ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アラン・ケイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
SDGsカード・シミュレーションで社会的課題の認識と解決を体験
SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発目標で、近年多くの企業や教育機関がSDGsに取り組んでいる。(2019/5/20)

NTT DATA Innovation Conference 2019レポート:
海抜零から山を創りあげ、5年以内に世界初登頂することがMITで生き残る道
テクノロジーは1年で廃れ、アプリケーションは10年で置き換えられるが、強いビジョンは100年を超えて生き続ける。デジタルトランスフォーメーションの時代を生き抜くためにはビジョンが不可欠だ。(2019/3/20)

Appleの最新製品は「クリエイティビティの未来」
ついに日本語化されたAppleの無料コンテンツ「Everyone Can Create」。その魅力を林信行が解説する。(2018/11/15)

NTT DATA Innovation Conference 2018レポート:
テクノロジーが自律的に拡張する時代に、いかにビジネスの勝機を捉えるか
人類は、歴史上何度かの転換点を乗り越えて進化を続けてきた。コンピュータがあらゆる領域で人類を超えるシンギュラリティの到来が叫ばれる今、破壊的に成長を続けるテクノロジーを企業はいかにビジネスに取り込んでいくべきなのか。(2018/2/21)

CloseBox:
LINEのWAVEをポチった後でわかった、アラン・ケイの偉大さ
35年前、セミナーで語られた内容をLINEのハードウェア進出に照らし合わせると……。(2017/7/15)

Y Combinator、起業家向けMOOC開講 講師陣にアラン・ケイ氏やジャン・コウム氏
インキュベーターのY Combinatorが、起業家向けの無料オンライン講座「Startup School」を開講する。10週間、アラン・ケイ氏や現役のCEOなど豪華講師陣が起業についての講義を受け持つ。(2017/3/7)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(5):
テクノロジーの力を次の世代のために――プロのエンジニアもプログラミング教育に協力を
政府の新たな成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は一般社団法人「みんなのコード」の代表理事を務める利根川裕太氏。(2016/12/8)

音声連動連載「backspace_news」始動:
WWDC 2016〜天空の花嫁と過去の幻
OpenDoc、HyperCard、Dynabook、Knowledge Navigatorがそこにあった。そして、世代交代してもまったくぶれていないAppleが見えた。(2016/6/17)

ジョブズの「現実歪曲空間」はこうして生まれた マンガ「スティーブズ」でのチームワーク
原作者、漫画家(2人)、編集者の4人がチームとなって制作。その内情が語られた。(2016/6/1)

Scratchで始めるプログラミング教育(1):
プログラミングを学習する意義、Scratchの基本的な使い方超入門
ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使って、プログラミングで何ができるのかを体験してもらう本連載。初回はプログラミングを学ぶ意義、Scratchの基礎知識や使い方、簡単なプログラムの作り方、作った作品をWebに公開する方法について。(2016/3/21)

Librettoにときめいたあの日:
“あこがれの名機”で振り返る、東芝ノートPC 30年の歴史
ノートPC事業30周年の節目の年から1年、「PC事業の譲渡」という大きな決断を下した東芝。“世界初のラップトップ”をうたうノートPCを皮切りに、数々の名機を生み出した同社の“PC開発の歩み”を振り返る。(2016/2/24)

イーロン・マスク氏、サム・アルトマン氏と共同で非営利の人工知能研究団体「OpenAI」設立
より安全であるために「共有」することを強く推奨。(2015/12/14)

人工知能開発成果の公開で悪用を抑制:
イーロン・マスク氏、Y-Combinatorのサム・アルトマン氏らが設立したOpenAIとは
米テスラモーターズやSpaceXのイーロン・マスク氏、著名なベンチャーキャピタル企業であるY Combinatorのサム・アルトマン氏などが、2015年12月11日(米国時間)、人工知能(AI)関連技術の開発を行う非営利企業、OpenAIを設立したと明らかにした。最終的な目的は、人工知能関連技術が特定の企業あるいは組織に独占されることで、悪用される危険性を減らすことにあるようだ。(2015/12/14)

イーロン・マスク氏ら、人類に益する人工知能を目指す「OpenAI」立ち上げ アラン・ケイ氏も参加
ピーター・ティール氏やイーロン・マスク氏などのPayPalマフィアの面々やY Combinatorのサム・アルトマン社長らが、人工知能(AI)を人類への脅威ではなく、人類に益する存在に発展させることを目的とした非営利の研究機関「OpenAI」を設立した。起業家らやAWS、Infosysなどが総額10億ドルを投じる。(2015/12/13)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
IFA 2015で見えてきたWindows 10世代のPCとモバイル
IFA 2015ではWindows 10を搭載したPC新製品が多数、披露された。年末年始に一挙登場する次世代のPCに加え、スマートフォンとの新たな連携も見えてきた。(2015/9/24)

Windows 10対策もバッチリ!:
PR:これぞ30年の蓄積が生んだ新世代スタンダード――東芝「dynabook T75/R」実力診断
ノートPCを作り続けて30年。東芝がこれまで培ってきた技術やノウハウを結集した2015年夏モデルが登場した。その主力となるスタンダードノートPC「dynabook T75/R」は、使ってみて初めて分かる上質さを備えている。(2015/6/12)

21世紀版「知的生産の技術」キックオフ:
テクノロジーと人間が一体となる時代、知の巨人「梅棹忠夫」が予見していたもの
京大式カードの発案者などで知られる梅棹忠夫氏の知恵と知見を再発見しようとするイベントが開催された。21世紀の『知的生産の技術』を考える場で交わされた議論とは?(2014/1/15)

変化するリーダーの資質:
あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由
社会を率いているリーダーは、いつの時代にも存在する。しかし、そのリーダーたちの顔ぶれは、毎年異なる。ここ数年、世界で注目されているリーダーの顔ぶれはどのように変化してきたのか。(2014/1/8)

“いつでもどこでも持ち運べる最高のタブレット”――iPad mini Retinaディスプレイモデルの魅惑
iPad miniの7.9インチという画面サイズはそのままに、Retinaディスプレイ化を果たした「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。今回、本モデルをいち早く試す機会を得たので、実際に使ってみた上でのインパクトや、iPad Airとの違いなどについてリポートしたい。(2013/11/13)

教育ソリューションフォーラム2013リポート:
“非常に薄いが意外に頑丈”A4サイズのデジタルペーパーが狙う市場
「本のデジタル化」ではなく「紙のデジタル化」――ソニーのデジタルペーパー「DPT-S1」はそんなポジションを担っている。果たしてどんな分野でこの製品は注目されているのだろうか。(2013/11/13)

アラン・ケイ氏が考えるコンピュータリテラシー:
「Dynabook」の背景にあった、知られざる物語
5月19日、Scratchのお祭り「Scratch Day 2013 in Tokyo」が開催された。(2013/6/6)

日本発のオルタナ・タブレット「enchantMOON」は“魔法の紙”になれるか
一見すると普通のタブレットのように見えるが、その開発コンセプトはこれまでに登場したどのタブレットとも異なる「enchantMOON」。“紙の再発明”をうたうenchantMOONは、ユーザーにどんな新しい世界を見せてくれるのか。手帳評論家でデジアナリストの舘神龍彦氏が内覧会で実機を試した。(2013/5/22)

世界にagainstしたい:
「反逆」の手書きハイパーテキストタブレット、「enchantMOON」の内覧会に行ってきた
ユビキタスエンターテイメント(UEI)が開発を進めてきた、独自OS搭載のタブレット「enchantMOON」がついに予約受け付け開始に。ハックスリーの『すばらしい新世界』やジャック・デリダのエクリチュール論まで飛び出した内覧会の模様をお伝えする。(2013/4/23)

いよいよ予約受付開始! 画期的すぎる“手描き”タブレット「enchantMOON」ってなんだ? まとめ
今話題の「enchantMOON」についてまとめてみました。(2013/4/23)

クラウドガバナンス現在進行形【番外編1】
エンドユーザーによるクラウド設備実査要求は百害あって一利なし
クラウドキャリアに要求されるディペンダブル設計、クラウドブローカーに適したロバスト設計、今後普及が期待されるレジリエンス設計を解説するとともに、クラウドにおける本質的な安全確保の方法を再考する。(2012/5/8)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(11):
世界に通用するソフトウェアを作る合言葉は「読むな、作れ」
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。 (2011/10/18)

スティーブ・ジョブズ氏が見せた技術革新への情熱
哀悼の意を込めて、コンピュータ技術革新への情熱を物語るジョブズ氏のエピソードを2つ紹介したい。(2011/10/7)

ロックスター、スティーブ・ジョブズの偽歴史
ジョブズとAppleの歴史は、ロックだった。MacUser編集長などを務め、長くMacとApple、ジョブズを見続けてきた松尾公也氏に追悼文を寄せてもらった。(2011/10/6)

世界的著名人の講演が手のひらに 「TED Air」
世界的に有名な政治家や作家、実業家、ミュージシャン、科学者、デザイナーらの講演を手のひらで視聴できるのが「TED Air」だ。(2011/8/31)

JaSST '11 Tokyoでリー・コープランド氏が基調講演:
「ソフトウェアテストとは、ツールではなく、頭で行うもの」
(2011/1/25)

2010年PC夏モデル:
スレートタイプも間もなく登場──東芝、ノートPC 25周年記念モデル発表会
東芝が製品説明会を実施し、「ノートPC事業25周年記念モデル」として投入したユニークな製品の特徴や2010年の事業プランについて紹介した。(2010/6/21)

オルタナブログ通信:
Twitter流行に異議アリ?
約240人のブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は「Twitter」「携帯電話」「経済」をテーマに紹介しよう。(2010/2/5)

情報システム用語辞典:
オブジェクト指向(おぶじぇくとしこう)
OO / object-oriented(2009/9/29)

おみくじの原価はいくら? 粗利益34億263万円の“ビジネス”
多くの人は正月3が日に、おみくじを引いたことがあるだろう。ところで、おみくじの原価はいくらくらいか知っているだろうか? 初詣参拝者が9820万人なので、粗利益を試算すると……ものすごい数字が出てきたのだ。(2009/5/29)

晴耕:雨読=20%:80%:
「2009年はトレンドを追うな」――小飼弾氏が講演
(2009/2/9)

日曜日の歴史探検:
GUI革命を先導している男と先導しかけた「alto」
「マウスでアイコンをクリック」――今でこそ理解できる言葉ですが、それは、1人の男の長く続く革命の成果でもあるのです。1973年に開発された「alto」はその後多くの伝道師を生み出すことになります。(2009/2/1)

オルタナブログ通信:
イアースは言いにくい?――クラウドが広がるために必要なこと
170組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週は、その中から、クラウド、ネット配信、ケータイ、オンライン、法規制などを紹介しよう。(2008/10/31)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
「RX1は終点でない」東芝が目指すモバイルノートPCとは
J-3100、DynaBook、Libretto……。東芝のノートPCはいつも新しい時代を切り開く。「RX1」はその究極の姿と思えるスペックを有するが、開発陣は“その先”を見据えている。(2007/8/23)

プログラミング言語の進化を追え:
第1回 サルでも分かるプログラミング言語の新潮流【前篇】
近ごろプログラマーかいわいで、「関数型プログラミング言語」という言葉をよく耳にするようになった。本連載では、プログラミング言語を取り巻く状況をあらためて俯瞰し、プログラミング言語開発の現場で何が起こっているのかを解説する。(2007/3/26)

Open Source People:
まつもとゆきひろ――第3回:僕の存在価値はそこにある
過去2回にわたってお届けしてきたまつもとゆきひろ氏へのインタビューは今回が最終回となる。「誰かがRubyを実装し直したとしたら、いまのRubyよりもずっとエレガントで速いものができるはず」と語るまつもと氏は自身の存在価値をどのように見ているのかに迫る。(2007/1/15)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
ダイナブックの夢、遙か
東芝、となるとどうしても「Dynabook」「Libretto」となる。しかしいまのコンシューマー向け主力機は「Qosmio」だ。東芝のノートはどこに向かうのか。(2006/8/21)

「表現の時代」における手段と目的 第3回:
情報社会の真価を引き出す要素
ブログは今後、新しいメディアとして確立しそうだが、人間が把握できる情報がむやみに増えるだけではよくない。ブログはあくまでも手段。ブログをやる人は、そこに表現する目的(対象)に対する技量、つまり「国語力」を磨くことが重要だ。「新世紀情報社会」では、情報の種類や量が増え、その価値が確実に高まっている。だが、その社会が真価を表すためには、多彩な人間的価値とそれらを的確に表現する能力、そしてその情報の価値を高め合える最低限のリテラシーとプラットフォームのすべてがなければならない。(2006/6/28)

「子どもはアーティスト」――アラン・ケイが小学校にやってきた
“PCの父”アラン・ケイ氏が来日し、自らが開発した子ども向けプログラミングソフト「SqueakToys」でゲームやアニメを作る子どもたちと触れ合った。(2005/6/20)

「大阪でもやりまっせ」関西オープンソース2004開催
10月22〜23日に「関西オープンソース2004」が開催。恒例となった関西での催しにキーマンが多数集った。また、同時に「関西コミュニティ大決戦」と「BSD Conference Japan 2004」も行われた。(2004/10/26)

ユビキタスの最先端が「HITACHI-ITコンベンション2004」に結集
国内外で注目されているユビキタス。並行開催の「e-Japanサミット2004」と共に、7月22〜23日開催の「HITACHI-ITコンベンション2004」では、実社会に組み込まれるRFID、無線LAN、映像配信のデータベース化など、新たな情報管理を具体化する。(2004/7/6)

News Weekly Access Top10(2004年6月6日−6月12日)
“脊髄反射”的非難に何が見える
「MSがダブルクリック特許を取得」という大誤解だが……。(2004/6/14)

アラン・ケイ氏に京都賞
(2004/6/12)

“プロセッサパワーにおなかいっぱい”の声に回答するゲルシンガー氏
「400MHzのCPUでもう十分」と言われた過去もあった。半導体の進化と違い、革新は非連続なものだ。やがて来るテラバイト時代に備え、Intelはアーキテクチャの再構築を進める。(2004/2/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。