ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Trends」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Trends」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【トレンドクイズ】2024年4月12日のGoogle トレンド1位は?
今最も注目されている話題。(2024/4/12)

AI・機械学習の用語辞典:
生成AIの用語10選 〜 一般ユーザーが知っておくべき基礎知識
生成AI時代を生きる社会人に必須の基礎知識を身に付けよう。生成AIに関する用語として「生成系AI」「大規模言語モデル(LLM)」「プロンプトエンジニアリング」「ハルシネーション」「埋め込み表現」「ベクトル検索」「ベクトルデータベース」「RAG(検索拡張生成)」「事前学習」「ファインチューニング」の10語を紹介する。代表的なチャットAIやLLM、画像生成AIについても触れる。(2024/3/29)

“見せつける”ようなデザインが避けられてる? 家電やファッションで進む「ロゴなし化」 シャープ、アップル、ユニクロの特徴
家電やファッションで「ロゴなし」が進んでいる。背景には「クワイエット・ラグジュアリー=静かなぜいたく」と呼ばれるトレンドがあるという。(2024/3/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“時代の寵児”から転落──ワークマンとスノーピークは、なぜ今になって絶不調なのか
日経平均株価が史上最高値の更新を目前に控える中、ここ数年で注目を浴びた企業の不調が目立つようになっている。数年前は絶好調だったワークマンとスノーピークが、不調に転じてしまったのはなぜなのか。(2024/2/16)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

「スイカゲーム」が爆発的にヒットしたワケ iOS版はSwitch版とはどう違う?
Aladdin Xは1月1日、人気のパズルゲーム「スイカゲーム」のiOS版をリリースしました。小さなフルーツを上から落とし、同じフルーツを2個ぶつけると違うフルーツになり、最終的に大きなスイカを目指していくというものです。スイカゲームは、実は完全なオリジナルゲームというわけではありません。(2024/1/21)

2023年、話題になった「あれ」のその後:
ChatGPTは事業活動の「どこ」に組み込まれるべきか? 24年のビジネスはこう変わる
(2023/12/22)

2023年、話題になった「あれ」のその後:
ChatGPT進化の軌跡 たった1年で「どこまで」進化した?
(2023/12/22)

「今までにない製品」の魅力を正しく伝えるために:
PR:ASUSが超小型ゲーミングPC「ROG Ally」新規展開のプロモーションにAmazon Adsを選んだ理由
ポータブルゲーム機であり超小型PCでもあるという新機軸の製品「ROG Ally」を展開するに当たり、ASUS JAPANがオンラインプロモーションのためのパートナーとしてAmazonが提供する広告ソリューション「Amazon Ads」を選択したのは何故か。担当者に話を聞いた。(2023/12/19)

今日のリサーチ:
2023年Google検索ランキング、世界も注目したゲームの名は?
2023年中にGoogleで検索が急上昇した言葉のランキングです。(2023/12/11)

「さくらインターネット」、X・Google双方でトレンド入り 日本勢初「ガバメントクラウド」認定で
日本企業として初めて政府の共通クラウド基盤「ガバメントクラウド」に採択されたさくらインターネット。ネットでも一躍注目を浴びており、Xでトレンド入りしている。(2023/11/28)

どうなる?:
X(Twitter)、基本無料サービスを終了? イーロン・マスク本当の狙いを考える
イーロン・マスク氏は9月18日、Xのプラットフォーム全体を有料化することを示唆した。マスク氏にはどのような意図があるのか。そしてXが本当に完全有料化となったとき、何が起きるだろうか。(2023/9/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「1杯1000円超え」でも絶好調な椿屋珈琲 ルノアールとの違い、コメダとの意外な共通点
「椿屋珈琲」を運営する東和フードサービスが、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を遂げている。同店でのコーヒー1杯の価格は1000円を超えるが、物価高騰で消費者の節約志向が高まる中でも客足を増やし続けられるのはなぜなのか。そのワケを、ルノアールやコメダ珈琲の戦略と比較しながら見ていこう。(2023/9/8)

『SNSマーケティング7つの鉄則』より:
直接コンバージョンばかり追い求めていませんか? SNSマーケティングで成果を出しづらい人の考え方
本稿では、2023年8月10日に発売される書籍『SNSマーケティング7つの鉄則の』第3章「SNS時代の購買プロセスはULSSASへ」の中から「SNSで成果を出しづらい人の考え方」を抜粋、再構成してご紹介します。(2023/8/8)

ユーザーの心理:
“Twitterキラー”スレッズ、関心はピークの50分の1 不満溢れる「X」が意外に順調なワケ
Twitter(X)ユーザーは突然の名称変更、ツイートの閲覧制限などイーロン・マスク氏に翻弄されてきた。米メタの対抗サービスThreadsに注目はあつまったものの、現在の関心は下火なようだ。「大移動」は起こらずいまだにXに残り続けるユーザーの心理は。(2023/8/3)

朝ドラ「らんまん」で注目 牧野博士の研究をちょっとだけ追体験できるアプリ「牧野100コレ」
NHK「連続テレビ小説」で4月から放送している「らんまん」。そのモデルとなった植物学者・牧野富太郎博士にも注目が集まる中、「牧野100コレ」(iOS)というアプリが登場しました。(2023/6/26)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(18):
ChatGPTは怖くない 〜使い倒してラクをせよ
ある日突然登場し、またたく間に世間を席巻した生成AI「ChatGPT」。今や、ネットでその名を聞かない日はないほどです。このChatGPTとは、一体何なのか。既に数百回以上、ChatGPTを使い倒している筆者が、ChatGPTの所感をエンジニア視点で語ってみたいと思います。(2023/5/15)

元SKE48一番のスタイル自慢がママに! 佐藤聖羅、第1子女児を出産「産みやすい親思いの子」
おめでとうございます!(2023/4/30)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
AIはSEOをどう進化させるのか
AIを用いたGoogle検索の改良をは従来もあった取り組みですが、今起きていることはそれとどう違うのでしょうか。(2023/3/1)

TwitterのAPI呼び出し回数エラー、原因は「従業員が誤ってデータ削除」との報道
Twitterで2月9日午前7時ごろから続いている不調。「API呼び出しの回数制限を超えました」と表示されるエラーの原因は、従業員が誤って関連データを削除したことだと米メディアが報じた。このサービス担当チームは昨年11月に退社したという。(2023/2/10)

「最も愛されている言語」はベテラン開発者にアピールする言語:
Stack Overflowの「愛されている言語」調査、急上昇した注目言語は?
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、2022年の年次ソフトウェア開発者調査の結果から、プログラミング言語の人気ランキングを取り上げ、Stack Overflowに投稿された質問の傾向(タグのトレンド)との関係を調べた結果を報告した。(2023/2/1)

今日のリサーチ:
3つのトレンドで振り返る2022年の日本の検索傾向 「タイパ」「円安」「BNPL」「リベンジ消費」他
Google トレンド「Year in Search」から見えてくる3つのトレンドとは、どのようなものでしょうか。(2023/1/29)

小売りビジネスの寵児:
アマゾン超えを記録したSHEIN 時代に逆行する中、小売企業が唯一真似るべき“仕掛け”とは
2021年5月、小売業界の寵児であるSHEINがアプリのダウントード数でアマゾンを抜いた。環境面・労務管理面で時代と逆行すると話題になるSHEIN、それでもビジネスでは急成長を続けており、小売業でも真似すべき点はあるようだ。(2023/1/11)

業務改善がキモ:
「週5日も働いてたの?」という時代は来るのか データで見る週休3日制
「週休3日制」は実現するのか。こうしたテーマを耳にすると、会社側は「難しい」と答えるのに対し、従業員側は「ぜひ」と前向きな声が多い。両者の溝は深いように感じるが、どこまで歩み寄ることができるのだろうか。(2022/11/24)

二宮和也、第2子誕生で「夢に見た現実」に感動する人々 “にのあい”トレンド入りで「Jr.同級生のパワーワード」「奇跡…同学年パパ」
幸せな未来しか想像できない。(2022/11/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ツイッター3700人、メタ1.1万人 海外IT企業で進む人員整理 国内エンジニアバブルへの影響は?
イーロンマスク氏によるツイッターの買収で従業員の大量解雇が話題となる中、今度はメタが1万人超の解雇を発表。大きく揺れるIT業界だが、視点を移すと国内ではいまだに人手不足からエンジニアバブルが続いている。(2022/11/11)

その社名、間違えてはいけない!:
ブリヂストンの社名「もう1つの意味」 創業者が石橋氏だから、だけではない
ブリヂストンという社名は、広く知られている通り、創業者の名前「石橋」を英語にしてつけられたものだ。しかし同社によれば、もう1つの由来がある。(2022/10/22)

アニメ「チェンソーマン」、神OPがすでに300万回再生超 ノリノリな“未来の悪魔”や映画オマージュにネット大盛り上がり
【ネタバレ注意】何から何まですごかった第1話。(2022/10/12)

トップ10言語の特徴も紹介:
謎めく「言語ランキング」の世界、Python vs. Javaが無意味な訳
モバイル開発やWeb開発を手掛けるCleveroadは、プログラミング言語の主要な人気ランキングとして、「TIOBEインデックス」と「PYPL」の2つを取り上げて比較した。併せてランキング上位の言語の特徴や動向を解説した。(2022/9/26)

金融ディスラプション:
PayPay参入で共通ポイント激震 1兆円市場の注目ポイントはどれか?
いまや企業にとっても消費者にとっても欠かせないものとなったポイント。そこに大きな地殻変動がやってくる。PayPayポイントの共通ポイント化だ。(2022/9/22)

「不真面目」DXのすすめ:
「ソリューション」という謎の造語 解決策は買えるのか問題を考える
筆者によれば、「ITソリューション」は海外ではあまり使われることのない言葉だとか。「解決策」をうたう商品を購入すれば、課題がすぐに解決できるに違いない――。こうした“思い込み”を誘う言葉が多用されることで、ユーザー企業で何が起きているのか。早速見てみましょう。(2022/9/22)

気温34度で「かき氷」の人気が「アイスクリーム」を超える! ウェザーニューズが7万9019人への調査結果を発表
ひとは暑くなるほど「かき氷」が食べたくなる?(2022/9/3)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナでぼったくり飲食店が急増? 操作された口コミ評価に要注意、巧妙化する手口
足元で「ぼったくり」や、「ぼったくりバー」といったキーワードの検索ボリュームが急増している。レビューサイトで偽のレビューを投稿するという手口で悪質店舗を優良店に見せかける手口が増えているのだ。足を運ぶまでわからないという点では、客引きよりも悪質だ。(2022/8/26)

台湾チア界の至宝チュンチュン、2022年も変わらぬ人気とパフォーマンスで魅了
ずっと一線級ですごい。(2022/7/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホの特徴的なカラバリがモデルチェンジで消滅してしまう裏事情
iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットにおけるカラーバリエーションは、モデルチェンジの度にリセットされ、全く新しいカラーが投入されることがしばしばある。この理由の一端とみられるのが、色調合の難しさだ。(2022/7/27)

「猫の理解度高すぎ」 迷い猫になって街を探索するゲーム「Stray」が話題 開発スタッフ数は猫>人間
7月19日に発売したアドベンチャーゲーム「Stray」が「猫の理解度高すぎ」「プレイしていると猫の気持ちが分かる」と話題に。「Googleトレンド」によれば「Stray」という語は19日だけで5万回以上検索されたという。(2022/7/20)

経済面でも存在感:
数字で見る“大谷翔平効果” きょうMLBオールスターに「1番・DH」で先発出場
ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手がMLBオールスターゲームに「1番・指名打者(DH)」で先発出場する。21年以来2年連続の出場。投打で全米から注目を集める大谷選手にまつわる数字を、経済の視点などから各所の発表を基にまとめた。(2022/7/20)

サードパーティーの気象データは事業をどう変えるか 国内事例5選
ウェザーニューズは気象情報を軸に、地震や台風から桜の開花や花粉など季節に関する情報に至るまで、独自のデータを基にしたきめ細かな情報提供を強みとする。近年は企業ITの変革に、このデータを生かす取り組みも増えている。サードパーティーの気象データを獲得することで事業運営はどう変わるだろうか。(2022/7/19)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(4):
株価データベースを「Docker」で作ってみる
今回は、株価情報のデータベースを「Docker」で作ってみます。長いエンジニア生活で私が学んだこと――。それは、「自力で作らなかったものは、結局、自分の”モノ”にはならない」ということです。だからこそ、やってみるのです。(2022/6/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気のPCアクセサリーが「そっくり製品」に駆逐される悲しい事情
PCアクセサリーの業界では、先行して発売されヒットしたアクセサリーの「そっくり製品」が、しばらくして別のメーカーから登場することがある。買う側にとってはどちらが先に発売されたかは問題ではないので、結果的に後発の製品が市場を席巻してしまうこともよくある。そんな「そっくり製品」が生まれ続ける事情を探る。(2022/6/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
周辺機器に付属のケーブルやポーチが低品質になる裏事情 原価はなんとゼロ円?
マウスだと持ち歩き用のポーチ、周辺機器だとケーブルといった具合に、製品を買うとついてくる付属品は、メーカーにとっては原価がゼロ円であることが多い。多少なりともコストがかかっていてもおかしくないはずなのに、なぜそうなるのだろうか。(2022/6/3)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の近くに別の量販店がオープン おトクな商品を見つけてゲットするには?
地元密着の家電量販店の隣に、いきなり別系列の家電量販店がオープンすることがある。同じ商圏にあるライバル店舗の成功は自店舗の死につながるため両社の火花関係はバチバチで、巻き込まれるメーカーの営業マンはたまったものではない。彼らはどのように中立関係を保ちつつ商材を提供していくのだろうか。(2022/5/19)

めちゃくちゃファンじゃん! 大谷選手、対戦球団のマスコットから大人気で2ショット披露
レンジャーズ・キャプテン「大谷あなたはすごい」(2022/5/18)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
NFT人気は一過性? なぜか関心が急下降している件
デジタル資産に唯一性を保証するNFT(非代替性トークン)に注目が集まっています。しかし、検索トレンドの推移を見てみると、意外な傾向が……。(2022/3/28)

AutoML OSS入門(終):
最も人気なAutoML OSSは? 注目のAutoMLクラウドサービスも紹介
AutoML OSSを紹介する本連載最終回は連載内で紹介したOSSの比較と、これまでに紹介できなかった幾つかのOSSやAutoMLクラウドサービスを概説します。(2022/3/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
よく見ると実物と製品写真のサイズが違う? 「優良誤認」が疑われる画像にだまされないために
製品を本物以上によく思わせようとする製品画像の加工は、海外メーカーで見られることがある。これらは優良誤認ではないのか、またユーザーとしてだまされないようにするには、どうすればいいだろうか。(2022/3/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
たった半年で株価が半額……TikTok攻勢にFacebookはついに“オワコン”か?
FacebookやInstagramなどのSNSを運営するメタ・プラットフォームズ(FB)の株価がほぼ半減している。VRやメタバースに積極進出する覚悟を、社名を変えることで示したかたちとなるが、「もう1つの世界を作る」ことは容易い道のりではなかったようだ。(2022/2/18)

営業視点のカスタマーサクセス【第2回】:
日本のカスタマーサクセスが世界に後れを取る2つの理由
日本のカスタマーサクセスは米国と比べて3〜5年の後れを取っているとされる。「おもてなし」の文化を持つ日本人はカスタマーサクセスの重要性を肌で理解しているはずだ。それなのに具体的な取り組みが進まないのはなぜか。(2022/2/14)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2022年のSEOに求められるのは「客観性」と「公平性」、そして「多様性」
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。今回は「2022年のSEO」をテーマにお届けします。(2022/2/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
お買得品ゲットのために知っておきたい PC周辺機器「2種類の値下げ」を見分ける方法
あるPC周辺機器が大幅値下げになった場合、慌てて飛び付いてもいいものだろうか。というのも、こうした突発的な値下げには、飛び付いてよい値下げと、しばらく待ってじっくり見極めるべき値下げの2種類があるからだ。その見分け方とは?(2022/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。