

PDF出力も対応:
SaaS型請求処理サービス「Zoho Invoice」開始
(2008/7/15)

オンラインで請求書のとりまとめ Zoho Invoice日本語版公開
アドベントネットは、請求書や見積書をオンラインで手軽に作成できるサービス「Zoho Invoice」の日本語版の提供を開始した。無料で月間5枚までのビジネス書類を作成できる。(2008/7/15)

Zohoのプレゼンアプリ「Zoho Show」が日本語にも対応
Webベースのプレゼンテーションアプリ「Zoho Show」が、新たに11カ国語に対応。エクスポート用のフォーマット数も拡大した。(2008/6/26)

ZohoへのログインにYahoo!とGoogleのアカウントが利用可能に
Zohoのアカウントを開設しなくても、GoogleまたはYahoo!のアカウントを使ってZohoのオフィススイートが利用できるようになった。(2008/5/15)

「Zoho Creator」にプロ版、3人以上の共同作業は有料に
アドベントネットは、オンラインオフィス「Zoho」シリーズの1つである、オンラインDBアプリケーション構築サービス「Zoho Creator」プロフェッショナル版の提供を開始した。(2008/5/8)

オンライン表計算サービス「Zoho Sheet」にマクロとピボットリポート機能
アドベントネットは、オンラインオフィス「Zoho」の表計算サービス「Zoho Sheet」に、マクロ機能とピボットリポート機能を追加した。(2008/5/1)

中国BaihuiがZohoアプリを中国で提供
オンラインオフィススイート「Zoho」が、中国市場に進出する。(2008/4/25)

Salesforce.com、Googleとの提携の前にZohoの獲得に失敗
Zohoのエバンジェリストであるラジュ・ベゲスナ氏は、物別れに終わったSalesforce.comとの交渉のいきさつを説明するとともに、Salesforce.comの企業方針についても語った。(2008/4/18)

GoogleがAmazon Web Servicesに対抗
アナリストやソフトウェア専門家らはGoogle App EngineとAmazon Web Servicesを比較しているが、ユーザーは両社のサポートに疑問を感じているようだ。(2008/4/14)

アドベントネット、オンライン投票運営サービス「Zoho Polls」日本語版
アドベントネットはオンラインオフィス「Zoho」シリーズに、13番目の日本語版サービスとしてオンライン投票運営サービス「Zoho Polls」を追加した。(2008/4/9)

顧客データ管理サービス「Zoho CRM」にエンタープライズ版
アドベントネットはオンラインオフィス「Zoho」シリーズの1つである顧客データ管理サービス「Zoho CRM」のエンタープライズ版を開始した。(2008/4/2)

Zoho、請求書発行アプリ追加で企業向けサービスを拡充
ワープロや表計算ツールなどに続けてCRMや人事アプリなどのビジネスツールも拡充中のZohoに、請求書発行の「Zoho Invoice」が加わった。(2008/4/1)

アドベントネット、人事管理サービス「Zoho People」を開始
アドベントネットは、オンラインオフィス「Zoho」シリーズに人事管理サービス「Zoho People」を追加した。(2008/3/19)

部門向け業務アプリケーションは初:
Zoho、SaaSスイートにSMB向け人事アプリ追加
(2008/3/11)

オンラインオフィススイートのZohoに人事ソフト登場
Webベースの中小企業向けビジネスソフトを展開しているZohoが、人事管理アプリケーション「Zoho People」をβリリースした。(2008/3/11)

オンラインオフィス「Zoho」が“クリスマスプレゼント”――7サービスを新たに日本語化
オンラインオフィス「Zoho」が新たに7つの日本語版サービスの提供を開始した。これで全17サービスのうち、Zoho Writer、Zoho Sheet、Zoho CRM、Zoho Projectを含む11サービスの日本語化が完了したことになる。(2007/12/25)

Google、2008年に新Webサイト作成ツール発表か?
新たなWeb作成ツール「Google Sites」に、買収したJotSpotのWiki機能が組み込まれるようだ。(2007/12/5)

「Zoho Writer」がオフラインでも編集可能に
ブラウザ上で使用可能なワープロソフト「Zoho Writer」に、オフラインでも編集できる機能が追加された。(2007/11/27)

「Zoho Writer」、ページ表示やヘッダーなどの新機能追加
オンラインワープロ「Zoho Writer」のアップデートでは、企業による利用を視野に入れた新機能の追加が行われた。(2007/11/16)

アドベントネット、無料でIT管理製品を提供
アドベントネットは、ネットワークやアプリケーションなどを統合監視するソフトウェア「OpManager」の無料版を発表した。(2007/10/15)

Zoho、2007年中に全サービスを日本語化
ワープロから表計算、CRMからWikiまで──全16種類にまで増加した、Webベースのサービス「Zoho」。年内に全サービスを日本語化し、対応を強化していく。(2007/10/5)

「Office 2.0」のカギはリアルタイムコラボレーション
ベンダー各社は、企業向けWikiとコラボレーションツールの需要拡大に対応するのに苦労しているようだ。(2007/9/10)

企業ユーザーをターゲットとした「Zoho Business」が登場
Zohoアプリケーションにビジネス向けの「Zoho Business」が登場。従来版は「Zoho Personal」となる。(2007/9/7)

Zohoアプリへのアクセス用ダッシュボード、「Zoho Start」登場
Zoho Startでは、ワープロや表計算など、Zohoの各種オンラインアプリに1度のサインインでアクセス可能。各アプリはタブ表示され、同一画面上で利用できる。(2007/8/31)

オンラインワープロの「Zoho Writer」がオフラインでも利用可能に
ブラウザ上で動作するワープロソフト「Zoho Writer」にGoogle Gearsをベースにしたオフライン機能が追加された。(2007/8/22)

Officeドキュメントの閲覧、共有ツール、「Zoho Viewer」登場
Zoho IDがなくても、Zoho ViewerでOffice文書の閲覧、共有が可能だ。(2007/8/10)

不具合を統合的に監視する「ManageEngine OpManager」
規模を問わず低価格で導入可能な統合監視ソフト
サーバの安定動作に欠かせないのが、ネットワークやシステム全体の不具合を迅速に検知できる統合監視ソフトウェアだ。一昔前までは“数億円規模のシステムのみに導入するもの”というイメージが強かったが、近年では小規模システムでも導入できる低価格な製品が登場している。(2007/6/6)

「Zoho Notebook」が公開β版に
Zoho IDを持っているユーザーなら誰でも、Zoho Notebookでテキストや画像、動画などをオンライン管理できるようになった。(2007/5/24)

ツールを使ってネットワーク管理(14):
サーバ異常をメールで知らせる統合監視ツール 〜OpManagerでの監視〜
管理するサーバが急に落ちたらどうする? 商用のネットワーク監視ツールがあるのは知っているけど、高価すぎて予算を出してもらえません……(2006/9/20)

アドベントネット、統合システム監視ツールの最新版
アドベントネットは、統合監視ツールの最新版「AdventNet ManageEngine OpManager 6.0」の販売を開始した。(2006/6/8)

アドベントネット、ネットワーク/システム監視ツール群を強化
アドベントネットは、ネットワーク/システムのトラブルシューティングツール群「AdventNet ManageEngine OpUtils Professional Edition 3.2」の販売を開始した。(2005/10/14)

アドベントネットの統合管理ツールがバージョンアップ、無線LAN APやUPSも監視対象に
アドベントネットは、ヘルプデスク/資産管理製品との連携機能などを追加したシステム統合管理ツールの最新版「AdventNet ManageEngine OpManager 5.5」の販売を開始した。(2005/8/5)

アドベントネット、ネットワーク帯域監視ツールの最新版
アドベントネットは、ネットワーク帯域監視/分析ツール「AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer 4.0」の販売を開始した。(2005/7/8)

アドベントネット、ビジネスアプリケーションシステム管理ツールを発売
アドベントネットは、Webアプリケーションやデータベース、サーバなどを管理できるビジネスアプリケーションシステム管理ツール「AdventNetManageEngine Applications Manager 6.0」を販売開始した。(2005/5/30)

アドベントネット、ネットワーク/システム監視ツールを販売開始
アドベントネットは、監視ツール「AdventNet ManageEngine OpManager 5」を販売開始した。(2004/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。