ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「仏教」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仏教」に関する情報が集まったページです。

小さな猛禽・モズも求愛期に入る二月。「如月」に込められた本来の意味とは?
(2020/2/4)

周囲の目なんて関係ねえ! 小島よしおが美人妻とタイ旅行、タイ語で「愛してる」「私もよ」と連呼しあう
子虎に授乳したり、象に乗ったり、ボディアートしたり。(2020/1/19)

お賽銭もキャッシュレス 防犯の利点、仏教界には警戒も
「キャッシュレス元年」とも呼ばれた令和元年も1週間を切った。その波は宗教界にも広がり、神や仏に奉納する賽銭(さいせん)を、電子マネーで受け付ける寺社も出てきた。(2019/12/26)

「割愛」=「ムダだから省く」という意味ではない!
(2019/12/4)

男の子では2年連続であの名前が1位:
2019年に生まれた赤ちゃんの名前で多かったのは? 明治安田生命が発表
2019年生まれの赤ちゃんの名前の人気ランキングが発表。明治安田生命が集計した。どんな特徴があるのか。(2019/11/29)

「お坊さん便」にお布施を上乗せできる機能 利用者が支払額を決定
よりそうが、「お坊さん便」に、お布施を上乗せできるサービス「おきもち後払い」を導入した。料金を後払いとし、法事の満足度が高かった場合には基本料金に上乗せした金額を支払う。(2019/11/5)

満足度に応じて金額上乗せ:
「宗教行為を定額商品化」と批判されたお坊さん便、仏教団体と和解 “お気持ち払い”導入へ
(2019/11/5)

「お坊さん便」がアマゾンから撤退 「宗教行為の商品化」と物議、サービス自体は継続
Amazon.co.jp上で「お坊さん便」の取り扱いが終了。運営元のよりそうは「大手ECサイトに掲載できる情報量では供養の役割を十分伝えられなかった」と説明している。サービス自体は継続する。(2019/10/25)

「お坊さん便」、Amazon.co.jpでの取り扱い終了 「ECサイトの情報量では役割を十分伝えられなかった」
2015年には「宗教行為をビジネス化している」と、全日本仏教会から批判を受けていました。(2019/10/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
ナイキはなぜ中国に屈したのか 巨大市場を巡る“圧力”の実態
米NBAチームGMが香港デモの支持を表明して騒動になっているが、中国でビジネス展開するスポーツ大手のナイキはダンマリを決め込んでいる。社会的なメッセージを発信してきた同社でさえ、巨大市場を武器にされると口をつぐんでしまう。そこに中国ビジネスの難しさがある。(2019/10/24)

なぜ長男は里帰りしないのかと悩む相談者へ「嫌いな奴と会わなきゃいかん苦しみが一番嫌だね」のアドバイス 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
里帰りするようにうっとしいまでにアプローチする姑。(2019/10/7)

無量大数の逆は「無量小数」? 意外と知らない「小さい数」の数え方【漫画版】
果てしない数の世界。(2019/9/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字『予予』
(2019/9/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字『苟も』
(2019/9/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字『賺す』
(2019/9/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字『挙る』
(2019/9/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字『係う』
(2019/9/12)

【なんて読む?】今日の難読漢字『擽る』
(2019/9/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字『甘い』
(2019/9/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字『拱く』
(2019/9/1)

犬・猫以外も供養できる:
ペットと一緒に入るお墓が完売するほど人気 その背景は?
ペットと一緒に入れるお墓「ウィズペット」の新区画が発売。多摩北部では初となる西教寺墓地で。犬や猫以外でも火葬した遺骨であれば供養可能。お墓はペットと一緒に入る時代に。(2019/8/20)

今日のリサーチ:
お盆の過ごし方――エイチームライフスタイル調査
お盆の時期にやっていること、食べているもの。(2019/8/15)

【なんて読む?】今日の難読漢字『檬果』
(2019/8/3)

中国当局、旅行者のスマートフォンに監視アプリをインストールか
報道によれば、国境警備当局がインストールするアンドロイドアプリはメールや通話記録などの個人情報を収集して内容をチェックし、サーバに転送していた。(2019/7/3)

中国国境で当局が旅行者のスマートフォンに情報収集アプリを密かにインストール──Guardian報道
新疆(しんきょう)ウイグル自治区のイスラム教徒監視を強化している中国当局が、キルギス共和国からの国境で旅行者のスマートフォンにデータ収集アプリをインストールしていると、Guardianが報じた。(2019/7/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
しがみつく人と、しがみつかない人がいる。大人になるということは、しがみつかないということだ
しがみつくということは「執着」だ。苦しみは執着から生まれるので、しがみつかないことが大切だ。(2019/6/20)

ロケットの和名は“大筒狸” 映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を浮世絵風に描いたイラストがカッコいい!
ハルクは横綱力士風の「豪傑張躯丸」、キャプテン・アメリカは、「米国団長」など和名もカッコいい。(2019/5/2)

ニコニコ超会議2019:
ニコ超の“寝る”ブース、睡眠を脳波で可視化 隣がテクノ法要でも「意外と寝てる」
ニコニコ超会議2019に「寝るブース」が出現。大音量の中で人々は寝られるのか。(2019/4/27)

そろそろ食傷気味? エイプリルフール、そもそものルーツは?
嘘をついてもいいなんて文化、どこから生まれるんだ。(2019/4/26)

「大人になる→改名」「出世する→改名」「出家→改名」 昔の人はどうしてコロコロ名前を変えたのか
現代では改名なんて大変なのに。(2019/2/4)

除夜の鐘はなぜ108回鳴らすのか?
キリが悪いじゃない。(2019/1/10)

漂白剤がついてシャツが色抜けしちゃった!→さらに漂白剤を足して絵に 日本画家の機転と技術に感服
さすがと言うほかない。(2018/12/8)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(1):
GoogleやIBMなどが能力開発に取り入れている「マインドフルネス」とは?
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2018/11/30)

「猫=魚が好き」なのは日本だけ?
大事にしてあげたい、猫ちゃんの気持ち。(2018/11/12)

PR:手塚治虫の全400冊が3日間限定で無料読み放題! 全部読み切れるわけがないのでオススメ作品を選んでみた
人間が72時間で400冊読み切ろうなんておこがましいとは思わんかね……。(2018/11/2)

お寺の掲示板がハロウィーンチックに!? 住職「違います“HAPPY HOWRIN(法輪)”です。仏の教えです」
10月31日に住職へ「ハッピー法輪」と言うとお菓子がもらえ……う〜ん、偶然にもハロウィーンと似た催しが(ぼうよみ)。(2018/10/29)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)

ご祝儀はなぜ「参萬円」と書くのか? 「萬」が「万」になったマジ卍な理由
そもそも「万」を「萬」って書く理由は?(2018/8/17)

ストレス解消やパフォーマンス向上に有効
Googleも実践する瞑想法「マインドフルネス」 その効果と注意点を解説
従業員のストレス軽減やパフォーマンス向上につながるという「マインドフルネス」。その実践のこつや関連技術の活用法、注意点を詳しく紹介する。(2018/8/14)

“日本が知らない”海外のIT:
中国は「VR大国」になるか 東京ドーム約28個分、巨大テーマパークの正体
中国に東京ドーム約28個分の巨大VRテーマパークが登場。中国はVR市場でも「大国」となるのか。(2018/7/25)

築地本願寺が立ち向かう“寺離れ”:
ビジネスマン僧侶が挑む お寺が「コンシェルジュ」になろうとする理由
築地本願寺は「開かれたお寺」を目指すプロジェクトを立ち上げた。仕掛け人は、ビジネスマンとしての顔も持つ、代表役員 宗務長の安永雄玄さん。“寺離れ”が進む現状に立ち向かうためにはどうすればいいのか。取り組みとその背景を探った。(2018/6/27)

【マンガ】「歯磨きを提唱したのはお釈迦様」って本当?
歯を磨くことが戒律になっていたとか。(2018/6/12)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

「Search Inside Yourself」を採用
AI時代の人材活性化策「マインドフルネス」とは? GoogleやSAPが実践
GoogleやSAPといった大手ITベンダーが、従業員の人間的な成長の支援を目指した「マインドフルネスプログラム」に資金をつぎ込んでいる。その内容とは。(2018/5/15)

カルピスの「ピス」って何なの? カルピスと仏教の意外な関係
まさかのサンスクリット語。(2018/5/14)

イベントから学ぶ最新技術情報:
目指すべき今後の人工知能とは? パネルディスカッション ― データサイエンティスト協会 セミナー2018 第1回
データサイエンティスト協会は、2018年第1回目のセミナーを開催し、『深層学習はすべてを解決できるのか?』と『世界に根差す人工知能と協調による創造性』の2つのセッションと、それを踏まえてAIやデータサイエンティストについて議論するパネルディスカッションを行った。本稿はそのパネルディスカッションの内容を紹介する。(2018/4/27)

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史
地方が今よりずっと元気だった時代は19世紀にありました。(2018/4/22)

Google、古代遺跡を3Dモデルで残す「Open Heritage」開設 バガンもアユタヤも自由な角度から鑑賞できる
戦争や災害で失われる恐れのある遺跡を、3Dモデル化して保存。(2018/4/17)

思わず息を呑む「樹脂で作ったクジラ」の美しさに絶賛の声 製法や苦労を作者に聞いた
クジラの迫力がすごい。(2018/3/14)

“介護版ビットバレー”をつくりたい:
介護施設が「プロレス」「お寺」とコラボする理由
介護業界の課題解決に向けて、新しい切り口で挑んでいる介護業界の“アクションリーダ―”斉藤正行氏。彼がこれまで取り組んできたこと、そしてこれから仕掛けようしている「お寺×介護」とは?(2018/3/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。