ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Ghost Recon」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ghost Recon」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

第3世代Ryzenの最上位モデル:
ついに発売! 16コア32スレッド「Ryzen 9 3950X」の使い所を考える
間もなくAMDからRyzen 9 3950Xが販売開始される。メインストリーム向けのソケットに対応する製品でありながら、16コアというこれまで上位プラットフォームでしか利用できなかったコア数を手に入れられる製品だ。第3世代Ryzen発表時から予告されていたが、ようやく発売される。メインストリーム向け初となる、16コアCPUのパフォーマンスを調べてみよう。(2019/11/29)

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、11月19日に22タイトルでスタート
Googleが11月19日に14カ国で提供を開始するゲームストリーミングサービス「Stadia」の立ち上げ段階のゲームラインアップ22本を発表した。年内にあと4本追加になる見込みだ。(2019/11/19)

スペックにだまされてはダメ:
NVIDIAの新たなミドルレンジ「GeForce GTX 1660 SUPER」を試す
NVIDIAは、Turing世代のRT/Tensorコア非搭載GPU、GeForce GTXのラインアップとして、新たに「GeForce GTX 1660 SUPER」および「GeForce GTX 1650 SUPER」を追加した。今回は、10月29日に販売開始されるGeForce GTX 1660 SUPERを検証してみよう。(2019/10/29)

AMD、製品購入で最新ゲームがもらえるキャンペーンを実施中 12月31日まで
AMDは、同社製CPUまたはグラフィックスカード製品購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始した。(2019/10/25)

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、日本を除く14カ国で11月開始 月額9.99ドル 無料プランは2020年から
米Googleがゲームストリーミングサービス「Stadia」の詳細を明らかにした。残念ながら日本でのサービス提供は未定。(2019/6/7)

NVIDIAから“Tiなし”の「GeForce GTX 1660」 3万円台前後のTuringがようやく登場
手ごろな価格帯のTuring世代GPU「GeForce GTX 1660」の性能を検証。(2019/3/15)

VEGAの血を受け継ぐスペックモンスター「Radeon VII」を試す
最先端の7nmプロセスに4チップのHBM2による16GB容量&1TB/sなグラフィックスメモリと、スペックはRadeonシリーズのフラグシップ。その実力は?(2019/2/28)

3万円台で登場したTuring 「GeForce GTX 1660 Ti」の実力は?
これが僕らの求めるメインストリーム。GeForce GTX 1660 Tiの性能をベンチマークテストで確かめた。(2019/2/28)

144Hz駆動の17.3型パネルと狭額縁でゲームに没入! 「NEXTGEAR-NOTE i7920PA1」の性能を確かめる
ゲーミングブランド「G-Tune」にスリムベゼルのゲーミングノートPCが登場。Gaming Modeで性能アップも。(2019/1/31)

GeForce RTX 2060の性能は? ベンチマークテストで徹底検証
2018年はTuringコアがメインストリームにやってくる! 第4の「RTX」として登場したGeForce RTX 2060の性能をチェックする。(2019/1/7)

Core i9-9900K&GeForce RTX 2080 Tiを搭載 G-Tuneの最新フラグシップをぶん回す
ゲーミングPCブランド「G-Tune」の最上位に君臨する「MASTERPIECE」シリーズの中でも、今回取り上げるプラチナモデルカスタムモデル「i1640PA2-SP2」は、Core i9-9900KとGeForce RTX 2080 Tiを搭載する、フラグシップの名にふさわしい製品だ。(2018/12/27)

PR:冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!
冬休みは最新ゲームタイトルをとことん楽しみたい! でもゲーミングPCは高価だし……そんな人にオススメなのが「G-Tune」。幅広いラインアップやBTOメニューで自分にぴったりの製品を選べるだけでなく、ゲーマーのニーズを追求したデザインや抜群のコストパフォーマンスが見どころだ。性能と価格のバランスがいい鉄板構成を紹介する。(2018/12/7)

24コアと12コア、買うならどちら? 第2世代「Ryzen Threadripper」性能比較
第2世代Ryzen Threadripperにラインアップされている「2970WX」と「2920X」の性能をベンチマークテストで確かめる。24コアと12コア、どちらを選べばいいのかな?(2018/11/21)

GeForce RTX 2070は誰のためのグラフィックスカードか
4K高画質のゲームプレイを目指したくても今はグラフィックスカードが高い。ならばWQHDの高画質で時が満ちるのを待つ、という選択もあるはずだ。ベンチマークテストで性能を比較。(2018/11/17)

ゲーミングノートを下克上!? 6コアCPU&GTX 1060を搭載した「m-Book T510SN-M2SH2」のコスパがすごい
ゆとりある15.6型ボディーに高性能CPUと外部GPUを搭載する「m-Book T」シリーズが第8世代Coreを搭載してリフレッシュ。6コア・12スレッドの処理性能と、高いグラフィックス性能を備え、抜群のコストパフォーマンスを実現している。(2018/10/24)

ついに来た次世代GPU! 「GeForce RTX 2080 Ti」「同2080」の性能を確かめる
新機能は期待できるがコスパは悪い? 「GeForce RTX 2080 Ti」および「GeForce RTX 2080 」の性能をベンチマークテストで明らかにしていこう。(2018/9/20)

新生「NEXTGEAR」はPCゲーマーの理想か? ダブル水冷プラチナモデルを徹底レビュー
G-TuneブランドのミドルタワーPC「NEXTGEAR」シリーズが、ゲーマーの声を反映した新デザインのケースにリニューアル。最高峰のW水冷モデルを徹底検証。(2018/8/29)

第2世代Ryzenの省電力モデルと「StoreMI」を試してみる
「StoreMI」は意外と速くて導入も簡単だった。(2018/6/21)

PR:第2世代Ryzen搭載のゲーミングPCは性能よしコスパよし! 「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」をぶん回す
「G-Tune」に登場した第2世代Ryzen搭載モデルは、高いゲーミング性能を手の届きやすい価格で実現したバランスの良さが光る。ベンチマークテストでその実力を明らかにしていこう。(2018/5/25)

オランダ賭博当局がルートボックスの一部を賭博法違反と認定 提供アイテムの市場価値を認める
対象タイトルが6月20日までにルートボックスの仕様を修正しなかった場合、罰金もしくはオランダ国内での販売停止処分が下される可能性がある。(2018/4/21)

“地味子”じゃなかった第2世代Ryzen ベンチマークテストで徹底検証
第2世代のRyzen 7 2700XとRyzen 5 2600Xをベンチマークテストで評価する。(2018/4/20)

PR:第8世代CoreとGTX 1070 Tiのデュアル水冷で冷却性能と静音性を両立 「G-Master Hydro Z370」を徹底検証
簡易水冷も自作PCではポピュラーな存在になってきた。とはいえ、主にCPU用がほとんど。CPUとGPU、ともに簡易水冷でケース内部の温度を極力上昇させないPCというのは夢のある話だ。(2018/3/14)

究極のゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71130」 税込み75万円超えの“全部入り”で「G-Tune」の本気を試す
デスクトップ版CPUにハイエンドGPUのSLIを搭載したハイエンドゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71130」の実力は? ……ACアダプタでけぇ!(2018/3/4)

「Raven Ridge」の実力は? Core i5と徹底比較
AMDのRyzenがデスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」と「Ryzen 3 2200G」は、Ryzenによって従来から大幅に引き上げられたCPU性能と、Radeon VEGA世代のGPU性能によって、IntelのメインストリームCPUに対抗していく製品だ。(2018/2/16)

メインストリームに6コアの選択肢:
CPU性能もゲーム性能もアップ!! Coffee Lake-Sの第8世代Core i7/5を検証する
Core i7-8700KとCore i5-8400のサンプルを入手。ベンチマークテストでその実力を確かめる。(2017/10/6)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

Core Xの性能は? Core i9-7900XとCore i7-7740Xを比較する
(2017/7/19)

「Steamサマーセール」がスタート! 7月5日まで、「Dark Souls III」60%オフ、「NieR: Automata」30%オフなど
今年も来ました!(2017/6/23)

「ペルソナ5」が海外のJRPGシーンに新たな歴史を刻む。Metascoreが「FF9」に並ぶJRPG史上最高評価に
4月4日に欧州・北米向けに発売された『ペルソナ5』が絶好調!(2017/4/11)

MSI、“砂漠迷彩”デザインのGTX 1050 Ti搭載ゲーミングノート「GE62 Camo Squad」――NTT-Xストア限定販売
エムエスアイコンピュータージャパンは、カモフラージュ柄デザイン筐体を採用した15.6型ゲーミングノートPC「GE62 7RE-635JP」を発表した。(2017/3/7)

ボリビア政府がフランス大使館に抗議 麻薬カルテルがボリビアを支配しているとする「ゴーストリコン ワイルドランズ」の表現巡り
発売前に修正することは難しいだろう。(2017/3/6)

週間ゲームソフト販売ランキング:
3DSタイトル好調、ただしトップはあのDSタイトル
7月2日から7月8日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/7/12)

マッドキャッツ、“ゴーストリコン”推奨の7.1chサラウンド対応ヘッドセット
マッドキャッツは、「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」推奨モデルとなるゲーミングヘッドセットを発売する。(2012/6/15)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その42):
E3 2011に行ってきた(後編)――復習してみるソニー&任天堂
くねくねハニィの「最近どうよ?」第42回目、先日の「E3 2011に行ってきた(後編)」を前置きもなく書いてしまおうかなと。長いけど、よろしこ。(2011/6/29)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その41):
E3 2011に行ってきた(前編)――復習してみるマイクロソフト
6月第2週に米国ロサンゼルスLAコンベンションセンターで行われた世界最大のゲームビジネスショー「E3 2011」に行ってきた! 新ハードとそれに伴うタイトルの発表ラッシュを総括してみますのでよろしこ。(2011/6/28)

Nintendo's E3 Media Presentation:
「Wii U」ついに公開 ゼルダの調べにのせて
「ゼルダの伝説」のオーケストラ演奏で幕が開いた任天堂のメディアカンファレンスは、次世代家庭用ゲーム機「Wii U」の発表で最高潮を迎えた。(2011/6/8)

Wiiの後継機「Wii U」を公開――すべてのゲームプレイヤーに向けて
任天堂はE3のプレスカンファレンスにおいて、Wiiの後継機「Wii U(ユー)」を正式に発表した。発売は2012年末を目指す。(2011/6/8)

Xbox 360 E311 Media Briefing:
「Halo 4」が来る! MSはKinect推しなメディアカンファレンス
6月6日(日本時間で6月7日)、MicrosoftはXbox 360の今後を紹介するメディアブリーフィングを開催し、Kinect重視の姿勢をより強調してみせた。(2011/6/7)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その39):
2010年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
くねくねハニィが年末にドカンとお送りする「2010年Top10ニュースランキング!」。ええ、ハニィの独断と偏見ですが、何か? 1年を振り返って今年をしみじみと振り返りたい方必見。来年もよろしく特集ってことでよろしこ。(2010/12/29)

ニンテンドー3DS向けタイトルを各社が続々発表
9月29日のニンテンドー3DS発売日決定を受け、サードパーティ各社からも3DS向けタイトルが続々と発表されている。そこで、29日の「任天堂カンファレンス2010」で発表されたものとあわせ、現在までに届いた発売情報をスクリーンショットでまとめてみた。(2010/9/30)

Nintendo Conference 2010:
体験することでその価値を知る――任天堂カンファレンスで語られたこと
「持ち歩く、響き合う、毎日が新しい。」をコンセプトにしたニンテンドー3DSの発売日と価格が任天堂のカンファレンスで発表された。そのカンファレンスで何が語られたのか。(2010/9/29)

ユービーアイソフト「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」トレーラー公開
見たこともないハイテク兵器を使い、あっという間に勝負が決まってしまうこのトレーラー。むちゃくちゃリアルです。(2010/6/22)

新米兵士のためのFPS・TPS上達マニュアル:
戦場で生き延びるために――「コールオブデューティ4」編
日本でもさまざまなタイトルが発売されるようになってきたFPSやTPS。1人プレイではヒーローになれるけれど、オンラインではただの的……。そんな状況から抜け出したい! というあなたへ贈る、FPS・TPS未経験者、初心者のための上達マニュアル、連載スタート。(2008/6/12)

“アメリカ陸軍公式”──あの「America's Army」がケータイゲームに
(2007/11/30)

古田雄介のアキバPickUP!:
アキバに大物パーツが続々登場、ただし「11月は“顔見せ”ということで」
「Core 2 Extreme QX9650」や「RADEON HD 3800」シリーズ搭載カードなど、次世代を担う主要パーツが立て続けに登場しているが、在庫が潤沢にそろうのは年末になりそうだ。(2007/11/17)

未公開タイトルを含め40タイトルのPS3ソフトをプレイアブル出展――SCE
(2007/9/4)

PLAYSTATION PREMIERE 2007(パート1):
ソフト重視路線の原点回帰へ――「PLAYSTATION PREMIERE 2007」前編
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、7月17日に開催した「PLAYSTATION PREMIERE 2007」において、新型PSP対応のワンセグチューナーを発表。さらにソフト重視の路線を打ち出した。いろいろ隠し玉も。(2007/7/18)

「ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2」の体験会が秋葉原で開催
(2007/7/5)

FPS「Ghost Recon」最新作、日本語マニュアル付きで発売
(2007/6/18)

初回特典にXbox LIVE 48時間――「ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2」
(2007/5/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。