ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「契約違反」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「契約違反」に関する情報が集まったページです。

Epic裁判の判決で認められたApp Store/アプリ内課金の合法性
App StoreにおけるEpic Gamesの「Fortnite」を巡る裁判の判決が下され、Epic Gamesが控訴を申し立てた。現時点の情報をまとめた。(2021/9/13)

Epic Games、Appleとの訴訟で控訴
Epic GamesはAppleとの裁判の一審判決を不服として控訴を申し立てた。第9巡回区連邦控訴裁判所に控訴する。(2021/9/13)

Epic対Apple訴訟に判決 Appleにアプリ内購入の強制禁止命令もEpicは控訴か
Epic Games対Appleの、「Fortnite」のアプリストアからの削除をめぐる裁判の判決が下された。Appleに対し、App Store以外での支払いオプションへの誘導を認めるルール変更を命令した。Apple税に関しては変更を命じなかった。(2021/9/11)

逝去後20年の歌手アリーヤ、全米アルバムチャートTOP10に ストリーミング配信の“ゲームチェンジ”で1億ドルを得る者も
Netflixからの収入が関係しダニエル・クレイグは最も高額な出演料を受け取った俳優に。(2021/9/1)

この頃、セキュリティ界隈で:
姿を消したランサムウェア集団 被害企業が苦境、裏社会で裁判沙汰も
ダークWebでも仁義は必要と。(2021/7/19)

品質不正問題:
三菱電機は検査不正の連鎖を断ち切れるか、杉山社長が新体制に託し辞任へ
三菱電機は長崎製作所が製造する鉄道車両用空調装置などにおける不適切検査の調査結果について説明。1985〜2020年にかけて約80社に納入した約8万4600台の鉄道車両用空調装置など対象。同社 執行役社長の杉山武史氏は、新たな経営トップの下での調査実施と再発防止に向けて社長を辞任する方針を明らかにした。(2021/7/5)

7nm以降の先端ノードをめぐり:
IBMがプロセス開発の“契約不履行”でGFに賠償請求か
IBMがGLOBALFOUNDRIES(GF)を契約不履行で訴え、25億米ドルの損害賠償を求めている。IBMはこの訴えをGLOBALFOUNDRIESに通告したが、米国EE Timesに対しては、まだ裁判所には提訴しておらず、従って世間に公表する準備もできていないと伝えてきた。GLOBALFOUNDRIESは既に米国ニューヨーク州最高裁判所に対し、この係属中の訴訟を価値がないものとして却下するよう申し立てを行った。(2021/6/10)

IT関連契約を見直すヒント【後編】
アウトソーシング契約を見直す際に忘れてはいけない「セキュリティ」要件とは?
テレワークが拡大する中、アウトソーシング先ベンダーとの付き合い方が変わり始めている。変化に追従し、安心してアウトソーシングを継続するためには契約の見直しが必要だ。どう見直せばよいのか。(2021/6/10)

品質不正問題:
1700社以上に検査不正製品を納品した日立金属の調査結果、1980年代から常態化
日立金属は2021年1月28日、同社および子会社で発生した一部製品における検査結果の改ざんや不適切な数値記載などを受け、調査結果と再発防止策を発表した。調査報告書では1980年代から検査結果の改ざんが定例化してきた点や、複数工場にわたる不正が常態化していた点など数多くの問題点が指摘されている。(2021/2/3)

TechTarget発 世界のITニュース
VMware、NutanixのラマスワミCEOを契約違反で提訴 双方の言い分は?
NutanixのラマスワミCEOを契約に違反で提訴したVMware。NutanixとVMware、両社の言い分とは。(2021/1/25)

IT基礎英語:
米政府機関の“cyber breach”被害、破られたのは何?
日本では「サイバー攻撃」「ハッキング」などと報道されているが、実際のところ、breachとは具体的に何だったのか。(2020/12/21)

“契約合意書”は本当だった! 赤西仁、錦戸亮に“合コン報道”を問い詰め 内容否定も罰金10万円支払いを約束
そういえば、そんな契約ありましたね。(2020/11/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
進まぬ大企業のデジタル化、均衡が壊れた今こそ変革のとき――早稲田大学ビジネススクール 根来教授
デジタル化によって、既存企業の多くがビジネスモデルの変化を強いられている。しかし、デジタル化は時に既存ビジネスとの矛盾を生み、共食いをも余儀なくするケースがある。制約を抱えた既存企業はデジタル化にどう対応すればよいのか。(2020/10/13)

Epic対Apple訴訟の判事、2回目審理はApple寄り 次回は来年7月以降の陪審裁判に
人気ゲーム「フォートナイト」をめぐるEpic GamesとAppleの訴訟の2回めの審理がZoom経由で開かれた。判事は、Epicの行為は「不正であることに変わりない」と語り、差し止め命令については追って書面で連絡するとした。(2020/9/29)

「どんなときもWiFi」は何が問題だったのか? サポートの側面から考える
モバイルデータ通信サービス「どんなときもWiFi」の無制限プランが、10月31日に終了する。クラウドSIMを用いた無制限サービスは、仕組み上、現実的ではない。どんなときもWiFiについては、ユーザーサポートにも問題があった。(2020/8/28)

Epic Games、「AppleによるUnreal Engine排除はゲーム開発者全体を脅かす」
EpicとAppleの「フォートナイト」をめぐる訴訟で、EpicがAppleによるUnreal Engine排除はゲーム開発者全体を脅かすとする裁判文書を提出した。(2020/8/24)

本田雅一の時事想々:
本当にAppleは“悪者”なのか 「フォートナイト」開発元の”宣戦布告”に覚える違和感
Epic GamesとAppleの争いは、「AppleがUnreal EngineごとEpic Gamesを自社プラットフォームから排除しようとしている」という話が出るほど、拗れてきた。問題の本質は……?(2020/8/19)

利害の対立:
何が問題だったのか? コンビニ、24時間営業問題の本質
コンビニの「24時間営業」問題に関し、コンビニ本部は「それが本当にFC店オーナーのためになるのか」という問いに答える責務がある。その関心の矛先がどこにあるかを端的に表すのが「ロイヤリティの算出ベース」だ。(2020/7/18)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(77):
「退職するなら、2000万円払ってね」は、本当に会社だけが悪かったのか
課長が顧客と約束した打ち合わせや講習会やサポートをサボって、発注額が少なくなりました。これ、おとがめなしなんですか?(2020/7/1)

「サムスピコレクション」6月発売決定 幻の未発売タイトル「零SPECIAL完全版」を含む7作品収録
ロケテのみで終わったとされている幻の作品。(2020/5/27)

PR:テレワークにまつわる問題 「QNAP ESシリーズ」で解決してみよう
新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、急きょ「テレワーク」を導入したり拡大したりする企業や団体が増えている。しかし、テレワークの導入には問題もつきもの。QNAPのエンタープライズ向けNAS「QNAP ESシリーズ」なら、そういった課題をスマートに解決してくれる。(2020/5/27)

ちりも積もれば何とやら:
エンジニアはなぜ、ちょっとした契約外作業を請けてはいけないのか
せっかくコンサルタントに来てもらったんだから、企画書も作ってもらおう。翻訳も頼もうかな――お気を付けあそばせ。あなたがしているそれ、偽装請負ですよ。IT“業界”解説シリーズ、第9弾も偽装請負を解説します。(2020/4/1)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(6):
「品質不正リスク」を見抜く内部監査、見るべきポイントを解説
ISO9001を取得していているにもかかわらず、品質不祥事を起こした企業の調査報告書では、「内部監査の形骸化」が発生原因として取り上げられています。ISOの内部監査ではデータ改ざんなどの不正を前提としていないことが要因です。本稿では、「品質不正リスク」に着目し、それぞれの代表的なリスクに対する自社の対応状況を監査するための視点を例示します。(2019/11/25)

セブン-イレブン店舗オーナーが本部を「おでん無断発注」で告発 → どんな問題があるのか弁護士に聞いてみた
セブン-イレブン店舗のオーナー5人が、「本部社員がおでんなどの商品を無断で発注した」として公正取引委員会に申告書を提出しました。(2019/9/18)

ヤフー、またアスクル批判 騒動の要因は「岩田社長の保身」 第三者に株式を譲る可能性も示唆
ヤフーが、経営などを巡って対立している件で見解を発表。アスクルが株式の売渡請求権の行使を示唆していることについて「岩田社長の保身」と批判した。ただ、株式の譲渡先の候補によっては、交渉に応じる可能性も示唆した。(2019/7/31)

『CONTINUE』の読者プレゼント転売、オークション出品者を特定し厳正に対処したと報告
読者に抽選でプレゼントした「ラブライブ!」のサイン入りポスターがヤフオク!に出品されていました。(2019/7/23)

背後にソフトバンクの影も?:
ヤフーの言い分は「明らかに虚偽」 アスクルが「LOHACO問題」で再反論
アスクルが「LOHACO問題」についてヤフーの主張に反論。対立に至るまでの経緯の詳細を公開し、「ヤフーが主体的にLOHACO事業の移管を画策していることは明白だ」と批判している。(2019/7/22)

米国に出入国した旅客の顔写真データが盗まれたと国土安全保障省
米国境で出入国した旅客の顔写真と車のナンバープレートの写真データが盗まれたと、米国土安全保障省税関・国境取締局(CBP)が発表した。CBPは「下請け業者のネットワークがサイバー攻撃をうけた」と説明した。(2019/6/11)

スピン経済の歩き方:
「バイトは教育で真人間にしろ」が、ブラック企業につながる理由
バイトテロ騒動で、コンビニや外食産業が揺れている。こうした事態を受けて、「バイトも研修を受けさせるべきだ」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/3/12)

なぜ人手不足なのに24時間営業? コンビニが“絶対に休んではいけない”ことになった理由
24時間営業が始まったのは約40年前。(2019/3/6)

電子書籍のスクショは合法? 実際に逮捕されるの? 弁護士が解説する「違法ダウンロードの対象拡大」
漫画家の赤松健さんと弁護士の深澤諭史さんが「AbemaTV」のニュース番組に出演。「違法ダウンロードの対象拡大」の問題について解説した。(2019/2/15)

スピン経済の歩き方:
「バイトテロ」は訴えても抑止できない、3つの理由
アルバイトが不適切な動画をSNSにアップしたことを受け、くらコーポレーションが法的措置をとると宣言した。ネット上では「よくやった」「当然だ」といった声が多いなかで、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/2/12)

AIと法律・知財・契約:
生データ使い放題?! 「日本は機械学習パラダイス」になった ― DEEP LEARNING LAB 勉強会
2019年1月1日施行の「著作権法30条の4」により、日本ではAIの学習済みモデルの生成にネット上の情報が(ほぼ)自由に使用できるという。DEEP LEARNING LAB 勉強会で説明された、その内容を紹介する。(2019/1/30)

デマ拡散の「バズプラスニュース」、ニコニコニュースなどで記事配信停止に BTSの「原爆看板」記事を問題視
韓国アイドル「BTS」の「原爆看板」記事をきっかけに、デマ拡散が問題視されていました。(2018/11/26)

スピン経済の歩き方:
16歳のアイドルを自殺に追い込む、「夢を食うおじさん」の罪
16歳の農業アイドルが自殺した。所属事務所のブラックぶりが明らかになりつつあるが、筆者の窪田氏は「事務所に注目が集まってしまうと、少女を死に追いやった『真犯人』を逃がしてしまうかもしれない」と危惧する。どういう意味かというと……。(2018/10/16)

RPAのメリットと注意点を解説
「RPAは必ず仕事を効率化できる」とは言い切れない理由
コスト削減の手段として「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)に注目する企業は少なくない。確かに適切な導入戦略と環境があれば効果を発揮するが、RPAは決して魔法のつえではないことを認識すべきだ。(2018/10/1)

クレジットカード決済、「○円以上のみ」や「ランチは使用不可」はNG! “加盟店契約”違反のお店への対策は?
わざとじゃないのかもしれないけど、ダメなものはダメ!(2018/9/23)

石野純也のMobile Eye:
Appleに独占禁止法違反の疑い 公取の調査が“iPhone販売”に与える影響は?
公正取引委員会は7月11日、独占禁止法違反の疑いがあったAppleに対する調査結果を発表した。Appleとキャリアの間では、「iPhone Agreement」と呼ばれる契約が結ばれていたという。これが改定されたことで、どのような影響があるのか?(2018/7/21)

Appleが大手キャリアに“不公正な取引”を強制した疑い 公取委が公表
公正取引委員会が「携帯電話事業者との契約に係るアップル・インクに対する独占禁止法違反被疑事件の処理について」という文章を公開。Appleと3キャリアが、独占禁止法違反の疑いがある取引をしていたという。iPhoneの数量やプランに関わる規定が明らかになった。(2018/7/11)

拡張性を担保しつつ、継続的な成長が見込める
ゼロからHCIを構築するなら知っておきたい 押さえるべき8つのポイント
HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の構築ソフトウェアを利用してHCI基盤をDIY(自分で構築)する方法がある。HCI基盤のDIYに関してのFAQをまとめた。(2018/6/12)

「インターネットの自由のために」 海賊サイト遮断、NTTコム提訴の弁護士が立ち上がった理由
海賊サイトへのアクセスを遮断する「ブロッキング」の実施を巡り、NTTコミュニケーションズを提訴した中澤佑一弁護士が26日、記者団の取材に答えました。(2018/4/28)

「妬みから私が」 アイドルのTwitterを乗っ取っていたのは同グループのメンバー 真相を告白
デビュー直前にTwitterが乗っ取られる事件が発生。(2018/4/14)

ユニクロ潜入一年:
ユニクロで「アルバイト」したジャーナリストが見た、現場の実態とは
自らスタッフとして企業に潜入し、現場の実態を描く手法を得意とするジャーナリスト・横田増生氏が、ユニクロで1年間アルバイトした体験をまとめたのが「ユニクロ潜入一年」だ。(2017/12/25)

東芝、WDと和解 訴訟取り下げ、協業強化
東芝は13日、WDと和解したと発表した。お互いが提起していた訴訟を取り下げ、協業を再開・強化する。(2017/12/13)

米Yahoo!とMozilla、2014年締結の検索契約めぐり訴訟合戦
Mozillaが「Firefox Quantum」の米国でのデフォルト検索エンジンをYahooからGoogleに一方的に切り替えたとして米Yahooとその親会社であるOathがMozillaを提訴したが、Mozillaは打ち切りは2014年の5年契約の条件に沿ったものだとして反訴した。(2017/12/8)

【最終回】クイズ! セキュリティ「20の事例」(20):
「『脱獄』すると、いろんなアプリが使えるようになるって聞いたんだけど」
セキュリティの基礎をゆるーいクイズでおさらいする週末連載。何かとやらかしがちな会社員「茂礼手(もれて)課長」の“ITやらかし”をクイズ形式で出題していきます。最終回は「脱獄」についてのお話。(2017/10/27)

Qualcomm、iPhoneの中国での製造販売差し止め求めAppleを中国でも提訴
AppleのiPhoneで使われている技術が特許を侵害しているとして、Qualcommが中国でも訴訟を起こし、中国でのiPhoneの製造・販売の差し止めを要求した。両社は米国でも1月から法廷闘争を繰り広げている。(2017/10/16)

「日本は機械学習パラダイス」 その理由は著作権法にあり
「日本は機械学習パラダイス」とも言われている。その理由は日本の著作権法にある。(2017/10/10)

「罰金3万円」という駐車場の看板、法的な根拠はあるの?
弁護士の見解は。(2017/10/1)

解決の時期は不透明:
AppleとQualcomm、法廷闘争に至るまでの経緯
AppleとQualcommの法廷闘争は長期化し、解決の時期を見通すことが難しい状況になっている。両社の係争は、なぜここまで泥沼化してしまったのか――。その背景には複雑な取引契約の背景があった。(2017/9/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。