ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原田泳幸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原田泳幸」に関する情報が集まったページです。

“いま”が分かるビジネス塾:
マクドナルドとモスバーガーを比較できない理由
マクドナルドが完全復活を果たす一方、モスバーガーは業績の伸び悩みに直面している。同じハンバーガー店なので、どうしても比較対象となってしまうのだが、経営学的に見ると両社はまったく異なるビジネスをしているのだ。(2018/3/22)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ5 れんがを積むだけのリーダー
言っていることと、やっていることに矛盾があれば、あなたの言葉に説得力はない。(2018/2/7)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ4 任せきれないリーダー
相手をリーダーだと認めて接しているだろうか? リーダーとして扱われていなければ、リーダーとして行動するはずはない。(2018/1/10)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ3 むやみに褒めるリーダー
褒めれば褒めるほど、上下関係が強調される。そして上下関係は、指示を出す人と従う人という構造を生み指示待ち人間の温床になる。(2017/12/6)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ2 叱れないリーダー
「叱ると辞める」「パワハラにならないか?」「褒めて育てねば」と、あなたは叱ることに臆病になっていないか? 「叱らない」リーダーの態度からも、メンバーはメッセージを受け取っている。(2017/11/1)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ1 聞き手の能力に頼り過ぎるリーダー
グローバル化、中途採用の増加、女性活用や再雇用の促進などで組織の多様化が進み、聞き手よりも、話し手の能力が問われる時代になってきている。(2017/10/4)

ベネッセHD、原田会長兼社長が退任へ 引責か
ベネッセホールディングスは、原田泳幸会長兼社長が退任する役員人事を発表した。(2016/5/11)

マクドナルドは復活することができるのか
ハンバーガー業界に次々と新興勢力が登場している。迎え撃つ既存勢力もふと気がつくと強大なリーダー企業・マクドナルドの迷走によって相対的にポジションが変化して優位なポジションを占めている。そうなってくると、一層厳しくなるのがマクドナルドの復活だ。(2015/11/18)

ベネッセ、介護事業の海外展開も視野に 社内シンクタンク設立
ベネッセは、介護問題を調査研究する社内シンクタンク「ベネッセ シニア・介護研究所」を設立した。(2015/11/11)

「日本の企業はおかしい。欧米の企業から見たら……」ベネッセ・原田氏の働き方
ワークライフバランスの課題に関する議論は、さまざまな立場で行われている。しかし、日本人のワークライフバランスは改善されているのだろうか。ベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長に、社員の働き方について聞いたところ……。(2015/10/26)

日本マクドナルド、原田氏が会長退任へ
日本マクドナルドホールディングスは、原田泳幸会長が3月に取締役と会長職から退任する役員人事を発表した。(2015/2/20)

窪田順生の時事日想:
マクドナルドが異常に叩かれている、もうひとつの理由
マクドナルドがマスコミからボコボコに叩かれている。「SNSの普及によって、異物混入で泣き寝入りしていた消費者の声がマスコミに届くようになったからだ」という声もあるが、筆者の窪田氏は「異物混入のせいだけではない」と見ている。(2015/1/13)

ベネッセの情報漏えいはなぜ起きた? 調査報告で問題詳細が明らかに
調査委員会の最終報告書では事件発生時のセキュリティ対策や犯行の手口などがまとめられ、システム面や組織面におけるセキュリティの問題点が明らかにされた。(2014/9/25)

ベネッセ、情報漏えい調査の委員選出 ラックの西本氏らが就任
小林英明弁護士を委員長とする調査委員会メンバーに、社内外から計5人を選出した。(2014/7/22)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
ベネッセの情報漏えい事件を分析 問題点と今後の可能性とは何か
ベネッセコーポレーションから大量の個人情報が漏えいした背景や問題点は何か? 今後はどうなるのか? 情報セキュリティと内部不正の専門家である萩原栄幸氏が検証する。(2014/7/18)

「我々は明確に加害者」 ベネッセ原田社長が改めて謝罪 再発防止策と補償について説明
ベネッセHDの原田会長が個人情報漏えいに関する再発防止策や補償について説明。「1日も早い信頼回復に務める」と話した。(2014/7/17)

ベネッセ原田社長、ジャストシステムを批判 「一方的なデータ削除は原因究明を難しくする」
ベネッセHDの原田社長は、ジャストシステムによる購入データの削除を「原因究明を難しくする」と批判。関係先に対し情報開示と捜査への協力を求めている。(2014/7/12)

ベネッセ会長兼社長にマクドナルド会長の原田氏
ベネッセHDの会長兼社長に日本マクドナルドHDの原田泳幸会長が就任する。(2014/3/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/24)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――10月5日から10月11日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/10/8)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――9月28日から10月4日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/9/30)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年9月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。9月第2週は、「文春学藝ライブラリー」や「ポプラ新書」の創刊が発表されています。(2013/9/17)

“脱モノづくり”路線は吉と出るのか――ソニー、取締役に生え抜き技術者ゼロの波紋
実に5年ぶりの最終黒字に転じたソニー。今期はテレビなどエレクトロニクス部門の黒字化が課題となるが、新たな取締役人事ではソニーのDNAを持つ技術者が姿を消す。(2013/5/10)

ソニー社外取締役にマクドナルド原田CEOや伊藤穰一氏
ソニーは社外取締役に日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸CEOや米マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長の伊藤穰一氏らを迎える。(2013/5/8)

一足先に食べてみた:
ディスカウントプロモーション、新商品の乱発はやめる――マクドナルド、成功事例をもとにした新作メニュー発表
マクドナルドが「春の新商品大試食会」を開催。これまでのディスカウントプロモーションはストップして、「選択と集中」で新商品を投入していく。(2013/4/4)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
マクドナルドがこだわった「らしさ」とは何か?
企業にはそのサービスを印象付ける「ブランディング」、つまり「らしさ」が必要です。「らしさ」を壊して、むやみに多角化したり、ヒト、モノ、カネといった企業の持つ貴重なリソースを分散させたりすることは避けるべきです。(2013/2/26)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
サービス業が抱えるマニュアル主義の盲点とは?
例えばあなたがファミリーレストランの店長だったとする。接客マニュアルでは「大人にお子様ランチを売ってはいけない」となっているが、若い夫婦がやってきて、お子様ランチを3つオーダーしてきた。禁じられている行為をしてもよいだろうか?(2013/2/13)

激混み予報:
24時間「朝マック」を提供するマクドナルドに行ってみた
1月17日から20日までの期間限定。急げ!(2013/1/18)

窪田順生の時事日想:
ZOZOTOWN騒動に見る、「送料無料」のツケは誰が払うのか?
ZOZOTOWNを運営するスタートトゥディの社長が、女子高生のツイートに噛みついた。通販の送料価格を巡ってちょっとした騒動が起き、結果的に“タダ”になった。ただ、なんでもかんでも安くなれば、私たちの生活は豊かになるのだろうか。(2012/11/6)

現役秘書がサポートしたい上司、トップはアノ元首相
忙しい経営者や政治家をサポートする秘書。「政治家・経営者のうち秘書につきたい人」を尋ねたところ、トップはすでに政界を引退したあの元首相だった。ぐるなび調べ。(2012/4/19)

それゆけ! カナモリさん:
1000万人に配信! マクドナルド新型クーポンのウラを読む
一人ひとりにカスタマイズされたクーポンが配布される。ある意味で革命的ともいえる販売促進が日本マクドナルドで本格施行される。その背景を考察してみよう。(2011/7/20)

マクドナルドと吉野家が狙う“面”と“点”
8月の月間全店売上高が過去最高を記録した日本マクドナルド。一方、牛丼戦争において「一人負け」と言われた吉野家は9月7日、新メニューで反撃ののろしを上げた。両社の戦略を比較してみよう。(2010/9/15)

それゆけ! カナモリさん:
チキン戦争勃発、勝つのはマックかケンタか?
チキンといえばマクドナルド? 大規模な新商品キャンペーンを繰り出すマクドナルドに対する、ケンタッキーの運命やいかに。チキンをめぐる熱い戦いが始まっている。(2010/7/21)

売り上げより、「思い浮かぶこと」が大事――マクドナルドのチキン戦略
デフレに苦しむ外食業界の中、2010年3月度の全店売上高が497億2800万円と創業以来の最高記録を更新した日本マクドナルド。この夏には、「チキンバーガー ソルト&レモン」「チキンバーガー オーロラ」「ジューシーチキンセレクト」という3つのチキン商品を新たに投入するが、その戦略について尋ねた。(2010/7/6)

社長が選ぶ“今年の社長”、トップは2年連続でアノ人
空前の不況下にある日本。赤字決算を出す企業も少なくないという状況下、「最もうまくかじ取りをした社長」と経営者が評価している人は誰なのだろうか。産業能率大学調べ。(2009/12/7)

それゆけ! カナモリさん:
3度目の正直なるか? カフェ市場に切り込むマクドナルド
かつてマックカフェで苦汁をなめたマクドナルドが、ついにリベンジに動いた。カフェラテやカフェモカなどのメニューをマック価格で売り出す。日本のカフェ市場はマクドナルドに全面降伏するのだろうか。(2009/11/9)

小西賢明の「お客様を想え。」:
何がしたい? 誰に愛されたい? 何も見えてこないマックカフェ
えびフィレオやメガマックなど、次々とヒットを飛ばすマクドナルドの次の注目は「マックカフェ」のはずだった……。しかしターゲットはあいまい、コンセプトは見えない、そして誰にどう愛されたいのか見えない、まるで“独りよがりビジネス”の典型だったのだ。(2008/5/8)

温故知新コラム:
アップルジャパンの流通を改革した「サムライ」たち
世の中に登場して半世紀しか経たないコンピュータにも、歴史が動いた「瞬間」はいくつも挙げることができる。ここに紹介する「ビジュアル」もまさしくそのひとコマ――。(2007/9/7)

マクドナルドとドコモ、決済・CRMにおサイフケータイを利用する新会社を設立
マクドナルドとドコモは、おサイフケータイを使ったクレジット「iD」と、クーポンサービス「トルカ」を使ったサービスを提供し、CRMに活用する会社を設立する。(2007/7/30)

マクドナルドに「iD」「トルカ」を導入──マクドナルドとドコモがe-マーケティングの新会社
全国のマクドナルドにiDとトルカを導入し、おサイフケータイを利用したe-マーケティングを進める新会社を設立――日本マクドナルドホールディングスとNTTドコモの狙いは何か?(2007/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。