ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「American Express」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「American Express」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Google I/O 2022基調講演まとめ
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2022」の基調講演で発表された主なことをまとめた。詳細は項目ごとの「別記事」を参照されたい。今年は盛りだくさんだった。(2022/5/12)

偽サイトに使われるドメインの傾向は? 2021年のフィッシング詐欺は2.3万件超え
JPCERT/CCによると、2021年に発生したフィッシングサイト関連のインシデント件数は2万3104件で、1月当たり2000件超えが続いている。フィッシングサイトにかたられる傾向が高い業種やブランド名、フィッシングサイト用ドメインのパターンから、攻撃者の意図を把握しておこう。(2022/4/26)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【中編】
クレジットカード会社が「AI」と距離を置きたくなる“説明責任”問題
金融業界の企業がAIツールの導入を進める際に、対処が必要なのが「説明責任」に関する課題だ。クレジットカード会社を例に、具体的に見ていこう。(2022/4/25)

iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【前編】
iPhoneを“店舗決済端末”に変える「Tap to Pay」とは?
「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」が登場し、2022年春にはオンライン決済「Stripe」で利用可能になる見込みだ。そもそもTap to Payとは何なのか。(2022/3/18)

就職人気から占う今後のIT業界:
日本で「働きがいのある会社」、大企業部門の2位にシスコ 1位のIT企業は?
日本でもっとも働きがいのある企業はどこか。GPTWジャパンによると、大規模部門はセールスフォース・ジャパン、中規模部門はコンカー、小規模部門はあつまると、3つの部門全てでIT企業がトップにランクインした。(2022/3/2)

乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情
2月初旬、文春オンラインにカンボジアでデジタル通貨「Bakong」を立ち上げた宮沢和正氏のインタビュー記事が掲載された。決済サービスが乱立する日本が海外の決済システムに乗っ取られる危険性を警告していたが、実際に起きうるのか。決済ジャーナリストの鈴木淳也氏が考察する。(2022/2/28)

マリオットと提携、SPGアメックスの進化型「マリオット ボンヴォイカード」新発行
 アメリカン・エキスプレス・インターナショナルとマリオット・インターナショナルは2月8日、新たな提携クレジットカードを2月24日より発行すると発表した。(2022/2/14)

PR:2022年からApp Store外からの決済が可能に コンテンツビジネスに及ぼす影響は?
2022年初頭から、電子書籍や音楽などのコンテンツは、App Store以外からの決済ができるようになる。コンテンツ提供者が自社サイトで決済可能にすることで、どのようなメリットがあるのか。また、どんな決済手段を導入すべきなのか。(2022/1/25)

ドコモオンラインショップが「クレジットカード決済」の要件を厳格化 「3Dセキュア 2.0」対応カードが必須に
NTTドコモの直販サイト「ドコモオンラインショップ」で商品代金をクレジットカードで支払う場合の条件が厳格化された。1月12日以降は、「3Dセキュア2.0(EMV3Dセキュア)」に対応するカードを使うことが必須となる。(2022/1/12)

ダイナース、メタルカード提供開始 招待制プレミアムカードで
三井住友トラストクラブは1月11日、ダイナースクラブプレミアムカードに、金属製のメタルカードを用意すると発表した。希望者から申し込みを受け、2月3日から順次発送する。(2022/1/11)

セゾンプラチナ・アメックス、日本初の有人チャットサービス
 クレディセゾンは12月9日、セゾンカード最上位のプラチナラインである「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」で日本初となる有人チャットサービスを開始すると発表した。(2021/12/10)

楽天カード、デザインリニューアル 表面番号レスに
楽天カードは11月25日、デザインをリニューアルした新カードの申し込み受付、発行を開始した。カード番号を表面から裏面に移行。凹凸のないエンボスレスとなり、表面にはマット加工を施した。VisaおよびMastercardについては、タッチ決済にも対応する。(2021/11/25)

Apple Payの「WAON」「nanaco」はどう使う? 注意点は?
10月21日、Apple PayのWAONとSuicaのサービスが始まった。使い始め方と注意点を簡単にまとめた。(2021/10/21)

「WAON」のApple Pay対応もスタート 「スマホ対応できない決済手段は生き残れない」
イオンが発行する電子マネー「WAON」が10月21日からApple Payで利用可能になった。セブン&アイホールディングスの「nanaco」とともに、日本で交通系ICカード以外では初のApple Pay対応となる。(2021/10/21)

WAONもApple Pay対応開始 ご当地WAONも発行可能に
イオンリテールは10月21日、電子マネーWAONがApple Payに対応したと発表した。専用のWAONアプリのほかApple Payのウォレットから、新規でWAONを発行したり、既存のWAONカードを取り込んだりできる。(2021/10/21)

「nanaco」のApple Pay対応がスタート JCBやMastercardからのチャージも可能に
セブン&アイ・ホールディングスは、同社の子会社が展開する電子マネー「nanaco」がApple Payに対応したと発表した。JCBやMastercard、American Expressブランドのクレジットカードからもチャージ可能。(2021/10/21)

nanacoがApple Pay対応 セブンカード以外からのチャージにも対応
これまでプラスチックカードおよびフィーチャーフォンとAndroid端末だけに対応していた電子マネーnanacoが10月21日、Apple Payに対応した。iPhoneやApple Watchにnanacoのアプリを使い、残高確認や決済、チャージが可能になる。(2021/10/21)

ダイソー、ECサイトを全国展開 最低注文額を1650円に
大創産業が公式ECサイト「ダイソーネットストア」の全国展開を始めた。これまで提供していたネット注文は、法人利用を想定したスキームだったが、最低注文額を1650円(税込み)に引き下げることで、利便性を高め、個人のECサイト利用者の増加を目指す。(2021/10/13)

次のキャッシュレスはB2B? 企業間取引にカードは使えるのか
B2Cのキャッシュレス化が進みつつある一方、企業間取引、B2Bのキャッシュレス化は進んでいない。特に、ほとんど進んでいないのが仕入れなどの企業間取引のキャッシュレス化だ。(2021/9/21)

ウェアラブルニュース:
「EVERING」は指輪をかざして決済完了、非接触決済はウェアラブル端末に統合へ
タレスジャパンは、フィンテックスタートアップのEVERINGが2021年秋に一般発売する非接触決済のためのリング型デバイス「EVERING」に、タレスの決済ソリューションと組み込みセキュリティ技術が採用されたと発表した。(2021/9/17)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済の売り上げを毎日入金 JCBとpringの実証実験で見えたこと
キャッシュレス事業者から店舗への入金は即日であることは少なく、場合によっては「翌日の仕入れ」に影響しかねない。そうした課題を解決するために、pringアプリを通じてJCBから店舗へ売上金を毎日入金するという実証実験を行っている。店舗側の潜在的なニーズを探ることも目的の1つだ。(2021/9/10)

クレカ満足度調査 2年連続のトップは? J.D.パワー調査
J.D.パワーは8月24日、「2021年クレジットカード顧客満足度調査」結果を発表した。それによると、年会費無料部門においては2年連続で楽天カードがトップとなった。また、年会1万円未満部門ではエポスカードが4年連続のトップ、1万〜2万円未満部門では楽天カードが4年連続でトップだった。年会費2万円以上のハイクラスカードでは、エポスカードがトップだった。(2021/8/24)

Microsoft、Webのリスク管理企業RiskIQを買収 サイバーセキュリティ強化へ
MicrosoftがWebサイトのリスク管理ツールを手掛けるRiskIQを買収すると発表した。「RiskIQの買収で、顧客のデジタル資産をサイバー脅威の増大から守るという使命を継続する」としている。(2021/7/13)

テレワーク下の施策:
若手にとって「働きがいのある会社」に共通する2つの施策とは?
Great Place to Work Institute Japan(GPTWジャパン)は7月6日、「2021年版 日本における『働きがいのある会社』若手ランキング」を発表した。(2021/7/6)

メインでの利用は:
「憧れのクレカ」ランキング 男性会社員に聞く
メインで利用しているクレジットカードは? 男性の会社員に聞いたところ、トップは……。(2021/6/4)

「モバイルSuica」「Suica」アプリのチャージとチケット購入に仕様変更 3Dセキュア対応カードが必要に(代替手段あり)
Android端末の「モバイルSuica」アプリとiPhone(iOS)の「Suica」アプリにおいて、会員情報とひも付ける決済用カードに「3Dセキュア」が必須となった。3Dセキュアの利用できないカードをひも付けている場合は、そのカードでGoogle PayやApple Payを利用できれば問題を回避できる可能性がある。(2021/5/18)

ドコモオンラインショップ、月額料金のクレジットカード払いに本人認証サービスを導入
ドコモオンラインショップは新規契約・MNPの手続きで「月々の利用料金の支払い方法」をクレジットカード払いで登録する際、本人認証サービスを導入。dカードなど本人認証サービスに対応したクレジットカードのみ利用できる。(2021/4/26)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】
QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。(2021/4/16)

ファミマがタッチ決済対応でコンビニ3社利用可能に アメックスが20%還元キャンペーン
アメリカン・エキスプレス(アメックス)は4月13日から、全国のファミリーマートにて「タッチ決済」を利用した支払いに20%をキャッシュバックするキャンペーンを開始した。(2021/4/14)

NEC、自販機向けのタッチ決済対応開始
NECは4月13日、飲料自販機、券売機、精算機向けの支払いプラットフォーム「マルチサービスゲートウェイ」にて、Visaのタッチ決済など、クレジットカードの非接触IC決済に対応する。(2021/4/13)

全国のファミマで「タッチ決済(非接触IC)」「Smart Code」「Alipay+」を導入
ファミリーマートは、クレジットカードなどのタッチ決済(非接触IC)、スマホ決済スキーム「Smart Code」、アリペイが提供するクロスボーダー決済ソリューション「Alipay+」を導入。全国約1万6600店が対象となる。(2021/4/6)

2021年版「働きがいのある会社」ランキング 女性従業員の評価が最も高かったのは?
GPTWジャパンが、従業員数別で「小規模」「中規模」「大規模」の3部門、上位TOP5を発表。(2021/3/23)

リニューアルした「モバイルSuica」は何が変わった?
長時間に渡るメンテナンスを経て、3月21日に「モバイルSuica」のアプリとサービスがリニューアルされた。その特徴を簡単に紹介する。【更新】(2021/3/22)

アメックスとヒルトン、米国外初の提携カード「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルとヒルトンは3月9日、「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」および「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」の発行を開始した。両社が米国以外で提携クレジットカードを発行するのは初めて。(2021/3/9)

製造ITニュース:
ハードウェア製造もアジャイルで、ビジネスアジリティ推進企業が日本展開本格化
アジャイル開発など企業の俊敏性(アジリティ)を支援する米国Scaled Agileは2021年2月17日、日本市場に向けた取り組みを発表した。ソフトウェアだけでなくハードウェア開発のアジャイル化も支援し、開発から組織変革までも含んだフレームワークを提供する。(2021/2/18)

ユニクロ、公式アプリにスマホ決済機能 「UNIQLO Pay」スタート
ユニクロが「UNIQLOアプリ」にQRコード決済機能「UNIQLO Pay」を追加した。ユーザーがアプリ上に表示したQRコードをセルフレジに読み込ませて支払う「利用者提示型」のキャッシュレス決済に対応する。(2021/1/19)

完全番号レスのクレカ「セゾンカードデジタル」が目指す、カードなしのクレジットカード
クレディセゾンが2020年末に提供を開始した「セゾンカードデジタル」。券面の表にも裏にも一切番号を記載しない「完全番号レス」カードだ。国内初となるこの仕組みはどうやって生まれたのか。担当者に直撃した。(2021/1/6)

楽天カード、12年連続の顧客満足度1位 生保、損保、キャッシュレス決済トップは?
日本生産性本部は12月22日、日本版顧客満足度指数(JCSI)の調査結果を発表した。宅配便、生命保険、損害保険、クレジットカード、キャッシュレス決済の5業種において、企業・ブランドの顧客満足度を調査したもの。(2020/12/22)

番号記載が一切ないカード「SAISON CARD Digital」提供開始
クレディセゾンは11月24日、券面表裏に一切の番号を記載しない「SAISON CARD Digital」の提供を開始した。国際ブランドはVisa、Mastercard、JCB、およびアメリカン・エキスプレスカード。申し込みや利用はWebサイトかスマートフォンアプリを使う。(2020/11/24)

最短5分で開始できるスマホ向け決済サービス「SAISON CARD Digital」 番号レスのカードも
クレディセゾンは、11月24日にスマートフォン完結型の決済サービス「SAISON CARD Digital」を提供開始。クレジットカードの申込完了から最短5分でアプリ上にデジタルカードを発行し、オンラインショッピングや実店舗での非接触決済を利用できるようになる。(2020/11/24)

女性が魅力を感じるクレジットカード、1位「アメックスプラチナ」 2位「楽天カード」と、「高収入そう」「堅実そう」で票が割れる結果に
正反対のイメージのカードが1位と2位にランクイン。(2020/10/20)

Apple Payの「PASMO」がスタート 何ができる? できない?
10月6日、Apple Payで「PASMO(パスモ)」のサービスが始まった。何ができて、何ができないのか、詳しめにまとめた。(2020/10/6)

100%OSSでクラウドネイティブへ:
Kubernetes採用はもう当たり前、American Expressは次の段階に進みつつある
金融大手のAmerican Expressは、コンテナ環境上で多数のアプリケーションが稼働するだけでは満足していない。社内の開発・運用体制をさらに変えていくために新たなプロジェクトを進めつつある。このプロジェクトでは何をやろうとしているのか。(2020/9/25)

現金払いは非対応:
マクドナルドの「モバイルオーダー」がWebサイトから利用可能に 会員登録不要で並ばず買える
マクドナルドがスマホアプリ限定で提供していた「モバイルオーダー」が、スマホの公式Webサイトからも利用できるようになった。会員登録は不要だが、商品代金の支払いにクレジットカードまたはApple Payに登録した決済手段が必要となる。(2020/9/9)

クレカ顧客満足度、楽天カードが複数部門トップに JDパワー調査
J.D.パワー ジャパンは8月25日に、2020年のクレジットカード顧客満足度調査の結果を発表した。無料カード含む複数部門で楽天カードがトップ。また、年会費1万円未満ではエポスカード、年会費2万円以上ではトップはJCBカードだった。(2020/8/25)

モスバーガー、クレカのタッチ決済に対応
全国のモスバーガー店舗で、クレジットカードなどの非接触決済の対応が開始。顧客がレジの専用端末にカードをかざすと、サインや暗証番号を入力せずに支払える。(2020/8/18)

弁当注文は事前決済に対応:
券売機に並ばず注文できる「松屋モバイルオーダー」スタート セルフサービス店舗が対象 ポイント20%還元キャンペーンも
松屋フーズが、スマホアプリを使った「モバイルオーダー」を一部を除くセルフサービス店舗に導入した。弁当の事前注文サービスと合わせてポイント還元を受けられるようになっており、9月30日までの期間限定でポイント還元率を引き上げるキャンペーンも実施する。(2020/8/17)

楽天ペイが「JCB」「American Express」に対応
楽天ペイアプリで、7月29日から支払い元に、楽天カード以外のクレジットカード会社が発行するJCB、American Expressのカードが登録可能に。VISA、Mastercard、JCB、American Expressの国際ブランドカードで支払い可能となる。(2020/7/30)

なか卯、Apple PayやQUICPayなどの非接触決済に対応
なか卯は、7月8日に「電子マネー(非接触決済)」「クレジットカード」での支払いへ対応。4月にはQRコード決済サービス「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「au PAY」を導入している。(2020/7/8)

「新時代」のマーケティング教室:
マーケティング1.0は、もう通用しないのか? 注意すべきナンバリングの「罠」
今やマーケティングは「4.0」の時代に。デジタルが大きな力を持つ今、マーケティングに必要なものとは? 東京都立大学で教授を務め、マーケティングに詳しい水越康介氏が1.0の時代から振り返り、解説する。(2020/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。