ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「越境EC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「越境EC」に関する情報が集まったページです。

メルカリ、台湾の大手ECサイトと提携 CtoCの越境販売を強化
メルカリが、台湾の大手ECサイトを運営する、PChome Onlineグループ(PChome)傘下の比比昂(Bibian)と業務提携したと発表した。CtoCでの越境販売を強化するのが狙い。(2021/10/12)

台湾ユーザーでもメルカリの商品を購入しやすく 注文から国際発送まで代行する公式越境ECサービス
メルカリが、台湾Bibian社と業務提携し、台湾での越境販売を始める。台湾の人が日本の出品者から商品を購入する際、Bibianが商品の注文、受け取り、検品、台湾への発送を代行する。(2021/10/12)

PayPal、日本の「Paidy」を3000億円で買収 後払い決済大手
米PayPalが後払い決済を提供する日本のベンチャー企業「Paidy」を3000億円で買収すると発表。日本でのビジネス強化を目的としており、越境EC事業や決済機能の拡充を目指す。(2021/9/8)

後払いサービスペイディを、米ペイパルが買収 3000億円
後払いサービスサービスを運営するペイディ(東京都港区)を、米決済大手のペイパルが買収した。買収金額は3000億円。ペイパルは「世界第3位のEコマース市場である日本での越境EC事業に加えて、今回の買収により、国内決済市場で機能やサービスを拡充することで存在感をさらに高める」としている。買収は2021年末までに完了する予定だ。(2021/9/8)

日本文化に海外も注目:
海外人気が高い日本のエンタメコンテンツを発表! 外国人が大人買いしたコミックは?
越境EC(電子商取引)などを手掛けるBEENOS(ビーノス、東京都品川区)は、2021年上半期に海外で人気となった日本のコンテンツを分析した「2021年上半期 越境エンタメ トレンドレポート」を発表した。海外ではどのよう日本製コンテンツの注目度が高いのだろうか。(2021/8/6)

2021年上半期、世界で1番売れた日本の商品は?
2021年上半期 越境ECランキング。世界で売れている日本の商品1位は、繊細な刃先が特徴の「パンフラワー用ハサミ」(やおき工業)だった。(2021/8/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国で“果実酒人気”が爆発、日本企業は「中国の女性」に訴求できるか?
中国で、果実酒など低アルコールドリンクの市場が急拡大している。新興ブランドが都市部の高収入女性のニーズを掘り起こし、伝統酒造メーカーも相次ぎ参入。アリババECサイトの6月のセールでは、果実酒の流通総額は前年比100%、梅酒は200%増えた。中国の女性に特化したマーケティングに力を入れる日本企業も出てきている。(2021/7/1)

今日のリサーチ:
在日中国人女性に聞いた「小紅書(RED)」利用実態――アライドアーキテクツ調査
中国の大人気SNS「小紅書(RED)」。回答者の約97%がREDの口コミを参考にして商品購入や店舗へ行ったことがあるということです。(2021/6/22)

中国でここまで進んでいる「ブロックチェーンECセール」とは何か
中国のIT関連を専門とする山谷剛史による、最新EC動向。(2021/6/18)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「巣ごもり」「国産」「Z世代」、中国ネットセールに見る消費の新潮流
も耳にしたことがあるだろう。では「618セール」はどうか。そもそも知られていない「618セール」だが、「中国の消費の成熟を示す新しいトレンドが出てきて面白い」と聞いたため、自身の情報収集も兼ね、今年のトレンドを紹介する。(2021/6/17)

3年で100店舗増やす:
なぜ、コメ兵は出店を急ぐのか? 戦略を支える、すごいAI
コロナ禍で多くのリアル店舗が打撃を受けているが、コメ兵ホールディングスは大規模な出店を計画している。傘下のコメ兵、K-ブランドオフそれぞれ今後3年間の間に100店舗出店の予定だ。理由はなぜなのか。また、それを支える「AI真贋」技術とは、何なのか。(2021/6/16)

新会社ANA NEO設立:
ANA、バーチャル空間で旅行や買い物ができる「SKY WHALE」開発 22年に提供開始
ANAホールディングスが、スマホなどからアクセスできる旅のプラットフォーム「SKY WHALE」を開発し、2022年にサービスの提供を開始すると発表した。(2021/5/21)

Go AbekawaのGo Global!〜Nguyen Manh Hung編(後):
私には、ベトナム人としてのプライドがある
ベトナムのオフショアは品質が低いと言われたくない。ふるさとベトナムのために、そして大好きな日本のために、タケオさんは今日もにこやかに奮闘する。(2021/5/11)

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は興収60億円を突破 海外で人気の「エヴァグッズ」1位は?
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の興行収入が60億円を突破。アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズのオフィシャルグッズストアであるEVANGELION STOREで、海外ユーザーに人気だった商品のランキング。1位は?(2021/3/30)

今日のリサーチ:
「ライブコマース」認知度・利用経験とも東京が最下位――トランスコスモスがアジア10都市で調査
トランスコスモス「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2021」で明らかになったアジア諸国と日本の違い。(2021/3/25)

BrightcoveのCEOが語る:
コロナ禍で急伸する世界の動画市場 OTTの拡大と企業のDXニーズが後押し
ブライトコーブは2020年3月16日にメディア向け戦略発表会をオンラインで開催。コロナ禍で成長を続ける世界の動画市場と、そこで同社が果たす役割について説明した。(2021/3/19)

【新連載】中国マーケティングの「壁」を乗り越える:
中国向け越境ECに今取り組むべき理由をあらためて考える
巨大な中国市場において根強く人気を博す日本商品。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)拡大の影響で訪日インバウンド消費の復活には時間がかかりそうだが中国向け越境ECは伸びしろが大きい。成功のために押さえておくべきポイントをエキスパートが解説する。(2021/1/6)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
楽天の国内年間流通額の2倍、「独身の日」を支えるアリババの最新技術
中国最大のECセール「独身の日」で、アリババのECサイトは今年4982億元(約7兆7200億円)の取引額を記録。楽天の国内年間取引額の2倍に相当する注文・決済・配送需要が2〜3週間に集中する同セールを乗り越えるために、さまざまな技術がアップデートされてきた。ここでは、2020年のセールを支えた最新技術を紹介する。(2020/12/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
アリババ「独身の日」セール、2020年は期間4倍 〜「ニューノーマル」で構造見直し
世界最大のECセール「独身の日」が中国で始まった。売上高を更新し続ける同セールだが、インタネットやEC人口は頭打ちで、構造改革を迫られていた。ここでは、セールの歴史をおさらいしつつ、コロナ禍の「ニューノーマル」が、構造の見直しに好機となっている今年の動きを紹介したい。(2020/11/5)

海外売上高を拡大へ:
カルビー、「じゃがりこ」中国展開を本格化 日本よりも“濃い味”に
カルビーは、スナック菓子「じゃがりこ」の中国での販売を本格化する。中国向けとして3商品を新発売した。海外売上高の拡大に向けて、重点地域である中国で市場開拓を目指す。(2020/10/26)

モバイル決済の裏側を聞く:
コロナ禍でリアルからデジタルへ劇的に加速 「PayPal」好調の理由を聞く
新型コロナウイルスの影響で伸びているのがオンラインショッピングだ。オンラインを中心に決済サービスを提供しているPayPalは、2020年第2四半期の新規アカウント数が前年比で約140%増加した。「ニューノーマル」の時代におけるPayPalの戦略を、インターナショナルマーケット担当シニアバイスプレジデントのCameron McLean氏に聞いた。(2020/10/7)

KOLを通じて熱量の高いユーザーとつながる:
中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、アライドアーキテクツ クロスボーダーカンパニー長でVstar Japan代表取締役の番匠達也氏が語った。(2020/9/22)

リップルの挑戦で送金手数料ゼロは実現するか? 世界でも国際送金手数料の高い国、日本
海外への送金、いわゆる国際送金については日本は世界でも特にコストが高い国といわれている。徐々に送金コストは下がってきたものの、それでも銀行経由の場合、平均で11%ものコストがかかっている。主要国で日本よりもコストが高いのは南アフリカだけだ。こうした高コスト、非効率な国際送金の仕組みを変えようとしているのが、米国のテクノロジー企業リップルだ。(2020/8/19)

越境EC成功の鍵はライブコマース:
訪日インバウンド需要が“蒸発”したコロナ後、中国の消費者の心をつかむには?
中国最大手のECコンテンツマーケティング支援企業であるMoli Mediaが日本市場に進出。同社の強みと中国向け越境ECの可能性についてキーパーソンが語った。(2020/7/22)

「日本スゴイ」では勝てない:
日本の中高年はなぜいまだに韓国を“格下”に見てしまうのか
世代間でイメージが大きく違う国、韓国。特に中高年だと古い印象が強いケースも。国際ビジネスに必要な「ライバルの真の姿」を知るには。(2020/5/22)

中国ビジネスのエキスパートが語る:
「コロナ後」が動き出した中国 今後の消費動向と日本企業のビジネスチャンスは?
新型コロナウイルス感染拡大が収束に向かい、既に内需回復の兆しも見えてきた中国市場。越境ECや訪日インバウンドなど日本のビジネスに関わる領域で今後どのような動きがあるのか、識者が語った。(2020/5/15)

越境サービスも登場:
クラウドファンディングをマーケティングに活用 「募金目的」から一皮剥けたワケ
クラウドファンディングの使われ方が、「募金」「資金援助」といったものから「マーケティングチャネル」へと変わりつつある。初期費用があまりかからず、ピンポイントにターゲットを定めてできることから注目を集めているのだという。CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNEを提供するRelicの大丸徹也COOと赤木宏志氏に話を聞いた。(2020/1/16)

今年中国企業で最も目立った「アリババ」 その1年を振り返る
(2019/12/20)

ZOZOが中国に再進出、7年ぶりの勝算はどこに?
ZOZOが12月10日にファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の中国版を公開。同社にとって二度目の中国進出となるが、勝算はどこにあるのか。(2019/12/12)

今日のリサーチ:
日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態についての調査です。(2019/12/11)

再成長できるか:
苦戦が続く大塚家具 再起に向けて作成した“自己分析”と“反省文”を読み解く
業績不振に苦しむ大塚家具。再起に向けて“自己分析”と“反省文”を作製していた。「アニュアルレポート 2018」を読み解く。(2019/11/29)

中国マーケティング最前線:
1日で売り上げ6兆円突破 中国の「ダブルイレブン」はなぜケタ外れなのか
今年も中国の「ダブルイレブン」商戦が沸騰。アリババのT-Mallだけで売り上げは4兆円を超えた。背景には中国市場の独自性や「ライブコマース」の盛り上がりがある。(2019/11/21)

メルカリの商品、海外からも購入可能に 代理購入サービスと連携
メルカリは、日本から出品された商品を海外から購入できるサービスを開始。BEENOS子会社の代理購入サービス「Buyee」を通じ、海外在住者のニーズに応える。(2019/11/15)

今日のリサーチ:
越境ECで売れる日本製品 「フイルムカメラ」「限定キャラクター商品」など――イーベイ・ジャパン調べ
日本からeBayに出品されたアイテムの販売動向が発表されました。(2019/11/15)

海外向け販売促進を支援:
アライドアーキテクツが「多言語対応サイト制作パッケージサービス」を提供開始
中国語サイトには在日中国人の口コミを掲載可能。(2019/9/30)

2019年版中小企業白書を読み解く(2):
中小製造業に求められる自己変革――デジタル化とグローバル化による生産性向上
中小企業の現状を示す「2019年版中小企業白書」が公開された。本連載では、中小製造業に求められる労働生産性向上をテーマとし、中小製造業の人手不足や世代交代などの現状、デジタル化やグローバル化などの外的状況などを踏まえて、同白書の内容を4回に分けて紹介する。第2回は、「デジタル化」と「グローバル化」を切り口とし、中小製造業の自己変革の必要性について取り上げる。(2019/7/17)

今日のリサーチ:
越境EC担当者に聞く「始めたきっかけ」「現在の課題」「必要な英語力」など――イーベイ・ジャパン調査
越境ECビジネス経験3年以上の担当者に実施した「越境ECに関する実態調査」の結果です。(2019/5/15)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「EC-CUBE」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」他、日本では国産ECプラットフォームが強い
ネットショップ構築を支援するECプラットフォームとパーソナライゼーションの市場動向を営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから探ります。(2019/4/26)

さくらネット、世界200カ国で通信可能なグローバル音声データSIMを発売 1980円
さくらネットは、4月3日に世界200カ国で通信可能な「Mayumiグローバル音声データSIM」を発売した。150カ国で電話着信・SMS受信が無料に。価格は1980円(税別)。(2019/4/5)

今日のリサーチ:
店舗で見てオンラインで買う人とオンラインで見て店舗で買う人、アジア各都市の傾向――トランスコスモス調査
東京を含むアジア10都市におけるオンラインショッピング利用者の傾向はどうなっているのでしょう。(2019/3/29)

社長は退くべき:
大塚家具はどこへ行くのか
父娘で繰り広げた委任状争奪戦から約3年半。久美子社長の「アンチフォーカス戦略」が大塚家具にもたらしたのは業績悪化と急速な資金繰りの悪化である。今回の矢継ぎ早の提携策には派手さはあっても根本的な経営立て直しにはつながらない。打つべき手は他にある。(2019/3/15)

今日のリサーチ:
検索数から見える訪日外国人のトレンド――アウンコンサルティング調べ
アウンコンサルティングは、2018年の訪日外国人の年間動向調査結果と2019年の予測を発表しました。(2019/3/5)

SNSのつぶやきから分析:
中国人が日本でしたいのは森林浴に握手会!? 意外な訪日旅行トレンド
SNSから中国人が日本旅行に求めることを調査。「したいこと」では森林浴や握手会が上位に。「行った場所」だと「ドン・キホーテ」などが浮上した。(2019/1/11)

SNSで売れ筋分析:
なぜ今年の中国人は「日本のウイスキー」に飛びついたのか?
中国人向けSNSの口コミから人気の日本商品を分析。最も「買った」とつぶやかれた飲食品はウイスキー、なぜ?(2018/12/27)

事業拡大のヒントを共有する:
パソナ、バニラエア、DHCのマーケターと小川 卓氏が振り返る2018年のPDCA
2018年のWebサイト改善の取り組みをどのように進めたのか。現場でPDCAを回す各社のマーケターが、業種の違いを超えて施策の進捗(しんちょく)を共有した。(2018/12/26)

今日のリサーチ:
「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。(2018/12/18)

迷惑bot事件簿:
“転売ヤー”がbot悪用、ECサイトで限定品買い占め 「アクセスの8割がbot」への対策は?
あるオンライン小売サイトでは、ピーク時のアクセスの8割がbotによるものだった。限定商品を買い占め、転売を行うbotの活動実態を紹介する。(2018/12/4)

今日のリサーチ:
2018年「独身の日」、中国ネット通販大手2社の売上高は過去最高を更新――三井住友アセットマネジメント調べ
中国の消費パワーを映す「独身の日」、2018年も大いに盛り上がったようです。(2018/11/28)

「独身の日」に向けて旗艦店オープン:
三越伊勢丹、中国小売業最大手の京東(ジンドン)と越境ECで戦略的業務提携
三越伊勢丹は中国小売業最大手の京東と越境ECで戦略的業務提携することに合意。京東が展開する中国越境ECサイト「京東全球講」に旗艦店「三越伊勢丹海外官方旗艦店」をオープンした。(2018/9/25)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。