ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立電線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日立電線」に関する情報が集まったページです。

「より速く、より安く」というネットワーク機器の原点を追求:
PR:いよいよ始まる「100GbE時代」に向けたハイエンドスイッチが登場
ここ数年、OpenFlowやSDNといったキーワードに注目が集まったInterop Tokyo。通信事業者やデータセンター、企業向けにイーサネットスイッチ「APRESIA」シリーズを提供してきた日立金属では、「着実に増加し続けているトラフィックをいかに高速に、低コストでさばくか」というネットワーク機器の原点に立ち返る展示を行った。(2015/7/7)

ビジネスのグローバル化を支える強固かつ柔軟なDBaaSの実現:
PR:日立金属が基幹データベースのプライベートクラウド基盤に課した妥協なき要件と、その選択
グローバル化推進に伴うIT提供スピードの向上、増大するデータ量への対応、高い性能/可用性/信頼性、そして容易な運用管理──日立金属は基幹データベース群のプライベートクラウド基盤の選定に当たり、これらの要件を適正なコストで満たすシステム基盤を子細に検討。選んだのはOracle Exadataであった。[プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2015/1/26)

SDNで、ビジネスとネットワーク管理はどう変わる?:
PR:Interop Tokyo 2014に見た「SDNの現実解、3つのキーワード」
通信キャリア、データセンター、企業向けにおいて高信頼性を追求したスイッチ「APRESIA」シリーズを提供している日立金属。同社が次世代ネットワーク向けに取り組んでいるのがSDN(Software Defined Networking)だ。SDNをビジネスに活用する上で、同社は具体的にどのようなシナリオを提案しているのだろうか。「Interop Tokyo 2014」で紹介された同社の3つのソリューションから、「本当に求められるSDNの現実解」を見ていこう。(2014/8/5)

ホワイトペーパーレビュー
医療・医薬品分野のスマートデバイス活用が分かる3つのホワイトペーパー
医療・医薬品分野で急速に進むスマートデバイスの業務活用。気になる運用コストやネットワーク運用時の注意点などを解説したホワイトペーパーを紹介する。(2014/1/24)

ダイナミックVLANを真に「ダイナミック」なものに:
「企業LAN+SDN」で管理者の負担減を、ストラトスフィア
ストラトスフィアは2013年9月11日に記者説明会を開催。SDNの適用領域がデータセンターを超えて今後ますます広がるという見通しを示した。(2013/9/13)

企業向け無線LAN機器市場とイーサネットスイッチ市場が大幅なプラス成長に――IDC調査
IDC Japanが発表した国内ネットワーク機器市場の2012年の実績と予測によると、ルータ、イーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器のいずれの製品分野も2011年の実績を上回り堅調な伸びを示していることが分かった。(2013/5/28)

知財で学ぶエレクトロニクス(2):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?(後編)
前回はパワー半導体の次世代材料であるSiCとGaNのウエハーに注目し、企業ごとの開発動向を知財の観点から説明した。今回は、国や地域ごとに状況を解説した後、特に日本企業の特許出願状況を分析する。技術者が自ら特許情報を検索する手法についても紹介しよう。(2012/8/20)

知財で学ぶエレクトロニクス(1):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?(前編)
品質やコストと並んで、設計開発者が関心を持たなければならないのが、「特許」だ。製品設計の前段階から、自らの新たな視点に基づく特許出願を心掛けることが重要だが、まずは技術者が自ら特許について調べるためのヒントが必要だろう。本連載では、特定分野を毎回選び出し、その分野に関する特許の企業別、国別の状況を解説しながら、特許を活用する手法を紹介する。(2012/8/6)

クラウドHot Topics(7):
「OpenFlowの父」が語る、OpenFlowとSDNの真実
 日本ではOpenFlowに対する期待がインフレ気味だ。「OpenFlowで何でもできる」と思いこんでいる人も多いようだ。そこで、米Nicira Networksのマーティン・カサド(Martin Casado)氏へのインタビューをお届けする(2012/3/21)

JTB情報システムがグリーン・グリッド データセンター・アワードで最優秀賞に
グリーン・グリッド データセンター・アワードの受賞企業がJTB情報システムに決定。同社は継続的にエネルギー効率を改善していくという。(2011/10/17)

日立グループがEV/PHEV向け普通充電スタンドを発売、価格は29万4000円から
(2011/8/24)

ビジネスニュース アナリストリポート:
アナリストリポート:GaAsのサプライチェーンは震災後も強固な状態
日本国内企業は、GaAs基板において約50%のシェアを占め、素子のシェアでも18%〜20%に達する。震災の影響はほとんどないというのがStrategy Analyticsの分析だ。ただし、サプライチェーンには在庫がほとんど無いため、急激な需要の増加に対応する余力はあまりない。(2011/4/12)

ミラクル・リナックス、アプライアンス・パートナーを募集開始
ミラクル・リナックスは、同社のLinux OSをアプライアンス製品に組み込む動きを促進するため、アプライアンス・パートナー・プログラムを開始した。(2009/10/23)

ホワイトペーパー:
1Gのコストで、10Gを。
10Gが手の届くところに、しかも既存の1Gネットワークもそのまま利用可能(提供:日立電線)。(2009/10/16)

児玉 英世氏 日立オートモーティブシステムズ CTO:
走行モーターの小型化が急務、独自の解析技術で開発を加速
総合電機メーカーである日立製作所は、電装品を中心とした車載部品について、オートモーティブシステム事業として展開してきた。同事業は、2008年後半から始まった急激な景気悪化に対する同社の事業再編を受けて、2009年7月1日から日立オートモーティブシステムズとして分社独立した。新会社のCTO(最高技術責任者)を務める児玉英世氏に、分社化の理由や、電動システム開発の方向性について語ってもらった。(聞き手/本文構成:朴 尚洙)(2009/10/1)

NEWS
“シャーシ型より7割お得”な高密度10Gスイッチ「Apresia」、基幹向けに発売
企業データセンター向けに、10Gイーサネットを24ポート装備した高密度ボックス型スイッチを8月に発売する。シャーシ型よりも導入コストを大幅に抑えたのが特徴。(2009/6/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気動向への懸念は残るものの財務長官の発言で金融不安が薄らぎ大幅高
(2009/4/22)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高や予想を上回る機械受注、追加経済対策の効果を好感して大幅高
(2009/4/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
悲観的な経済見通しで軟調となる場面もあったが、買戻しも入り堅調
(2009/4/9)

ホワイトペーパー:
コスト削減とグリーンITを考えたネットワーク構築
コスト削減と環境問題。両者を実現する効果的なIT投資を、「ネットワーク機器」という観点から提案する(提供:日立電線)。(2009/2/5)

NEWS
日立電線、ループ防止機能を備えたノンインテリジェントスイッチ2機種を発売
イーサネットスイッチ「ApresiaLight」シリーズの新製品として、ループ防止機能、EAP透過機能を備えたノンインテリジェントスイッチ「ApresiaLight 116」と「ApresiaLight 108」を6月5日より販売する。(2008/6/4)

計る測る量るスペック調査隊:
ネットワークスイッチのスループットを調査せよ【前編】
ITは、分かっているようで意外と説明できないことの集合体である。本連載では、IT業界に眠るそれらの謎を文字通り徹底的に調査していく。第1回は、ネットワークの代名詞的な技術といえる100BASE-TXが本当に100Mbpsの速度で通信するのかどうかを調査してみよう。(2008/3/24)

日立電線ネット、「Adapterシリーズ」に新製品を追加
情報機器関連製品を販売する日立電線ネットワークスは、検疫ネットワーク機器「QuOLA@Adapter」を発表した。(2007/11/1)

NEWS
日立電線ネットワークス、検疫ネットワークアプライアンスを販売
日立電線ネットワークスの「Adapterシリーズ」4番目の製品となる「QuOLA@Adapter」を発売。同社のセキュリティパッチ配布サービスとの組み合せにより、管理者に負担を掛けずに最新のセキュリティポリシーを維持(2007/11/1)

中小企業向けIP電話システムが「N902iL」に対応――日立電線
日立電線は、IP-PBX「AquaVocal」がNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N902iL」に対応したことを発表した。(2007/6/13)

日立電線が認証スイッチ強化、802.1xベースの検疫を既存ネットワーク生かして実現
日立電線は認証スイッチ「Apresia」の機能を強化し、PFUの検疫ネットワークソフトウェア「inetSec Inspection Center」のマルチサプリカント機能に対応した。(2007/6/5)

IP電話の誤解を解く:
【第3回】ビジネスプレゼンスの可能性を広げるテクニック
ビジネスマンが出張中、あるいは休暇中の際、電話がどのようにかかってほしいのか。そこで、ステータスに条件、選択肢を加えるだけでも実用的なプレゼンスができあがる。(2007/4/9)

IP電話の誤解を解く:
【第2回】「使えるプレゼンス」を考える
単にステータスを設定するだけでは、ビジネスの現場で使えるプレゼンスにはならない。それを設定する人の「想い」をくみ取ると、IP電話はどう変わるのか。(2007/3/30)

ただログを取るだけの時代から、プロアクティブな監査へ:
PR:iNetSecが実現する安心、安全なネットワーク
PFUが提供しているセキュリティプロダクト「iNetSec」は、特定の製品やベンダーに偏らない形で、企業のセキュリティと内部統制強化を支援する。その最新製品「PFU アクセス制御・監査システム iNetSec Access Audit」は、監査を通じて安心・安全なネットワークをプロアクティブに実現していくツールだ。(2007/1/22)

「行く年来る年2006」ITmediaエンタープライズ版:
無線LANを基幹ネットワークへと進化させる3つの要素
企業インフラに定着した感のある無線LAN(WLAN)も、有線LAN上と同等のアプリケーションを動かすにはまだ信頼性が足りない。市場の動きを振り返ると、IP電話に代表される音声通信や「IEEE 802.11n」「WiMAX」などのブロードバンド技術が、WLANを「基幹網」へと進化させていく構図が浮かぶ。(2006/12/25)

無線LAN“再構築”プラン:
眠れない端末? “くせ者”パワーセーブモードを使いこなす
携帯型の無線IP電話は携帯電話と同じく、いかにバッテリーを持続させるかが課題だ。そのため、端末にはパワーセーブモードなる機能が用意されているが、利用環境をうまく調整しないとなかなか「仮眠」できないという事情がある。(2006/12/13)

無線LAN“再構築”プラン:
「動くと切れる」をなくすには
無線LANのメリットは、端末の移動が容易なこと。そのため、無線をIP電話のインフラとして使う際の「宿命」となるのがハンドオーバー(ローミング)時の通話切れだ。この対処が、実は一筋縄ではいかない。(2006/11/13)

中小企業向けIP電話システムで「E02SA」が利用可能に――日立電線
日立電線は、KDDIの無線IP電話端末であるE02SAを新たにサポートした小中規模向けIP-PBX「AquaVocal」を12月より販売開始する。(2006/11/6)

アルバ、モバイルセントレックスの展開で日立電線と協業
アルバワイヤレスネットワークスは、同社の無線LANシステムと日立電線のIP電話機との相互運用性向上を目的とした協業を行うことを発表した。(2006/9/5)

日立電線、中小規模オフィス向けにN900iLソリューションパッケージを販売
(2006/6/7)

日立電線、10GbEにアップリンク可能なLANスイッチを発表
日立電線は、10ギガビットイーサネットのアップリンクポートを装備するLANスイッチ「Apresia13000-48X」を7月1日より販売開始する。(2006/6/2)

PFUと日立電線が協業、互いの製品を連携させた検疫ネットワークシステムを提供
PFUと日立電線は、互いの製品を組み合わせた企業向けの検疫ネットワークソリューションの提供に向け協業を結んだ。(2006/5/25)

NOSiDE+OmniSwitchによる認証VLANベースの検疫ソリューションを共同開発
テリロジーとネットマークス、NTTデータ先端技術は資産管理ツールとアルカテルの認証スイッチを連携させるネットワーク検疫ソリューションを共同で開発、販売を開始する。(2006/3/17)

予算に合わせ段階的に導入できる検疫ネットワーク――ヌリテレコムと日立電線
ヌリテレコムと日立電線は、両社製品を連携させたクライアントPC検疫ネットワークシステムの販売を開始した。「低価格で、シンプルな構成を段階的に導入できる」のがコンセプトとしている。(2006/3/14)

ネクストコム、マルチベンダ対応の無線IP電話ソリューション
(2006/3/6)

「入れたらすぐ使える」、Lockdownの検疫アプライアンス
米Lockdown NetworksはKCCSと代理店契約を結び、アプライアンス型のネットワーク・アクセス・コントロール製品「Lockdown Enforcer」の国内販売を開始する。(2006/1/26)

VoIPにも強いメッシュ型無線LAN、米Strixが本格投入
米Strix Systemsはメッシュ型無線LAN製品「Access/One Network System」を802.11jに対応させ、日本市場での販売を本格化する。(2006/1/25)

ポリシー違反のPCは隔離用VLANに、NRIセキュアがネットワーク検疫システム
NRIセキュアテクノロジーズは、ネットワーク検疫システム「LAN-Blocker」をセキュリティ管理システム「SecureCube/PC Check」のオプションとして販売する。(2005/10/26)

特集:ネットワーク構築の基本はVLANから(3):
認証VLANで不正PCを拒否するしくみ
本特集では、ネットワーク構築の基本となるVLANのしくみと活用方法を解説している。「VLANの基本的な仕組みを攻略する」VLANの目的と基本的な知識を再確認し、「VoIPを効率よく運用させるVLANのしくみ」ではVLANによるVoIPの分離とセキュリティを説明した。最終回となる今回は、VLANを活用したセキュリティ確保のしくみをベンダの実装例を見ながら紹介したい。(2005/8/5)

日立電線、ギガビットイーサネット対応のレイヤ2スイッチを発売
日立電線は、全ポートがギガビットイーサネットに対応したレイヤ2スイッチ「Apresia 4224GT-PSR」の販売を開始した。(2005/5/24)

日立電子サービス、中規模向けにモバイルセントレックスパッケージを発売
日立電子サービスは、SIPサーバまたはIPセントレックスサービスに、無線LANシステムを組み合わせたソリューションパックを販売、N900iLにも対応する。900万円から。(2005/3/11)

伸縮自在で配線しやすい光カールコード
光ファイバーコードの中央部にカールをつけて伸縮自在にし、長さを調節しやすくした。(2005/1/18)

日本エフ・セキュアが検疫システムを発表、日立電線のApresiaと連携
日本エフ・セキュアは、社内LANに接続されるPCのウイルス定義ファイルの更新状況をチェックする「F-Secure検疫コントローラ」を発表した。(2004/12/2)

日立電線、NSIの認証ソフトと連携した検疫システムを販売
日立電線は、同社の認証スイッチ「Apresia」とNSIの認証ソフト「RegistGate」を組み合わせた検疫ソリューションの販売を開始した。(2004/11/19)

日立電線、通信キャリア向けイーサネットスイッチ新製品を販売開始
日立電線は、通信キャリア向けイーサネットスイッチ「Apresia 8004」および「Apresia 6048GT-PSR」を発売する。(2004/9/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。