ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FeliCaポケット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FeliCaポケット」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
「情報銀行」認定の第1弾、2社のサービスに決定
三井住友信託銀行の「『データ信託』サービス」(仮称)とフェリカポケットマーケティングの「地域振興プラットフォーム」(仮称)が、「情報銀行」認定を受けた。「情報銀行」認定の第1弾となる。(2019/7/16)

初の「情報銀行」認定 三井住友信託銀行など2社
日本IT団体連盟は三井住友信託銀行とフェリカポケットマーケティングに対して「情報銀行サービス」が開始可能な状態であると認定したと発表した。(2019/6/26)

「かざす」だけでビットコイン決済 FeliCa対応カードで実現へ
ビットコインなどの仮想通貨と、非接触ICカード技術「FeliCa」を連携させた決済手法を、フェリカポケットマーケティングが開発した。(2017/6/20)

かざすだけでビットコイン決済ができるFeliCa連携の決済手法を開発
フェリカポケットマーケティングは、仮想通貨とFeliCa技術を連携した決済手法の開発を発表した。(2017/6/20)

JR東日本の「Suica」のペンギンの向きが変更されてるって知ってた? ペンギンの向き=機能の違い
知らなかった。(2014/6/30)

FeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY」
大日本印刷は、腕時計などを製造販売する和工と共同で、電子マネー決済などが行えるFeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY(リスニー)」を製品化。2011年12月には、和工から電子マネーEdyを搭載した製品が発売される予定だという。(2011/9/28)

あらゆるシーンで電子マネー決済が容易に:
FeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY」を製品化、DNPと和工
大日本印刷は、腕時計などを製造販売する和工と共同で、電子マネー決済などが行えるFeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY(リスニー)」を製品化。2011年12月には、和工から電子マネーEdyを搭載した製品が発売される予定だという。(2011/9/28)

スーパーにデジタルサイネージ、MediaFLOで地域情報配信――島根ユビキタス特区プロジェクト
スーパーに設置された大型デジタルサイネージで地域情報を配信、フェリカポケットとの連動やモバイルサイトへの誘導も検証――。島根ユビキタス特区で実証実験が始まった。(2010/1/20)

神尾寿の時事日想・特別編:
地域みんなで使えるICカード「めぐりん」の挑戦
高松市からスタートし、四国全体への展開も狙う地域ICカード「めぐりん」。その展開の拠点となっているのが大規模ショッピングセンターのイオンだ。(2009/9/4)

神尾寿の時事日想・特別編:
香川大学はなぜIruCaを導入したのか――IC利用率78%「IruCa」の今(後編)
香川大学では2008年から、高松琴平電気鉄道(ことでん)の交通ICカード「IruCa」を内蔵した学生証を導入している。導入の狙いを聞くとともに、学生たちの利用状況についてレポートする。(2009/7/15)

神尾寿の時事日想・特別編:
交通を軸に「地域のカード」へ――IC利用率78%のIruCaの今(前編)
78%という驚異的な利用率を誇る交通ICカード、高松琴平電気鉄道のIruCa(イルカ)。2009年時点で発売枚数は約15万枚となっているが、どのように普及し、そしてこれからどのようなことを目指しているのだろうか。高松琴平電気鉄道の岡内清弘氏に話を聞いた。(2009/6/22)

神尾寿の時事日想・特別編:
行政と連携した交通ICを目指す――福岡市交通局の「はやかけん」
全国の地方都市の中でも、交通ICが集中している福岡県。nimoca、SUGOCAに続き、福岡第3の交通ICカード「はやかけん」はどのように展開していくのか。福岡市交通局の「はやかけん」についてレポートする。(2009/4/15)

神尾寿の時事日想:
“電子マネーの向こう”にあったものとは?――IC CARD WORLD 2009を振り返る
3月3日から6日まで開かれた「IC CARD WORLD 2009」。FeliCaやおサイフケータイに関する展示会としては最大のものだが、今年はいくつか、これまでとは異なる目立った動きがあった。本記事では、IC CARD WORLD 2009のハイライトを振り返る。(2009/3/17)

IC CARD WORLD 2009:
「めぐりん」カードで町おこし――フェリカポケット
フェリカポケットマーケティングのブースには、4月から香川で導入される「めぐりん」サービスや「YOKOSO!Japan」端末、またペットボトルの自動回収機などが展示されている。(2009/3/4)

神尾寿の時事日想:
ソニー「FeliCa Plug」「FeliCa Lite」が目指すもの
ソニーが発表した「FeliCa Plug」と「FeliCa Lite」は、高機能カード+おサイフケータイという従来のFeliCaラインアップの隙間を埋める製品だ。低コストな新しいFeliCaは、活用範囲を広げる“起爆剤”になるのではないか、筆者がそう考える理由は……?(2008/12/17)

月額3980円×20でFeliCaサービスを――フェリカポケットマーケティング
FeliCaを使ったサービスを展開しようとすると、問題になるのが初期開発費用の高さと難しさ。フェリカポケットマーケティングでは、初期開発費不要・月額固定料金でFeliCaサービスを始められるソリューションを提供する。(2008/10/6)

9月6日〜9月12日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
スマートフォン関連のトピックが目白押しとなった先週。イー・モバイルがHTC製の「Touch Diamond」、KDDIが同じくHTC製の「E30HT」を発売すると発表した。AppleはiPhone 3Gファームウェア「2.1」を公開。TCAとケータイキャリア5社は、18歳未満のフィルタリングについて、ブラックリスト方式を原則適用すると発表した。(2008/9/16)

神尾寿のMobile+Views:
日本初、屋外向けMediaFLO+FeliCaの実証実験──島根ユビキタスプロジェクト開始
島根大学周辺のユビキタス特区で9月11日、「島根ユビキタスプロジェクト」がスタートした。産学公民で連携し、MediaFLOやFeliCaを使ったさまざまなサービス実験やビジネスモデル実験が行われる。(2008/9/12)

神尾寿の時事日想・特別編:
病院もホスピタリティの時代――日本初、電子カルテ連動のFeliCa診察券
電子カルテに連動する、FeliCa診察券を導入したクリニックが登場した。医療現場の安全性や効率性、そして顧客の満足度を高めるための診察券とはどのようなものなのだろうか?(2008/7/30)

2008年度版「FeliCaの基礎知識」――(2)非接触ICカード編
PASMO、TOICA、nimocaといったIC乗車券の登場や、Edyやnanacoなどの電子マネーをコンビニが積極的に導入したことにより、FeliCaカードを“かざす”場所は急速に増えた。またtaspoや運転免許証など、FeliCa以外のICチップを搭載したカードの普及も進んでいる。ここではFeliCaの話題を中心に、非接触ICカードに関する最新のトピックスを整理する。(2008/7/24)

サンリオピューロランドで「FeliCaポケット」を利用した実証実験
(2008/7/7)

外国人旅行者をFeliCaでサポート――YOKOSO! Japan Card
日本を訪れる外国人観光客は、今や年間830万人。ケガや旅行をしたとき、乗り物の乗り方など、日本語が分からないと困ることも多い。個人旅行客の利便性を向上させ、日本の観光戦略の立案に役立つデータを取ろう――そんな実証実験が7月からスタートする。(2008/5/21)

神尾寿の時事日想:
2008年のFeliCaのトレンドとは――IC CARD WORLD 2008を振り返る
FeliCaやICタグへの関心が高まる中、「IC CARD WORLD 2008」が4日間で16万5000人の来場者を集めて閉幕した。イベントで感じたのは、昨年普及が進んだ結果、FeliCaソリューションのトレンドが変わりつつある、という流れだ。(2008/3/12)

渡嘉敷島、地域限定電子マネー「とかしきチェック」を導入
沖縄県渡嘉敷島で、FeliCaポケットを使った地域限定電子マネー「とかしきチェック」がスタートする。(2008/2/5)

神尾寿の時事日想・特別編:
米国進出の第1歩――FeliCaハワイプロジェクトとは
電子マネーやIC乗車券として、日本ではすっかりおなじみになったFeliCa。香港、インドなどを除いて、海外展開はまだ始まったばかりだが、ソニーは欧米でのFeliCa普及を目指している。米国上陸の第1歩として、ハワイで行っている取り組みについて聞いた。(2007/12/5)

神尾寿の時事日想・特別編:
個人旅行の時代に携帯&FeliCaをどう活用するか――函館まちナビプロジェクト
団体旅行から個人旅行の時代へ――消費者のニーズが変わる中、今後の観光業界に必要なのは顧客の動態情報を把握し、戦略を立てることではないだろうか。函館でFeliCaと携帯を組み合わせた観光サービスを提供する「函館オンパク」に携わったメンバーに話を聞いた。(2007/11/29)

「FeliCaポケット」に本腰 ソニー、三井物産ら5社で合弁会社
FeliCaによる会員サービスを容易に導入できる「FeliCaポケット」を軸に、飲食店などのマーケティングを支援する新会社を、ソニーやぐるなび、三井物産など5社が合弁で設立する。(2007/11/29)

“ポイントサービス&FeliCa”最新マーケティングを紹介するセミナー――10月25日開催
アークブレインは「ポイント&FeliCaで『売り方』が変わる! マーケティング新時代の最新事情」と題したセミナーを開催。各社のキーパーソンが登場し、nanaco、Suica、FeliCaポケットなど最新のポイントシステムについて語る。(2007/10/9)

神尾寿の時事日想・特別編:
おサイフケータイで観光振興――「まつやまインフォメーション」
取材のために訪れた松山市内で、ちょっと変わった物体を見かけた。緑色のポストのようなそれにはFeliCaリーダー/ライターが付いており、おサイフケータイを利用して観光情報を配信するという。(2007/9/12)

クルマと電車・バスをFeliCaがつなぐ:
「タイムズ」に停めてPiTaPaで地下鉄に乗ると割引――大阪で実証実験
パーク24が運営する時間貸駐車場「タイムズ」と、大阪市交通局が発行する非接触IC乗車券「OSAKA PiTaPa」を使った“パーク&ライド”の実証実験が始まった。クルマと公共交通の連携にFeliCaを使おうという、新しい試みだ。(2007/7/3)

神尾寿の時事日想:
幸福のICカード“FeliCa”のこれから
SuicaやPASMO、ICOCAといった交通乗車券、Edyやnanacoなどの電子マネーとしてすっかりおなじみになった非接触ICカード「FeliCa」。誕生から10年あまりが経ったFeliCaは今後どのような方向を目指すのか? ソニーでFeliCa事業を統括する、納村哲二氏に聞いていく。(2007/6/15)

今さら聞けない、おサイフケータイの基礎知識(後編)
おサイフケータイを使うにあたり、最も気になるポイントは、「自分の携帯で使いたいサービスが利用できるのか」「どんなサービスがあるのか」という2点。ここでは現在利用できるおサイフケータイ対応サービスについて紹介していく。また記事の最後に対応状況やサービス概要をまとめた表も添付した。(2007/4/5)

IC CARD WORLD 2007:
“安価なおサイフケータイ対応サービス”を可能にするソリューション
おサイフケータイを使ったクーポンや会員証などのシステムを構築したいと考える店舗にとって、導入時のコストの高さやシステム構築の難しさ、導入期間の長さは悩みの種だ。ここでは安価かつ短期間で容易に導入できるおサイフケータイ向けソリューションを3種類紹介する。(2007/3/12)

宮崎県で「フェリカポケット」を利用した地域経済振興プロジェクトを実施──KDDIなど
(2007/1/29)

フェリカネットワークス、既存の会員証をおサイフケータイ化できるサービス「イスタンティーノ」を提供
フェリカネットワークスは、会員証システムをおサイフケータイ対応にするサービス「イスタンティーノ」を提供する。すでに磁気カードなどの会員証システムを導入している一般店舗であれば、比較的容易に導入できる。(2007/1/29)

2005年の携帯業界を振り返る(3):
「おサイフケータイ」「iチャネル」「トルカ」普及の条件
2005年の携帯業界を振り返る年末対談企画、第3回のテーマは「サービス」。おサイフケータイ、iチャネル、トルカなど、'05年に注目を集めたサービスにフォーカスした。(2005/12/29)

EdyやSuicaでスタンプラリー〜IC CARD WORLD 2005
東京ビッグサイトで行われているIC CARD WORLD 2005では、EdyやSuicaを利用した、これから登場予定のサービスをいち早く体験できる。(2005/3/2)

大日本印刷、携帯に会員サービス機能を追加する「モバイルビューロ」
携帯に、クレジットカードや社員証などの機能を追加するためのトータルサービスを提供。ソニーが春からサービスを開始する「FeliCaポケット」にも採用されている。(2005/1/14)

町のお店にも簡単にポイントカードを〜「FeliCaポケット」
小型のリーダー/ライターを購入するだけで、簡易にポイントカードやプリペイド電子マネーシステムを導入できるサービスが登場。端末は5万円からと安価で、おサイフケータイにも対応する。(2004/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。