ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「縁結び」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「縁結び」に関する情報が集まったページです。

「流れ星」瀧上の元妻・小林礼奈が“離婚式”ショット公開 「どうか、、どうか縁が切れますよう」
小林さん「良縁に恵まれ、再婚できますように!」(2020/10/13)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
190カ国で3億4000万ダウンロード Tinderが仕掛けるウィズコロナ時代のマッチングビジネス
コロナ禍の中でオンラインによるコミュニケーションに商機を見いだているソーシャル系マッチングアプリ 「Tinder」。190カ国、40言語に対応し、世界での総ダウンロード数は3億4000万回にのぼる。コロナ前に比べてTinder内でのメッセージ量は世界中で平均20%増加し、メッセージのやりとりが続く時間も25%延びたという。同社のキーマンに戦略を聞いた。(2020/10/6)

鳥取県とのコラボの本気具合が異常 「宇崎ちゃんは遊びたい!」10話、鳥取は恋人の聖地だらけ
君たちカップルにしか見えないね!(2020/9/13)

「もうその通りです」 小島瑠璃子、三村マサカズの質問攻めに交際認める
ラジオ番組で明かしました。(2020/8/8)

「ポプテピは声優界の仲人」 アニメ「ポプテピピック」、出演声優の結婚ラッシュで再び脚光を浴びる
“ポプテ婚”というパワーワード。(2020/7/8)

PR:鳥取市に移住した外国人「トットリー氏」によるキャンペーンサイト公開! “住みたい田舎総合2位”鳥取市は本当に住みやすいのか聞いた
“住みたい田舎”上位常連の実力とやら、見せてもらおうか……!(2020/2/28)

孤独は「人生を豊か」にするのか?:
「おひとり様」礼賛ビジネスの巧妙な罠――“幻想の安心”を買った先の破滅とは
隆盛極める「おひとり様」向けビジネス。しかし筆者は自己啓発的な危うさをそこに指摘。「本来望まぬ孤独」への不安を無かったことにしていいのか?(2020/2/26)

婚活アプリの国内市場規模、5年後は1000億円超に 「社会的な理解が進んでいる」
サイバーエージェント子会社のマッチングエージェントが婚活・恋活マッチングサービス(婚活アプリ)の国内市場規模の予測を発表。2020年の市場規模は620億円に伸びる見通しで、25年には1060億円に達するという。(2020/1/27)

トリップアドバイザー「日本人に人気の神社仏閣2019」 1位は4年連続で「伊勢神宮」
初詣の参考にしたい。(2019/12/18)

電車が結婚して子どもが生まれた!? 南海電鉄「めでたいでんしゃ」のキュンキュン恋物語
もう何てほんわかカワイイ電車なのでしょう。加太さかな線「めでたいでんしゃ」に乗ってきました。【写真たっぷり59枚】(2019/8/9)

中条あやみがアニメCMの声優に 本人役“あやみ”の声を担当
どんな演技を見せてくれるのでしょうか。(2019/6/13)

ハクのおにぎりが食べられる! 「鈴木敏夫とジブリ展」で神田明神とコラボしたスペシャルメニュー&授与品が登場
元気が出るまじないもちゃんとかかっています!(2019/4/3)

「Tinder」は4位:
「婚活・恋活アプリ」の市場シェア、1位は……
若者を中心に広がりつつある恋愛マッチングアプリだが、現時点での国内のアプリ内課金額はどの程度で、最もシェアが高いサービスはどれなのか。韓国IGAWorksが調査結果を発表。エウレカが運営する「Pairs」は売上高44.1億円、シェア26.2%で2位だった。1位は……?(2019/3/25)

遊び目的は許さない 婚活アプリの“不正行動”検知にAI活用 リクルートテクノロジーズ
リクルートテクノロジーズが、婚活アプリ・サービスの「ゼクシィ縁結び」で不正な行動を検知するシステムを開発したと発表した。異常検知フィルターとAI(人工知能)を活用した。(2019/3/12)

恋愛×IT:
1000万人が利用する恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」、AIが良縁を創出する仕組みとは?
マーケティングも恋愛も肝心なのはマッチングの精度。勘と経験と運頼みでなく良縁を創出する恋愛・婚活マッチングサービスの裏側を探る。(2019/2/15)

SHISEIDO「ピコ」の第2弾が登場 「縁結び」テーマのかわいい16色
リップグロスとネイルエナメルの計16アイテムが登場。(2019/1/31)

かわいいものおまとめ(2019年新春):
こんなにかわいいお守りがあるのか! 運気もテンションも上がりそうな新春&和のかわいいものおまとめ
上野東照宮 ユニコお守り/成田山 圓能寺 たくさんのえんお守り/下鴨神社 媛守/着物レンタル さわだ屋/和コスメ kyo・miori/テキスタイルブランド kichijitsu……を紹介!(2019/1/3)

「銀座のど真ん中に異世界への扉があった」 自動ドアをくぐると変貌する世界にワクワクが止まらない
こんなところに「クーロンズ・ゲート」が……!(2018/12/7)

“5円チョコ”こと「ごえんがあるよ」は、なぜ30年以上も売り続けられるのか? 会長が明かす「儲からないんだけど……」
なくなったらさみしい。(2018/10/28)

八ッ場ダム建設で消えゆく長野原町の景色、動画やフリー素材としてネットに残す取り組み
ジモフルとぱくたそと、同町の役場が協力。(2018/10/9)

トルネードな尻尾だニャ ツイストパンみたいに尻尾を絡ませる猫ちゃんたちが仲良しでかわいい
どうなってるニャ。(2018/9/28)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(終):
いかにデータ基盤を活用するか? 組織全体でデータドリブン文化を作り上げるためのスモールステップ
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。最終回は、「データ活用文化を、どのように組織に装着するか」についてお伝えします。(2018/9/20)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(3):
どのようにデータ基盤を作ったのか?「俺の考えた最強のデータ基盤」は使われない
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。今回は、「データ基盤」の開発プロセスについてお伝えします。(2018/8/8)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(2):
どのようなデータ基盤を作ったのか? データ収集/蓄積/加工/活用、パイプライン管理の設計
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。今回は、データ基盤システムの構成要素や採用技術の選定理由などをお伝えします。(2018/6/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR西日本「山陰キャンペーン」で知る、JRグループの課題
JR西日本は近畿圏の強い輸送需要を抱える半面、沿線人口が減り赤字傾向の山陰地方のてこ入れが課題となっている。7月から始まる「山陰デスティネーションキャンペーン」が大きなチャンスだ。(2018/6/1)

2位は「ゼクシィ縁結び」運営元:
サービス業の「従業員満足度」ランキング、1位は……?
接客に携わるサービス業の中で、従業員の満足度が高い企業は?――Vorkers調べ。(2018/5/30)

実際、どこまで進んでいるのか?:
“デジタルトランスフォーメーションのいま”がざっくりと分かる記事7選
いま、社会はITの力を使ってイノベーションを加速しようする「デジタルトランスフォーメーション」の動きが活発化しています。では、実際にどのような動きがあるのか、これからどういう方向に進んでいくのか――。本稿では、@ITで掲載した記事の中から“ITのいま”がざっくりと分かる記事7本をご紹介します。(2018/5/1)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(1):
なぜデータ基盤を作ったのか?「ゼクシィ縁結び・恋結び」で必要になった理由
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。初回は、サービスの概要とデータ基盤が必要になった理由について。(2018/4/24)

太陽光:
ゴルフ場9ホールがメガソーラーに、3930世帯分を発電
オリックス・ゴルフ・マネジメントが、運営する島根県出雲市のゴルフ場敷地にメガソーラーを建設。年間予想発電量は一般家庭の約3930世帯分の年間電力消費量に相当する約1418万kWh(キロワット時)を見込む。(2018/1/19)

PR:2018年は「お見せ合い婚」が増える? 今どきの“ネット婚活”事情とは
(2018/1/23)

「V6」岡田准一の結婚報道 ネットでは「櫻井翔縁結び神社説」再び
さらに神格化するアイドル、櫻井翔さん。(2017/12/23)

「恋愛成就だってー!!」 小林麻耶、 “縁結びパン”でプライベート充実を願う
ステキなご縁がありますように。(2017/11/7)

レイザーラモンRG、iPhone X発売記念でジョブズのモノマネを披露 ファン「このネタ一生できるやん(笑)」
見慣れてても笑う。(2017/11/6)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
神話の地から最先端の発信を――ITしまね開業支援事業(島根県)
「次世代の地方創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを地方の地域性を交えながら紹介する連載がスタート。第1回は島根県が推進する「ITしまね開業支援事業」をお届けする。(2017/10/27)

「吉田ジャスティス・リーグ」バト田とスパ田、死霊人形と世にも奇妙なコラボをしてしまう
鷹の爪団と死霊人形アナベル。われわれは恐ろしいものをくっつけてしまった……。(2017/10/12)

麹町OLの週末ビジネス探検:
神社もIT化? 貴船神社の“QRコード”おみくじ
京都の観光名所・貴船神社が進化を遂げている。伝統あるおみくじ「水占(みずうら)みくじ」が、なんとQRコードを活用して多言語対応。経緯と効果を担当者に聞いてみた。(2017/10/7)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
婚活業界の常識を覆し、マッチングサービスを世の中の当たり前にする!「ゼクシィなび」が挑戦する婚活事業の全貌
業界の常識を覆す取り組みによって「恥ずかしい」「怪しい」「高い」という従来のイメージを変え、新たな層のユーザーを獲得した。急成長を支える取組みについて、代表取締役社長の貝瀬雄一氏に話を聞いた。(2017/10/4)

また公式を巻き込んだのか…… 細川たかしのモノマネで話題のレイザーラモンRG、ついに本人の新曲MVに出演してしまう
細川さんサイドの方が乗り気。(2017/6/27)

離婚はつらいが金になる 結婚・婚約指輪の買取専門店が“離婚届買取りセンター”を開設
離婚届を1枚3000円で買い取り。(2017/5/1)

PR:ユーザー急増中!? 結婚した“12人に1人”が「マッチングサービス」経由 その理由は
(2017/3/14)

※食べられます 縁結びの聖地・出雲発、勾玉そっくりのチョコレート
8種類のフレーバーは、それぞれの色にちなんだ天然石とご縁が!(2017/1/23)

PR:いまどきは「アプリで出逢う」も当たり前!? 最近流行りの「マッチングサービス」事情とは
(2016/12/16)

宮地真緒「ウチの妹が可愛すぎる件」 妹との京都旅行の写真を公開し、シスコンっぷりを見せつける
そっくり仲良し美人姉妹。(2016/11/28)

LINEスタンプを作ったのが縁で結婚 しかも23歳差! 不思議ななれ初めをインタビューしてみた
埼玉県深谷市のゆるキャラ「ふっかちゃん」のLINEクリエイターズスタンプを作ったことから出会いが――珍しい結婚のケースを取材しました。(2016/11/20)

上野樹里や榮倉奈々の結婚で「松本潤縁結び神社説」が話題に 櫻井翔もブッキー結婚で伝説更新!
次は有村架純か?(2016/8/9)

「こち亀」7m超の絵巻物を神田明神に永年奉納へ 担当「歴史的事業であり、歴史的事件」
連載40周年を迎える「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。作中に頻出していた神田明神に、秋本治さん描き下ろしの絵巻物を神宝として奉納することに。(2016/6/27)

あれも大根、これも大根、大根だらけの「大根づくし縁結び定食」とは?
デザートも大根で作られています。(2016/6/13)

群馬県、アニメで婚活後押し 縁結びネットワーク紹介アニメ「婚活スイッチ」公開
スゴ腕世話人ハルさんの正体が気になって仕方がない。(2016/5/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車の車内販売を終わらせてはいけない理由
鳥取県の若桜鉄道で2016年5月から車内販売が始まった。山陰地方で唯一の車内販売だという。全国的に車内販売は縮小傾向にある中で、地方のローカル線やJR東日本の首都圏のグリーン車で車内販売を実施している。車内販売の廃止と開始、その違いは付帯サービスか付加価値か、という考え方の違いでもある。(2016/5/20)

Meet Recruit:
【だから、私はきょうも働く】〜身近な人に紹介してもらうように、婚活をもっとオープンにしたい!〜
リクルートマーケティングパートナーズの松倉愛さんに『ゼクシィ縁結び』のネットサービスについて話を聞く。より気軽で自由な婚活を目指すという。(2016/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。