ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Amazonプライム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Amazonプライム」に関する情報が集まったページです。

もはや実写版ラピュタな映画「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」 高度1万メートルを超えた本当の冒険
“実写版ラピュタ”と言っても過言ではない迫力。(2020/1/18)

放送ギリギリ限界アニメ「異種族レビュアーズ」第2話先行カット公開 “乳牛系”のミノタウロスが登場
“乳牛系”とは。(2020/1/16)

YouTubeの認知率は90%以上、利用率も60%超に――ドコモ「モバイル社会研究所」の動画サービス調査
NTTドコモの企業内研究所「モバイル社会研究所」が、動画サービスの認知率と利用率について調査した結果を発表。YouTubeの認知率は92.4%、利用率も65.4%と非常に高い。有料サービスのトップはAmazonプライム・ビデオとなった。(2020/1/16)

スマホ決済1月のキャンペーンまとめ PayPay、d払い、au PAYで“20%還元”が続く
12月に続き、1月もコード決済を中心にキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、じぶん銀行スマホデビットのキャンペーンをまとめた。(2020/1/11)

5Gが本格スタートする2020年、携帯キャリアのトップが語る戦略
2020年を迎え、携帯キャリア各社のトップが年頭所感を発表した。2020年の一大トピックは、いよいよ日本で5Gの商用サービスがスタートすること。各社は5G時代にどのようなアプローチで差別化を図っていくのだろうか。(2020/1/6)

ITはみ出しコラム:
令和元年で印象に残ったITニュース“7選” AIからネットいじめ問題まで【2019年振り返り】
2019年の振り返り企画。今回のテーマは、海外ITニュース全般で印象に残った7つの出来事をまとめてみました。(2019/12/29)

石野純也のMobile Eye:
公約を果たしたドコモ、果たせなかった楽天/スマホは二極化が進む――2019年のモバイル業界を振り返る
改めて振り返ってみると、2019年は携帯電話の「料金」や、スマートフォンの「端末代」に大きな注目が集まった。ドコモは公約通りに分離プランを提供したが、楽天モバイルの公約は果たされなかった。分離プランの拡大に伴い、端末の価格は見かけ上、高額化するようになった。(2019/12/28)

定額制動画サービスのアカウント、友人とのシェアはOK? NG? Netflix、Amazon、Huluに聞いた
規約で認められているのか聞きました。(2019/12/28)

アマゾン、年始セール「Amazonの初売り」開催 「中身が見える福袋」など販売
アマゾンジャパンが年始のビッグセール「Amazonの初売り」を開催する。期間は2020年1月3〜6日。87時間にわたり数万点の商品を取り扱う。(2019/12/26)

これこれぇ! 「なぎスケ!」の江頭2:50登場&対決シーンで帰ってきた“3人”にちょっと涙した話
やっぱエガちゃんは最高だよ。(2019/12/24)

ITはみ出しコラム:
「スマートディスプレイ」はスマートスピーカーより未来が明るい?【2019年振り返り】
2019年の振り返り企画。今回のテーマはディスプレイが付いたスマートスピーカー、いわゆる「スマートディスプレイ」です。(2019/12/22)

『ダイの大冒険』再びアニメ化 2020年秋に放送
ダイやポップとまた会える。(2019/12/21)

「ドコモ 子育て応援プログラム」d払いでdポイント還元キャンペーン、Amazonで最大10倍に
NTTドコモは、12月8日に「ドコモ 子育て応援プログラム」会員を対象とした「Amazon d払いでdポイント還元 プラス5倍キャンペーン」を開始。実施中のキャンペーンに加え、通常の5倍のdポイント(期間・用途限定)を進呈する。(2019/12/18)

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+、「Amazon Prime Video」も使い放題に
ソフトバンクは、2020年1月31日から料金プラン「ウルトラギガモンスター+」のデータ容量を消費せず動画・SNSを楽しめる「動画SNS放題」の対象サービスへ「Amazon Prime Video」を追加する。(2019/12/18)

動画・SNS使い放題プラン「ウルトラギガモンスター+」、「Amazonプライム・ビデオ」もカウントフリーに
ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」の“使い放題”の対象に「Amazonプライム・ビデオ」を追加すると発表。追加時期は2020年1月31日。ウルトラギガモンスター+は、月間50GBまでデータ容量が使える他、「YouTube」「AbemaTV」「Facebook」「LINE」などの通信量をカウントしないプラン。(2019/12/18)

「アイドルマスター シンデレラガールズ」、8周年特別企画のアニメPV「Spin-off!」を公開 「最高!」「特別企画で終わらせてほしくない」
独特な世界観のPVです。(2019/12/9)

【Amazonサイバーマンデー】ストロングゼロもセール中! ひとり暮らしで貯めこんでおきたい食料、飲料、サプリなど
冬眠の準備でもするか。(2019/12/8)

シニアの格安SIMユーザーが増加傾向に、スマホはiPhoneが最多 MMDの調査
MMD研究所は、12月5日に「2019年10月 シニアのスマートフォン、PC利用に関する調査」の結果を発表。2018年調査と比較すると通信会社は「格安SIM」が増加し、1日あたりのスマホ利用時間は「30分未満」が最多となった。(2019/12/5)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 5」と「Xperia 8」のカメラ機能はどう違う?/Xiaomiは日本で何を出す?
外観的な特徴が似ているハイエンドスマホとミドルレンジスマホ。カメラを撮り比べてみると、以前ほど大きくはないものの、やはりまだ「差」はあります。(2019/12/3)

フリマアプリでの中古スマホ流通にも基準を セット販売による値引きも警戒――総務省の研究会
総務省が12月2日に有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第21回会合を開催。中古端末の流通に関して、新たにネットオークションやフリマアプリなどでの取引に関する問題点が指摘された。携帯電話の料金に関する今後の取り組みの方向性に関する議論も行われた。(2019/12/3)

草なぎ剛×ユースケの新番組「なぎスケ!」第1話予告動画公開 例のバーでグッダグダトークが繰り広げられる
これは完全にいつもの2人。(2019/12/3)

「lainというコンテンツが生き延び続けていく。それを見守りたい」 serial experiments lainファンイベント「クラブサイベリア layer:03」レポート
制作陣も登壇した「クラブサイベリア layer:03」の様子をレポート。(2019/12/1)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが「Amazonプライム1年間無料」で見据える先 ECを強化し、5Gへの布石に
ドコモが、「ギガホ」「ギガライト」ユーザー向けにAmazonプライムを1年間無料とするキャンペーンを実施する。ドコモがこのタイミングでAmazonとの関係性を深めた背景には、競争環境の変化がある。Eコマースサービスが手薄だったドコモならではの事情も、Amazonと手を組んだ理由の1つといえる。(2019/11/30)

「まじリアルに現場見てから言えよ」 中川友里、「バチェラー・ジャパン」のやらせ疑惑報道に反論 先代バチェラーも苦言
報道を受け出演者の見解が続々。(2019/11/28)

Amazon Prime Video、12月の見放題作品に「ノイタミナ」23作品 「のだめカンタービレ」全3作も対象に
「冴えない彼女の育てかた (第1期)」「四畳半神話大系」や、「モノノ怪」も。(2019/11/27)

「端末値引き」から「プラン磨き」へ――ドコモが「Amazonプライム1年無料」を提供する理由
NTTドコモが、スマホ向け新料金プラン向けに「Amazonプライム」の年会費を1年間無料とする特典の提供を開始する。その狙いはどこにあるのだろうか。(2019/11/26)

ドコモとAmazonがタッグ 「ギガホ」契約者はプライム会費が1年間無料に
NTTドコモが大容量プラン「ギガホ」の契約者向けに、「Amazonプライム」の年会費(税込4900円)を1年間無料にするサービスを始める。ドコモは契約者、アマゾンはプライム会員をさらに増やす狙いがある。「ギガライト」の契約者向けのキャンペーンも実施する。(2019/11/26)

「ギガライト」もキャンペーンで対象に:
ドコモの「ギガホ」を契約すると「Amazonプライム」が1年間無料 12月から
NTTドコモが、Amazonと連携してAmazonプライムを1年間無料提供する取り組みを始める。新料金プラン「ギガホ」ユーザーが対象だが、当面の間は「ギガライト」契約者もキャンペーンで対象となる。【更新】(2019/11/26)

今日のリサーチ:
若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表しました。10代、20代の女性を中心に「ライブ動画」の視聴が広まっているようです。(2019/11/21)

【11月22日から】日本初上陸! Amazon.co.jpで「ブラックフライデー」セール開催決定
「クロ」にちなんだ商品盛りだくさん(2019/11/19)

草なぎ剛×ユースケ・サンタマリアの新番組「なぎスケ!」配信決定 1年9カ月ぶりにあの2人が帰ってくる
待ってた!(2019/11/13)

ジャニーズの嵐、全シングル曲をApple Musicなどで配信開始
嵐が音楽ストリーミングサービスで本格始動した。(2019/11/5)

Amazon Prime Videoで「おいすー!」 「8時だョ!全員集合」が11月から見放題作品に
「内村さまぁ〜ず SECOND」はシーズン5に突入。アニメでは「銀魂.」も。(2019/10/24)

AWS、約75ペタバイトのOracle DBを自社DBに移行 ダウンタイムなし Amazon Prime、Kindle、Alexaで使用
(2019/10/18)

コストと性能以外にも利点あり:
Amazon、75ペタバイトの業務データをOracle Databaseから各種のAWSサービスへ移行
Amazonは、7500近くのOracle Databaseに保存していた75PBのデータを、さまざまなAWSデータベースサービスに移行した。レガシーなデータベースの運用管理から技術者を解放し、より優れた顧客エクスペリエンスの提供へと向かうためだ。コスト削減と性能向上にも成功した。(2019/10/18)

2019 MPOWER Cybersecurity Summit:
“イッツ・アバウト・タイム”  マルチクラウドのデータをMcAfeeはどう守ろうというのか?
10月1〜3日、McAfeeのイベント「2019 MPOWER Cybersecurity Summit」が米国ラスベガスで行われた。その中から「時間」をキーワードに今後のセキュリティを支える3つのカギを取り上げた基調講演の模様を、2回に分けてお届けする。(2019/10/10)

Amazon Prime Musicが楽曲を大幅追加し200万曲に 「アラジン」「ボヘミアン・ラプソディ」などの一部楽曲が追加
プライム会員なら聞けるやつ。(2019/10/9)

Amazonプライム、家族会員が「2人まで」から「1人」に減る
パパが困るかも。(2019/10/9)

今日のリサーチ:
動画配信サービス9社のNPS、Netflixが断トツ――NTTコム オンライン調査
「友人や同僚に薦めたいか?」という質問への回答から算出されるNPS。欧米では公開企業の3分の1が使用しているといわれるこの指標が、日本においても浸透してきています。(2019/10/2)

Amazon Prime Videoで「カメラを止めるな!」が見放題に 「無限の住人 -IMMORTAL-」は10月10日から全世界同時配信
「カメ止め」配信は嬉しい!(2019/9/30)

今日のリサーチ:
「コンテンツのメディア離れ」が進む中で日本企業がこれからすべきこと――PwC調査
「パーソナライズされる世界」でエンターテインメントとメディアの未来はどうなるのでしょうか。PwCのグローバルレポート「Global Entertainment & Media Outlook 2019-2023」の示唆を紹介します。(2019/9/23)

Facebook、テレビで動画チャットもできる「Portal TV」(149ドル)など、新デバイス発表
Facebookが昨年立ち上げた動画チャット端末「Portal」のラインアップを拡充し、テレビのHDMI端子に接続して大画面での動画チャットを可能にする「Portal TV」などの新製品を発表した。北米の他、欧州などで発売する。(2019/9/19)

高音質な定額制音楽配信サービス「Amazon Music HD」開始 ロスレス楽曲とUltra HD楽曲が視聴可能に
Amazon Music Unlimitedユーザーは月額プラス1000円で利用可能です。(2019/9/18)

ハイレゾ音楽ストリーミング「Amazon Music HD」がスタート 月額1980円から
90日間無料のキャンペーンも始まった。ただし、Amazon Music Unlimited新規登録者のみ。(2019/9/18)

「Prime Now」エリア縮小 都内10区だけに
「Prime Now」の対象エリアが縮小。これまで、東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部エリアが対象だったが、順次縮小し、11月1日からは東京都内10区でしか利用できなくなる。(2019/9/17)

「Amazonフレッシュ」4000円以上の注文が必須に プライム会員なら追加料金なしで利用OK
「Amazonフレッシュ」の料金体系が変更。プライム会員なら追加料金なしで使えるようになった一方、最低利用金額が設定され、1回当たり4000円以上の注文が必須になった。(2019/9/17)

石野純也のMobile Eye:
2019年は「iPhone 11」を主役に据えたApple 低価格路線でテコ入れ、コンテンツも強化
2019年のiPhoneは、「iPhone 11」がラインアップの中心であることが打ち出された。iPhone 11の価格はiPhone XRの発売時よりも安い。Appleによると、「より多くのユーザーに手に取ってもらうため」の価格設定だという。(2019/9/14)

ディスカバリーが独自の動画配信サービス「Dplay」開始 男性が好む番組を無料で
ディスカバリー・ジャパンが独自の動画配信サービス「Dplay」(ディープレイ)を開始した。視聴は無料。(2019/9/9)

東芝レグザが「Amazon Prime Video」に対応 18年以降の4Kテレビで
東芝映像ソリューションは、大画面テレビ「4Kレグザ」」向けに、Amazonの動画配信サービス「Prime Video」が視聴できる新ソフトウェアを提供すると発表した。2018年以降に発売したモデルが対象。(2019/9/9)

J:COMとNetflixが業務提携、Android TVのセットトップボックスに対応アプリをプリインストール
J:COMがAndroid TV採用のセットトップボックス「J:COM LINK」を2019年冬から提供する。動画配信サービスのNetflix日本法人と業務提携し、J:COM LINKに対応アプリをプリインストールする。(2019/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。