ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「共産主義」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共産主義」に関する情報が集まったページです。

Huawei向けの輸出許可を取り消し:
米国の「意固地な」半導体規制は中国の自立を助長するだけ
米バイデン政権は、Huaweiに対する半導体の輸出許可を取り消す決断を下した。これに対し中国は強く反発。米中の分断はさらに深まると予測される。(2024/5/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
米政府が中国EVに100%課税する意味
米政府は中国製のEVにかけられていた25%の関税を、なんと100%に引き上げると発表した。米政府は世界の貿易から、ならず者でルールを守らない中国を除外し、中国なき世界貿易を目指そうとしている。(2024/5/20)

Social Media Today:
中国発AIソーシャル工作のゾッとする実態をMicrosoftがレポート
Microsoftが中国を拠点とする影響力工作の増加についてのレポートを発表した。これは米国におけるTikTok禁止を巡る議論について考えるヒントとなるものだ。(2024/5/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国系企業が日本の“再エネビジネス”に食い込む 「透かし騒動」から見る実態
政府の再生可能エネルギー関係の会議資料に、中国企業のロゴマークの透かしが入っていたことで騒ぎとなった。これはミスだったようだが、中国系の企業が日本の太陽光発電事業に入り込んでいることは事実。FIT制度を利用して多額の収入を得ることが狙いだ。(2024/4/12)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
公開前から物議、映画「オッペンハイマー」を見たマンガ家が感じたこと 一番気になったのは……上映時間?
世界で初めて原子爆弾をつくった科学者の半生を描いた映画「オッペンハイマー」が3月29日より公開中です。ボクもさっそく見てきました。(2024/4/7)

日本の企業は「TikTok」禁止法案可決でどう動く? 専門家の声
米下院本会議は13日、中国系動画投稿アプリ「TikTok」について、運営側が米国での事業を売却しなければ、全米でのアプリ配信を禁じる法案を可決した。今後、上院で審議される。中国政府の情報収集や世論操作に利用される可能性など安全保障上の脅威だとの懸念が強まったとして超党派の支持が集まった。(2024/3/14)

タブレット端末の議場持ち込み、自民・共産が反対「品位欠ける」 ペーパーレス化は合意
衆院議院運営委員会の与野党各会派代表者が、国会のデジタル化を目指す検討会の第2回会合を国会内で開き、請願内容を議員に周知する文書と各委員会の議事経過報告書をペーパーレス化する方針を確認した。年間約1200万円の印刷費削減につながると試算している。(2024/3/6)

Cybersecurity Dive:
FBI長官が警告 「脅威アクターによって米国は混乱とパニックを引き起こす」
サイバーセキュリティの関係者は、中国とつながりのあるハッカーたちが潜在的な軍事行動から注意をそらすために、壊滅的な攻撃の準備をしていると警告した。(2024/2/25)

スピン経済の歩き方:
「株価がバブル超え!」と騒いでいるうちは、日本経済が上向かないワケ
株価上昇や春闘でベア獲得など、「大企業」「上場企業」に焦点を当てた報道が目立っている。しかし、このままでは残念ながら日本経済が上向くことはない。残る利益アップの道は……。(2024/2/21)

スピン経済の歩き方:
EVシフトで「トヨタは遅れている」は本当か
世界的なEVシフトの中、エンジン不正が騒がれているトヨタグループ。日本は本当に世界から遅れをとっているのだろうか、それとも……。(2024/2/7)

外務省公電が中国に漏えい 2020年にサイバー攻撃
日本政府の「情報管理態勢」が問われる事態が発覚した。機密情報を含む外交公電を在外公館とやりとりする外務省のシステムが2020年、中国からサイバー攻撃を受け、情報漏えいが起きたことが分かった。(2024/2/6)

人はなぜワクチン反対派になるのか──東大などがツイート分析 「陰謀論などに傾倒する人がなりやすい」
東京大学などの研究チームは、コロナ禍で新たに“ワクチン反対派”になる人の特徴を明らかにした研究成果を発表した。(2024/2/6)

世界を「数字」で回してみよう(70)番外編:
「日本のコロナ史」を総括する 〜5類移行後の答え合わせ
日本ではきっちり2020年に始まった、「新型コロナ史」。さまざまな情報が錯綜し、何を信じてどう行動すればいいのか分からないまま3年間以上を過ごし、2023年5月、ついに日本でCOVID-19の扱いが「5類感染症」に移行しました。今回、コロナの感染が日本で始まった当初から、感染拡大やワクチンについてさまざまな考察を行ってきた「エバタ・シバタコンビ」が、5類移行をへて、これまでの考察を振り返り、当初の予測の「答え合わせ」を行います。(2023/11/21)

Social Media Today:
2024年のSNS大予測
2024年まで、残すところあと数週間。次の12カ月でデジタルマーケティングへのアプローチをどのように変えていくか、計画立案のために知っておきたいことがある。(2023/11/4)

AI社会はクレーム対応社会? 東浩紀と山田胡瓜が語る、AIが見せるユートピアとディストピア
(2023/10/4)

ガートナー「デジタル・ワークプレースサミット」レポート:
「働き方改革は“無意味”」 ベストセラー『ニューエリート』の著者がこう断言する理由は?
世界で絶えずパラダイムシフトが起きる中、何を基に「自らの働き方」を決めるべきか。ベストセラー『ニューエリート』の著者で「働き方のパラダイムシフト」を説くピョートル氏が「働き方改革は無意味」と断言する理由は?(2023/9/8)

スピン経済の歩き方:
処理水をめぐって“愛国サンドイッチ”の危険性 企業が「日本人」とうまく接する方法
日本のホテルや飲食店に、音声読み上げソフトを用いてこんな嫌がらせ電話がかかってきている。原発の処理水をめぐって、バッシングが起きているわけだが、中国ビジネスを展開していくうえで気をつけなければいけないことがある。それは日本人で……。(2023/8/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中国製BEVは今後どうなるか 避けられない現実
深刻なバブル崩壊を迎えている中国では、2022年にBEVへの補助金が終了した。今後BEVを生産するメーカーの行方は。(2023/8/21)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Twitter離れは現実? 1年以内にどれだけのユーザーが立ち去るのか
Metaが新SNS「Threads」のサービスを開始するや否やユーザーが爆増。わずか5日で1億人を突破しました。一方、追われるTwitterは混乱が続き、ユーザーが離れつつあるようです。ThreadsはTwitterに取って代われるのでしょうか。(2023/7/14)

技術継承問題も解決:
ホリエモンの宇宙ビジネスに政府が投資していく理由 スタートアップ支援に勝機あり
自民党政権は、日本経済が再成長するのに必要な産業の一つが宇宙・海洋だと見ている。スタートアップ推進議員連盟事務局長の今枝宗一郎衆議院議員は「宇宙ビジネスは世界で勝ち筋がある市場だ」と語った。インターステラクノロジズの事例から、ビジネスで市場参入を後押しする機会をどう見極めるかを探りたい。(2023/6/14)

AIのリスクについてマーク・アンドリーセン氏が持論を展開、最大のリスクにも言及
以前、「ソフトウェアが世界を席巻(せっけん)する」との予言で大きな注目を集めた投資家のマーク・アンドリーセン氏が、議論の的になっているAIのリスクをテーマとした、約7000ワードの長文コラムを公開した。(2023/6/12)

Social Media Today:
米国で初のTikTok全面禁止令 ユーザーの反応は?
米モンタナ州が米国で初めて州内における「TikTok」の運営を禁止した。この流れはどこまで拡大するのだろうか。(2023/5/25)

Social Media Today:
TikTokも生成AIを導入、本当の目的は?
TikTokは独自の生成AIツールを実装しようとしており、まずはプロフィール画像の生成ツールをテスト中だ。(2023/5/12)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「TikTok」が危ない理由
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「TikTokの利用が危険視される理由」です。(2023/5/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中国の自動車産業は覇権を握るのか
なぜ中国の自動車メーカーの勢いは止まらないのか。中国や世界経済を取り巻く状況と合わせて見ていこう。(2023/4/24)

岸田首相の演説会場で爆発物 事件後に首相「街頭演説の場に立ち続けます」Twitterで声明
(2023/4/15)

Social Media Today:
Googleが中国の影響力工作に徹底抗戦 6000のYouTubeチャンネル削除の理由は?
中国の影響力工作が猛威を振るっている。Googleがまとめた脅威分析レポートによると2023年1月の1カ月だけでも数千件に上る影響力工作を阻止したということだ。(2023/4/7)

「ボンカレー」類似画像で共産党候補者を応援するSNS投稿 大塚食品「一切関与していない」 党関係者謝罪
(2023/3/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バッテリー地産地消時代、日米欧は中国に対抗できるのか
世界中の自動車メーカーがバッテリーの地産地消化に向けて進んでいるが、現状EVシフトでもうかるのはバッテリーを生産する中国ばかりとの声もある。日米欧は中国に対抗できるのだろうか。(2023/3/13)

スピン経済の歩き方:
世界で「最低賃金1500円」は当たり前なのに、なぜ日本人は冷ややかなのか
Twitterで「最低賃金を全国一律1500円に」がトレンドに入った。世界に比べて日本の賃金は低いのに、なぜ「給与アップ」の話は盛り上がらないのか。その背景に何があるのかというと……。(2023/3/7)

Social Media Today:
「TikTok」が米国でスパイ扱い? ここまで警戒される背景とは
「TikTok」の運営元CEOが米国議会で証言することが決まった。CEOはサービスの透明性といった内容について質問を受ける見込みだ。ここまでTikTokが警戒される理由は何なのか。(2023/3/6)

大統領の苦悩を味わえるゲーム「Suzerain」が話題 国家の復興も汚職で投獄されるも全てプレイヤーの選択次第
近代の歴史や政治が好きな人はぜひ。(2023/3/2)

インボイス導入で電気代がさらに上がる? 資源エネルギー庁の省令案が物議
インボイス制度の導入により電力会社などに生じる損失を一般家庭の電気料金に含まれる再エネ賦課金で賄う方針を資源エネルギー庁が示し、物議を醸している。実際はどうなるのか? 話を聞いた。(2023/2/28)

スピン経済の歩き方:
「ステマ規制」によってどうなる? 担当者の“冤罪”が多発する日
2023年秋、消費者庁による「ステマ規制」が本格的にスタートする。この規制によって、どのようなことが起きるのか。マーケティングやPRの担当者は戦々恐々としていて……。(2023/2/21)

働かないおじさんを“一掃”すると、若者が犠牲になる──なぜ?
「働かないおじさん」について議論されるようになって久しいですが、なかなか改革が進まないのはなぜでしょうか。日本型雇用慣行における2つの理由があります。(2023/2/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ルノー・日産アライアンス再始動 内田CEOの手腕が光った
ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は2月6日、資本提携の見直しに関する説明会を開催した。登壇者全員が互いに感謝の言葉を述べるところから始まった異例の会見。その場で語られたのは……。(2023/2/13)

AI、量子コンピューティングなど広く影響:
Huaweiへの半導体全面禁輸で拡大する米中貿易戦争
米バイデン政権は、Huaweiに製品を輸出する米国企業へのライセンス供与を停止し、中国Huaweiに対する米国技術の販売を、完全に禁止することを目指しているという。専門家の解説を紹介する。(2023/2/8)

プレイバック注目コンテンツ:
「TikTok使用禁止」はあり寄りのなし? なし寄りのあり?
「TikTok」の安全保障リスクを巡る議論が再燃してます。関連する2つの記事を紹介します。(2023/1/28)

Social Media Today:
TikTokはやはりスパイ装置? 米ジャーナリストへの監視発覚で疑惑が再燃
TikTokが米国人ジャーナリストの利用情報を監視していたことが判明。米国における使用禁止の議論が再燃している。(2023/1/24)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(10):
「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみる
今回は、「なぜ、カルトの信者はあんなに幸せそうなのか」という疑問に端を発して、「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみました。(2023/1/16)

解熱剤に購入制限を──厚労省が薬局・ドラッグストアに要請 “爆買い”阻止へ
厚生労働省は薬局やドラッグストアの業界団体に対し、各店舗で一般用解熱鎮痛薬の購入制限を課すよう要請した。新型コロナの症状緩和のため、大量購入する事例があり、医薬品の安定供給に支障が出ると判断した。(2023/1/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「便利」でもなく「楽しく」もない、そんなローカル鉄道はいらない
12月中旬、日本共産党は提言「全国の鉄道網を維持・活性化し、未来に引き継ぐために」を発表した。鉄道ファンとしてはとても心強い話だが、内容では「活性化」に触れていない。残せば地域が活性化すると考えているなら無責任だ。問われるべきは「鉄道を維持したらどういう未来が待っているか」なのだ。(2023/1/7)

Social Media Today:
他のSNSに機能をパクられまくってもニッチな存在感 再成長の鍵は?――2023年のSNS大予測(Snapchat編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Snapchat」について。(2022/12/31)

Social Media Today:
「リスキリング」強化でますます使えるビジネスSNSに――2023年のSNS大予測(LinkedIn編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「LinkedIn」について。(2022/12/30)

Social Media Today:
Google出身の新CEOに託された「Eコマース」と「探索」の強化――2023年のSNS大予測(Pinterest編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Pinterest」について。(2022/12/29)

Social Media Today:
中国共産党と本当に無関係? “悪魔の証明”を求める声はなお強く――2023年のSNS大予測(TikTok編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「TikTok」について。(2022/12/28)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏は結局妥協を強いられる?――2023年のSNS大予測(Twitter編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する32の予測をお届けする。今回は「Twitter」について。(2022/12/27)

Social Media Today:
マーク・ザッカーバーグ氏が誓ったリベンジ、本当に実現できる?――2023年のSNS大予測(Facebook編)
2023年のソーシャルメディアマーケティングに関する予測をメディア別にお届けする。今回は「Facebook」について。(2022/12/23)

人材の確保がカギ:
日の丸半導体「ラピダス」の勝算 “周回遅れの惨状”から挑む「最後のチャンス」
政府は、経済産業省が中心となり欧米との国際連携を軸に次世代半導体の量産する新会社「ラピダス」と、研究開発拠点である技術研究組合最先端半導体技術センター(LSTC)をセットにした半導体産業の復活を掲げる基本戦略構想を打ち出した。(2022/12/23)

インボイス問題、声優が語る“陳情”のリアル 「超塩対応」の議員と涙のバトルも
「陳情をしっかり聞いて下さる議員さんも多いのですが、“超塩対応”の議員さんもいて……。そういう方が、インボイス制度を左右するキーマンなんです」。インボイスに反対する声優団体・VOICTIONの涙のバトル。(2022/12/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。