ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「bk1」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「bk1」に関する情報が集まったページです。

「こんなに堂々としていてもバレないの?」 福山雅治、朝の品川駅でもバレないステルス性が話題に
変装なしでこのステルス性。(2018/9/3)

「小学生からイケメンすぎる」 福山雅治、甲子園を夢見た“チビましゃ”ショットにファン大歓喜
福山さん「憧れは形を変えて叶うこともある」。(2018/8/12)

「通い続けられるのか…」 おかずクラブ、マイナス20キロ超のダイエット宣言 体重&体脂肪も公表
アザラシを超える54%の体脂肪を持つゆいP、初日から「ゲボ吐いちゃいました」。(2018/7/20)

元あいのり桃が離婚 「子供を早く作っていたら良かった」、最後の2ショットも公開
仲が良すぎたために、いろいろと不都合が生まれてしまったようです。(2018/7/10)

「昔からカッコいい」「素朴さがたまらない」 福山雅治、約25年前のイケメン極まる姿にファン興奮
ラジオ熱すぎた。(2018/7/9)

幸せの極み! 菊地亜美、10日間のラブラブハネムーンをインスタ鬼更新で振り返る
数日間で約70枚の写真を投稿。(2018/7/6)

「もはや芸人じゃない」「理想の体形です」 平野ノラ、“30代ラストビキニ”がファンの度肝を抜くゲロマブスタイル!
体重もおっぴろげに公表。(2018/7/6)

Q&Aで学ぶマイコン講座(20):
Quad SPIって何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、中級者の方からよく質問される「Quad SPIって何?」についてです。(2015/11/26)

電子書店完全ガイド2013:
「楽天koboイーブックストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第2回目は「楽天koboイーブックストア」を紹介する。(2013/8/1)

honto運営のトゥ・ディファクト、第三者割当増資で47億円を増資
「honto」を運営するトゥ・ディファクトは6月29日、DNPおよびドコモから計47億円の第三者割当増資を受けることを明らかにした。(2012/7/2)

紙のリプレースではなく市場の拡大――ハイブリッド型総合書店「honto」が目指す先
多くのユーザーがリアル書店とオンライン書店をその時々で使い分けている日本。そんな日本市場では、「honto」が指向するハイブリッド型総合書店こそが利用者にすばらしい読書スタイルの提案ができ、出版市場自体を大きくできるとトゥ・ディファクトの小城武彦氏は言う。(2012/5/18)

リアルと電子のハイブリッドで読書量を増やす──新オンライン書店「honto」の狙い
ジュンク堂で購入した本の履歴もネットで自動的に蔵書管理──こんな機能を備えるオンライン書店「honto」がスタート。リアルとネットの連携でより読書量が増える方向を目指している。(2012/5/18)

新「honto」スタート――電子、紙、リアル書店の情報集まる“ハイブリッド書店”に
トゥ・ディファクトの電子書籍販売サイト「honto」がリニューアルオープン。「ビーケーワン」とサービスを統合し、電子も紙も購入できる“ハイブリッド型書店”に。リアル書店との共通ポイントサービスも6月下旬以降に開始する。(2012/5/17)

オンライン書店「bk1」が「honto」に統合
オンライン書店「ビーケーワン」(bk1)が電子書籍販売サイト「honto」と統合。サイトはhontoに一本化し、ジュンク堂などの店頭で書籍を購入してもポイントがたまるようになる。(2012/4/18)

「bk1」と「honto」の統合で大型オンライン&電子書籍サービスが誕生
「オンライン書店ビーケーワン」と電子書籍販売サイト「honto」が5月中旬に統合。大型のオンライン書店&電子書籍販売サービスとして生まれ変わる。(2012/4/18)

4書籍サイト連動:
君は解けるか、映画「裏切りのサーカス」の“謎を解いて真実を暴け!”キャンペーン
元MI6諜報員が実際に起きた重大事件を基に書き上げた「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の映画化を記念し、ビーケーワンなど4書籍サイトと連動するクイズキャンペーンが始まった。(2012/4/16)

三省堂書店とBookLiveが事業提携――書店の未来は?
三省堂書店とBookLiveが事業提携および戦略的パートナーシップを構築していくことで合意した。「電子書籍ストア」と「リアル書店」の連携による新たなバリューチェーンの構築で、読者と書籍の接点を最大化する魅力的な施策が出てくるだろうか。(2011/12/6)

eBook Forecast:
国際電子出版EXPO前後の電子書籍市場
「電子書籍ってどこを押さえておけばいいの?」――忙しくて電子書籍市場の最新動向をチェックできない方のために最新動向を分かりやすくナビゲートする「eBook Forecast」。今回は、先日開催された「第15回国際電子出版EXPO」前後に起こった出来事を中心にお届けします。(2011/7/24)

PCレスで携帯できる――ハンディスキャナ3製品を試す
PCレスで動作し、小型で持ち運んで使える「ハンディスキャナ」がいま熱い。今回は、いま入手可能なハンディスキャナ3製品を比較してみた。(2011/3/24)

ドコモ・DNPの電子書籍ストア「2Dfacto」オープン
ドコモ・DNPの電子書籍ストア「2Dfacto」が12日にオープンする。(2011/1/12)

ドコモとDNP、電子書籍ストア「2Dfacto」を12日オープン
NTTドコモ、DNP、CHIの共同事業会社であるトゥ・ディファクトは1月12日から電子書籍ストア「2Dfacto」を開始する。「電子書店」「オンライン書店」「リアル書店」を連携させようという取り組みは、日本の電子書籍市場にどのような影響を与えるか。(2011/1/11)

「ブックリーダー SH-07C」は1月21日に発売:
ドコモのスマートフォンやブックリーダー向け電子書籍サービス「2Dfacto」開始
トゥ・ディファクトが1月21日から、ドコモのスマートフォンやブックリーダー向けに電子書籍サービス「2Dfacto」を提供する。あわせて、「ブックリーダー SH-07C」も1月21日から販売する。(2011/1/11)

eBook Forecast:
12月前半の注目すべき電子書籍市場動向
「忙しくて電子書籍の最新動向がチェックできない。でも気になる」――そんな方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、国内外で大きな動きがあった12月前半の電子書籍市場動向をまとめました。(2010/12/17)

DNP、ドコモ、CHIグループがハイブリッド型総合書店の共同事業会社設立を発表
DNPと傘下の書店持ち株会社CHIグループ、NTTドコモは、ハイブリッド型総合書店の運営を手掛ける共同事業会社「トゥ・ディファクト」の設立で合意した。2011年1月上旬から電子書籍の販売事業を開始し、リアル書店との連携も視野に入れる。(2010/12/7)

ドコモとDNP、ハイブリッド書店運営で新会社 電子と紙をネット販売、bk1とシステム統合も
ドコモとDNPが業務提携に基づき、ネット書店を運営する共同事業会社を設立。電子書籍に加え、bk1とのシステム統合の検討などで紙の書籍も販売し、丸善やジュンク堂などとも連携するハイブリッド型書店を目指す。(2010/12/7)

大日本印刷、国内最大級の電子書店「honto」を開設
大日本印刷は、同社のPC向け電子書籍販売サイト「ウェブの書斎」をリニューアルし、bk1と連携したハイブリッド型総合書店「honto」をスタートさせた。(2010/11/27)

バッファロー、無線LAN機器など計26製品を値下げ
バッファローは、無線LAN機器、ポータブルBlu-ray Discドライブ、ポータブルHDD、地デジ対応テレビチューナーの計26製品を値下げした。(2010/8/11)

「いつでもどこでも好きな端末で読書」――ドコモとDNPが目指す電子書籍の姿
「サービスのキーワードは、リアルと電子の連携、オープンでマルチな展開」――NTTドコモと大日本印刷は、今秋にも電子書籍事業に乗り出す。ドコモ回線対応のマルチデバイスにサービスを対応させ、将来的には他キャリア端末への対応も視野に入れる。(2010/8/5)

ドコモ、DNPと組んで電子書籍に本格参戦 3陣営出そろう
ドコモがDNPと組んで10月末以降、電子書籍販売に乗り出す。電子書籍専用端末も販売するが、「将来はiPadやau端末からでも利用できるようにしたい」というほどの「オープン」な姿勢を強調する。(2010/8/4)

ドコモとDNP、電子書籍サービスを秋に開始
NTTドコモと大日本印刷(DNP)は、携帯端末向け電子出版サービスを、今秋をめどに始める。「オープンなプラットフォームを目指す」としている。(2010/8/4)

DNP、国内最大級の電子書店を今秋開設 ジュンク堂などと連携、5年後500億円に
DNPと傘下の書店持ち株会社CHIグループが、約10万点をそろえた電子書店を今秋オープンへ。DNP傘下の丸善、ジュンク堂、文教堂やbk1とも連携、リアルと電子書籍をそろえたハイブリッド型総合書店を目指す。(2010/7/8)

アナリストの視点:
ポイントモール市場の可能性
企業のポイントプログラム展開が増えている。それに伴い、ポイントモール市場も拡大傾向にある。同市場の現状と今後を分析する。(2010/5/19)

オンライン書店「ビーケーワン」、検索ソフト導入で検索性を向上
図書館流通センターは、同社が運営するオンライン書店「ビーケーワン」の検索性を向上させるために、検索ソフトウェアを導入した。(2009/9/11)

あなたのクレジットカード見せてください:
カード嫌いが3枚のカードを持つようになるまで――吉岡綾乃
編集部が気になる人を直撃、クレジットカードをどのように使っているか教えてもらおうという本企画。3人目は「仕事がなければカードを作ることはなかったと思う」という、Business Media 誠の編集長です。(2007/12/28)

エレコム、フラットタイプのHDMIケーブルを発売
エレコムは、フラットケーブル仕様のHDMIケーブル「DH-HD13AFシリーズ」を11月中旬に発売する。(2007/10/23)

読者から見たBiz.ID:
「LifeHack検索」に“利く”キーワードとは
今週人気を集めたのは、検索キーワードに「つの方法」や「つの理由」を入力する記事。役に立つ方法を列挙した、いわゆる“LifeHack記事”を検索エンジンで探し出す方法だ。読者の反響も集めた。(2007/8/3)

「モバイルビーケーワン」がモバイルSuicaに対応
(2006/10/20)

一般クレジットカードでモバイルSuicaが利用可能に
10月以降、モバイルSuicaは大幅に機能・サービス拡張を行うことが明らかになった。一般のクレジットカードを利用できるようになるほか、ネットショッピングの決済をモバイルSuicaで行うことも可能になる。(2006/9/5)

DeNA、アフィリエイト活用の書籍販売サイト
(2006/6/29)

ものになるモノ、ならないモノ(9):
API公開のずいぶん前からすでにWeb2.0でした
数回にわたり、国内のWeb2.0企業にフォーカスし、その姿を見ていく。まずはAPI公開を先立って行ったビッダーズに効果を聞いた (編集部)(2006/6/13)

ネットマイル、250万会員活かしリサーチ事業へ
ネットマイルの250万会員を対象にしたリサーチサービスがスタートした。申し込みから48時間以内で結果を出すスピードが売り。ECサイト「ネットマイルストア」もオープン予定だ。(2005/3/8)

ボーイズラブ本も買い忘れなし! bk1のリマインダーサービス
欲しい本を登録しておくと、入荷時にメールで知らせてくれるサービスがボーイスラブ本に対応した。(2004/8/18)

「デジタル時代のアナログ」に生き残りをかけるbk1
オンライン書店戦国時代。天下取りの鍵を握るのは「初心者」の取り込みだ。(2004/8/2)

bk1、欲しい本の入荷を教えてくれるサービス
(2004/7/23)

bk1スタッフによる書評ブログがオープン
bk1スタッフ約20人のお勧め書籍をブログ形式で毎日公開する。(2004/7/22)

読みたい本を教えてくれる「bk1はてな」
「見つからない、思い出せない、そんな本をみんなで探す検索サイト」(2004/7/7)

「goo」検索に新機能、検索結果に連動して商品紹介
NTTレゾナントが運営するポータル「goo」のブロードバンド検索サービスで、検索結果に連動して商品を紹介する新機能が追加された。(2004/6/2)

オンライン書店bk1、商品ページのサーチエンジン最適化を実施
(2004/4/6)

ポータルが今、ブログを目指す理由
3月にはポータル各社が続々とブログサービスを開始した。大手が参入を急ぐ背景には何があるのだろうか。(2004/3/26)

bk1にトラックバックが可能に 国内ECサービスとして初
ブログ(Blog)サイトから書籍紹介ページにトラックバックできるのが特徴。(2004/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。