ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「請求」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「請求」に関する情報が集まったページです。

SNSで毎日誹謗中傷、開示請求の結果相手はまさかの“親友” 衝撃的な事実に怖がる声や似たような話を呟く人も
こんな事例が複数あるなんて、怖すぎる……!(2022/5/21)

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

「ファスト映画」投稿者3人に5億円の巨額損害賠償請求 東宝、日活など大手13社が提訴
YouTubeでの動画再生数は1027万回に及び、被害額は20億円とも言われています。(2022/5/19)

バクラク請求書、「適格請求書発行事業者」かを自動判定 インボイス制度対応機能第1弾
 LayerX(東京都中央区)は5月17日、提供する請求書受領ソフト「バクラク請求書」のインボイス制度対応機能の第1弾を公開した。(2022/5/18)

13日からは従業員のマスク着用取りやめ:
グローバルダイニングへの時短命令は違法 損害賠償は認めず
新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく東京都の営業時間短縮命令は「営業の自由を侵害し違憲で、違法だ」として、グローバルダイニングが都に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は5月16日、時短命令は違法と判断したものの、損害賠償請求は棄却した。同社は判決を不服として即日控訴した。(2022/5/16)

優しいウシジマくんかな? はじめしゃちょー、山田孝之の“270万円”請求書に絶句も「ま、任せてください」
毎年の恒例行事になりそうな予感。(2022/5/15)

「チャージマン研!」配信の公式YouTubeチャンネル、収益化はく奪される ネット「ジュラル星人のしわざに違いない」
配信会社は再審査請求するとのこと。(2022/5/13)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
役立つ「OCR」4選 請求書から日付・金額など読み取り 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正に伴い、日付、金額および取引先などの検索要件に関わる項目を自動判別できる高度なOCRツールを探している──そんな質問に対する、専門家の回答は?(2022/5/13)

「意図しないSSHポート開放」を防ぐセキュリティ対策も紹介:
「ほとんどのサービスでクラウドを活用」――DeNAが突然のコスト請求で泣かないためにしている工夫とは?
大規模サービスを展開する国内ITベンダー6社による「6社合同SRE勉強会」が2022年3月12日に開催された。ディー・エヌ・エー(以後、DeNA)は「Public CloudのさまざまなDeNA的管理手法」と題し、ほとんどのサービスをパブリッククラウド上で運用している同社における「コスト管理」と「セキュリティ管理」のための取り組みを紹介した。(2022/5/12)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】適格請求書発行事業者をやめたら、どうなる? 登録の取り消し方法
適格請求書発行事業者の登録を取りやめる方法や、登録を取りやめたらどうなるのか──など、インボイス制度の中身をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2022/5/11)

au PAY(請求書支払い)で1万人に1000Pontaポイントが当たる 自動車税の支払いも対象に
KDDIは、5月1日〜5月31日に「au PAY(請求書支払い)ご利用キャンペーン」を開催。au PAY(請求書支払い)を利用して5000円以上支払ったユーザーの中から抽選で1万人に1000Pontaポイントが当たる。(2022/4/25)

ECサイトの領収書を自動で取り込み電帳法対応保管 マネフォ「証憑自動取得機能」
マネーフォワードは4月20日、ECサイトなどで発行される電子領収書や電子請求書などの証憑データを、同社のクラウド会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」に自動で取り込む「証憑自動取得機能」の提供を始めた。(2022/4/20)

法改正でどう変わる?:
インボイス制度対応で必須! 「適格請求書発行事業者」に登録する方法と注意点
令和5年から導入される適格請求書等保存方式(通称、インボイス制度)では、仕入税額控除を受けるために、適格請求書発行事業者の登録番号が記載された請求書が必要になります。適格請求書発行事業者になるためには、どうすればよいのでしょうか。(2022/4/20)

経費精算とインボイス受領のTOKIUM、35億円調達で「請求書受領市場のリーダー目指す」
経費精算やインボイス受領のSaaSサービスを提供するBEARTAILが3月31日に社名、ブランド名を「TOKIUM」に変更した。その上で、4月19日には35億円の資金調達を発表。黒崎賢一社長は「請求書受領クラウド市場のリーダーになりたい」と意気込みを話した。(2022/4/19)

アレックス・ジョーンズ氏の極右サイトInfoWarsが破産保護申請
様々なフェイクニュースで知られるアレックス・ジョーンズ氏が畝井する極右サイトInfoWarsが米連邦破産法第11条の適用を申請した。同氏はサンディフック小学校の銃撃事件の犠牲者に提訴されており、近く巨額の賠償金を請求される可能性がある。(2022/4/19)

「漫画村」運営者特定した弁護士に嫌がらせ? 東京地裁が誹謗中傷者への発信者情報開示請求認める
神奈川弁護士会の所属弁護士をかたる人物による怪文書が出回っています。(2022/4/21)

PayPay、請求書払いに「支払い予約」と「自動支払い」機能追加
 PayPayは4月11日、スマホ決済アプリ「PayPay」の「PayPay請求書払い」に、新機能「支払い予約」と「自動支払い」を追加した。(2022/4/13)

請求書受領サービスBill One、freee会計とAPI連携開始
Sansanが提供するBill Oneが4月12日、freee会計とAPI連携を開始した。受け取った請求書からBill Oneが作成した仕訳データを、freee会計へ連携させることで経理業務をスムーズに行えるようになる。(2022/4/12)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】適格請求書発行事業者の登録申請 条件は? いつまで? 免税事業者も申請可能?
(2022/4/7)

この頃、セキュリティ界隈で:
AppleもMetaもだまされた? 警察から届く偽の「緊急要請」、悪用する手口が横行
何者かが警察や捜査機関の電子メールアカウントを乗っ取って「緊急データリクエスト」と呼ばれる情報開示請求を送り付け、携帯電話会社やSNS運営会社をだまし、顧客やユーザーの情報を開示させる事件が米国などで相次いでいるという。(2022/4/6)

沖縄県内の小規模事業所で:
「無料」と聞いていたのに、利用規約に小さな文字 悪質な求人広告の“罠" 再び増加
インターネット上に無料で求人広告を出すと勧誘され、一定期間を過ぎると高額な料金を請求されるケースが沖縄県内の小規模事業所で相次いでいる。(2022/4/5)

経理800人の実態調査 業務量ランキング2位は「支払業務」、1位は?
経理800人を対象に負担に感じている業務やDX導入の進捗など「経理の業務の実態」についての調査を実施。その結果、経理が抱える業務量ランキングの1位は「請求業務」であることが分かった。(2022/3/29)

社労士・井口克己の労務Q&A:
入院中に有休を使い切った社員 会社が立て替えた住民税を踏み倒して退職……どうすればよかった?
入院中に有休を使い切った社員。無給期間中の社会保険料や住民税などは会社で立て替えていたが、そのまま退職。退職後の請求にも応じなかった。どうすればよかった?(2022/3/29)

PayPay請求書払い、4月からPayPayボーナスの対象外に
「PayPay請求書払い」で支払いが可能な自治体が拡大し、順次全ての都道府県の都道府県税と政令指定都市の市税/料金が対応。ただし、4月1日からPayPayボーナス付与特典の対象外になる。(2022/3/2)

インボイスQ&A:
【一問一答】インボイスとは? 交付の条件は? 様式(フォーム)は決まっている?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1月に導入されます。どんな制度なのか、様式(フォーム)は決まっているのか、交付は誰でもできるのか──など、インボイスの概要をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2022/3/2)

スマホ決済のお得な活用術:
公共料金の支払いでも最大1.5%還元! 私が「PayPay請求書払い」を使う理由【追記あり】
主なQRコード決済サービスでは、「LINE Pay」「PayPay」「au PAY」「d払い」「FamiPay」などが請求書払いに対応。この中で筆者はPayPayの請求書払いを利用している。その理由は、税金の支払いでも0.5〜1.5%のPayPayボーナスがもらえるから。(2022/3/1)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
迷惑をかけない請求書の送り方 紙だけ?電子だけ?両方? 電子帳簿保存法Q&A
改正電子帳簿保存法の施行に伴い、請求書を送付する場合、電子的に送るだけ、紙を送るだけ、あるいは両方送るのか、迷っています。得意先に迷惑をかけないようにするには、どれが正解でしょうか。(2022/3/1)

消費者庁、「鍵のレンジャー」等の鍵開け業者に業務停止命令 Web広告で安価をうたい現場では高額な作業料金を請求
今後も同様の手口が行われる可能性があるとして、注意喚起しています。(2022/2/28)

社労士・井口克己の労務Q&A:
出向してきている社員が残業時間を超過 勤怠システムの費用は、出向元に請求していい?
当社で受け入れている出向者が残業時間を超過していたことが発覚。給与計算は出向元の企業のため、勤怠管理も出向元企業に任せていますが、当社でも勤怠管理をした方が良いのでしょうか?(2022/2/25)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
電子化は「コストかかる」から意味がない? 紙ベースのままが安心? 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正を機会に、紙でやりとりしてきた請求書や領収書(エビデンス)も、電子保存にすることを検討しています。しかし、コストを考えると、紙ベースのままでもいいのでしょうか?(2022/2/17)

だから、コストも負荷もリスクも減らない
なぜ、あなたの会社のデジタルシフトは進まないのか
「ライセンス監査で何十億円も請求された」「年間数十億円のソフトウェアライセンス料やクラウド費用を支払っているが、妥当性が分からない」。これは本当に起こった怖い話。IT資産管理の主導権を放棄するとあなたの会社にも……。(2022/2/9)

日本出版協議会がインボイス制度に反対声明 「出版社とクリエイターの関係を悪化させる」
日本出版協議会(出版協)は、2023年10月から始まる、消費税の仕入税額控除の方式「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」に反対する声明を発表した。出版社とクリエイターの関係を悪化させるため、出版活動に支障を来す懸念が大きいと訴えている。(2022/2/4)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
「PDFの請求書をメールで送付」に潜む、危険な思い込み 電子帳簿保存法Q&A
得意先に請求書を送付する際、PDFファイルをメールに添付して送っています。留意すべき点はありますか? 公認会計士の回答は?(2022/2/3)

電子帳簿保存法施行後の実態調査 対応企業約3割、そのうち約7割がメリット実感
 クラウド請求書受領サービス「Bill One」を提供するSansanは、1000人のビジネスパーソンを対象に「電子帳簿保存法施行後の実態調査」を実施した。その結果、改正電子帳簿保存法に対応している企業は約3割、そのうち約7割がメリットを感じていることが分かった。(2022/2/1)

トヨタG、データを日本だけに置くクラウドストレージ開発へ グループ内で展開目指す
豊田通商システムズが、データを国内のデータセンターのみに保存するクラウドストレージサービスを開発する。主にトヨタグループの企業向けに提供するという。データの置き場所を限定し、他国からの開示請求などを気にせず情報を保存できる環境を目指す。(2022/1/31)

LINE Pay 請求書支払い 対応団体数3000団体突破、税・公金は1000団体、公共料金は750団体以上に
 LINE Payは1月28日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「請求書支払い」機能において、支払いが可能となる請求書の発行団体数が3000団体を突破したと発表した。そのうち、税・公金は1000団体、公共料金の請求書発行元は750団体以上となる。(2022/1/31)

クラウド型請求書発行サービス「請求QUICK」3月提供開始 中小向け無料利用プランも
SBIビジネス・ソリューションズは1月26日、クラウド型請求書発行サービス「請求QUICK」を3月1日から提供開始すると発表した。請求書の作成、承認、発行、そして入金確認、その後の経費処理まですべてWewb上で完結できる。中小企業向けに、月間50枚までの請求書発行なら無料で利用できるプランを設けた。(2022/1/26)

財務のテレワーク支援に:
オフィスの銀行振り込み業務、テレワークで自動化 日本CFO協会らが新サービス
日本CFO協会らは、WinActorを活用し、テレワーク環境下でも銀行振り込み業務や請求書処理を自動化できる「らくらく振込」の提供を開始。「テレワーク導入は2割」という経理・財務部門のDX支援策としてサービス展開を見込む。(2022/1/21)

東京ミネルヴァ破産、依頼者が広告代理店などを損賠提訴
過払い金返還請求などを手掛けた弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(破産手続き中)が約51億円の負債を抱えて破産した問題で、同事務所から過払い金の返還金などを不正に流出させたとして、元依頼者17人が19日、東京都内の広告代理店などグループ3社と代表ら13人を相手取り、計約6千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。(2022/1/20)

ドコモなど他3キャリアは未対応:
ソフトバンク系3ブランド、携帯料金のPayPay支払いに対応
PayPayはソフトバンクとワイモバイル、LINEMO(ラインモ)の3ブランドが、QRコード決済サービス「PayPay」を使った「PayPay請求書払い」に対応したと発表した。自宅に届いた紙の請求書のバーコードをPayPayアプリで読み込むことで、料金を支払えるようになる。(2022/1/19)

電帳法の電子保存義務「2年猶予」で、企業の4割が対応延期
電子データで受け取った請求書などを電子の形で保存しなくてはいけないという電子保存義務を定めた改正電子帳簿保存法。施行直前の12月になって「罰則を2年間猶予する」ことが発表されたが、これにより企業の電帳法対応はどうなったのだろうか?(2022/1/19)

ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの携帯料金がPayPayで支払い可能に
ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの払込票が「PayPay請求書払い」に対応。「PayPay」の「PayPayマネー」限定で支払えるようになる。(2022/1/19)

PayPayでソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの料金支払いが可能に
ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの払込票が「PayPay請求書払い」に対応した。ユーザーは携帯料金などをPayPayで支払える。(2022/1/19)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
パワハラ被害者からの「労災請求」に協力しない会社側は不利になる? 会社が取るべき対応を解説
ハラスメントなど、会社の業務によってメンタルヘルスに不調をきたした場合、従業員が労災保険給付の手続きをすることや、会社に対して安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。(2022/1/19)

Sansan、請求書受領サービスBill One好調 ARR7億超え
新規事業である請求書受領サービスのBill Oneが好調に推移した。21年11月末時点でMRRは6100万円に達した。ARRに換算すると7.3億円となり、22月5月末には10億円を目指すとしている。(2022/1/13)

犯罪最前線 マッチングアプリで美人局 プチぼったくり暗躍
ぼったくりにマッチングアプリを悪用した新たな手口の被害が相次いでいる。ぼったくり店の女性従業員が無関係の一般女性を装いマッチングアプリで出会った男性を言葉巧みに店に誘導。請求額を10万円以下に抑えて通報されにくくするなど摘発逃れも巧妙化している。(2022/1/13)

ユニクロのセルフレジ特許侵害訴訟、和解へ 互いに訴訟・請求を取り下げ
アスタリスクとNIPがファーストリテイリングに対して提起していた、ユニクロなどで採用されているセルフレジを巡る特許侵害訴訟について和解が成立した。(2021/12/24)

auとUQ mobileの「契約解除料」は2022年3月31日をもって廃止 一部の端末購入プログラムも条件変更
auとUQ mobileにおける「契約解除料(解約金)」が、2022年3月31日をもって廃止されることになった。同年4月1日以降は、定期契約途中の解約であっても契約解除料が請求されなくなる。合わせて、au携帯電話の契約継続が条件である端末購入プログラムの当該条件が撤廃されることになった。(2021/12/23)

明日から使えるITトリビア:
何これ便利 「そのデータ、印刷して郵送して」を1通99円から日本郵便が代行するサービス
請求書など、送ったデータを「紙でほしい」なんて言われることもあるかもしれない。煩わしいなと思っている人にぴったりな「Webレター」というサービスを日本郵便が提供している。(2021/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。