ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「八百長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「八百長」に関する情報が集まったページです。

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(17):
「岡山県」「福岡県」「福島県」を漢字1字でどう表す? ―― 都道府県名を1文字にコード化せよ(その2)
今回は、「都道府県名の1文字でのコード化」を取り上げます。「岡山県」「福岡県」「福島県」はどう略すかは簡単ではありません。(2019/6/18)

松井珠理奈たちに天海祐希はだまされた? 木9「緊急取調室」2話の女流棋士犯罪の結末を深読みする
松井珠理奈にこの役って意味深。(2019/4/25)

スピン経済の歩き方:
「外国人は来るな!」と叫ぶ人たちが、移民政策に沈黙しているワケ
いよいよ日本が、世界有数の「移民大国」へと生まれ変わる。普段、「外国人は来るな」と叫ぶ人たちは、なぜこの法案に沈黙しているのか。その背景には、「恐怖」が関係していて……。(2018/11/27)

相撲女子を首ったけに:
「諦めなければ夢はかなう」 豊ノ島との友情が生んだ相撲雑誌
相撲雑誌「TSUNA」が人気だ。編集長は友人の豊ノ島の雄姿に突き動かされ創刊を決めた。独学で「相撲トリビア」を詰め込んだ入門誌を発行し続けた。(2018/11/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか
元横綱・日馬富士の傷害事件に関連して、横綱・白鵬に対するバッシングが止まらない。「大横綱」として持ち上げられていたときにも、白鵬の言動や品格について横審から異論が出たことはあったはず。それなのになぜ野放しにしてきたのか。(2017/12/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界から見た大相撲問題の本当の「異常さ」
大相撲の暴行事件騒動が、まだくすぶっている。この問題、相撲に詳しくない外国人からはどのように映っているのか。カナダ人ジャーナリストに聞いたところ、相撲界の異常が浮き彫りに……。(2017/12/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
貴乃花の1人クーデターによって、“パンドラの箱”は開くのか
大相撲の横綱日馬富士が引退届を提出した。貴ノ岩に対する暴行問題の責任を取る形で引退を表明したわけだが、貴ノ岩の師匠である貴乃花の行動は吉と出るのかそれとも……。(2017/11/30)

『あしたのジョー』原案のテレビアニメ「メガロボクス」が2018年春に放送決定!
まだ真っ白に燃え尽きてなかった!(2017/10/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない
大相撲秋場所の熱戦が連日、両国国技館で続いている。ただ、幕内力士がこれだけ不在となると、どうしても盛り上がりに欠けてしまう。なぜ、力士が次々に欠場するのかというと……。(2017/9/15)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ひょっとしたら、白鵬は「悪役」を演じているのかもしれない
大相撲夏場所で、横綱白鵬が優勝した。最近は稀勢の里に人気が集中し、脇役になりつつあったが、さすがの強さを見せつけた。勝っても負けても、世間から批判の目を向けられる白鵬は、ひょっとしたら「悪役」を演じているのかもしれない。(2017/6/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
見出しに「モンゴルへ帰れ!」 いかがなものか
大相撲春場所は新横綱・稀勢の里が逆転優勝した。2場所連続優勝を成し遂げた稀勢の里に拍手を送りたいが、素直に喜べないことがあった。それは「稀勢の里が善」で、優勝を逃した「照ノ富士が悪」であったことだ。どいうことかというと……。(2017/3/31)

「規制が遅かった」は結果論:
谷川連盟会長は、クビをかけて将棋を守った
「プロ棋士対コンピュータ」は、見せ物にすぎない。「規制が遅かった」も、部外者による結果論である。(2017/1/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本よりも先に、中国がサッカーW杯で優勝する(かも)
中国企業が欧州サッカー界に惜しみなく投資している。日本代表の長友佑都が所属するインテルを買収したほか、本田圭佑が活躍するACミランも、中国企業が買収するのではないかとうわさされている。巨額の資金を投じることで、中国サッカーのレベルは向上する!?(2016/6/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賭博問題からどう這い上がるのか 地に堕ちた読売巨人軍
2015年10月に発覚した巨人所属選手による野球賭博問題。3選手が野球賭博に関与していたとしてNPBから無期失格の処分が下され、巨人からも契約を解除されていた。今回、新たにもう1人の選手が問題にかかわっていたことが明らかになった。(2016/3/9)

「シリアスとジョークは両立する」――猫画像から政治家インタビューまで 「BuzzFeed Japan」創刊
米国発のバイラルメディアの日本版「BuzzFeed Japan」が創刊した。「シリアスからジョークまで」をうたい、シェアされやすいスマホ・ソーシャル時代に合った記事を幅広く展開していく。(2016/1/20)

「大相撲 超会議場所」今年も 「攻めれば届く」──力士も楽しむネットの祭典に乗り込む意気込み、尾車親方に聞く
「ニコニコ超会議2015」で昨年に続き「大相撲 超会議場所」が開催される。普段の客層と異なる“ネットの祭典”に乗り込む意義を日本相撲協会に聞いた。(2015/2/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
横綱・白鵬は本当にヒールなのか “第二の朝青龍”にしてはいけない
横綱・白鵬の発言が世間をにぎわせている。初場所の優勝後に審判部を批判したことで、各メディアは猛バッシングを開始。審判批判を口にしたのは大きな問題だが、横綱は叩かれ過ぎではないだろうか。(2015/2/19)

日本サッカー協会、アギーレ監督との契約を解除
後任についてはまだ発表されていません。(2015/2/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
サッカー・アギーレ監督を解任すれば、どんな“二次災害”が待っているのか
サッカー日本代表を率いるアギーレ監督の八百長疑惑で、日本サッカー協会が揺れている。「早く解任したほうがいいよ」という声も多いが、筆者の臼北氏は「解任することで、JFAは“二次災害”に巻き込まれるだろう」と見ている。二次災害とは一体……。(2015/1/22)

窪田順生の時事日想:
「オリンピックとIRで日韓共同観光マーケティング」という人が出てくるワケ
韓国の仁川で行われたアジア大会が閉幕したが、不正疑惑などが相次ぎ後味の悪い大会だった。2018年には、仁川にほど近い平昌で冬季オリンピックが開催されるが、本当に大丈夫なのか。韓国側は「日本を利用して……」と考えているかもしれない。(2014/10/14)

将棋電王戦、「やねうら王」修正前バージョンで対局 ドワンゴ「運営の判断ミス」と全面謝罪
将棋電王戦に出場するソフト「やねうら王」の対局直前のアップデート問題で、実際の対局では旧バージョンで使用することに決まった。ドワンゴは修正を認めたことを「運営の判断ミス」と謝罪。(2014/3/19)

電王戦第2局「やねうら王」は旧バージョンで ドワンゴ川上会長「誤った判断だった」と特例撤回
ドワンゴ川上会長、「やねうら王」開発者磯崎さん、将棋連盟片上理事のコメントと、経緯をまとめました。(2014/3/19)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
年収二極化、体罰問題、就職難――2013年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
2013年ももう終わり。東京オリンピック開催決定、半沢直樹、PC遠隔操作事件などさまざまな話題がありましたが、Business Media 誠で最も反響があった記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2013/12/26)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(後編):
なぜ審判に大金を払うのか――サッカー界の裏事情を分析してみた
ICPO(国際刑事警察機構)主催の会議で、サッカー界における八百長の防止対策が議論されました。不正の多くは審判の買収により行われているようです。今回は、なぜ大金を払ってまで審判を買収するのか、またその対応策を考えてみましょう。(2013/7/29)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(前編):
なぜサッカーで八百長が起きるのか――不正のメカニズム
先日、ICPO(国際刑事警察機構)主催の、とある会議が開催されました。議題は「サッカー界における八百長の防止対策」。八百長といえば、少し前に日本でも大相撲が話題になりましたが、どうやらサッカー界のそれは大相撲の比ではないようです。(2013/7/26)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜ日本のプロレスはつまらなくなったのか?
再び、全日本プロレスが分裂した。きっかけは新たに就任したオーナーによる「ヤラセ」発言だった。プロレス業界は離れてしまったファンを取り戻すために、何をすべきなのか?(2013/7/25)

伊吹太歩の世界の歩き方:
サッカー八百長の魔の手、日本代表試合にも伸びていた!?
680以上のサッカーの試合で八百長が行われているとユーロポールが発表した。黒幕として中国系シンガポール人が浮上する。別の仕掛け人は日本代表戦で八百長を行ったと告白する。(2013/2/14)

伊吹太歩の世界の歩き方:
イタリアでパーティ大好き元首相が復活か? 繰り返されるおバカ発言
日本では自民党の安倍総裁が首相に復活した。一方、イタリアでもあのお騒がせ元首相が政権復帰に動いている。あのシルビオ・ベルルスコーニ元首相だ。(2012/12/27)

本当の「お金持ち」に共通する3つの思考
お金持ちたちがしている考え方「金持ち思考」とは? お金持ちに共通する考え方を紹介した本の中から3つの特徴を紹介。(2012/12/25)

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:
大相撲の八百長問題、スポーツを守るためにすべきこと
一部で大相撲の八百長問題を擁護するような意見がありますが、私は、大相撲は日本の伝統文化であると同時にスポーツであると考えています。ほかのスポーツ競技と同様に、さまざまなルール作りを徹底すべきだと思います。(2011/3/24)

「今こそやらなくては」 大相撲高田川部屋、Ust配信の舞台裏 ぶつかり稽古にちゃんこ鍋も
大相撲高田川部屋のUstream配信は「今だからこそやらなくては」という後援会の後押しで実現した。大きな音が響き渡るぶつかり稽古に、よだれが出そうなちゃんこ鍋――配信の舞台裏に迫る。(2011/2/22)

誠 Weekly Access Top10(2011年2月5日〜2月11日):
マンガで分かる新サービス「まとめ読み!誠 PDF」
Business Media 誠では、この2月から「まとめ読み!誠 PDF」という新サービスを始めました。過去の人気記事をPDF化して読めるというサービス。ぜひご利用ください!(2011/2/18)

実践! Rで学ぶ統計解析の基礎(8):
大相撲のアノーマリー (2)
大相撲の勝敗結果を分析すると、ちょっとした不自然さが見つかります。前回に引き続き、ネット上のデータを利用して解析を試みます。八百長疑惑に揺れる角界ですが、その真相は?(2011/2/17)

まとめ読み!誠 PDF:
相撲に八百長はあったのだ! 戦う『週刊現代』の元編集長
相撲界が“八百長問題”に揺れている。『週刊現代』は2007年、この疑惑を報道したことで、裁判に巻き込まれてしまう。その当時の思いなどを、元編集長が語った。(2011/2/16)

まとめ読み!誠 PDF:
週刊誌が衰退した理由
景気低迷などの影響を受け、雑誌の売り上げが伸び悩んでいる。厳しい状況を打破するために開かれた“週刊誌サミット”。各誌の編集長の前で、田原総一朗氏と佐野眞一氏はどんなことを語ったのだろうか。(2011/2/15)

ねとらぼ:
「声援が何よりの支え」――大相撲高田川部屋、朝稽古をUstream Twitterも開始
大相撲高田川部屋が2月12日に朝稽古をUstream配信する。角界が八百長問題で揺れるなか、稽古に励む力士の様子をライブで伝える。(2011/2/8)

日々是遊戯:
300秒で振り返る2010年のゲーム業界ニュース【上半期編】
2010年も残すところあと4日! というわけで2回に分けて2010年の出来事を月ごとにゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2010/12/28)

実践! Rで学ぶ統計解析の基礎(7):
大相撲のアノーマリー (1)
大相撲の勝敗結果を分析すると、ちょっとした不自然さが見つかります。今回は、ベストセラーとなった書籍「ヤバい経済学」でも紹介されていた論文を元ネタにネット上のデータを利用して解析を試みます。(2010/12/7)

Weekly Access Top10:
応援、ありがとうございました
ヒビコレちゃんが、みんなの力をちょっとずつ得て、まさかの逆転勝利を収めました。なにかたいへんなことをしてしまったんじゃなかと、出来心にびびってます。(2010/6/2)

日々是遊戯:
「韓国e-sports史上最大のスキャンダル」と言われたプロゲーマー八百長騒動、その後どうなった?
韓国で人気のRTS「Starcraft」のプロリーグで起こった八百長騒動。その後の操作で、なんと11人ものプロゲーマーが摘発される事態になったそう。(2010/5/24)

日々是遊戯:
イギリスのブックメーカーサイト「Paddy Power」が、「スパIV」の試合結果を賭けの対象に
おそらく世界初だと思いますが、イギリスで「スーパーストリートファイターIV」を使った賭が行われ話題となっています。あなたはゲームが賭けの対象になることについて、どう思いますか?(2010/5/11)

Weekly Access Top10:
ヒビコレちゃんがやってきた
エイプリルフールのネタだったはずですが……。(2010/4/30)

Weekly Access Top10:
縁の下の力持ち
こういう記事が注目を集めるのはうれしい限りです。(2010/4/21)

日々是遊戯:
韓国プロゲーマー界に八百長疑惑が浮上! e-Sports史上最悪のスキャンダルとの見方も
オンラインゲーム大国として知られ、多くのプロゲーマーリーグを擁する韓国。その韓国で現在、大規模な八百長疑惑が持ち上がっています。(2010/4/15)

吉田典史の時事日想:
メダリストの昇格人事は“八百長”なのか? いや、そうではない考え方
男子スピードスケートでメダルを獲得した長島圭一郎選手と加藤条治選手が、勤務先での日本電産サンキョーで「昇進」した。いわゆる“ごほうび”をいただいた格好だが、こうした人事制度は「正解」と言えるのだろうか。(2010/3/5)

どうなる? 紙メディア:
なぜ総合週刊誌は凋落したのか? 出版社を取り巻く3つの課題
「電車の中で、週刊誌を読んでいる人が少なくなったなあ」と感じている人も多いのでは。なぜ人は政治家や芸能人のスキャンダル記事を読まなくなったのだろうか。『週刊現代』などで編集長を務めた、元木昌彦氏が出版界の現状などについて語った。(2009/10/28)

“週刊誌サミット”番外編・元木昌彦氏に聞く:
週刊誌ジャーナリズムの役割とは? 裁判員制度との関係(前編)
苦境に立たされている出版業界だが、中でも週刊誌の部数の落ち込みが激しい。週刊誌ジャーナリズムを取り巻く環境について、元『週刊現代』編集長を務めた元木氏は、どのように見ているのか? 話を聞いた。(2009/6/16)

集中連載・週刊誌サミット:
朝日を襲撃した実行犯、相撲の八百長……。それでも週刊誌が売れなかったワケ
「スクープは編集者が決めるものではない。読者が決めるもの」というのは、『週刊ポスト』の海老原元編集長。かつてアニータのヌードであれば「絶対に売れる」と判断したが、それは編集者の独りよがりだったようだ。(2009/5/28)

集中連載・週刊誌サミット:
裁判だけではない……写真週刊誌を追い込む脅威とは?
1980年代に世間をにぎわせた写真週刊誌。大手出版社が相次いで写真週刊誌に参入したが、現在では『フライデー』と『フラッシュ』しか残っていない。厳しい状況が続いている中、今年の2月に就任した『フラッシュ』の青木編集長が心境などを語った。(2009/5/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。