ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「景気対策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「景気対策」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

高速道路「休日1000円」は失敗だったか 「高速サブスク化」のメリットとデメリット
高額な高速道路料金が「地域格差の正体」だとして、現行の走行距離に応じて課金される「距離制」を改め、普通車400円、大型車1500円など「定額制」で走り放題とする料金制度改革を、元トヨタ副社長の栗岡完爾さんと経営コンサルタントの近藤宙時さんが提言している。(2024/5/12)

「14億人でも住み切れない」空き家で中国不況深刻化、ジレンマは?
中国人民銀行(中央銀行)が20日、住宅ローン金利の目安に絞って利下げに動いた。住宅購入を促し、不況が深刻化している不動産市場の改善を狙うが、供給過剰といった問題を抱えて市況には浮上の兆しが見えない。(2024/2/21)

スピン経済の歩き方:
“安いニッポン”の救世主になるのか 「価格変動制」はわれわれの心も変える
需要が少ないときは価格を安くして、需要の多いときは高くする――。そんな「価格変動制」が着々と広まっている。価格が変動する最大のメリットは何か。それはわれわれの価値観を変えることであって……。(2023/7/25)

製造マネジメントニュース:
巣ごもり需要の反動も電子情報産業は成長、JEITAが2022年の生産見通しなど発表
電子情報技術産業協会(JEITA)は2022年12月15日、電子情報産業の世界生産見通しなどを説明する発表会を開催した。2022年、2023年ともに世界生産額は前年比でプラス成長になると見込む。(2022/12/16)

スピン経済の歩き方:
海外で「給料上げろ」の声が広がっているのに、なぜ日本では聞こえてこないのか
海外で「賃上げストライキ」が増えている。世界的な物価高を受けて、多くの国で労働者が怒りの声を上げているのに、なぜ日本ではそうした動きがでてこないのか。背景を探ってみると……。(2022/12/13)

スピン経済の歩き方:
なぜ「ゾンビ企業」は宮崎に多くて、沖縄は少ないのか
帝国データバンクによると、日本に「ゾンビ企業」があふれかえっているという。実質、経営破綻しているような企業は、なぜ営業を続けることができるのだろうか。また、気になるデータがあって、それは……。(2022/8/23)

スタグフレーションの時代【後編】:
森永康平が斬る 「値上げラッシュ本格化」の深層、「若者の結婚離れ」のウソ
参院選の各党の政策が出そろう中、政府も「骨太の方針」をはじめとする経済政策の方向性の議論を重ねている。経済アナリスト森永康平氏は、緊縮財政か積極財政かを議論する前に、そもそも税金の役割がきちんと理解されていないことが問題だと指摘する。値上げラッシュがなぜ本格化したのかといった疑問や、税金の本来の役割、少子化や地方の衰退といったテーマについて聞いた。(2022/7/8)

スタグフレーションの時代【前編】:
森永康平に聞く「賃金が上がらない国・日本」の深層
経済アナリストで金融教育ベンチャーのマネネCEOを務める森永康平氏は、物価だけが上昇して賃金は増えていないことに強く警戒感を示している。このまま購買力が上がらないまま、物価だけが上昇していくとどうなるのか――。森永氏に「賃金が上がらない国・日本」の深層を聞いた。(2022/7/6)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
“壮大なるチェス盤”の再構築と高まるスタグフレーションリスク
世界の秩序が再定義され、スタグフレーションリスクが高まっています。フィデリティ・インターナショナルの運用チームが4〜6月期に重要になると考える3つのテーマと各資産クラスへの影響についてご紹介します。(2022/5/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
令和4年は給与の半分以上が税と社会保障に消える? 財務省「潜在的な国民負担率は56.9%へ」
財務省のWebページを見ると、「令和4年度の国民負担率は、46.5%となる見通しです」と記されている。さらに、「国民負担に財政赤字を加えた潜在的な国民負担率は、56.9%となる見通しです」と記載されている。令和は江戸時代よりも重い「六公四民」に近い状態となりつつあるようだ。(2022/5/27)

スピン経済の歩き方:
海外は「賃上げラッシュ」なのに、なぜ“安いニッポン”は我が道を行くのか
多くの国で「賃上げラッシュ」が起きている。欧米だけでなく、マレーシアや韓国などでも賃上げの報道が続いているが、その一方で、なぜ日本は乗り遅れているのか。背景に何があるのかというと……。(2022/5/17)

金融ディスラプション:
130円台まで円安加速 通貨防衛はもはや”無理ゲー”?
4月28日のドル円相場は、1ドル130円台まで下落し、20年ぶりの円安水準を更新した。きっかけとなったのは日銀だ。今回の金融政策決定会合の結果を公表し、「いまの大規模な金融緩和策を維持」としたからだ。(2022/4/28)

なぜこんな結果に:
コロナ予算77兆円に見識はあったのか
空前絶後とされた2020年度の補正予算には根本的な謎がある。新型コロナ対策のために「実質的な支出」を倍増させたはずの補正予算がもたらしたものはGDPの大幅な落ち込みだった。なぜこんな結果になってしまったのか。実は必然だったという側面があるのだ。(2022/3/24)

“いま”が分かるビジネス塾:
「インフレ」になると、どうなるのか? 残念ながら
米国の景気が回復基調にあることから、このところ「インフレ」という言葉をよく耳にするようになった。もし日本でもインフレが進んだ場合、国民の生活はどうなるのか。筆者の加谷氏が解説したところ……。(2021/7/20)

何が起きているのか:
GDPはマイナスなのに、税収プラスの摩訶不思議  経済はもはや内需ではない悲しさ
財務省の発表によれば、2020年度の税収実績は60.8兆円。過去最高となり、前年比4.1%の増加だったというのだ。コロナ禍で経済が大打撃を受ける中で、税収が伸びることが不思議としか言いようがないのだが、いったい何が起きているのか。(2021/7/18)

いまこそ積極財政をせよ:
田原総一朗に森永康平が問う どうすれば日本経済はコロナ禍を乗り越えられるのか?
コロナ禍において国家は、生活困窮者を中心に国民全員を支援するべきであるものの、これ以上の財政出動をすれば日本は財政破綻してしまうかもしれない――。それでは、日本政府はいかにして現状を打破すればいいのか。京都大学大学院の藤井聡教授とともに『こうすれば絶対よくなる! 日本経済』(アスコム)を上梓した田原総一朗氏に聞いた。(2021/7/8)

「緊縮財政」路線からの転換点:
「格差の是正」へ舵 経産省の“画期的”提言が「コロナ禍で生まれた希望」といえるワケ
長引くコロナ禍によって多くの人が疲弊するなか、一筋の希望の光ともいえるような変化があったことを共有したい。経済産業省が「経済産業政策の新機軸」という資料を発表した。これまでは経産省といえば、グローバル化や構造改革を推進してきた印象を持つが、今回の提唱内容は今までの戦略とは一線を画す内容となっている。(2021/6/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
米国で“巨額バラマキ”が行われても、日本では「難しい」理由
米バイデン政権が、巨額の財政出動を次々と繰り出している。日本に当てはめれば、約160兆円。大盤振る舞いをしている米国の財政は大丈夫なのか。一方、日本でも同じようなことができるのか。(2021/5/12)

国内IT市場は1.9ポイント改善:
「COVID-19の影響が比較的軽微な製品」が市場をけん引 IDCが新型コロナの影響を考慮して予測を更新
IDC Japanは、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、国内IT市場の予測を更新した。2020年のIT市場を対前年比6.3%減の17兆1162億円と予測しており、2020年8月に発行したレポートから1.9ポイント改善した。(2021/1/8)

コロナ禍でマイナス成長の国内IT市場、回復へのシナリオは IDC
2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮した国内IT市場予測によると、2020年の市場規模は前年比6.3%減の17兆1162億円となる予測。IT支出がCOVID-19感染拡大以前の水準に回復するのは2022年以降になる見込みだ。(2021/1/7)

マンションビジネス総合展:
コロナの影響でマンション市場に大幅な変化、長谷工総研の独自分析から読み解く
2020年上半期の新規分譲マンションの供給は首都圏/近畿圏とも減少となり、全体として大幅な減少。価格面では、首都圏で平均面積が減少し、1平方メートルあたりの価格が大幅に上昇した一方で、近畿圏の平均価格は横ばい、面積の縮小も若干にとどまる結果となった。(2020/12/21)

新型コロナ対策をテーマにした“ガチ”アナログゲームがついに完成 ボードゲームショップで委託頒布開始
感染抑制と経済維持の両面からコロナ禍に挑む、ガチガチの図上演習。(2020/12/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
ビットコインが「このタイミングで」再高騰した真の理由
仮想通貨・ビットコインの価格が再び上昇。なぜこのタイミングで高騰しているのか。その本来的な価値から筆者が考察。(2020/11/10)

火が灯かないまま:
「トリクルダウン」に期待してはいけない
前政権のアベノミクスが今一つうまく回らなかった大きな要因は、「トリクルダウン」に期待してか成長戦略を粘り強く追求しようとしなかったことにある。新政権は前車の轍を踏んではいけない。(2020/9/26)

COVID-19の影響はどこまで? IDCが国内ICT市場予測を発表
IDC Japanは、COVID-19の最新状況を考慮した国内ICT市場の予測アップデートを発表した。2020年の国内ICT市場の支出額は、対前年比4.3%の減少となる見込みだ。政府の景気刺激策などは、2021年の国内ICT市場にどう影響するのだろうか。(2020/9/10)

コロナ禍で成長が再加速するEC市場【後編】
EC急成長を“コロナ特需”で終わらせないために「CX」が重要な理由
新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにEC経由で売れるようになった商品は、流行が収まれば売れ行きも元通りに戻ってしまうのか。そうならないために重要なのが「CX」だという。どういうことなのか。(2020/9/7)

実際の失業者は“100万人以上”になる理由〜厚労省がコロナ関連の解雇4万8000人と発表
実際の影響はもっと大きい?(2020/8/29)

アメリカやユーロに比べて日本の経済がいい理由
国際収支統計について解説します。(2020/8/18)

誰が財政を健全化するために “消費増税が必要”だと言っているのか?
「消費税を一時なくすべき」という意見もある一方で、増税を進める声も上がっています。(2020/8/8)

新型コロナ対策をテーマにしたボードゲームが開発中 「疫病による死」「経済による死」の最小化を目指す“ガチ”ゲーム
11月14〜15日に開催する「ゲームマーケット2020秋」に出展予定。(2020/7/16)

2020年度国内ICT市場予測を更新 対前年比5.3%減も0.8ポイント改善――IDC調査
IDC Japanは、COVID-19の2020年6月時点の状況を考慮した国内ICT市場予測を発表した。同社は、2020年の同市場の成長率を前回の予測から0.8ポイント改善し対前年比5.3%減とし、2020年の市場規模は27兆5927億円と予測した。(2020/7/7)

KAMIYAMA Reports:
コロナ後のインフレを考える
エジンバラやロンドン拠点の株式・債券のファンドマネジャーから、これから5年程度の中長期で投資環境を考えるときには「世界的なインフレの可能性」を想定した方が良い、という話題が出された。後になって振り返ってみると転換点になっているかもしれない、ということだ。(2020/6/25)

KAMIYAMA Reports:
コロナ・ショック後の経済成長と景気
コロナ・ショックは、失業者数などでみるとリーマン・ショックを超えるとみられるが、財政出動や金融支援、ロックダウン(都市封鎖)などの解除で短期間でいったん終息するとみている。そうなれば景気サイクルとみてよいだろう。(2020/6/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アフターコロナは「バブル一直線」? 上昇止まらない株価
足元の景気動向は、コロナ前と同じレベルまで回復しているとはとても言い難いなか、日経平均株価の反転攻勢が止まらない。6月3日の日経平均株価は2万2613円と、コロナ前の水準まで回復した。その背景には、コロナ禍中の緊急的な金融政策の存在が大きいと考えられる。(2020/6/5)

2次補正予算案〜未だ「補填するお金」にしかならない実態
1カ月遅い。(2020/5/29)

KAMIYAMA Reports:
コロナ後の世界 緊急事態から格差縮小へ
財政政策の重要性について、コロナ・ショックの前後で社会の認識が大きく変わる。財政政策を担当する政府と、金融政策を担当する中央銀行の重要性が増すだろう。「コロナ後」の人々は、政府の管理などを以前よりも信頼するようになり、“自由からの逃走”(権力への依存)の傾向が強まるかもしれない。また、GAFAなどと呼ばれるSNSの「プラットフォーマー」たちは、社会的存在意義が増すとみている。(2020/5/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ危機が日本企業の非合理な“ムラ社会”を確実に破壊する訳
非合理な面もあった日本企業の“ムラ社会”。筆者はコロナ危機で崩壊する可能性を指摘する。終身雇用の終焉や「ムダな社員・職場」の顕在化が進む。(2020/5/13)

IDCが2020年国内ICT市場規模予測を下方修正、新型コロナの状況を反映
新型コロナウイルス感染症の状況を反映し、対前年比6.1%減の27兆8357億円に下方修正。悲観的シナリオでは−9.6%の落ち込みを見込んでいる。(2020/5/11)

悲観的シナリオではマイナス9.3%:
IDCが2020年国内ICT市場の支出額を下方修正 新型コロナの状況を反映
IDC Japanは、2020年国内ICT市場の支出額を、対前年比6.1%減の27兆8357億円に下方修正した。新型コロナウイルス感染症の状況を反映させた。楽観的シナリオではマイナス3.8%程度に改善する一方で、悲観的シナリオではマイナス9.3%まで落ち込む見込みだ。(2020/5/11)

KAMIYAMA Report:
コロナ対策で世界の財政は崩壊しない
政府財政の悪化がどのくらい許されるのか、という問いに、明確な答えは見当たらない。しかし、インフレあるいは期待インフレ率の上昇により、人々の期待もそれに追随する傾向にある。アフター・コロナの時代は、財政政策が重要となり、5〜10年の単位で見れば、再び金利上昇トレンドに転ずる可能性がある。(2020/4/28)

新型コロナウイルス緊急経済対策〜“総額108兆円”の実態を見れば
真水ではGDPの3%程度にとどまるという見方。(2020/4/9)

製造ITニュース:
新型コロナが追い打ち、2020年国内ICT市場予測でデバイスが前年比22%減に
IDC Japanが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新状況を考慮した国内ICT市場予測(支出額ベース)を発表。2020年の市場全体の予測が前年比4.5%減の28兆2155億円となる中、COVID-19の影響が最も大きく影を落としているのが、スマートフォン、PC、タブレット端末などのデバイス市場で、前年比22%減となっている。(2020/4/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
現金給付一律“断念”の裏で……日銀「最大12兆円株購入」がもたらす2つの大問題
日銀はETF(上場投資信託)の年間買い入れ額を12兆円と、従来の6兆円から2倍規模にまで拡大することを決定した。日銀による巨額のETF買い付けは、さまざまな点で歪みを生じさせ得る。国民の経済格差拡大を助長、そして企業統治にも歪みを生じさせる。(2020/4/3)

新型コロナ〜経済を救うには「現金支給」と「軽減税率」しかない
「スピード感が重要」だが……。(2020/3/26)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
コロナウイルスの自粛ムードで変わる、キャッシュレス決済の形
政府が関連各社を巻き込む形で2019年以降に活発化したキャッシュレス決済施策は、2020年初期の段階で早くも転機が訪れている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米国では人々の現金に対する意識が変わりつつある。日本では政府の後押しによるポイント還元施策が継続的に行われる可能性が高く、これをうまく事業者が取り入れていくことが重要だ。(2020/3/26)

KAMIYAMA Reports:
コロナ・ショックとリーマン・ショックの違い
バブル崩壊とウイルス感染では景気回復が違うはずだ。株価の下げのめどと今後のシナリオを語ることは不可能への挑戦だが、現時点で市場で想定されている2四半期程度の消費低迷とその後の正常化を前提とすると、3月23日時点の日・米・欧の株価指数はおおむね悪材料を織り込んでいるとみられ、さらなる下げが長く続くとは考えにくい。(2020/3/25)

森永卓郎が提言〜新型コロナから日本を救うには“1人10万円支給、消費税0%”しかない
思い切った対策が必要。(2020/3/19)

新型コロナ経済対策〜22兆円、消費税を5%、1人10万円支給が妥当である理由
ドカンと行くべき。(2020/3/18)

新型コロナ感染拡大への景気対策〜トランプ大統領と安倍総理の大きな違い
リーダーはまず大方針を示すことが大事?(2020/3/12)

新型コロナウイルス景気対策〜消費税を下げるなど思い切った政策が必要
3.11よりも状況は深刻。(2020/3/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。