ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Calpella」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Calpella」に関する情報が集まったページです。

1キロを切る11.6型Ultrabook:
軽さへの挑戦――「LuvBook X」誕生秘話
マウスコンピューターが満を持して投入した「LuvBook X」は、アルミ外装のやや重いUltrabookが主流となるなか、3面カーボンファイバーを採用することで985グラムの軽量ボディを実現した注目の製品だ。製品担当者に開発の経緯やモバイルPCへの想いを聞いた。(2012/6/29)

2011年PC夏モデル:
1.15キロ/16.65ミリ厚の本体+ドック構成で復活した最上位モバイルノート――「VAIO Z」
ソニーのハイエンドモバイルノートPC「VAIO Z」が復活を遂げた。外部GPUや光学ドライブを外付けのドックとして分離し、ノートPC本体の薄型化・軽量化を追求している。(2011/7/5)

見た目以上に変わっています:
“やっぱり頼れるモバイルノート”ThinkPad X220を使う
ThinkPadで小型軽量シリーズの最新モデルは、最新プラットフォームを採用してその実力が格段に向上したという。変更されたキーボードとあわせて検証した。(2011/5/13)

ULV Core i5でサクサク動く:
「Eee Slate EP121」はWindows 7タブレットの本命か
iPadやAndroidもいいけど、Windows 7の高機能とタブレットの使い勝手をうまく両立できないのか、と考える人は少なくないだろう。だったら、「Eee Slate EP121」に注目だ。(2011/4/18)

2011年PC春モデル:
プレミアムな“J”はSandy Bridgeをまとう──「Let'snote J10」
軽量1スピンドルの「Let'snote J」シリーズに2011年春モデルが登場。マイレッツ倶楽部モデルプレミアムエディションは、“Sandy Bridge”世代のCPUを搭載する。(2011/1/27)

2011年PC春モデル:
CPUとHDDを強化したハンドル“レッツ”──「Let'snote F10」
パナソニックは、1月27日にハンドル付きボディを採用する「Let'snote F」シリーズで、CPUとHDDを強化した2011年春モデルを発表した。(2011/1/27)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

これは頭を使います:
ThinkPad T410sでOptimus Technologyを賢く使う
利用するグラフィックス機能を“ユーザーも気がつかないうちに”切り替えるOptimus Technology。ThinkPad T410sで使ったら“別な一面”が見えてきたのだ。(2010/11/25)

マルチタッチ+23型フルHD液晶+地デジ+HDMI入力:
これが、デルの新しい液晶一体型PCだ――「Inspiron One 2310」検証
モバイルでPCを使わず、設置場所が確保できるなら、液晶一体型PCはコストパフォーマンスが高い有力な選択肢となる。デルの新モデル「2310」も手ごろな価格で多機能だ。(2010/11/18)

ソニー、PC秋冬モデルの隠し球:
「VAIO Y(YA)」徹底検証――“11.6型”追加モデルの実力は?
ソニーのバリューモバイルノートPC「VAIO Y」に11.6型ワイドモデルが加わった。VAIOの小型ノートが欲しいが、Atomでは力不足という人にマッチする1台だ。(2010/11/10)

元麻布春男のWatchTower:
「Optimus Technology」が実現するマルチディスプレイの疑問
「性能と省電力の両立」の視点で注目されるOptimus Technologyは、マルチディスプレイ環境でも大きな変化をもたらす可能性がある。その“変化”の理由とは?(2010/11/4)

敬礼美女とTOUGHBOOKはよく似合う:
“IP65”なTOUGHBOOKにバケツで水をかける
パナソニックは、9月2日にTOUGHBOOKの新製品「CF-31」と「CF-19」を発表。ほぼ4年ぶりとなる“正統派”の豪快な堅牢性能を新製品発表会でアピールした。(2010/9/2)

今度のタフは65!:
パナソニック、堅牢性能を強化した新デザインTOUGHBOOK
パナソニックは、同社の堅牢ノートPC「TOUGHBOOK」の新製品2モデルを発表。ボディデザインとプラットフォームを一新し、保護等級はIP65を実現した。(2010/9/2)

6万円台から買える13.3型VAIOノート:
Atomじゃ物足りない、それならコレでどうだ!?――新生「VAIO Y」を攻略する
Atom搭載機ではないVAIOモバイルノートで最も安価なのが「VAIO Y」シリーズだ。この夏はCPU、デザイン、カラバリに手を加えることで、完成度を高めている。(2010/7/28)

2010年PC夏モデル:
Arrandale世代“CULV”ノートの実力は?──「IdeaPad U160」の見た目と性能に驚く
IdeaPadの携帯重視モデルが外も内も大変身。“あでやかな”天面を身にまとい、“最新世代”な中身を詰め込んだコストパフォーマンスを検証した。(2010/7/9)

NVIDIA Optimusに対応:
“GPU自動切り替え”に対応した10万円切りの13.3型ノート――「U30Jc」を駆る
ASUSの「U30Jc」は、2つの内蔵グラフィックス機能を自動で切り替えることで、描画性能と長時間駆動を両立したノートPC。そのキーとなるのが“NVIDIA Optimus”だ。(2010/6/22)

2010年PC夏モデル:
デザインを更新したCore i世代のCULVノート――「VAIO Y」
13.3型ワイド液晶搭載のCULVノート「VAIO Y」は、CPUをCore 2 DuoからCore i3に世代交代。ボディデザインも更新し、「VAIO S」との差異化を図った。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
ソニー、Office 2010搭載の「VAIO」夏モデルを発表――ボードPC、カラバリ、テレビ機能に注力
ソニーは「VAIO」の2010年夏モデルを6月19日より順次発売する。目玉はフルモデルチェンジしたボートPCの「VAIO J」、カラバリの拡充、そしてテレビ機能の進化だ。(2010/6/8)

5万4600円からオーダー可能:
PR:ビジネスノートPCこそ“SSD”を──今後のビジネスシーンにマッチする「Endeavor NJ3300」
15.6型ワイドのディスプレイと光学ドライブを内蔵するスタンダードA4ノートPC「Endeavor NJ3300」が登場した。本機は“これから”のビジネスシーンにマッチするノートPCか、“SSD搭載モデル”でじっくり検証する。(2010/6/4)

「21世紀教室」でデルができること──「Latitude」新製品発表会
デルは「Latitude E5510」「Latitude E5410」「Latitude E4310」と教育市場向けNetbook「Latitude 2110」の発表会を行い、教育現場におけるデルの役割をアピールした。(2010/5/12)

最新プラットフォームに一新した「TOUGHBOOK CF-52」新モデル発表
パナソニックは、5月11日に最新の“Calpella”プラットフォームを採用した大画面搭載TOUGHBOOKの新モデルを発表した。出荷開始は6月17日からの予定だ。(2010/5/11)

2010年PC夏モデル:
プレミアムエディションで“Core i7”モデルが登場した「Let'snote S9」発表
軽量な2スピンドルノートPCとして人気のLet'snote S9に夏モデルが登場。店頭モデルではHDDとメモリを増量し、マイレッツ倶楽部限定モデルではCPUを強化した。(2010/5/11)

レノボ・ジャパン、「ThinkPad L512」「ThinkPad L412」発表
レノボ・ジャパンは、4月27日にThinkPadの新しいラインアップ「L」シリーズを発表した。最小構成のダイレクト価格は10万2900円から。出荷は4月27日から開始する。(2010/4/27)

“歴代最高キーボードとCore i5の最強コンボ”な「ThinkPad T410s」を楽しむ
軽くてパワフルなThinkPadラインアップが最新プラットフォームを搭載した。その使いやすさとパフォーマンスを堪能する。(2010/4/2)

元麻布春男のWatchTower:
“派手さ”とは無縁な「ThinkPad X201」の奥深さを知る
CPUにCore iファミリーを搭載してリニューアルされたレノボ・ジャパンの「ThinkPad X201」。どこが変わって、どこが変わらなかったのか。(2010/3/30)

カラーもパフォーマンスも自由自在!?:
ソニーの新しい主力スタンダードノート「VAIO E」を攻略する
スタンダードノートと聞くと、無難な仕様のA4ノートPCが思い浮かぶかもしれない。だが、ソニーの「VAIO E」は違う。見た目も中身も結構スゴイことになっているのだ。(2010/3/26)

CeBIT 2010:
MSIの「効能首選 影音極致」な次世代モデルが“ずらり”と並ぶ
CeBIT 2010はまだ始まらない。だが、一部のメーカーではすでにカンファレンスが始まっている。PCベンダーのMSIも「開幕前日」に展示ブースを関係者に公開した。(2010/3/2)

ビジネスVAIOの新顔:
Windows 7+Core iで一皮むけた「VAIO B」に目を細める
Calpellaプラットフォームを採用して約1年3カ月ぶりに大幅なモデルチェンジを果たしたビジネスノートPC「VAIO B」。その店頭モデルを試用した。(2010/2/22)

U1 hybridとSkylightの日本展開は?──レノボ・ジャパンのデイビット氏に聞いてみた
ThinkPadを始めとするレノボ製品の日本市場展開を切り盛りする同社の執行役員を直撃。CESで注目されたあのモデルの日本市場への投入は実現するのか?(2010/2/10)

直販モデルは10万9800円から:
見た目も中身もフルモデルチェンジした、WiMAX内蔵モバイルノート──「VAIO S」
モバイル運用に耐えうるボディとメインPCとしての性能を兼ねながら、導入しやすい価格を実現したベーシックなモバイルノートPCが「VAIO S」だ。フルモデルチェンジした2010年春モデルの実力を検証した。(2010/2/2)

2010 International CES:
CESでもPCパーツは忘れずに──最新チップセット搭載マザーとGF100にがぶり寄り
CESは世界最大を誇る家電の祭典。2010年はPC関連の話題が多かったが、主役はノートPCやタブレット端末だ。しかし、PCパーツでも興味深い展示があったのだ。(2010/1/15)

インテル、32ナノプロセス世代“Westmere”CPUを“正式に”発表
インテルは、32ナノメートルプロセスルールを採用した“Clarkdale”“Arrandale”CPUと対応するチップセットを発表した。(2010/1/8)

「32ナノ」と「WiMAX」でインテルは09年もイノベーションを加速する
インテルは3月3日、報道関係者向けの定例ミーティングを開催し、2009年に同社が注力する分野やコンシューマーPC市場における取り組みを紹介した。(2009/3/3)

Intel、「Moorestown」プラットフォームをデモ
Intelがモバイルインターネットデバイス(MID)向けプラットフォーム「Moorestown」を初めてデモ。次期マイクロアーキテクチャ「Nehalem」ベースのプロセッサの投入計画などについても明らかにした。(2008/10/21)

Intel、IDFでNehalemファミリーの計画を明らかに
IntelはNehalemベースのCore i7とサーバ版「Nehalem-EP」を投入した後、2009年後半に第2世代のNehalemプロセッサ「Nehalem-EX」「Havendale」などをリリースする。(2008/8/20)

新モバイルプラットフォーム:
Intel、「Centrino 2」をいよいよ発表
発表が延期されたIntelの新モバイルプラットフォーム「Centrino 2」は、7月14日にデビューする。ノートPC用の最新のCore 2 Duoプロセッサ、そして強力なグラフィックスとワイヤレス技術を提供する。HPやLenovoなど多数のベンダーが新ノートPCを投入する予定だ。(2008/7/10)

Intel、「Centrino 2」にSSDをバンドルか
Intelが来月リリースのノートPC向けプラットフォーム「Centrino 2」に、80GバイトSSDを加えると伝えられている。(2008/5/27)

「2008年のモバイルはMIDとNetbookとCentrino 2で」──インテル定例記者会見
4月9日に行われた定例記者会見では、先日行われたIDF上海のダイジェストが、特にモバイルプラットフォームを中心に紹介された。(2008/4/10)

「チックタック戦略」でモバイル分野にフォーカスするインテル
インテルは、クライアント向け製品に関する説明会で、ノートPCやモバイルインターネット端末における取り組みを紹介した。(2008/4/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。