ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Trends」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Trends」に関する情報が集まったページです。

台湾チア界の至宝チュンチュン、2022年も変わらぬ人気とパフォーマンスで魅了
ずっと一線級ですごい。(2022/7/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホの特徴的なカラバリがモデルチェンジで消滅してしまう裏事情
iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットにおけるカラーバリエーションは、モデルチェンジの度にリセットされ、全く新しいカラーが投入されることがしばしばある。この理由の一端とみられるのが、色調合の難しさだ。(2022/7/27)

「猫の理解度高すぎ」 迷い猫になって街を探索するゲーム「Stray」が話題 開発スタッフ数は猫>人間
7月19日に発売したアドベンチャーゲーム「Stray」が「猫の理解度高すぎ」「プレイしていると猫の気持ちが分かる」と話題に。「Googleトレンド」によれば「Stray」という語は19日だけで5万回以上検索されたという。(2022/7/20)

経済面でも存在感:
数字で見る“大谷翔平効果” きょうMLBオールスターに「1番・DH」で先発出場
ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手がMLBオールスターゲームに「1番・指名打者(DH)」で先発出場する。21年以来2年連続の出場。投打で全米から注目を集める大谷選手にまつわる数字を、経済の視点などから各所の発表を基にまとめた。(2022/7/20)

サードパーティーの気象データは事業をどう変えるか 国内事例5選
ウェザーニューズは気象情報を軸に、地震や台風から桜の開花や花粉など季節に関する情報に至るまで、独自のデータを基にしたきめ細かな情報提供を強みとする。近年は企業ITの変革に、このデータを生かす取り組みも増えている。サードパーティーの気象データを獲得することで事業運営はどう変わるだろうか。(2022/7/19)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(4):
株価データベースを「Docker」で作ってみる
今回は、株価情報のデータベースを「Docker」で作ってみます。長いエンジニア生活で私が学んだこと――。それは、「自力で作らなかったものは、結局、自分の”モノ”にはならない」ということです。だからこそ、やってみるのです。(2022/6/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気のPCアクセサリーが「そっくり製品」に駆逐される悲しい事情
PCアクセサリーの業界では、先行して発売されヒットしたアクセサリーの「そっくり製品」が、しばらくして別のメーカーから登場することがある。買う側にとってはどちらが先に発売されたかは問題ではないので、結果的に後発の製品が市場を席巻してしまうこともよくある。そんな「そっくり製品」が生まれ続ける事情を探る。(2022/6/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
周辺機器に付属のケーブルやポーチが低品質になる裏事情 原価はなんとゼロ円?
マウスだと持ち歩き用のポーチ、周辺機器だとケーブルといった具合に、製品を買うとついてくる付属品は、メーカーにとっては原価がゼロ円であることが多い。多少なりともコストがかかっていてもおかしくないはずなのに、なぜそうなるのだろうか。(2022/6/3)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の近くに別の量販店がオープン おトクな商品を見つけてゲットするには?
地元密着の家電量販店の隣に、いきなり別系列の家電量販店がオープンすることがある。同じ商圏にあるライバル店舗の成功は自店舗の死につながるため両社の火花関係はバチバチで、巻き込まれるメーカーの営業マンはたまったものではない。彼らはどのように中立関係を保ちつつ商材を提供していくのだろうか。(2022/5/19)

めちゃくちゃファンじゃん! 大谷選手、対戦球団のマスコットから大人気で2ショット披露
レンジャーズ・キャプテン「大谷あなたはすごい」(2022/5/18)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
NFT人気は一過性? なぜか関心が急下降している件
デジタル資産に唯一性を保証するNFT(非代替性トークン)に注目が集まっています。しかし、検索トレンドの推移を見てみると、意外な傾向が……。(2022/3/28)

AutoML OSS入門(終):
最も人気なAutoML OSSは? 注目のAutoMLクラウドサービスも紹介
AutoML OSSを紹介する本連載最終回は連載内で紹介したOSSの比較と、これまでに紹介できなかった幾つかのOSSやAutoMLクラウドサービスを概説します。(2022/3/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
よく見ると実物と製品写真のサイズが違う? 「優良誤認」が疑われる画像にだまされないために
製品を本物以上によく思わせようとする製品画像の加工は、海外メーカーで見られることがある。これらは優良誤認ではないのか、またユーザーとしてだまされないようにするには、どうすればいいだろうか。(2022/3/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
たった半年で株価が半額……TikTok攻勢にFacebookはついに“オワコン”か?
FacebookやInstagramなどのSNSを運営するメタ・プラットフォームズ(FB)の株価がほぼ半減している。VRやメタバースに積極進出する覚悟を、社名を変えることで示したかたちとなるが、「もう1つの世界を作る」ことは容易い道のりではなかったようだ。(2022/2/18)

営業視点のカスタマーサクセス【第2回】:
日本のカスタマーサクセスが世界に後れを取る2つの理由
日本のカスタマーサクセスは米国と比べて3〜5年の後れを取っているとされる。「おもてなし」の文化を持つ日本人はカスタマーサクセスの重要性を肌で理解しているはずだ。それなのに具体的な取り組みが進まないのはなぜか。(2022/2/14)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2022年のSEOに求められるのは「客観性」と「公平性」、そして「多様性」
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。今回は「2022年のSEO」をテーマにお届けします。(2022/2/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
お買得品ゲットのために知っておきたい PC周辺機器「2種類の値下げ」を見分ける方法
あるPC周辺機器が大幅値下げになった場合、慌てて飛び付いてもいいものだろうか。というのも、こうした突発的な値下げには、飛び付いてよい値下げと、しばらく待ってじっくり見極めるべき値下げの2種類があるからだ。その見分け方とは?(2022/1/28)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2022年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「どちらを使うべきか」について筆者なりの考察を加える。(2022/1/17)

「鬼滅の刃」がGoogle検索ランキングに入らなかった理由
Google Japanが「2021年Google検索ランキング」を発表した。しかし「鬼滅の刃」は「映画」カテゴリーにすらランクインしていない。なぜか。(2021/12/8)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットショップのセールに潜む「ニセ特価品」という闇 高い割引率を装う手口とは
ネットショップの特価セールは、家電量販店のチラシセールと違ってメーカーの意図が強く反映されており、必ずしもお得でないこともある。また海外業者の中には、実際には安くなっていない品を、さもセールに合わせて値下げしたように見せかけて売っている場合もある。今回はこうした裏事情をみていこう。(2021/11/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
iPhoneのTouch IDはなぜ復活しないのか メーカー事情から考える
iPhoneの新製品に「Touch IDの復活」を望む声は少なくない。特に昨今のコロナ禍ではそれが顕著だったわけだが、2021年のiPhone 13シリーズに搭載されることはなかった。その理由をメーカー側の視点に加えて、同社が置かれた状況から客観的に考察する。(2021/11/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ワークマンの再来か? キャンプ用品の雄「スノーピーク」が来店減でも大幅増収・増益を達成できた理由
業界で密かに「ネクスト・ワークマン」とささやかれているのが、スノーピークである。同社はビギナー層からベテラン層まで幅広いキャンプファンから支持を集め、アジア圏やキャンプの本場でもある米国でも勢力を拡大している企業でもある。(2021/11/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
100円ショップで売られているPCやスマホのアクセサリー 安全性はどうなのか
100円ショップでPCやスマホのアクセサリーが販売されることが増えている。専業メーカーが製造し、家電量販店やネットショップに卸しているアクセサリーと比べて安価だが、安全性や品質についてはどうなのだろうか。(2021/10/31)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
新作iPhoneがもうバズらなくなっている話
待ちに待った新作の登場? 歴代iPhoneの検索における関心度を振り返ってみましょう。(2021/10/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器メーカーの社員は中古品に手を出さない? その理由とは
いったんユーザーが使った製品は、外観からは見抜けない不具合や劣化を抱えがちだ。こうした事情を知っているPC周辺機器メーカーの社員は、中古品には手を出そうとしない。具体的にどのような問題があるのだろうか。(2021/9/28)

インタラクティブなランキングを表示できる:
IEEEがプログラミング言語の各種ランキングを発表、上位に並んだのは?
IEEEはプログラミング言語の年次ランキングの最新版「Top Programming Languages 2021」を公開した。インタラクティブなアプリケーションとして公開されており、言語の分野を絞り込んだり、独自の重み付けに合わせたカスタムランキングを作成したりできる。(2021/9/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーカタログに突如現れる「他社製品」の謎 あえて取り扱いをアピールする理由
PC周辺機器メーカーのカタログやWebサイトを見ていると、そのメーカーのブランドではない他社の取り扱い製品が掲載されていることがある。メーカーがこうした他社の製品をわざわざ売ろうとする意図はどこにあるのだろうか。もしかすると本家のメーカーから買うよりもお得だったりするのだろうか。(2021/8/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーの新ジャンル参入はサポートに要注意? 既存製品と同じようにいかないワケ
メーカーが新規事業に参入したとき、製品自体はそこそこイケているのに、サポートはイマイチ、下手をすればボロボロということが起こる。これまで他の事業では何ら問題がなかったにもかかわらずだ。こうした現象の裏には、メーカーの内部体制が大きく関係している。(2021/7/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーが「異業種参入」に積極的なワケ なんであの会社からこんな製品が?
バルミューダのスマホ、アイリスオーヤマのPC、さらにはシャープの不織布マスクのように、メーカーがいきなり異業種へと参入するケースがある。異業種参入はどの業界でも起こりうることだが、メーカーが積極的にみえるのはなぜだろうか。(2021/7/16)

AutoML OSS入門(1):
機械学習モデル構築作業の煩雑さを解消する「AutoML」とは――歴史、動向、利用のメリットを整理する
本連載では、AutoMLを実現するさまざまなOSSを解説します。第1回は、AutoMLの概要と、次回から紹介するさまざまなOSSを実行するための環境やデータについて解説します。(2021/7/7)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新ハードや新サービスには真っ先に飛び付くべきか メリットとデメリットを考える
新しいサービスやハードウェアに真っ先に飛び付く人は少なくないが、あまりに早いタイミングで飛び付くことによるデメリットはないのだろうか。またサービスとハードウェアとで、それらに差はあるのだろうか。幾つかの例を挙げながらそれらを分析する。(2021/6/29)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(13)STEM教育(1):
プログラミング教育は「AIへの恐怖」と「PCへの幻想」を打ち砕く?
今回から「STEM教育」を取り上げます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり、デジタルやITの存在はますます大きくなっています。これからの時代、「デジタル=インフラ」として捉えることができなければ、生き抜くことができないと言っても過言ではありません。それを考えると、確かにSTEM教育は必須なのですが……。プログラミングの“酸いも甘いもかみ分けた”エンジニアとしての視点で、STEM教育を斬っていきます。(2021/6/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「入門用にオススメ」と評される製品で注意すべきこと
「入門用にオススメ」という表現には、ポジティブな評価の場合もあれば、ネガティブな評価の裏返しの場合もあり、字面通りに受け取るのは危険だ。このどちらの意味で使われているかを、購入前の段階で見分ける方法はあるのだろうか。(2021/5/25)

「ゴーヤー警察」も登場:
沖縄のセブンは「ゴーヤ」と呼んでいるが、「ゴーヤ」と「ゴーヤー」どちらが正しいのか
「ゴーヤー」と「ゴーヤ」どっちが正しいのだろうか。ニュースで「ゴーヤ」と呼ばれているのをよく耳にするが……。(2021/5/8)

なぜデジタル画像に何十億円もの値がつくのか? 熱狂するNFT市場
ゲーム内の土地がトークン化され数億円で売買されたり、デジタルアートが75億円もの値段で取引されたりと、全世界的にNFTと呼ばれるトークンが盛り上がっています。国内でNFTのマーケットプレイスを開始したコインチェックの天羽健介執行役員による、NFTに関する寄稿。(2021/4/7)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ECモール全盛でも「家電量販店が売る製品ならハズレなし」といわれる理由
ネット通販で製品を購入するにあたり、ハズレを引かない方法として、リアル店舗で扱われている製品を選ぶのがよいといわれている。リアル店舗のお墨付きがあれば安心というわけだが、この方法は必ずしも万能というわけではない。(2021/3/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ビールだったら回収騒ぎ? PC周辺機器メーカーがパッケージの誤記を気にしない理由
外注先による製造ミスが発覚した場合、検収を拒否して、仕様通りの製品をあらためて作らせるのが一般的だ。しかしPCの周辺機器やアクセサリーの業界では、最終的にこうした「B級品」を、メーカーが買い取ることが多い。どのような事情によるものだろうか。(2021/1/18)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「しなやか」な組織体制を持つ企業は半分しかない 事業継続計画のこの現実をどう考えるか
DXを推進する体制を考えるとき、変化に強いしなやかな事業運営は大前提といってもよい要素です。ディスラプターへの対応だけでなく、自然災害や有事の対応でもしなやかな組織作りが重要ですが、実態はどうなっているでしょうか。(2021/1/13)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
不具合品の交換用にメーカーがキープしている「ウラ在庫」とは?
PC周辺機器に何らかの不具合が発生し、メーカーに連絡した場合、修理対応ではなく交換になることが多い。「新品になって戻ってきた」と無邪気に喜ぶユーザーもいるが、原因が全く究明されないまま、同じ不具合を持つ可能性のある個体と入れ替わっただけかもしれず、あまり歓迎できる話ではない。(2020/12/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
YouTubeが落ちた日、ユーザーはどこに行った? データで解析
世界から突然YouTubeが消えたとき、人々はどこに居場所を求めるのだろうか。圧倒的なシェアを誇るYouTubeがなくなったとき、ユーザーはインターネットのどこに居場所を求めたのだろうか。今回はGoogle Trendsデータインターネットユーザーの動向を日米で比較した。(2020/12/18)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2021年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について筆者なりの考察を加える。(2020/12/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然“売れなくなった”PC周辺機器やサプライ用品の裏で何が起こったのか
PCやスマホの周辺機器およびアクセサリーが売れなくなる原因のほとんどは、本体機器の終息だが、中には規格の変更やトレンドの移り変わりによって、複数の製品で利用できた周辺機器やアクセサリーが、突如パタリと売れなくなることがある。メーカーにとって予測できずダメージが大きいこうした事例についてみていこう。(2020/12/8)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然“売れ始めた”PC周辺機器やサプライ用品の裏で何が起こったのか
本体機器の動向によって売れ行きが大きく変わるのはPCやスマホのアクセサリーおよび周辺機器では日常茶飯事だが、中には本体機器とは無関係な要因によって、爆発的に売れ始めることがある。この四半世紀の間に起こった、こうした事例を3つ紹介する。(2020/11/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
キャラクターグッズのスマホアクセサリーにつまらない製品が多い理由 「お布施」に見合った価値はある?
ファンならつい買ってしまうアイドルやアニメのキャラクターグッズ。最近はPCやスマホ関連のアクセサリーも増えつつあるが、モノ自体は平凡で、家電量販店で売られている最新製品と比較すると、面白みに欠けることが多い。なぜ、そうしたことが起こるのか。(2020/11/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“ピーク比75%減” 渋谷ハロウィンから考える「コロナと東京一極集中」
数年前から慣例化している「渋谷ハロウィン」であるが、今年の渋谷ハロウィンはコロナ感染リスクが高く、区長直々の自粛呼びかけの効果もあり、例年と比較すれば相当低い人出となっていたという。コロナ禍で人の動きが抑制された渋谷ハロウィンから視点を広げて、国内に目を向けてみよう。コロナ禍で人々の動きは抑制されたのだろうか。(2020/11/6)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(7)ブロックチェーン(1):
ビットコインの正体 〜電力と計算資源を消費するだけの“旗取りゲーム”
今回から新しいシリーズとして「ブロックチェーン」を取り上げます。さて、このブロックチェーンを理解するために、まずは「ビットコイン」のお話から始めましょう。なぜビットコインか、というのは本文を読んでいただくとして、あらためてビットコインを調べ始めた私がまず発見したものは――「人間を支配するアルゴリズム」でした。(2020/10/30)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
爆死したはずのPC周辺機器が忘れたころに「再デビュー」してくる裏事情
どこかで見たことのあるPC周辺機器とそっくりの品が、なぜか他メーカーから「再デビュー」を果たしているケースは、この業界を長年ウォッチしていると度々目にする。この現象はどのようにして発生するのだろうか。(2020/9/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PCアクセサリーのパッケージ裏事情 店で売るには細かな変更が必須 ブランディング目的の刷新はコケる
PCアクセサリー・パーツの業界では、対応機種の追加や変更によって、パッケージはまめに変更せざるを得ない。地道で手間が掛かる作業だが、これができるか否かが、そのまま大手メーカーと弱小メーカーとの差につながっていく。一方でブランディング目的でのパッケージリニューアルは、失敗に至ることが多い。(2020/8/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器の公称スペックと実物が同じにならないメーカー裏事情
PC周辺機器では、公称値と実機とでスペックがズレているケースはよく発生する。中でも「製品重量のズレ」と「ケーブルの長さ違い」はありがちだ。これらはどのようなプロセスで発生するのだろうか。(2020/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。