ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アマチュア無線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アマチュア無線」に関する情報が集まったページです。

米大統領も開発促すツイート:
高まる6Gへの関心、テラヘルツ波利用も視野
ドナルド・トランプ米大統領は2019年2月21日(米国時間)、「米国企業は6G(第6世代移動通信)実現に向けた取り組みを強化しなければならない」とツイート。米国連邦通信委員会(FCC)は、95GHzと3THzの周波数の利用に向けて、新しいカテゴリーとなる実験用ライセンスを作成した。(2019/4/2)

もう「日本スルー」はなくなる? 技適なし最新端末が日本で使えるように(前編)
技適が緩和される? どのように? ITジャーナリストの山崎潤一郎氏が総務省の技適担当者に詳細を聞いた。その前編をお届けする。(2019/3/26)

iOS/Androidアプリ「周波数帳2019」リリース 検索機能を強化
ハンズエイドは、2月13日にメジャーアップデート版「<検索強化版>周波数帳2019」のiOS/Android版を同時リリース。フリー検索画面を電卓風に使いやすく改善し、過去にチェックしたデータが把握できる「閲覧済みマーク」機能も搭載。書籍コンテンツも2018年度版データにアップデートしている。(2019/2/13)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(7):
工業高校出たら就職、辞めて自動車整備士学校と大学に、そしてメカ設計者へ
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBA のスタッフのインタビュー。4人目に登場いただくのは、テックスタッフとして活躍している椎谷達大氏。(2019/1/25)

最大1Gbps、2倍の通信距離を実現:
パナソニックに聞く! 電力線通信のいま(技術編)
既設の電力線でデータ通信も行う技術、「電力線通信(PLC)」。パナソニックはPLCの普及を推し進める企業として精力的に事業展開を行っており、同社発の技術「HD-PLC」が国際規格(IEEE 1901)として標準化された。スマートメーターへの採用など、同技術の注目が高まりつつある中、開発のけん引役であるパナソニックからHD-PLCの技術の現在地を聞いた。(2018/9/26)

Design Ideas 計測とテスト:
100WのRF電源で1kWのテストを実行
出力1kWで50時間のバーンイン試験を実施するにあたり、手元に100WのRF電力発生器しかない場合がある。そこで、今回は100WのRF電力発生器から1kWを発生する回路を紹介する。(2018/4/23)

ローデ・シュワルツ R&S FPC1500:
RF計測器3種を搭載のスペクトラムアナライザー
ローデ・シュワルツは、ベクトルネットワークアナライザーやトラッキングジェネレーターの機能を追加した新型スペクトラムアナライザー「R&S FPC1500」を発売した。(2018/4/17)

iOS/Androidアプリ「周波数帳2018」リリース 新たにARモードを搭載
ハンズエイドは、2月27日に「周波数帳2017」のiOS/Android版を同時配信。現在地をもとに大まかな位置情報に向けて矢印や周波数情報をカメラに表示する「ARモード」を新たに搭載した。(2018/2/27)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
近未来技術で地域の課題を強みに――仙北市(秋田県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第3回。今回は、ドローンや無人運転など近未来技術に本気で取り組む秋田県仙北市を紹介する。(2017/11/24)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ふと空を見上げたくなる 国内初の“相乗り”人工衛星「じんだい」、その開発経緯に迫った同人誌
当時の開発者への取材が実を結ぶ。(2017/7/9)

MVNOの深イイ話:
「技適」の話をあらためて整理する
SIMロックフリー端末を選ぶ際に、必ずチェックしていただきたい項目として「技適マーク」があります。そもそも技適マークとは何を示しているのでしょうか。法令の話を交えて説明します。(2017/5/29)

iOSアプリのメジャーアップデート版「周波数帳2017」リリース
ハンズエイドは、iOSアプリ「周波数帳2017」を配信開始。新たに「全国ラジオ局データ」を完全収録し、表示される周波数を「7セグメント」仕様に変更している。また、マップにコンパスモード、目的地表示機能を搭載し「航空ショー完全ガイド」も2016年度版にアップデートした。(2017/1/20)

マークシート式の試験に運だけで挑戦! 「鉛筆ころがし」でキセキは起こせるのか検証してみた - PR
俺は「鉛筆ころがし」の力を信じる。(2016/9/30)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(10):
柱の数が大切――新卒3年目の@' yhattが、GitHubで世界中から「Star」をもらえた理由
GitHubで4000個以上ものStarを獲得したプレゼン資料作成ソフトウェア「Marp」の開発者「@' yhatt」こと服部さんの、大学での意外な専攻とは――?(2016/9/5)

NXP MRF1K50H/MRF1K50N:
高い耐反射/放熱特性を持つ1500W RFトランジスタ
NXPセミコンダクターズジャパンは、「いかなる周波数帯でも動作し、最高の出力を提供する」(同社)というRFトランジスタ「MRF1K50H」を発表した。MRF1K50Hは、50V時に1.50kW CWを提供。高出力RFアンプのトランジスタ数が削減でき、アンプサイズとBOMコストが低減する。(2016/4/28)

App Town 辞書/辞典/その他:
iOS向けメジャーアップデート版「周波数帳2016」登場――航空ショーのデータを拡充
ハンズエイドは、周波数データ14万件を収録したアプリ「周波数帳」のメジャーアップデート版「周波数帳2016」をリリースした。今回は三才ブックスの2016年度版「航空ショー完全ガイド」を完全収録している。(2016/1/6)

技術&認証プロセス解説:
いまさら聞けないBluetoothとその認証プロセス
マウスやスマホ、ハンズフリーセットなどで身近な「Bluetooth」のことをどれだけ知っているだろうか。技術の基礎とBluetooth製品を世に出すために必要な認証プロセスについて解説する。(2015/9/17)

App Town 辞書/辞典/その他:
ハンズエイド、新機能を追加したiOSアプリのメジャーアップデート版「周波数帳2015」をリリース
ハンズエイドは、iOSアプリ「周波数帳2015」をリリース。「ショートカット」「マイリスト」といった新機能も搭載している。(2015/2/26)

自然エネルギー:
「宇宙太陽光発電」の実用化に向けて、電力伝送の地上試験が始まる
天候の影響を受けない宇宙空間で太陽光発電を実施する夢のプロジェクトが実用化に向けて動き出した。発電した電力を地上まで送るために、マイクロ波を使った無線による送受電の研究開発が進んでいる。地上の試験では最大1.8kWの電力を55メートルの距離で正確に伝送できるようになった。(2015/2/26)

これだけは知っておきたいアナログ用語:
PR:位相変調
(2014/12/26)

電子工作“超”入門(3):
電子工作的な観点でコンデンサを知ろう
紅葉の季節も過ぎ、いよいよ本格的に冬へ入る季節になってきました。寒暖の差が激しい日が続いていますが、こういうときは体調管理が難しいですね。暖房器具を出そうか迷っていますが、とりあえずホットカーペットの電源を入れることにしました。(2014/12/16)

これだけは知っておきたいアナログ用語:
PR:FM変調
(2014/12/8)

求めているのは、楽しさと環境:
イマドキの“学生プログラマー”は何を考えているの?
東京・秋葉原で世界初という競技プログラミングの祭典「CODE FESTIVAL 2014」が開催された。今の「学生プログラマー」はどんなきっかけでプログラミングの世界に入り、何を目指しているのか。参加者の大学生たちに話を聞いてみた。(2014/11/26)

これだけは知っておきたいアナログ用語:
PR:AM変調
(2014/11/26)

電子工作“超”入門(2):
電子工作の基本のキ、抵抗を知ろう
朝晩冷え込みを感じる昨今ですが、皆さんお元気にお過ごしですか?季節の変わり目は体調を崩すもの。かくいう私も少しカゼを引いてしまいました。でも秋葉原のパーツ屋さんに行くと元気になるのが不思議だったりします。(2014/11/6)

アキバ系電脳マガジン『ラジオライフ』、電子版の配信がNewsstandでスタート
あのディープな内容がNewsstandで配信。(2014/10/29)

日・米・星の官学の取り組みとは:
誰がやる? どうする? セキュリティ人材育成
とかく「足りない」と指摘されるセキュリティ人材。果たして海外ではどのような取り組みが進められているのか、米国やシンガポールから識者を招いてのシンポジウムが開催された。(2014/1/17)

勝手に連載「海で使うIT」:
「インマルサット」「イリジウム」で真冬の海からFacebookに入電せよ
「衛星電話なんて高くてでかくて使えません」というのは過去の話だ。いまや、アマチュア無線より簡単確実で意外と安い。そんな衛星携帯電話でSNSを使ってみた。(2013/1/3)

App Town 辞書/辞典/その他:
iOSアプリ「周波数帳2012」がアップデート 交通関係の周波数が充実
ハンズエイドが、秋の行楽シーズン向けに交通関係の周波数を充実させたアップデート版の配信を開始した。(2012/10/17)

勝手に連載!「海で使うIT」:
世界の船乗りが求める「ナナオの品質」──「SEA JAPAN」リポート
貨物船や客船などに搭載する舶用機器の最新動向を集めた「SEA JAPAN」にPC USER取材班が潜入。舶用ディスプレイや衛星電話の最新情報を紹介する。(2012/4/20)

Appleも困惑した謎アプリ「斉藤さん」 「第2反抗期」世代にウケて大ヒットの軌跡
全国の斉藤さんと会話できるiPhone/Androidアプリ「斉藤さん」。App Storeの審査ではコンセプトが謎すぎて伝わらずApple側を困惑させた伝説をもつ。だがこのアプリが高校生や大学生にウケまくっているのだ。一体なぜ……。(2012/3/1)

iPhoneアプリ「周波数帳2012」を使って無線受信を体験してきた
書籍「周波数帳2011-2012」に掲載されている周波数データを手軽に持ち出せるiPhoneアプリ「周波数帳2012」では、日本のあらゆる周波数データを調べられる。どんな周波数データを検索できるのか。アプリを使ってみた。(2012/1/24)

日々是遊戯:
ハドソンのマークはなぜ「ハチ助」なの? トリビアで振り返るハドソンの歩み
またひとつ、ゲーム業界から老舗の看板が……。3月1日付で解散となることが発表されたハドソンですが、ファミコン世代にとっては単なる1メーカーという以上に思い入れの深いメーカーでした。(2012/1/18)

ハドソンが解散へ コナミデジタルエンタテインメントが吸収合併
コナミデジタルエンタテインメントが3月1日付けでハドソンを吸収合併し、ハドソンは解散する。(2012/1/17)

受信と無線に特化した懐かしの「ラジオライフ」復活
電波系趣味の総合マガジン「ラジオライフDX」が12月19日に創刊された。(2011/12/22)

「夜中の1時にドン・キホーテへ行け」――ユードー南雲氏に聞く ヒットアプリの作り方
「PianoMan」「Aero Guitar」「斉藤さん」「pompa」など個性豊かなアプリを開発しているユードー。同社のアプリは累計1000万ダウンロードを超え、着実に支持を集めている。売れるアプリを作る秘訣とは? 同社代表取締役の南雲玲生氏に聞いた。(2011/12/9)

突撃! となりの専門家 第4回:
海と空の色に映える船と無線――「ワイヤレス」「沖縄」キュレーター 前川慎光
スマートフォン、モバイル、ノマド……これらは「ワイヤレス」という技術を礎に構築されている。そのコアテクノロジーに魅せられ、最新動向を追ってONETOPI「ワイヤレス」で発信している前川さん。彼は「沖縄」のトピックも担当している。この2つはどう結びつくのか。(2011/9/27)

勝手に連載!「海で使うIT」:
Androidな「G'zOne IS11CA」を“ギチギチ”な航海機器に育てる
G'zOneを航海機器としてギチギチと使ってきたこの連載で久々に最新モデルが登場。せっかくAndroid端末になったのだから、アプリで航海機器に特化させるぜ。(2011/8/30)

テスト/計測 スペクトラムアナライザ:
無線設計の不具合を見つけ出せ、スペアナの進化が視界を広げる
一般家庭に無線機器があふれ返る現代。機器メーカーは、標準規格に準拠した半導体チップやモジュールを利用すれば、比較的容易に無線機能を組み込める。しかし規格の林立や機器の複雑化などで、無線設計の不具合からは簡単に逃れられないのが実情だ。その不具合を確実に捕捉し、原因を追究する道具が必要になる。無線設計に欠かせない測定器であるスペクトラムアナライザが近年、この要求に応えるべく進化を遂げている。(2011/7/11)

挑戦者たちの履歴書(101):
関西と関東の文化の違いにがくぜんとする
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、田中氏の中学校入学までを取り上げた。初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2011/4/11)

マイクロモノづくり〜町工場の最終製品開発〜(7):
大手メーカーを退職して、自分がメーカーになる
大企業を退職して、平板スピーカー製品を自分で開発、自分で販売! しかし、そう簡単にはいかない (2011/3/7)

リーダーシップと実現力:
“あるべき論”からの卒業――企業進化の体現者に学ぶ
変革に挑む中で理想と現実の壁にぶつかるという経験は、リーダーならだれも経験する。長い歴史を刻む企業には、その壁を乗り越えて変革を実現させたリーダーが存在し、それを後押ししてくれる文化があるという。変革と持続を手にする企業には、どのようなリーダーが存在するのか。(2011/1/21)

勝手に連載!「海で使うIT」:
2万円を切る海外製AISレシーバーは本当に使える?
簡単便利で安いGPSが普及したのはある意味当然。AISも簡単便利だが高すぎて普及にいたらず。え、2万円を切るAISレシーバーがあるって! 大丈夫か?(2010/5/7)

飛んだぞパンツの大群が 「空フェス!」大盛況
3月6日。100枚のパンツが、羽ばたいた。(2010/3/8)

小寺信良の現象試考:
うっかりしてると懲役刑? 拡がるワイヤレス通信機器と法のギャップ
一般的に利用される「ワイヤレス」は無線LANに限った話ではない。AV機器の無線化は着実に進みつつあるし、無線のヘッドセットやマウスなど珍しいものではない。ただ、手元のワイヤレス機器をウッカリ使ったら懲役刑ということもあり得るのだ。(2010/3/1)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:
番外編・家庭内PLCの使い勝手とセキュリティを考える
会社に潜む情報セキュリティの落とし穴を解説する本連載ですが、今回は連休に読んでもらうべく、家庭を中心に新たな通信回線として注目されたPLCの利便性とセキュリティを解説します。(2009/9/21)

Tales from the Cube:
レーシングカーとの交信を妨害するノイズ
(2009/5/1)

MS Wordの生みの親、2度目の宇宙旅行から帰還
宇宙から帰ったばかりだが、チャールズ・シモニー氏はまた宇宙旅行に行くつもりだという。(2009/4/10)

“高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編)
日本デジタルゲーム学会は、東京大学で公開講座「名人の目から見たファミコンブーム」を開催。ファミコンブームの主役となった“高橋名人”こと高橋利幸氏(ハドソン)が、ブームについて振り返った。その内容を詳細にお伝えする。(2009/3/12)

日曜日の歴史探検:
宇宙に飛び出す高専生のピギーバック衛星
子どものころロケット花火が好きだった方であれば、宇宙やロケット、そして人工衛星にひそかな興味を持ち続けているかもしれません。H-IIAロケット15号機のピギーバック衛星として高専生が製作した「KKS-1」、通称「輝汐」は若い力が詰まっています。(2009/1/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。