ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電動自転車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電動自転車」に関する情報が集まったページです。

太陽光:
太陽光100%でEVをシェアリング、可搬型バッテリーも活用する中国電力の新実証
中国電力が2022年4月から「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始。太陽光パネル搭載のカーポートを活用し、再生可能エネルギーのみでシェアリングEVを運用するという新たな取り組みだ。実証の背景や詳しい概要を取材した。(2022/5/19)

キター!! “Kawasaki”の電動3輪ビークル「ノスリス」ついに製品化決定 2023年春発売へ
クラファンで即完売したあの「カワサキ」の電動車だー。(2022/5/18)

富士経済が電池関連市場を調査:
LIBの世界市場、2025年には12兆3315億円規模へ
リチウムイオン二次電池(LIB)の世界市場規模は、xEV用の需要拡大などから、2021年見込みの10兆5126億円に対し、2025年は12兆3315億円規模に拡大する。富士経済が予測した。(2022/5/18)

プラマイデジタル:
レベル4の自動運転を実装するのに必要なものとは何か?
自動運転の運用を検証する実証実験が大阪で行われた。自動運転の1つの到達目標であるレベル4を見据えたものだ。(2022/5/6)

メカ設計メルマガ 編集後記:
電動キックボードに速さって必要? ※あくまでも個人的な考え
個人的には「電動アシスト自転車」よりも手軽で、もっと緩い感じの存在かなと。(2022/4/26)

3分インタビュー:
「カゴの大きさは盲点だった」 ドンキの電動自転車を変えた、お客の意外すぎる「ダメ出し」
ドン・キホーテが"カゴの大きい"電動アシスト自転車「EVA PLUS2」を発売した。なぜ「カゴの大きさ」にフォーカスしたのだろう。担当者に開発秘話を聞いた。(2022/4/29)

シェアサイクリング・ブギ:
どっちがお得? 早く会社に行けるのはどっち? シェアサイクルを乗り比べてみた
前回のドコモ・バイクシェアに加え、HELLO CYCLINGを使って17km弱の自転車通勤をしてみた。(2022/4/15)

シェアサイクリング・ブギ:
「練馬のものは練馬に」時代が終わった シェアサイクル通勤してみて分かったこと
東京都練馬区はドコモのシェアサイクルを採用している。しかし、区の外とはつながらない、閉じたシステムだった。それが4月1日に変わった。(2022/4/12)

電動アシスト自転車のバッテリーに発火のおそれ ヤマハ発動機とブリヂストン、無償交換へ
ヤマハ発動機は5日、電動アシスト自転車に採用していたリチウムイオンバッテリーの一部で内部から発火する可能性があり、無償交換を実施すると発表した。ブリヂストンサイクルの製品でも採用していた。(2022/4/6)

大拡充に期待! 「電動バイク」花盛り、モーターサイクルショー2022でもキラリと存在感
ちょい乗り街乗りから、スポーツ系、モンスターまで。ちょい乗り系は10万円台くらいで買える程度になると「おっ! これはどう?」ですよね!(2022/3/31)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
「人生100年時代」といわれ、元気に外出したいと考える高齢者が増える一方、市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。(2022/3/25)

安全システム:
二輪車にステアリングアシスト、ヤマハ発動機が全日本モトクロス選手権で投入
ヤマハ発動機は2022年3月24日、二輪車用のステアリングサポートシステム「Electric Power Steering(EPS)」を発表した。(2022/3/25)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。大阪南部地域では「スマートモビリティー」の導入を目指している。大阪府は25年の大阪・関西万博をにらみ、スマートモビリティーの取り組みを後押ししている。(2022/3/25)

オシャレ自転車スタイルの電動バイク「COSWHEEL MIRAI」発売 待望の原二モデルも登場
ちょい乗り街乗りによさそう〜。原二モデル待ってたという人も多そうですよ。(2022/3/16)

カッコイイ〜! パナソニックから「e-bike」の新ブランド「XEALT M5」登場
日本ユーザーの乗りやすさを意識した新ドライブユニット搭載です。(2022/3/14)

日清紡マイクロデバイス R5651シリーズ:
3〜5セルリチウムイオン電池向けの保護IC
日清紡マイクロデバイスは、3〜5セルリチウムイオン電池向けの保護IC「R5651」シリーズを発表した。電動工具、クリーナー、電動アシスト自転車、E-Bike、ドローン、蓄電池用のリチウムイオン電池に適する。(2022/3/14)

欲張りセットすぎるだろ! ボートとキャンピングカーを融合させた電気自転車「Z-Triton」爆誕 海外でじわりと話題に
価格は1万4500ユーロ(約185万円)です。(2022/3/2)

ホテル暮らしを叶える“ホーム・イン・ホテル”:
ホテルニューオータニ、6泊15万円からの「サービスアパートメント事業」本格始動
ホテルニューオータニ(東京)が長期滞在者向けの新サービス「ホテルニューオータニ サービスアパートメント」を開業する(2022/3/1)

ロボット開発ニュース:
検知範囲を7倍に、自動走行地図作成も可能なパナの業務用ロボット掃除機
パナソニックは2022年2月22日、同年3月から同社が量産化予定の業務用ロボット掃除機「RULO Pro MC-GRS2M」の説明会を開催した。センサーレーダーの検知範囲を拡大した他、自動走行地図作成機能を持たせた。(2022/2/24)

免許不要で、ヘルメット着用義務もなし? 電動キックボードの規制緩和に大きな疑問 多事走論 from Nom
法改正があるという電動キックボードの規制緩和。免許不要、メット不要、歩道なども通行可能になるようですが、釈然としないところも……。(2022/2/21)

製造マネジメントニュース:
低速自動運転を含む新規事業で2024年に売り上げ300億円、ヤマハ発動機の新中計
ヤマハ発動機は2022年2月10日、2022〜2024年の中期経営計画を発表した。(2022/2/15)

電動子乗せ自転車+駅すぐ駐輪場をセットに 子育て支援の自転車サブスク「CHARICO」、JR駅で展開 2022年4月から
おおー、電動アシスト自転車って買うと結構高いですからね。(2022/2/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「C+pod」で考える、超小型モビリティの仕様はどこで誤ったのか?
昨年末の記事で、トヨタの「C+pod」について、限り無く全否定に近い評価をした。試乗する前に開発者とも話しているので、当人の顔が思い浮かんで、非常に気は重かったが、とはいえ、読者に本当のことを伝えないなら原稿を書く意味がないので、そこはもう正直に忖度(そんたく)なく書かせてもらった。(2022/1/31)

EE Exclusive:
半導体業界 2022年の注目技術
本稿では、2022年に注目しておきたい半導体関連技術を取り上げる。(2022/1/31)

賃貸物件に「電アシ自転車込み」容易に パナソニックの「全部込み」物件に電動アシスト自転車シェア導入
買わずに済むのはいいなー。こんな物件、今後増えてきそうです。(2022/1/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自転車専門店「サイクルベースあさひ」が好調 “斜陽産業”のイメージ覆して急成長した理由
自転車専門店「サイクルベースあさひ」運営会社の業績が好調だ。斜陽産業と見られた自転車専門店で、異例の急成長を遂げているのはなぜか? 独自のビジネスモデルに迫る。(2022/1/19)

子どもが服を袖から脱ぐのはなぜ? その理由が分かった漫画に「あるある!」の声
なるほど、かわいい。(2022/1/7)

製品動向:
電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発、大林組と古河電工
大林組と古河電気工業は電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発した。今回の開発は電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを提供するLuupの協力を得て進めている。(2021/12/28)

これかっけぇ! バイクっぽい見た目の電アシ自転車「Oahus(オーハス)」登場
ヘッドライト、でけぇ〜!(2021/12/27)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

ヤマハ発動機の展望【後編】:
ヤマハ発動機・日高祥博社長に聞く「EVの先行き」 エンジンはなくならない
コロナ禍を追い風にして好業績を上げているヤマハ発動機。「電動アシスト自転車は欧州などからの注文が急増して生産が追い付かない状態」という日高祥博社長に、同社が得意とするパーソナルモビリティの展望やEV(電気自動車)の先行きなどを聞いた。(2021/12/16)

ヤマハ発動機の展望【前編】:
海外売上比率9割の衝撃 ヤマハ発動機・日高祥博社長が2年連続「DX銘柄」に押し上げた軌跡を追う
2輪、電動アシスト自転車、マリンといった事業まで幅広い分野を手掛けるヤマハ発動機。海外売上比率は約9割(89.6%)に上っており、まさに日本を代表するグローバルカンパニーだ。社内改革を進める日高祥博社長に今後の展望を聞いた。(2021/12/15)

MOSFETやIGBTを直接駆動:
新電元工業、ハイサイド/ローサイドドライバーIC
新電元工業は、耐圧622Vの素子を内蔵した2入力/2出力のハイサイドおよびローサイドドライバーIC「MCZ5606SC/MCZ5607SC」を発売した。(2021/12/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
全固体電池は、なにが次世代なのか? トヨタ、日産が賭ける巻き返し策
全固体電池とは、電解質を固形の物質とすることで、熱に強い特性を得ることができる電池のことだ。以前は理論上では考えられていただけであったが、固体電解質でリチウムが素早く移動できる物質が見つかったことで、開発は加速している。(2021/12/6)

急速に進むEV化:
ボッシュのクラウス・メーダー社長を直撃 ソフトウェアエンジニアを増やし「AIoT先進プロバイダー」へ
ドイツに本社のある世界的なテクノロジー企業であり、自動車部品サプライヤー大手のロバート・ボッシュの日本法人ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー社長にインタビューした。(2021/11/30)

産業動向:
Wi-Fi・机・ハンモックを設けた空間で渋谷を活性化、来街者の回遊性を高める実験
渋谷未来デザインは、日建設計と協業し、東京都渋谷区の地域活性化と混雑緩和を目的とした実証実験を2021年11月10〜13日に行った。(2021/11/29)

週末に「へえ」な話:
マンションに自転車店が駆けつけて、1日26万円も売れている理由
都市部のオフィスにキッチンカーが戻ってきた。カレーやハンバーなどを購入するためにビジネスパーソンが並んでいるわけだが、気になる店を見つけた。自転車の修理・点検である。移動営業をしてもうかっているのかどうか、気になったので担当者に話を聞いたところ……。(2021/11/27)

産業用ロボット:
ロボットの“腕”と“足”を強化、ASPINAがロボット向け薄型モーターを発売
ASPINA(シナノケンシ)は2021年11月9日、ロボティクス領域での製品展開拡充に向け、ロボット向けの薄型モーター2種類を開発し、同年11月中旬から販売受付を開始すると発表した。(2021/11/10)

工場ニュース:
電動アシスト自転車の生産能力を3割増強、パナソニック サイクルテックが柏原で
パナソニック サイクルテックは、大阪府柏原市にある柏原工場の生産体制強化に伴う設備投資を実施し、併せて環境負荷低減型設備の稼働を開始した。国内市場での電動アシスト自転車の需要増に対応する。(2021/11/2)

指紋認証ロック+“バッテリー目立たない”+20万円切り スマートなスポーツ電アシ自転車「WELB WL01」登場
「指紋認証」は便利そう〜!(2021/10/26)

コロナ禍で自転車が人気:
クラファン開始1時間で400万円獲得した「電動アシスト自転車」は何がすごいのか?
電動アシスト自転車がクラウドファンディング上にて開始1時間で400万円の資金を獲得した。コロナ禍で三密回避の乗り物として人気を集めているものの、なぜこんなに売れているのだろうか?(2021/10/25)

自動車業界の1週間を振り返る:
EVプラットフォームをホンハイから買うか、VWから買うか
1週間おつかれさまでした。寒くなってきましたね。これを書いている10月22日は、関東で12月並みの気温となりました。ついこの間まで、ちょっと汗ばむような気温だったはずなのに、一気に冬になったような気がします。暖かくしてお過ごしくださいね。(2021/10/23)

ヤマハ、電動アシスト自転車「PASシリーズ」2022年モデルを発表 安心子乗せ対応モデル、日常使い/通勤通学モデルを一新
安心チャイルドシート搭載仕様から通学仕様まで、ラインアップめっちゃ豊富です。(2021/10/22)

電動自転車をモバイルバッテリーで充電、ホンダが開発 シェアサイクルの充電不足解消に
ホンダは、シェアサイクル用電動アシスト自転車の充電に、モバイルバッテリーを使えるシステムを開発したと発表。車両本体の電源に加え、モバイルバッテリーを2つ目の電源として利用できる。(2021/10/22)

電動システム:
電動自転車の電池切れをモバイルバッテリーが助ける、ホンダが2電源システム
ホンダは2021年10月21日、シェアサイクルで使用する電動アシスト自転車向けに「2電源システム」を開発したと発表した。ユーザーが持ち歩いているモバイルバッテリーを自転車につなげることでバッテリー残量の減少を補う。2022年中にシェアサイクル事業者と共同で実証実験を行い、将来の事業化に向けて検討を進める。(2021/10/22)

CloseBox:
Apple Watch Series 7は自転車「サイコン」の代わりになる? 買って走って分かったこと
買って試さなければ分からないことはある。そのために60km走ってきた。(2021/10/16)

ママチャリ並みの軽さと装備の電動アシスト自転車、パナソニックが発売
パナソニック サイクルテックは、バスケットや荷台、両立スタンドを標準装備して重量19.9kgの電動アシスト自転車「ビビ・SL」を12月に発売する。12万5000円(税込)。(2021/10/5)

組み込み開発ニュース:
2031年のワイヤレス給電市場は1兆5496億円と予測、小型電子機器が中心
矢野経済研究所は、世界のワイヤレス給電市場に関する分野別動向と将来展望を発表した。世界市場は、事業者売上高ベースで、2021年は前年比111.5%の4301億円、2031年は1兆5496億円に達すると予測している。(2021/10/4)

STORYCA(ストリカ):
アルパイン アウトドア用品をセットにしたカーシェアサービス開始
アルパインマーケティングは、車両と道具・装備をパッケージにした新しいカーシェアリング事業「STORYCA(ストリカ)」を9月15日に開始した。(2021/9/29)

石野純也のMobile Eye:
大幅リニューアルした「povo2.0」のインパクト 楽天モバイルにも影響あり?
auのオンライン専用ブランド「povo」が、その内容を大幅に変え、「povo2.0」に生まれ変わる。使いたいときだけ必要なデータ容量をトッピングする仕組みは定着するのか。povo2.0の料金の仕組みを解説しながら、KDDIの狙いや業界に与えたインパクトを読み解いていきたい。(2021/9/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。