ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dellモデル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dellモデル」に関する情報が集まったページです。

直販営業のノウハウ生かしリセラーを支援
直販ビジネスモデルからの大転換を果たした、デルのパートナー事業戦略
2016年、デルは直接販売中心からパートナー販売中心へビジネスモデルを変えた。パートナー企業にとってはどのようなインパクトをもたらすのだろうか。同社マーケティング本部長の清水 博氏に話を聞いた。(2016/3/9)

もはや直販中心ではない:
なぜデルはパートナービジネス型へと大変革を遂げるのか?
直販スタイルのいわゆる「デルモデル」でビジネス成長を遂げてきたデルがそのビジネスモデルの大変革に踏み切った。(2014/8/25)

デル、映像編集PC「Graphic Pro」シリーズに23型タッチパネル液晶搭載の一体型モデルを追加
デルは、動画編集向けPC「Graphic Pro」シリーズに23型フルHD液晶一体型デスクトップモデル「New Inspiron 23 5000」を追加した。(2014/4/18)

製造マネジメント インタビュー:
その製品が売れないのは「良くないから」だ――一橋大学米倉教授
日本の製造業の競争力低下に対する危機感が叫ばれているが、競争力を生み出すイノベーション創出にはどのように取り組むべきだろうか。イノベーション研究の第一人者である一橋大学イノベーション研究センター教授の米倉誠一郎氏に聞いた(2013/7/31)

デルモデルの現場から学ぶグローバル戦術:
製品テストは100項目以上 システム化で品質管理を徹底する廈門工場
日本に出荷されるDellの製品は、どのような環境で製造されているのだろうか。生産拠点で目にした光景とは…。(2012/4/9)

デルモデルの現場から学ぶグローバル戦術:
世界最高峰のサプライチェーンを実践する中国
「デルモデル」の強さの源は現場にあり! Dellの日本市場に向けたほぼすべての製品を生産する中国・廈門のカスタマーセンターを訪問した。(2012/3/30)

変化し始めたデルモデル
BTOを特徴とするデルモデルだが、時代とともに方法も変化している。(2010/10/28)

情報システム用語事典:
CTO(しーてぃーおー)
configure to order / configuration to order / 受注仕様生産 / 注文仕様生産(2010/1/11)

e-Day:
デルのDNAが組み込まれた第11世代サーバ
デルが先陣を切ってNehalem EP(Xeon 5500番台)搭載サーバを発売したが、組み込まれたのはインテルの新しいプロセッサだけではない。「11G」サーバには、徹底した「標準化」というDNAがしっかりと組み込まれている。(2009/4/1)

ワークスAPの牧野CEOに聞く:
逆黒船――外資の独壇場に攻め込む
外資系のベンダーが強い日本のERP市場で、国産ベンダーの存在感が高まりつつある。ワークスアプリケーションズの牧野CEOに話を聞いた。(2008/7/23)

Dell生誕の地から:
ついにAlienwareが日本上陸!?――Dellが考えるコンシューマーPCとノートPC
米国と欧州の一部でのみ販売されていたゲーミングPC「Alienware」が、日本でも発売されるかもしれない。(2008/6/10)

Dell生誕の地から:
マイケル・デル氏がRound Rockで大いに語る
2007年2月にCEOとして復帰したDellの創業者であるマイケル・デル氏。本拠地のRound Rock 1の役員会議室で近況を語った。(2008/6/6)

Dellの次なる革新――Ubuntu Linuxプリインストール
苦境にあえぐDellの新たな改革の柱となるのは、Linuxへの対応と販売チャネルの拡大であるようだ。(2007/5/8)

バッテリー問題は影響なし:
「デル・モデルのコピーは難しい」――スティーブ・フェリス副社長に聞く
デルで日本/アジア太平洋地域を担当するスティーブ・フェリス副社長に、日本の現状や課題、今後の展望を聞いた。(2006/12/4)

Interview:
顧客満足度向上でシェアナンバーワンに挑むデルのメリット社長
デルのジム・メリット社長は6月20日、就任以来初となる記者会見に臨んだ。「日本のサーバ、ストレージ市場には大きな機会があり、ここを強化して成長したい」とするメリット社長に話を聞いた。(2006/6/21)

第9世代サーバでエンタープライズ市場を攻めるデル
デルは、さらなる成長に向け「顧客満足経験の向上」「エンタープライズ/サービス事業の拡大」「ハイエンド・コンシューマー市場の開拓」を掲げる。エンタープライズ市場に向けては、第9世代の新サーバを発表した。(2006/6/20)

「勝ち」を求め続けるDellの大改革
このところやや不調のDellだが、AMDプロセッサの採用、Googleソフトのバンドルで顧客の要望に応え、サポートを改善し、積極的な価格設定をすることで事態の好転を目指す。(2006/6/15)

「日本は重要な市場の1つ」――デル新社長ジム・メリット氏が就任
4月3日付けでデルの代表取締役社長に就任したジム・メリット氏が、東京都内で記者会見を行った。(2006/4/5)

脱Accessがテーマ――中堅・中小企業に売り込むデルとマイクロソフト
デルが「PowerEdge」シリーズにSQL Server 2005同梱モデルを新たに提供することを明らかにした。中堅・中小企業市場に訪れているリプレース需要を見込み、大手ベンダーが本格的な売り込みを始めようとしている。(2006/3/18)

情報マネジメント用語辞典:
マーケットイン(まーけっといん)
market-in、market-oriented(2005/2/4)

情報マネジメント用語辞典:
デル・モデル(でる・もでる)
デル・ダイレクト・モデル / Dell's direct model(2005/1/21)

SCMコンサルティングの現場から(7):
BTO生産方式によるメーカーとサプライヤの関係
パソコン生産・販売には、「デル・モデル」として有名なBTO(Built To Order)というやり方がある。今回はBTOモデルを取り上げてみる。(2005/1/20)

デルの真髄、サプライチェーンの考え方
デルは「“Enterprise”Dell Days」を開催した。(2004/9/7)

情報システム用語事典:
ビジネスモデル(びじねすもでる)
business model(2004/9/5)

“Enterprise”Dell Days開催、デルを成功へと導いたITシステム変革とは?
かつてはレガシー技術で構築されたDellのITシステムがどのように変革されたのか? 「“Enterprise”Dell Days」でデルの山田CIOは、デルモデルを支える同社のIT戦略を明かした。(2004/9/3)

Interview:
デルモデルを支えるIT、「経営との融合がカギ」と山田CIO
膨れ上がる運用保守コスト、セキュリティ、情報漏えい……、情報システム部門の責任者にとって悩みは尽きない中、デルの山田CIOは「経営との融合こそが、社内情報システム部門の存在意義」と話す。(2004/8/30)

Dellのロリンズ新CEO、「日本でシェア18−19%目指す」
米Dellのケビン・ロリンズCEOは、現在約12%の国内PC・サーバ市場のシェアを18−19%に伸ばすとの目標を上げた。最近参入した多機能ディスプレイやプリンタの事業は、好調に推移しているという。(2004/7/27)

デル参入は、プリンタ市場の転機を暗示するのか?
デルが日本でもプリンタ事業に参入したことは、各社が独自技術を駆使して高画質競争を繰り広げてきた日本のプリンタ市場に、転機が来たことを告げるサインかもしれない。(2004/6/11)

デルモデルは日本のプリンタ事情に通用するか
「価格競争力のあるプリンタを、今後発展する可能性のある市場に投入する」とシェア獲得の自信を見せるデルの浜田社長。アメリカでは開始12カ月で17%のシェアを獲得したとのことだが、特殊性のある日本のプリンタ市場で、デルはどのように戦っていくのだろうか。(2004/6/3)

e-Day:
うな重が好物というDellの新CEO
わずか3週間前、テキサス州オースチン郊外のDell本社を訪ねたばかりというのに、デル会長がCEO職をロリンズ社長兼COOに譲るというニュースが飛び込んできた。取材メモを引っ張り出し、今回の交代劇の「真相」に迫ってみよう。(2004/3/9)

2003年PC市場シェア、IDC調査ではデルがソニー抜き3位に
IDC Japanの調査によると、メーカー別シェアでデルがソニーを抜いて初めて3位に上昇。ソニーが利益を優先して製品ラインアップを絞り込み、出荷台数を大幅に減らした結果だ。(2004/2/25)

e-Day:
「標準化のS字曲線」はDellの金太郎飴
2月中旬、テキサス州オースチンの本社キャンパスを訪れ、Dell創業者のマイケル・デルをはじめ、多くの同社幹部に話を聞いたが、一貫していたのは、気持ちいいほどの「割り切り」だ。(2004/2/24)

2004 International CES
Intelの法則は家電の法則になるか?
デジタルAV家電に本格参入を始めたIntel。だがムーアの法則──PCの法則は家電でも通用するのだろうか? そう事情は簡単ではない。(2004/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。