ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国内線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国内線」に関する情報が集まったページです。

1カ月限定:
格安航空ピーチ、国内線全線「乗り放題パス」導入 地域経済の活性化が狙い
格安航空ピーチは、1カ月限定の国内線全線乗り放題パス「Peach ホーダイパス」を発売する。発売日は10月19日の正午で、乗り放題の対象期間は11月1〜30日。(2021/10/12)

JALはすでに廃止:
ANA、手荷物梱包用のビニール袋廃止へ 脱プラに向けた取り組み加速
ANAグループが空港で使用する手荷物梱包用のビニール袋の提供を10月31日で終了する。(2021/10/8)

マッチングアプリや風俗まで…“ワクチン特典”続々
 3日の新型コロナウイルスの新規感染者は国内で968人と約3カ月半ぶりに1000人を下回った。国民の約6割が2回接種を終えたワクチンが感染減に大きく貢献しているが、今後のリバウンドを防ぐにはさらなる接種の拡大が重要だ。航空会社やホテル、マッチングアプリから風俗店までさまざまな業種が特典を用意している。経済正常化の推進力となるか。(2021/10/4)

月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の地下鉄新路線(3):
「大江戸線」が東所沢まで伸びる? これは無理……かな?「京葉線の中央線方面延伸計画」
どこに、いつできるの?──。実はかなりたくさんある、東京圏の鉄道・地下鉄新路線計画。国交省交通政策審議会の答申や東京都鉄道新線建設等準備基金の対象路線から、ワクワクな新路線計画をひもといていきます。3回目です。(2021/10/3)

ANAのエコノミーシート生地がガジェットポーチに 張り替え用の生地をそのまま活用
これは欲しいかも……!(2021/9/14)

JAL、奄美・沖縄の「世界自然遺産登録記念」特別ラッピング機を運航 JAL機は9月7日から
JAL、J-AIR、JAC、それぞれの特別塗装機が飛びます。(2021/9/8)

ボーイングでもエアバスでもない! 関空から超レアな「ロシア製旅客機」に乗ってみた
「おそロシア」なことはあるかな……! わくわく。(2021/8/28)

屏風に描かれた武士たちが走りまわる 中部国際空港に設置されている映像アート「関ヶ原山水図屏風」がTwitterで話題に
関ヶ原の戦いがリアルに描かれた動く屏風。(2021/7/19)

「操作感は特段悪くない」「魔法みたい」 新大阪駅と博多駅の券売機に「タッチレスパネル」導入、9月まで実証実験
タッチ“レス”パネルって……どういうこと?(2021/7/6)

JAL、国内線利用者のPCR検査サポートサービスを拡充 「出発前」「帰着後」セットで可能に
旅客機移動するときは一緒に受けておくとあんしん。(2021/6/30)

エコノミークラスの座席生地で作ったPCケース ANAが初の製品化
ANA航空機のエコノミークラスシート用生地を使って作ったPCケースが登場した。(2021/6/22)

月刊乗り鉄話題(2021年6月版)リニア中央新幹線の「列車名」大予想(1):
何になるかな? リニア中央新幹線の「列車名」 新幹線の列車名・愛称のひみつを探る
「のぞみ」「ひかり」「こだま」「はやぶさ」「こまち」「さくら」「みずほ」などなど、新幹線の愛される列車名・愛称の由来とは……。(2021/6/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
九州新幹線西九州ルート、並行在来線問題の解決と「幅広い協議」の行方
佐賀県は、九州新幹線西九州ルートに関して開催された国土交通省鉄道局との「幅広い協議」で「フル規格にするなら3ルートを検討してほしい」と意見。その後、与党新幹線プロジェクトでの西九州ルートの検討委員会の報告、JR九州のコメントからは、フル規格の着工が予測されるが、現状、肝心の「建設の合意」ができていない。(2021/6/18)

搭乗ゲートまでスイスイ自動運転で 羽田空港の「WHILL自動運転システム」が国内線出発ゲート全域まで拡張、6月14日から
わぁぁこれいいかも。ゲートラウンジ、とても長ーいですからね。(2021/6/15)

JAL、羽田国内線で初、飛行機の「ショートプッシュバック」を導入 6月1日開始
ショートプッシュバックって……何?(2021/6/1)

空港勤務者をメインターゲットに:
「ファーストキャビン関西空港」の営業再開を発表、羽田空港でも
2020年4月に運営会社が自己破産した簡易宿泊施設「ファーストキャビン」の関西空港店が、5月11日に営業を再開する。(2021/5/9)

「触れるのは不安」の声:
手を触れずに出られる機内トイレのドア 5月1日からANA国内線に登場
ANAと航空機内装品メーカーのジャムコは、世界初となる「手を触れずに出られる機内トイレのドア」を共同開発したと発表した。5月1日から順次、ANA国内線機材に導入する。(2021/4/28)

三井住友カードとコンカー、データ連携機能を拡充 「経費精算の完全自動化」目指す
三井住友カードと経費管理クラウドサービスを提供するコンカーは、経費精算クラウドシステム「Concur Expense」へのデータ連携機能の拡充を発表した。2020年9月に発表した戦略的業務提携の第二弾であり、入力項目削減とチェック作業の効率化を実現する。(2021/4/28)

ANAも:
JAL、ラウンジでの酒類提供を一時中止 緊急事態宣言を受けての措置
日本航空が空港のラウンジでの酒類の提供を一時中止する(2021/4/28)

駅のホームから「時刻表」が消えた ……ネットにも困惑の声
「困惑している」「パッと調べられないのはやっぱり不便だと思う」といった声も。一体なぜ?【訂正】(2021/4/22)

6歳の少年が目指した「完乗」ドリーム 「こうして私は“全線完乗”した」 苦節50年、漢乗り鉄涙の記録
6歳の少年が目指し、50年かけてついに達成した鉄道旅客路線「完乗」。どんな思いでその夢を追い続け、そして到達したのでしょう。感動物語です。(2021/4/17)

ちょっとうれしい空の速達便 「プライオリティタグ」
急いでいる時に助かります。(2021/4/16)

クイック検査1800円:
羽田空港に「PCR検査センター」、15分で結果が分かる
日本空港ビルデングと木下グループは4月10日、羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルそれぞれに、常設の「新型コロナPCR検査センター 羽田空港店」を開業する。(2021/4/9)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

同じ路線なのに…… 行きと帰りでフライト時間が違うワケ
国内線でも行きと帰りで1時間以上違うことがあります。(2021/3/20)

JAL、国内航空券の期間限定タイムセールを開催 東京〜札幌5000円、東京〜沖縄6000円など
JALグループが国内運賃の割引セールを実施。販売期間は3月16日午前0時〜24日午後11時59分。(2021/3/15)

PR:全国から集まった「広島愛」ツイートがポスターに! 広島の観光業を応援する広告が胸にジーンとくる
広島を応援するみんなの声がポスターになって、県内各所に貼り出されます。(2021/3/15)

LCC「ピーチ」の航空券が片道999円に 就航9周年記念で全国32路線が対象
1路線あたり99席×32路線の合計3168席。(2021/3/2)

PR:旅行に備えてマイルをためたい! それなら普段のお買い物でも「JALカード」がおすすめ
(2021/2/24)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
大赤字のANA救済 JALとの統合は「最悪のシナリオ」
「JAL、ANA統合論」の行方は?(2020/12/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
感染者最多の米国に「海外出張」 空港で実感した水際対策の違いとビジネス渡航の現状
新型コロナの感染者が最も多い米国に出張した。現地の入国では、新型コロナに関して緩い対応。一方、日本入国の際は多くの書類を渡され、一時隔離されて検査を受けた。訪問先の国によって対応も異なる。十分な情報収集と細心の注意があれば、ビジネス渡航は可能だ。(2020/12/3)

交通政策白書2020を読み解く(前編):
日本の交通の動向と新型コロナウイルスが及ぼした影響
本稿では、交通政策白書2020の「要旨」を基に、第1部、第2部と順を追って内容を概観する。前編ではコロナウイルス感染症の影響も含めた、交通の動向について見ていきたい。(2020/11/16)

大型機を大幅削減へ:
「ビジネス需要は戻らない」 5100億円赤字見通しのANAホールディングス、コスト削減と新需要獲得へ
ANAホールディングスが発表した2021年3月期の連結業績予想は、過去最大の5100億円の最終赤字となる見通しだ。危機を乗り切るための事業構造改革では、機材の削減などによる大幅なコスト削減を図る。「強靭な企業グループに生まれ変わる」ための施策を急ぐ。(2020/10/27)

近距離モビリティ:
羽田空港で走行! 自動運転が可能な「WHILL」は移動手段になるのか
車いすでもバイクでもないパーソナルモビリティ「WHILL」に、注目が集まっている。今年6月、自動運転システムを搭載したタイプが羽田空港で実用化。また、世界各国の空港でも導入の検討が進んでいるというWHILLは、新時代の移動手段となりえるのか。(2020/10/15)

事業継続が困難:
エアアジア・ジャパン 12月5日で全路線廃止 日本撤退へ
エアアジア・ジャパンは10月5日、運航している4路線を全て廃止することを発表した。新型コロナウイルス終息の見通しが不透明な中、事業の継続は困難だと判断した。(2020/10/6)

空港係員がアバターに JALが「リモート案内」サービス
JALがアバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験をスタート。非接触・非対面でも高品質な接客を目指す。(2020/9/9)

リモートで:
非対面でも笑顔、羽田空港に“アバター案内人” JALとパナが実験
羽田空港で、JAL係員がリモートで案内する実験が始まる。ディスプレイ上のアバターを通して、搭乗客に出発ロビーなどを説明する。(2020/9/8)

長距離路線に挑む:
地方都市間の移動を拡大 ピーチ「札幌、仙台―沖縄線」を開設
ピーチ・アビエーションは、札幌(新千歳)、仙台ー沖縄(那覇)線の2路線を10月25日開設にすると発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響で減便が続く中、感染対策を講じた上で地方都市間の移動手段を増やし、新たな需要を狙う。(2020/9/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勝ち組は淡路島! 「Go To」を評価する沖縄と喜べない京都、観光地の本音とは
「Go Toトラベルキャンペーン」がスタートして1カ月が過ぎた。淡路島がにぎわう一方で、苦戦した地域も。キャンペーンの効果と観光地の本音を探る。(2020/9/1)

アメリカやユーロに比べて日本の経済がいい理由
国際収支統計について解説します。(2020/8/18)

月刊乗り鉄話題(2020年8月版):
飛行機、トロッコ、SLも!? 富士山から秘境駅まで「静岡名所」を巡る夢の乗り物コラボツアーが楽しすぎた
「日帰り」なのに超濃厚! FDA、富士山静岡空港、大井川鐵道がコラボすると、こんな楽しすぎる旅になりました。(2020/8/18)

売上高は78.1%減:
JALの1Q、最終赤字937億円 「極めて厳しい結果」 固定費900億円削減へ
日本航空(JAL)の2020年4〜6月の連結最終損益は、937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)に転落。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、旅客需要が激減する中で固定費の削減などを進めたが、減収を補えなかった。(2020/8/3)

22日から導入:
国内線で初! 唾液の新型コロナ検査、那覇空港
政府の観光支援事業「Go To トラベルキャンペーン」が始まることを受け、沖縄県は那覇空港で唾液による抗原検査を実施すると発表した。(2020/7/22)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「GoTo東京除外」でハシゴ外されたJAL、ANA 大手の破綻相次ぐ航空業界の悲鳴
世界で経営が行き詰まる航空会社が相次いでいる。欧州の「ルフトハンザ」や、「エールフランスKLM」はすでに政府が資本注入することで合意。「GoTo東京除外」でハシゴを外されたJAL、ANAは?(2020/7/22)

「ご当地キティ」がコンパクトなミニエコバッグに! “ご当地”のみでの販売です
北海道、浅草、横浜、箱根、東京、山口、大分の全7地域。(2020/7/17)

ダウンサイズ化は必至:
長期化するコロナショック レナウンの次に危ない有名企業とは?
新型コロナの影響はとどまらず、航空業界、観光業界を中心に甚大な影響を与え続けている。日本企業では、レナウンの破綻が話題となったが、経営に詳しい筆者の大関暁夫氏は、次に危ない企業として、2つの有名企業を挙げる。共通するのは、両社とも“時限爆弾”を抱える点だ(2020/7/3)

新世代の電動車いす「WHILL Model C」のシェアリング開始 神奈川県藤沢市で7月から
「移動が困難」が困難でなくなる時代、もうすぐきます。(2020/6/23)

マスク着用「必ず」空港や機内で ANAが利用客に呼びかけ、状況によっては「搭乗拒否」も示唆
感染症予防対策の一環として実施されます。(2020/5/21)

こ、これが猛者の世界か……! “国内線全線完乗”を目指す人向けのハンドブック「空旅18万キロ」発売
マイル修行にも対応、ディープなファンの世界へようこそ。(2020/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。