ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「公約」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公約」に関する情報が集まったページです。

日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
「#私の推しバーガー」企画でリクエストが多かった人気バーガー!(2021/6/14)

「AI先進県」へ拠点開設 栃木 企業の導入後押し
県内企業のAI導入を後押しする「とちぎビジネスAIセンター」(宇都宮市ゆいの杜)が開所。5年後に県内企業の30%がAIを活用する「AI先進県」を実現し、県内経済の底上げにつなげる。(2021/6/2)

KAMIYAMA Report:
これからのリスクを考える
最初に、「テーパリング(tapering)」の意味がしばしば誤解されているので明確にする。テーパリングとは、「先細り」を意味するtaperから派生した言葉であり、量的緩和そのものが終わるのではなく、スピードダウンすることだ。(2021/6/1)

ぐんまちゃん:
群馬県の魅力向上 頼みの綱は?
群馬県がマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」のアニメを制作し、今秋にも地上波放送の開始を目指している。ゆるキャラグランプリ1位(平成26年)の実力に磨きをかけ、都道府県魅力度ランキングアップや経済効果も見込む。(2021/5/29)

データセンター分野で勝負に挑む:
Intel元社長が創設したAmpere、順調に成長
Ampere Computing(以下、Ampere)は順調に成長を続けている。2020年に発売した80コアプロセッサ「Altra」は順調に顧客を獲得しており、同社はそのうち数社をついに公表した。128コアの「Altra Max」は現在サンプル出荷中で、Ampereが公言していた通りの処理速度を実現している。(2021/5/27)

我が社は気候変動なんて関係ない? 環境配慮が経営リスクど真ん中である理由
昨今、地球温暖化対策に向けて脱カーボンなどの動きが激しくなっている。とはいえ、自動車産業や工場などとは違い、特にCO2を出すような事業をやっているわけでなければ、「我が社には直接は関係ない」と、心のどこかで思っている経営者もいるかもしれない。(2021/5/21)

Huawei製品除外対応の一環:
Vodafone、Open RAN採用の円滑化に向けラボを開設
Vodafoneは2020年末に、「Open RAN(Radio Access Network)技術の展開の促進に向けて、欧州全土にTest and Integration Laboratories(テストおよび統合ラボ)を設立する」と発表していたが、この公約を実現した。(2021/5/7)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】
「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。(2021/4/23)

「筋肉ついてますね!」「ムキムキ獅子舞楽しみ」 たむらけんじ、“肉体改造2カ月”のビフォーアフターに称賛の声
5キロでも全然違う!(2021/4/17)

回復続く経済における3つのリスク 財政、ワクチン、貯蓄率
コロナ禍を乗り切ったかに見える経済にはどんなリスクがあるのか。日興アセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト神山直樹氏は、財政、ワクチン、貯蓄率について、3つのリスクがあると言う。(2021/4/13)

世界を「数字」で回してみよう(67)番外編:
【付録】あの医師がもっと伝えておきたい“9個の補足”
あの“轢断のシバタ”医師が、コロナワクチンについて伝えておきたい7つのこと。本稿は、その付録となります。(2021/3/22)

菅政権の圧力で激変したモバイル業界 各社が発表した料金施策を振り返る
2020年末から2021年初頭にかけ、携帯各社の料金を巡る動きが短期間のうちに慌ただしく変化している。大手3キャリアはオンライン専用の安価な20GBプランを発表。楽天モバイルは1GB以下なら0円とし、小容量の市場を破壊。MVNOも対抗策を発表したが、通信品質の面で課題がある。(2021/2/17)

5Gビジネスの神髄に迫る:
2020年の5G動向を振り返る コロナ禍で“最悪のスタート”も、2021年の本格始動に期待
日本の5G元年となった2020年だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を強く受け、5Gをアピールするイベントが中止・延期になるなどして低迷。技術や周波数の影響もありローカル5Gを主体とした法人向けの利活用も大きくは広がっていない。唯一の救いといえるのは、コロナ禍でも携帯各社の5G整備スケジュールにあまり大きな影響が出なかったことだろう。(2020/12/22)

NEDOが短信レポートを公表:
次期米国大統領Biden氏の「技術イノベーション政策」を分析
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年11月18日、次期米国大統領であるJoe Biden氏が掲げる技術イノベーション政策などに関する情報を整理、分析した短信レポートを公表。同日、東京都内で記者説明会を開催した。(2020/11/20)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
“ドコモ口座×ゆうちょ銀行問題”が残した教訓 決済サービスの向かう先を考える
8月後半から9月初旬にかけて明るみに出たドコモ口座の不正利用。この問題はドコモのキャリアフリーと銀行側の確認不備に由来するものだった。今回の事件はまだ進行中ではあるが、これまでにさまざまな教訓を残した。(2020/10/6)

石川温のスマホ業界新聞:
菅次期首相が記者会見で「携帯電話料金」に言及――「値下げ」よりも「5G成長戦略」に期待
自由民主党の総裁(党首)選挙に、菅義偉官房長官が立候補した。ダントツの有力候補である菅氏が総裁としての公約に掲げた「携帯電話料金の引き下げ」に、業界には激震が走っている。(2020/9/11)

Verizonが最多、AT&Tは不参加:
米が3.5GHz帯オークションを開催、落札総額は45億ドル
米連邦通信委員会(FCC:Federal Communications Commission)が開催した最新の周波数帯オークション「Auction 105」では、Verizonが最も多くのライセンスを取得した。今回、オークションにかけられたのは、5G(第5世代移動通信)の展開に向けて非常に切望されているミッドバンド(3.5GHz帯)である。落札総額は45億9000万米ドルに上り、そのうち19億米ドルをVerizonが投じた形だ。(2020/9/10)

異例の早さでキャリア参入 Xiaomiスマホがauに採用された理由は? FeliCaへの対応は?
2019年12月に日本参入を果たしたXiaomiは、キャリアとの強力にも積極的だ。auからミッドレンジの5Gスマートフォン「Mi 10 Lite 5G」が9月4日に発売。なぜ日本参入から早期にキャリアからの発売が実現できたのか。東アジア担当ゼネラルマネージャーのスティーブン・ワン氏に聞いた。(2020/9/3)

Amazon.com、20億ドル(約2130億円)の温暖化対策ファンド設立
Amazon.comが20億ドルの温暖化対策ファンド「Climate Pledge(気候公約) Fund」を立ち上げた。昨年立ち上げた2040年までにゼロカーボンになるという誓約に署名した企業を支援する。(2020/6/24)

コロナ禍のカジノ事情「国内編」:
汚職とコロナ禍で後ずれ カジノ誘致を再考すべき、これだけの理由
安倍晋三政権が鳴り物入りで誘致を目指していたカジノを含む統合型リゾート(IR)の実現が、コロナ危機の長期化により遠のきそうだ。(2020/6/12)

政治的介入の懸念:
TSMCのアリゾナ工場設立、米議員が差し止めを要求
米上院少数党院内総務のChuck Schumer氏と、その他2人の民主党議員が、TSMCが米国アリゾナ州に建設を予定している半導体工場のプロジェクトについて、差し止めを要求した。(2020/5/25)

頑張っている人間を笑うな「かぐや様は告らせたい?」6話 徹底的勝利を狙う選挙戦
やっぱり生徒会の面々は天才だった。(2020/5/17)

好きなのは外見? それとも中身? 「かぐや様は告らせたい?」5話 君は恥ずかしがらずに「本物の愛」と言えるか
あんまり言うと黒歴史になるやつ。(2020/5/10)

男を落とす女子高生のテクニックいろいろ「かぐや様は告らせたい?」4話 純粋な男子を1日で攻略できるか?
御行の誠意が問われる。(2020/5/3)

タニタの「バーチャロン」ツインスティックが一般販売決定 開発担当「今回が本当にラストチャンス」
価格は5万5000円(税別)。今回の販売が購入のラストチャンスです。(2020/4/23)

ファッションショーのモデルをしたら“深淵”が見えた 斬新すぎるスタイルに出会った実話漫画が爆笑呼ぶ
笑わずにやり遂げる光ファイバーさんすごい。(2020/4/16)

「スケジュール空いてないんですよね」 草なぎ剛、YouTubeチャンネル登録100万人の江頭2:50を祝福するもコラボは断る
なお、別にマブダチというわけでもないとのこと……。(2020/3/13)

KAMIYAMA Reports:
「世界の工場」中国への依存度
世界経済の観点からみると、中国の消費は世界経済にとってそれほど重要ではない。むしろ、中国は世界の工場として、いわゆるサプライチェーンの生産拠点として重要な意味を持っている。(2020/2/18)

「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に
招待コードをTwitterで公開したところ、受け入れる人が相次ぎ、食べても食べてもポイントが減らない事態に。(2020/1/24)

ガンダム×ハローキティのコラボアニメが完結 アムロとキティちゃんが分かり合う最終話「愛・戦士」公開
愛、いろいろな意味でふるえる愛。(2020/1/15)

本当に払えるのか!? GACKT、オークションに出品した“5カラットダイヤ”が99億円になってしまう
どうなっちゃうんだ。(2020/1/14)

GACKT、「格付けチェック!」の公約通り“5カラットダイヤ”をオークションに出品 開始価格は999万9999円
時価4000万円!(2020/1/13)

Mobile Weekly Top10:
「au WALLET ポイント」は「Pontaポイント」へ/2019年を代表するスマホ
今回の「Mobile Weekly Top10」は、年末年始を挟んだため2週間分のアクセス数を集計。年越しを挟んだ14日間において、どのような記事が多く読まれたのでしょうか……?(2020/1/8)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(12月編):auが「Pontaポイント」に合流へ/スマホに1.08億画素カメラは必要?
キャッシュレスでは先行していたものの、ポイントプログラムではある意味で遅れを取っていた「au WALLET」。それを挽回すべくKDDIが下した選択は、「Pontaポイント」への合流でした。(2020/1/6)

Windowsフロントライン:
2020年のMicrosoftとWindowsは何が変わる?
さまざまな大型イベントが交錯する2020年が幕を開けた。MicrosoftとWindowsを巡る事情はどのような変貌を遂げるのだろうか。(2020/1/6)

石野純也のMobile Eye:
公約を果たしたドコモ、果たせなかった楽天/スマホは二極化が進む――2019年のモバイル業界を振り返る
改めて振り返ってみると、2019年は携帯電話の「料金」や、スマートフォンの「端末代」に大きな注目が集まった。ドコモは公約通りに分離プランを提供したが、楽天モバイルの公約は果たされなかった。分離プランの拡大に伴い、端末の価格は見かけ上、高額化するようになった。(2019/12/28)

「この決断は早すぎる」 秋元康プロデュースの38人組バンド「ザ・コインロッカーズ」、1年で現体制終了へ ネットに動揺走る
Zepp Tokyoチケット完売未達時の公約はどこへ……?(2019/12/17)

RISC-Vを意識:
Armがカスタム命令に対応、「Cortex-M33」から
Armは、2019年10月8〜10日に米カリフォルニア州サンノゼで技術者向けイベント「Arm TechCon 2019」を開催した。そこでのビッグニュースの一つは、カスタム命令を「Cortex-M」コアに実装できるようにする「Arm Custom Instructions」である。(2019/10/17)

「ガンダムvsハローキティ」、2020年3月に“春のファン祭り”開催 スペシャルゲストに古谷徹、両軍の勝利公約も決定
キティデザインのガンプラほし……。(2019/10/3)

Amazon、気候変動対策の一環で電動配送車10万台発注
Amazonが、パリ協定目標を10年前倒しで達成する「気候公約」への署名を発表し、その一環として電動配送車10万台を発注し、森林保護に1億ドル拠出する。(2019/9/21)

ビジネスの世界にもはびこる:
N国とれいわ新選組が操る「不安マーケティング」の正体とは
「N国」や「れいわ新選組」が選挙で躍進した。筆者はその根本にあるのが「不安マーケティング」だと分析。ビジネスでもはびこる「不安な庶民の利用」手法を斬る。(2019/9/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型タントデビュー DNGAって一体なんだ?(前編)
トヨタの弱点は、小型車におけるコストパフォーマンスだ。新興国で最も求められる「良品廉価」という競争軸では全く勝てる見込みがない。そんな中で、「良品廉価」の経験を生かし、特にASEANにおいて、グローバルな小型車でマーケットを取りに行くのがダイハツのミッションだ。そこでダイハツはDNGAによって、少ないリソースで軽自動車とグローバルな小型車を同時に高レベルに仕上げることを目指した。(2019/8/5)

ディルバート(615):
「会議中にスマホを見るな!」と言われたら
ボスの目をかいくぐり、なんとか会議中にスマホチェックしたいディルバートが考え出した作戦とは……?(2019/8/1)

「私の戦闘力は53万です」 表現規制反対派・山田太郎氏が当選 SNSフル活用、“オタク層”の支持集める
第25回参院選で、漫画・アニメを表現規制から守ると訴える山田太郎氏が当選。Twitterなどを駆使する選挙戦を展開し、約53万票を獲得。「オタク層が有力な票田になることを示した」などと話題になった。(2019/7/22)

参院選2019 まだ迷っている人へ送る「投票先の選び方」
納得のいく選択をするために。(2019/7/15)

参院選を前に「タブー」に迫る:
田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」
参院選を前に憲法改正にこだわる田原総一朗氏。そこには自民党議員も触れない「タブー」があった。単独インタビューで迫った――。(2019/6/25)

子育て世代が住みやすい街に:
従来の縦割組織から市役所はどこまで変われるか 全国最年少市長と“公募”女性副市長の改革
(2019/5/31)

「GLAY」TERU、顔面火傷で25周年イベント欠席へ 「どうか軽度でありますように」と心配の声あがる
お大事にしてください。(2019/5/25)

ドコモ新料金プランはどれだけ安い? 現行プランと徹底比較
NTTドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」が2019年6月1日から提供される。同社は現行プランよりも2〜4割安くなると説明するが、本当にそれだけ安くなるのか?「月々サポート」や「docomo with」の割引を含めると、どちらがお得なのか?(2019/4/19)

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説
NTTドコモが、新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を6月1日から提供開始すると発表。前者は月間30GBまでデータ通信を利用でき、超過後も比較的早い速度で通信できる。後者はデータ利用量に応じて月額料金が変わる。会見での吉澤和弘社長の発言をもとに、その強みと弱みを解説する。(2019/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。