ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネススキーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネススキーム」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
2019年のITで注目集まる技術や市場トレンドが発表
IDC Japanは、2019年の国内IT市場において鍵となる、技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。ITサプライヤーに焦点を当て、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代にどのような自己変革を行うべきかをまとめている。(2018/12/27)

DXの“現実解”を求める企業が急増――IDC、2019年の国内IT市場の主要10項目を予測
2019年は、DXの“現実的な解”を求める企業が急増し、既存業務プロセスの効率性追求などの取り組みが増えるという。一方、対話型AIやスマートフォン接続型のAR/VRヘッドセットのビジネス用途が広がるなど、DXを推進する新たなイノベーションアクセラレーターの活用が進む見通しだ。(2018/12/13)

水曜インタビュー劇場(45年以上前公演):
ソ連で生まれた1100代目の「ハエ」が、なぜ注目されているのか
旧ソ連で生まれたハエが、世界を救うかもしれない――。このような話を聞いても「はあ? バカじゃないの?」と思われたかもしれないが、日本でひそかに選別交配を続けたことで、飼料と肥料を大量生産できる話があるのだ。どういった話かというと……。(2018/12/5)

“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
NTT西日本とプリンシプルは、ドアにセンサーを取り付け、IoTで高齢者の居室を見守る「スマートルームみまもり」のトライアルを開始。高齢者宅に一定期間無償で導入し、孤独死の防止や賃貸住宅の空室リスクの低減対策として、有効性やビジネススキームなどを検証する。(2018/9/12)

海外M&Aの狙いとは?:
PR:世界規模の不動産プラットフォームを構築し、ボーダーレスな取引を実現する――LIFULL社長が語る、今後のビジョン
不動産・住宅情報サイトを運営するLIFULLが、世界トップのアグリゲーションサイト「Trovit」「Mitula」を傘下に収めた。その理由と目的、今後のビジョンを井上高志社長に聞いた。(2018/7/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【訂正版】タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/23)

半分以上の企業が「人材が不足している」と回答:
IoTへの決断力や人材不足を懸念する日本企業の現状が明らかに――ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、日本企業によるIoTへの取り組みに関する調査結果を発表した。企業はIoTがビジネスに大きな変革をもたらすと期待している一方で、IoTを推進する人材不足や技術の成熟度などに懸念を抱いている実態が明らかになった。(2018/4/18)

LINEとの違いは:
「+メッセージ」なぜ開発? 3大キャリアが異例の共同会見
大手キャリア3社が、コミュニケーションアプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日にリリースすると発表。メッセージサービスでは「LINE」がユーザーに広く浸透しているいま、なぜキャリアはこうしたサービスを始めるのか。各社が異例の“共同会見”で報道陣の質問に応じた。(2018/4/10)

「この結婚は成功する」――Lenovoと富士通が夢見る世界
富士通が、PC子会社「富士通クライアントコンピューティング」の株式56%を中国Lenovoと日本政策投資銀行に譲渡すると正式に発表した。(2017/11/3)

富士通とLenovo、PC事業で合弁会社 Lenovoが過半数出資
富士通、中国Lenovoグループ、日本政策投資銀行が、PC事業の合弁会社を設立する。(2017/11/2)

Weekly Memo:
Microsoftが描く「デジタルトランスフォーメーションの世界観」
今や企業におけるIT活用の最大のキーワードである「デジタルトランスフォーメーション」。その「世界観」を日本マイクロソフトから聞く機会があったので考察しておきたい。(2017/9/4)

音楽の世界に「やりがい搾取」はあるか? 元プロサックス奏者にあれこれ聞いてみた(後編)
プロの世界で見てきたこと。(2017/8/16)

アナリストオピニオン:
センサーネットワークは社会インフラ化する
近年、注目されるICTテクノロジーに「IoT(Internet of Things)」がある。IoTとは、モノ/ヒト/コトに関する情報を収集し、その情報をインターネット/専用線などを介してクラウドに集め、データ解析することで新たな価値を生み出す仕組みだ。(2016/8/19)

ビジネス情報プラットフォーム「HANJO HANJO」内で:
電通とイード、FinTechを活用した中小企業経営支援サービスを提供開始
「HANJO HANJO」で共同事業運営を行う電通とイードは、新たにクラウドキャストを協業先とし、FinTechを活用した中小企業経営支援サービス事業を開始すると発表した。(2016/8/15)

NTTドコモなど4社が共同で開発した「ここくま」:
半導体商社が“くまのぬいぐるみ”開発を行う理由
2016年3月、NTTドコモなど4社がコミュニケーションパートナー「ここくま」を発表した。ここくまとは、離れて暮らす家族と連絡が取れる“くまのぬいぐるみ”の形をしたロボットだ。4社のうち、開発マネジメントを担当したのが半導体商社のバイテックグローバルエレクトロニクスである。なぜ、同社がくまのぬいぐるみロボットの開発に携わったのか、鈴木裕二氏と西晃彦氏に話を聞いた。(2016/5/20)

日本型セキュリティの現実と理想:
第16回 標的型攻撃が生んだセキュリティビジネスの“光と影”
セキュリティ業界が活況だ。APT攻撃とも呼ばれる2011年の事件をきっかけに、新たな光が射したが、その分だけ影も色濃く出てしまった。標的型攻撃からセキュリティビジネスの本質について述べる。(2016/2/10)

神尾寿が語るモバイル業界(3):
2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由
キャッシュバックや販売奨励金を抑えられることで、2016年は特にiPhoneが売れなくなるといわれているが、神尾氏はむしろ「逆だと思う」という。また、Android勢が逆襲するために必要なこととは?(2016/1/30)

パナソニックの独自技術:
光の点滅とスマホでIDをやりとり、どんな仕組み?
パナソニックは、LED光源にスマートフォンをかざすことで、さまざまな情報が得られる可視光通信技術「光ID」の説明会を開催した。2015年12月19〜20日にかけて、銀座で光IDの体験イベントが開催されたという。本記事では、光IDがどのような技術かをデモ動画を交えて紹介する。(2015/12/21)

ものになるモノ、ならないモノ(66):
作り手のモチベーションから見た「Apple Music」のカタチ
音楽の作り手は、2015年6月から立て続けに始まった「定額制音楽サービス」をどう見るのか――。自身が音楽レーベルを運営する山崎氏が、サービスに対する希望と不安を正直に語る。(2015/7/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武鉄道の銀河鉄道999プロジェクトに「原作愛」はあるか
アニメ大好きな西武鉄道が、また新しいプロジェクトを立ち上げた。しかし今回は主役ではなく参加者側。「銀河鉄道999 現実化プロジェクト」という大きな枠組みの中で、鉄道現業部門として参画する。夢は大きく広がるけれど、原作ファンとしては心配なところもある。(2015/7/10)

和田憲一郎の電動化新時代!(15):
充実する国内充電インフラ、「電動車両第2世代」投入の舞台は整った
ここにきて電気自動車/プラグインハイブリッド車といった電動車両用の充電インフラが総合的に充実しつつある。日本充電サービス、チャデモ協議会、電動車両用電力供給システム協議会という、充電インフラに関わる3つの企業・団体への取材により、2016〜2020年にかけての投入が予想される「電動車両第2世代」投入の舞台が整いつつあることが分かった。(2015/7/8)

インプレスR&D、7月1日からジュンク堂書店池袋本店&hontoでPOD書籍を販売
hontoでは今後、インプレスR&DのPOD書籍(6月時点で約2800点、デジタルファーストを含む)をラインアップする予定。(2015/6/26)

MVNOに聞く:
家族への訴求を強化するIIJ――ドコモ+au回線の「マルチキャリア」も視野に
4月1日からデータ容量を増やし、通話料金が安くなるサービスを提供しているIIJ。こうした新たな“攻め”を見せる理由や、接続料の問題、auネットワークを使った個人向けサービスの可能性、端末セット売りなどについて、幅広く聞いた。(2015/6/10)

PR:BIGLOBEの「うれスマ」がさらに快適に! 一体何が起きたのか担当者を直撃した
BIGLOBEの「うれスマ」といえば、お得にスマホが使えると人気のサービス。その「うれスマ」の通信速度がアップし、さらに快適になったという。BIGLOBEの“中の人”にも聞いた「うれスマ」と他社との違いとは?(2015/3/31)

エネルギー業界の転職市場動向(2):
自由化に向けて組織強化に動く新電力会社、いま求められる人材は
電力小売の全面自由化を控え、新電力会社(PPS)から人材紹介の依頼が増加している。特に今後の事業運営を支える幹部候補の採用に各社とも積極的だ。採用が多い職種や求められる経験・スキルなどを、ジェイ エイ シー リクルートメントの転職コンサルタントが解説する。(2015/3/27)

特集:OpenStack超入門(5):
NTTコム、GMO、楽天が語る「僕らがOpenStackを使う理由」
2015年2月3〜4日、OpenStackのユーザーコミュニティによるイベントが日本国内で開催された。会期二日目のキーノートセッションは、OpenStackを採用したサービス提供や自社内ITインフラ基盤構築を目指すユーザー企業三社が登壇、アイティメディアのエグゼクティブエディター、三木泉がインタビューを行う形式で講演が行われた。本稿ではその模様を紹介する。(2015/3/2)

「NOTTV」に無料チャンネル 7月1日スタート 「ビジネススキーム転換」
スマートフォン向け有料動画配信サービス「NOTTV」に7月1日から、無料チャンネルが加わる。(2014/6/13)

新連載 博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
「少子化」を子どもの目から見てみると……
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。連載1回目の今回は「少子化の変わり目」を取り上げます。(2014/5/9)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが農業へ! 新規事業「アグリ・エンジニアリング」に参入
パナソニック エコソリューションズ社は農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジニアリング事業」に2014年度から参入することを発表した。局所環境制御を実現した「パッシブハウス型農業プラント」を開発し、パナソニックES集合住宅エンジニアリングを通じて販売を進めていく。(2014/4/21)

「消費者が気づかない」途上国支援の問題点
株式会社ピース トゥ ピースの創業者、大澤亮さん。彼の経歴は異業種の転職を重ねるという珍しいものです。その行動には一体どういった意味が隠されているのでしょうか。ご本人にお話を伺いました。(2014/3/18)

「サーバー仮想化のあるあるを解消」セミナーリポート:
サーバー仮想化の課題解決法を総ざらい
さまざまな効果が期待できるサーバー仮想化も、構築・運用の仕方によっては問題を増やすだけになってしまう。サーバー仮想化の“あるある”な課題と解決方法をあらためておさらいした@IT編集部主催セミナーの模様をリポートする。(2014/3/14)

アップルの聴き放題サービス「iTunes Radio」は、音楽制作者を殺すのか
米アップルが発表した聴き放題の無料ストリーミングサービス「iTunes Radio」。海外向けに音楽配信事業を行っている山崎潤一郎氏に本音を聞いた。(2013/6/14)

UXClip(27):
WebSocketでスマートテレビをリアル接続するぷらら
ひかりTV独自のスマートテレビリモコンの接続方法はWebSocketを用いた常時接続だ。その仕組みと開発意図を聞いた。(2013/4/23)

Mobile World Congress 2013:
「HONEY BEE」の世界デビューはいつ? MWCで聞いた京セラの海外ビジネス(後編)
Sprint向けにタフネス仕様のAndroidスマホを開発した京セラ。国内ではPHSやDIGNOシリーズでおなじみのメーカーだが、海外ではどんなビジネスを展開しているのか、詳しい話を聞いた。(2013/3/19)

PR:IT求人市場はリーマンショック以降最高に IT多様化の時代、「エンジニアの生きる道」は
景気動向は不透明な状況だが、IT業界ではエンジニアの採用マーケットが活況を呈している。エンジニアにとってチャンスだが、「エンジニアの生きる道」の多様化もあり、自分のキャリアをよく見つめる必要もある──キャリアコンサルタントから見える「エンジニアの今」とは?(2012/11/22)

ビジネスニュース 企業動向:
「最終合意に至らず」、ドコモと端末/半導体5社のLTEチップ合弁契約が解消
NTTドコモは、国内外の携帯端末/半導体メーカー5社と結んでいた合弁契約を解消した。この合弁契約を2011年12月に結んだ際には、LTE以降に対応する携帯端末向け半導体を手掛けていくという方針を打ち出していたが、「当事者間で最終合意に至らなかった」という。(2012/4/2)

出版デジタル機構「パブリッジ」のスキームを考える
電子書籍市場の拡大を目的に4月2日に株式会社化される「出版デジタル機構」。国内の電子書籍の今後を考える上でのマイルストーンとなるこの動きについて、主にビジネススキームの観点からその意味や課題をジャーナリストのまつもとあつしが考察する。(2012/3/31)

2012年3月下旬に設立予定:
NTTドコモ、端末/半導体メーカー5社と通信機器向け半導体開発の合弁会社を設立
NTTドコモが通信機器向け半導体開発事業に参入。富士通、富士通セミコンダクター、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、Samsung Electronicsの国内外の端末/半導体メーカー5社と、2012年3月下旬をめどに合弁会社を設立する。(2011/12/27)

富士通も動く、DNPと連携し5月に電子書籍サービスを開始
富士通は大日本印刷との連携し、電子書籍配信サービスを5月にサービスインすることを明らかにした。強みを生かせる連携でハードウェア単体のビジネスからの脱却を図る。(2011/3/3)

携帯電話オープン化時代、新たなキャリアの在り方とは――KDDI 高橋氏に聞く
コンシューマー市場の飽和、スマートフォンの台頭などにより携帯電話市場は変革期を迎えており、新たな成長領域の創出が通信キャリアの重要課題となっている。新時代に突入した携帯電話市場で通信キャリアが果たすべき役割について、KDDI グループ戦略統括本部長の高橋誠氏に聞いた。(2010/7/12)

ものになるモノ、ならないモノ(39):
電子出版をめぐる4つの疑問
KindleやiPadに代表される専用リーダー端末の登場とともに、電子出版をめぐる議論が活発化してきた。音楽業界と比較しながら、このムーブメントの行方について考察してみよう。(2010/4/8)

NEWS
FJBエージェントら、国内中堅企業の中国進出をサポートする新サービス
FJBエージェントらは、日本の中堅企業の中国市場進出におけるサポートを強化する。新サービスでは、進出前の事前調査から法人設立後の現地ユーザー企業とのビジネスマッチングまでトータルでサポートする。(2010/2/22)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライター神尾編):
“iPhone旋風”の中で、頭角を現した実力派たち
2009年が「iPhoneの年」だったことに異論を挟む余地はない。しかし、その一方で、着実に実力を付け、頭角を現してきた実力派がいた。Appleにも負けない物づくりができると感じたメーカーとは。(2009/12/31)

名言で読む「リーダーの必読書」:
もし相手に問題があると思ったら、そういう考え方自体が問題なんだ
「我々はこのリーダーシップのコンテンツはとてもいいと思います。でも、我々の部署のリーダーたちがこれを理解してくれないんです。彼らこそ、研修が必要でしょう」(2009/12/28)

名言で読む「リーダーの必読書」:
他者を許すことのできない人は、自分も渡らなければならない橋を自ら壊すようなものだ
あなたに害を及ぼした人を、その人の行動ではなく、あなた自身の行動によって許す強さを備えなければいけない。(2009/12/25)

名言で読む「リーダーの必読書」:
偽善者には3つの兆候がある
ある会社が顧客データベースを構築したとき、経営陣は名簿の売却や貸し出しは行なわないとはっきり約束した。ところが数年後、新任の意思決定者が名簿を貸し出す決定を下した。(2009/12/24)

名言で読む「リーダーの必読書」:
だから、彼にはメモなど必要ないのです
マハトマ・ガンジーが英国下院での演説に招かれたときの話。彼はメモなしに2時間の演説をやってのけ、聴衆を魅了した。(2009/12/22)

名言で読む「リーダーの必読書」:
相手かまわず信頼するのは、誰も信頼しないのと同様に過ちである
かつての共同経営者であり、友人でもある人物に裏切られた彼は、それでも相手を許した。だが、自分が経験から得た教訓を無駄にすることはなかった。(2009/12/21)

名言で読む「リーダーの必読書」:
魚は水の存在に気づかない
魚にとっては、水はただ存在するだけである。水は魚の環境であり、魚は水に囲まれている。魚は水と一体化しているので、水が汚染されたり、なくなったりするまではその存在に気づかない。(2009/12/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。