ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「一橋大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「一橋大学」に関する情報が集まったページです。

どう克服すべきか:
縦割りの大企業が「イノベーティブな企業風土」に変わるには コンプライアンス経営4つのポイント
大企業になればなるほど、企業内の組織の縦割りの考え方が無意識のうちに根を張り、強固になりがちだ。健全な企業風土のために、コンプライアンスの観点から満たすべき4つの条件とは。(2021/10/18)

何を変えるべきなのか:
セクハラ研修の「形骸化」問題を考える 本当に不祥事を防ぐ、質の高い研修とは?
コンプライアンス研修を実施していても不祥事が発生してしまうのは、企業として伝えたいメッセージが従業員に届いていなかったためといえる。質の高いコンプライアンス研修の在り方とは。(2021/10/15)

好奇心に基づいた研究:
ノーベル賞受賞者・真鍋さんの警鐘に危機感を覚えよ
ノーベル賞受賞の真鍋さんは日本の研究機関と若い研究者の現状に心を痛め、「好奇心に基づく研究に立ち帰れ」と何度も叱咤激励していた。しかしこれは研究者個人に対するものではなく、本当は日本という国家への警鐘だ。(2021/10/14)

三菱商事発のMCデータプラス、知られざる“ユニコーン級"バーティカルSaaS企業とは
急成長を遂げるSaaS領域において、日々多くのニュースを目にするようになった。freee、Sansanといった上場企業の台頭だけでなく、SmartHRをはじめとする未上場フェーズの企業においても大型資金調達が報じられるなど新興企業の台頭が著しい。その中で異質な"商社発"のバーティカルSaaS企業が存在する。建設現場の労務安全書類作成・管理クラウドサービス「グリーンサイト」を提供するMCデータプラスだ。(2021/10/11)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(2):
知財活動を社員に「わがこと化」してもらうための組織づくり
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。第2回では知財活動を社員に身近に感じてもらうための組織作りの考え方を取り上げる。(2021/10/7)

デジタル庁、首相直轄で国の情報システムを統括監理 官民一丸体制で臨む
国のIT戦略の司令塔と位置付けられる「デジタル庁」が、民間人材を含む約600人の体制で2021年9月1日に発足した。DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進により、行政のデジタル化や官民連携によるインフラの整備を目指す。(2021/9/3)

メンバーシップ型と比較:
ジョブ型雇用に「向かない」企業とは? 変革すべき3つのポイント
どういった企業がジョブ型雇用に「向かない」のか、そうした企業がジョブ型雇用を志向したとき、どのような変革がどれくらい必要になるのかについて解説します。(2021/9/3)

デジタル監に石倉洋子氏起用へ 一橋大学の名誉教授
政府が9月1日に設置するデジタル庁の事務方トップとなる「デジタル監」に一橋大名誉教授の石倉洋子氏を起用する方向で最終調整に入ったことが分かった。デジタル庁は菅義偉(すが・よしひで)政権の最重要政策で、政府は来週にも正式に決定する。(2021/8/26)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(1):
IoT技術を活用し貧困解決を目指すFintechベンチャーが知財を重視する理由
貧困の社会課題解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、経営の根幹に知財を据え知財ポートフォリオ形成による参入障壁の構築を進めているGlobal Mobility Service。同社の知財戦略から中小企業・ベンチャー企業のビジネスを保護するために必要な知財権取得のヒントを紹介する。(2021/8/24)

今日からできる組織改善のススメ:
「誰の心にも響かないエンゲージメント向上策」を生まないために、人事ができること
コロナ禍をきっかけに、エンゲージメントサーベイを活用する企業が増えた。しかし、サーベイ結果により組織の問題点が分かっても、適切な解決策につなげられない場合が多い。効果の高いエンゲージメント向上施策を行うためにはどうしたらいいのだろうか? 3つのポイントを紹介する。(2021/8/18)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第3回】
「電子カルテ」導入で病院とITベンダーが分かり合えない“残念な理由”
医療機関とITベンダーが協力して電子カルテ導入に取り組む際、しばしば両者の認識のギャップが生じます。その原因は何なのでしょうか。ギャップを埋める手段となり得る「通訳者」の必要性とともに解説します。(2021/7/27)

解決法:
なぜ若者はワクチン接種に消極的なのか 本当の理由と背景
やがて順番が回ってくるワクチン接種に消極的な若者が少なくない。アンケートではその理由はさまざまだが、「絶対接種したくない」という人はむしろ少数で、あいまいなものが少なくない。その本当の理由と背景をみてみると……。(2021/7/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
サイバー攻撃が増えているが、日本は対処できるのか 不安と期待の動き
世界的な大規模サイバー攻撃がニュースをにぎわせているが、日本は大丈夫なのか。「サイバーセキュリティ能力は低い」という報告書もあるが……。(2021/7/8)

スピン経済の歩き方:
「安いニッポン」の本当の恐ろしさとは何か 「貧しくなること」ではない
新聞やテレビなどで「安いニッポン」に関するニュースが増えてきた。「このままでは日本は貧しくなる」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2021/6/30)

ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
評価の在り方を再検討する――相対評価か、絶対評価か、ノーレイティングか
期末時の評価について、人事制度設計の観点から解説します。(2021/6/29)

もう悩まない! 1on1の攻略法【後編】:
1on1で「沈黙が怖い」「どこまで聞いていいか不安」──見落としがちな「上司の心理的安全性」
1on1ミーティングの導入後、うまく運用ができずに悩む企業は多い。そのような中でも、「沈黙が怖い」「どこまで聞いていいか不安」「部下の悩みに正しく回答できているか分からない」という“上司側の不安”を払しょくするためにはどうしたらいいのだろうか。(2021/6/22)

もう悩まない! 1on1の攻略法【中編】:
「本音を引き出せない」「会話が形式的に」 どうしたら1on1で、部下は気兼ねなく話してくれるのでしょうか?
1on1ミーティングを始めたものの、部下が気構えてしまい、会話が形式的になってしまう、本音を引き出せない──そんな悩みの解決策とは。(2021/6/21)

もう悩まない! 1on1の攻略法【前編】:
「やる意味ない」「忙しくて無理」と言われ、1on1の導入が進みません。どうしたらいいでしょうか?
1on1の導入を検討したが、「やる意味ない」「忙しくて無理」「業務面談との違いが分からない」という声が多く、進まない──そのような悩みの解決のヒントを紹介します。(2021/6/18)

JPXらが取り組む「オルタナティブデータの壮大なトライアル空間」はどう実装されているか
投資家の「オルタナティブデータ」活用が広がる。背景には、オルタナティブデータ活用コストの低下とデータ流通を支援するクラウドサービスの拡充がある。国内の金融市場においてオルタナティブデータはどう活用されているだろうか。国内での情報提供の状況と、データ提供の仕組みは。(2021/6/17)

順番を間違えると:
今後のワクチン接種は、クラスターが発生しやすい場所で働く人たちを優先せよ
医療従事者、そして65歳以上の高齢者が順次、ワクチンを接種されつつあるが、その次の優先接種対象は戦略的に考えるべき。その順番を間違えると……(2021/6/11)

人材不足を繰り返すな:
企業が新戦略を打ち出す際、人事・経営者が“緊張感を持って”取り組むべきこととは?
「企業が新戦略を打ち出す際、人事・経営者には“緊張感を持って”取り組むべきことがある」──こう語るのは、経産省の『伊藤レポート』を主導した一橋大学名誉教授・伊藤邦雄氏。伊藤氏がWorks Human Intelligenceのプレスセミナーに登壇した際の発言をお送りする。(2021/6/10)

DX銘柄2021発表 「伊藤レポート」伊藤邦雄氏が語る経営責任としてのDX
「DX銘柄2021」が発表された。企業のDXの実践状況を基に事業の成長性を投資家向けに示す取り組みだ。今後予定されるデジタルガバナンスコード改訂では、経営者陣の中のDX人材の有無などの情報開示を求められる見通しのため、株式市場に参加する企業はいよいよ経営課題としてDXを推進する必要性が高まる。(2021/6/8)

ウィズコロナ時代の健康経営:
テレワークで従業員の健康課題に変化? 2020年度の健康経営を振り返る
(2021/6/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「大塚家具」は再建できるか 危機意識強める「ヤマダ」とのコラボで売り場に変化
大塚家具の業績が改善している。黒字転換が現実的に見えてきた。背景にあるヤマダグループの危機意識とは。(2021/5/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界中に広がるサイバー攻撃、日本企業は大丈夫なのか
世界的に発生する大規模なサイバー攻撃が大きな話題になっている。米国の首都ワシントンDCの警察も被害を受けたわけだが、日本企業は大丈夫なのだろうか。(2021/5/20)

ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
社員の挑戦的な目標設定を促すために……OKRを導入した「だけ」では失敗する理由
前回はパフォーマンス・マネジメントの基盤となる評価制度の基本的な枠組みについてお伝えしました。今回は前回お伝えしきれなかった、目標の達成度(アウトプット)の評価について、MBOとOKRの違いを整理しながら解説します。(2021/5/17)

世間にうとい若者:
「闇バイト」はドロ沼への入り口
世間にうとい若者は、「悪党が弱者を食い物にする」構図が社会にまん延していることを知らない。そして経済的に困窮すると、「自分だけは大丈夫」「今回だけだから」と自分に言い聞かせて「危ない橋」を渡ろうとする。そんな自分勝手な思い込みを狙っている連中におびき寄せられては身の破滅だ。(2021/5/15)

今日からできる組織改善のススメ(5):
新チームでも飲み会要らず! 1時間・オンラインで「個性や強みを理解し合う」方法とは?
人事やマネジメント層の方は、テレワーク中に入社・異動したメンバーから「入社後しばらくたったが、このチームで働いているという実感が湧かない」「業務以外の会話がなく、常に一人で仕事をしている感覚がする」「困った時に誰に相談すべきか分からない」──といった声を聞くこともあるのではないでしょうか。本記事では、実際に集まらなくてもメンバー同士が1時間で相互理解を深められる方法をご紹介します。(2021/5/12)

順位に変化:
「最上位校」の就職人気企業ランキング “総合商社一強”が崩れる一方で順位を上げた企業は?
旧帝大や早慶といった「最上位校」の学生に人気の企業は? これまで総合商社がトップ5を独占していたが、その一角が崩れた。(2021/4/28)

ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
せっかく導入した「成果主義型」評価制度をやめた理由 何を評価し、どう処遇に反映すべきか
前回はコロナ禍をはじめとするビジネス環境の変化や、その中でのパフォーマンス・マネジメントの見直しに向けた基本的な考え方や論点についてお伝えしました。今回は実際のパフォーマンス・マネジメントの基盤となる、評価制度の考え方を解説します。(2021/4/8)

今日からできる組織改善のススメ(4):
なぜ「逆境に強い、挑戦する人材」が育たない? “5つの心理的障壁”を越える組織づくり・目標設定
不確実性が増しているビジネス環境の中で、「挑戦できる人材」を求める経営者や人事が多いのではないでしょうか。しかし、多くの従業員は「挑戦への心理的なハードル」を感じています。心理的ハードルを取り除き挑戦を促すため、人事や管理職が実践できる打ち手のアイデアをご紹介します。(2021/4/6)

間違っていること:
人材不足を理由に、新規事業をストップしてはいけない
適切な人材がいないせいで新事業創出の取り組みが迷走したり頓挫したりすることはよくあること。それでも、人材不足を理由に取り組みそのものに消極的になるのは間違っている可能性が高い。(2021/3/28)

弁護士に聞く:
従業員の不正が発覚、どう対応? 調査の進め方、社内処分、刑事告発……気になるポイントを解説
不正に手を染めてしまった従業員を処分することは当然のことですが、解雇や降格など、社内処分が重くなるほど不正当事者との法的紛争に発展するケースが多くなります。本記事では、不正を行った従業員に対する正しい対応について考えます。(2021/3/12)

新連載:ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
OKR・ノーレイティング──話題の目標設定・評価手法を、単発的に導入してもダメな理由 見直しポイントは?
コロナ禍で、目標設定、コミュニケーションなどで課題を抱える企業は少なくない。しかし個別の課題に対し、OKRやノーレイティングといった、話題性の高い施策を単発的に導入して、うまくいったという話はあまり聞かない。なぜなのか。(2021/3/16)

今日からできる組織改善のススメ(3):
「テレワークで相談しにくい」を解消! 助け合える組織風土を作る“3つの行動”
テレワークを始めたものの、メンバーが何に困っているか見えづらくなってしまった、ミスやトラブルの察知が遅れて対応が後手に回ってしまった、という企業も少なくないのではないでしょうか。困ったことがあればすぐに上司に相談でき、メンバー同士が助け合う組織を作るために、人事や管理職が取り組むべきアクションのアイデアを紹介します。(2021/3/2)

1位の年収は763万円:
30歳時点の出身大学別年収ランキング 3位は「慶應」、2位は「一橋」、1位は?
転職・就職のための情報口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークは、出身大学別の想定年収ランキングを発表した。(2021/2/17)

懸念の声も:
「GO TO トラベル」を再開するなら、休祝日の前当日は対象外とせよ
地方経済の落ち込み回復に果たした効果と、感染拡大の要因の一つになった可能性と功罪相半ばしたGO TO トラベル。その再開に向けては一つの条件を付与すべきだ。(2021/2/14)

今日からできる組織改善のススメ(2):
テレワークでも「話しやすい」組織の作り方 心理的安全性を守る毎日の習慣とは?
組織として高い目標を目指さなければならない場合、年次や役職に関係なく互いに意見を戦わせながら学び合い、成果を出し続けることが必要です。しかし「部下に発言を促してもなかなか意見や提案が出てこない」といったお悩みをお持ちの管理職や、「自由闊達な意見交換ができる社風の作り方が分からない」という人事担当者も多いのではないでしょうか。「話しやすい」組織にするための実践法をご紹介します。(2021/2/3)

スピン経済の歩き方:
「出勤者7割削減」なんて無理な呼びかけは、やめたほうがいい理由
政府や自治体が喉を枯らして「出勤者7割削減」を呼びかけている。しかし、筆者の窪田氏は「『出勤者7割削減』の呼びかけもやめたほうがいい」と考える。なぜかというと……。(2021/1/26)

偏差値:
大学運営や受験産業に影響大 日本の「難関」大学が減る理由
日本の「難関」大学は減っていると筆者は主張する。大学運営や受験産業にも大きな影響を与える事態だ。その理由とは?(2021/1/16)

企業利益を守るコンプライアンス制度:
従業員の不正行為をどう発見するか 自己申告を促す「社内リニエンシー制度」
社内の不正行為の早期発見に最も有効なのは、不正を行った従業員からの自己申告だ。独占禁止法におけるリニエンシー制度があるように、企業の内部でも、不正行為の自己申告により懲戒処分を軽減する制度を考えるべきではないだろうか。不正行為の自己申告と「社内リニエンシー制度」について、対談を通して解説する。(2021/1/5)

今日からできる組織改善のススメ:
「心理的安全性を壊さない管理職」を社内に増やす! リモートでも実践できる「観る・聴く」方法とは?
職場の「心理的安全性」は、メンバー同士が健全に意見を交わし、組織のパフォーマンスを高めるために欠かせない要素だ。しかし、いざ実践するとなると「何から手をつけて良いか分からない」「ヌルい職場を作ろうとしていると誤解されてしまい経営陣や管理職の理解を得られない」と悩む人事担当者や管理職も多いのではないだろうか。本稿では、心理的安全性の基礎と、身近な範囲で始められる実践方法をお伝えする。(2021/1/6)

デジタル時代の人材マネジメント:
デジタル人材が欲しければ「社内序列」から脱却せよ 現実的な報酬制度とは
デジタル人材を獲得するために求められるのは、会社の“外”の市場価値に連動した処遇制度だ。3つの現実的なアプローチを紹介しよう。(2020/12/21)

穴だらけ施策:
不正受給の「指南役」に厳罰を、役人には猛省を
給付金の不正受給やGo Toイートの錬金術など、軽い気持ちで手を染めた人もいるようだが、非難されるべき人たちがいる。穴だらけの施策を世に出した役人に、問題はないのだろうか。(2020/12/17)

なぜ、日本企業ではDXが進まないのか:
一歩先を見据えた変革のためには、どのようにデータ活用を進めればよいのか
グーグル・クラウド・ジャパンが実施したオンラインイベントでは、企業がDXに取り組む上でどのようにデータ活用を進めればよいかが議論された。ここでは、セッション内容から、DXの本質を理解するヒントとデータ活用法を探る。(2020/12/9)

ドコモ完全子会社化を巡る懸念、総務省の「検討会議」で議論へ
総務省が「公正競争確保の在り方に関する検討会議」を開催する。電気通信市場の環境変化を踏まえ、公正競争を確保するために必要な方策を検討することが目的。NTTによるNTTドコモの完全子会社化が主なテーマとなる。(2020/11/20)

軽い気持ちで:
給付金の不正受給とGo To イートの「錬金術」の根は同じ
コロナ禍で繰り返される「火事場泥棒」的な行為は反社会的で浅ましいものなのに、若い人たちがよく考えもせずに軽い気持ちで手を染める風潮こそが恐ろしい。そこには「おカネを稼ぐ」ことの意味合いを十分に理解できていない幼稚性が見える。(2020/11/19)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第2回】
病院とITベンダーの考える「クラウド」は別物だった? 誤解の原因は
医療業界でも積極的なクラウド活用が進んでいますが、「クラウドは安い」という印象が先行している側面もあり、導入プロジェクトでITベンダーとの議論がかみ合わないケースが生じています。すれ違いの主な原因は。(2020/12/16)

火が灯かないまま:
「トリクルダウン」に期待してはいけない
前政権のアベノミクスが今一つうまく回らなかった大きな要因は、「トリクルダウン」に期待してか成長戦略を粘り強く追求しようとしなかったことにある。新政権は前車の轍を踏んではいけない。(2020/9/26)

新型コロナ拡大でPCの利用状況に大きな変化が? FCCLが調査
富士通クライアントコンピューティングは、新型コロナウイルス感染拡大による行動と消費の変化についての調査を実施した。(2020/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。