ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Informix」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Informix」に関する情報が集まったページです。

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(15):
ハードウェアはこれからのデータベースの在り方をどう変えるか――ストーンブレーカー氏に聞いた
データベースの世界において、次々に革新を生み出してきたマイケル・ストーンブレーカー氏には、最近のハードウェアの進化がどう見えているのだろうか。SSDや3D Xpointなどの新ハードウェアがデータベースに与える影響について、同氏へ行ったインタビューの前編をお届けする。(2017/11/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ
エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。(2015/2/26)

Database Watch(2013年7月版):
巨大データとのそれぞれの付き合い方――Pivotal、SAP HANA
国内での法人設立も間近と噂されるPivotal。一足先に今後の製品展開をウォッチした。SAP HANAやOracle Database 12cなども。(2013/7/25)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

DB2はインメモリ/カラムストアDBの実装で「ハイブリッド・データベース」になる
日本IBMは独自の「BLUアクセラレーション」技術を盛り込んだデータベースソフトウェアの最新版を発表した。(2013/4/4)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(2):
バックアッププロセスの最適解は運用から考えろ!
仮想化環境のバックアップにはいろいろな方法が用意されているが、システムの運用状況や権限付与状況次第で、選択すべき手法が異なる。本稿では運用プロセスを幾つかに分類してそれぞれの最適解を考察する。(2012/12/5)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(1):
仮想化環境のデータバックアップ 種類と特徴を整理しよう
仮想化環境でのバックアップにはどんな種類がある? 適用範囲は? 主要な手法とそれぞれのメリット・デメリットを整理しておこう。後半では、従来のバックアップの常識を覆す機能を持ったツール類にも言及する。(2012/11/21)

Google Cloud SQLは基幹系で使えるのか(前編):
XAMPP環境からGoogle Cloud SQLに移行するには
(2012/4/12)

ついに定まった!? IBMのクラウド戦略
IBM、パブリッククラウド進出でAmazonに対抗
IBMがパブリッククラウド分野で独占的な存在になるのかどうかはまだ分からない。しかしそのために必要な全てを同社は持っている。(2011/5/19)

複数DBの異種混在環境でも監視が可能:
エアー、データベース監視製品「Guardium」のソフトウェア版
(2009/11/13)

エアー、仮想化対応のデータベース監査ソフトを発売
エアーはVMware環境で動作するデータベース監査製品「Guardium」のソフト版を発売した。(2009/11/12)

パートナーを拡充させてSOAビジネスも加速させたい:
IBM、同社初となるビジネスルール管理新製品
(2009/5/19)

NEWS
日本IBM、従来比50%の処理速度向上を実現するインメモリ型DBMS
スレッド単位で複数のトラザクションを並列処理できるように改良して、処理性能を向上させた。(2008/12/22)

IBM Information on Demand 2008 Report:
ビジネス最適化を導くIOD、日本の中小企業に商機見いだす
BIツールや産業別サービスの提供などを通じて企業の情報活用を推し進めるのが、IBMの戦略「Information on Demand」だ。同戦略が生み出す「ビジネス最適化」について、アンブッシュ・ゴヤールGMに聞いた。(2008/10/30)

エアー、脆弱性評価機能を搭載したDB監査ツールを発売
エアーは、米Guardium製のDB監査ツール「SQL Guard」の最新版を10月末に発売する。(2008/10/10)

ゼロからのデータモデリング入門(1):
「歴史的問題」からデータモデルを考える
ビジネスの変化に強いシステム構築を実践する上で必要となる「データモデリング」。この連載では、データモデリングの基本的な考え方とデータモデリングの必要性と使い方について解説します。本連載を通して、データモデリングの本質をとらえ、皆さんの企業においてどのようにデータモデリングに取り組んでいくべきかのヒントになれば幸いです。(2008/9/10)

やるなら今! DBセキュリティ対策
脆弱性診断ツールだけでは見つけられないDBセキュリティの脅威
Webサイトと連動するデータベースが今、狙われている。SQLインジェクション攻撃によるデータ詐取やサイト改ざんが再燃し始めた。大切なデータを不正攻撃から守る手段をツール、サービス、運用で見ていく。(2008/9/2)

CodeGear買収後:
EmbarcaderoからDelphi、C++Builderの新リリースが登場
米BorlandからCodeGearを買収した米Embarcadero Technologiesが、DelphiとC++Builderの新リリースの提供を開始する。Windows開発向けの「Delphi 2009」と「C++Builder 2009」は、8月25日に出荷される。(2008/8/22)

IBM初のインメモリDB「solidDB V.6.1」発売
日本IBMは、IBM初のインメモリ型DB管理ソフト「solidDB V.6.1」を発売した。(2008/6/25)

日本IBM、インメモリデータベース管理ソフトを出荷
メインメモリにデータを格納し、通常のデータベース管理ソフトに比べて約10倍の処理速度を実現する製品をIBMが出荷した。(2008/6/24)

日本IBM、新版Informixで処理能力を2.5倍に
日本IBMが大容量オンライン処理向けのデータベース管理ソフトウェアの最新版を発表。従来機と比べて2.5倍の処理性能を備える。(2008/5/8)

NEWS
IBMが処理能力を約2.5倍向上したRDBMS最新版、Ruby on Railsにも対応
RDBMS「IBM Informix Dynamic Server」の最新版を発表。クラスタリング機能とワークロード管理機能を強化し、前バージョンと同等の稼働環境にした場合では全体の処理能力を最大約2.5倍向上したという。(2008/5/8)

CodeGear、PHPのビジュアル開発をサポートしたIDE新版を発表
CodeGearは、ビジュアル開発をサポートし、PHP開発者とHTMLデザイナーの分業体制を可能にする「Delphi for PHP 2.0」を発表した。(2008/4/15)

Heartbeatでかんたんクラスタリング(3):
HAを見守る「Watchdog」と「STONITH」
サービスの継続を確保するはずのHeartbeat自体が不安定になってしまったら、いったいどうすればいいのでしょう? この問題を解決してくれる2つの機能「Watchdog」と「STONITH」の使い方を紹介しましょう。(2008/1/23)

AOS、データベース内のファイルを復旧するサービス
日本データ復旧サービスセンター(運営:AOSテクノロジーズ)は、データベースファイルの中身を復旧する「データベース復旧サービス」の提供を開始した。(2007/11/19)

WebSphereサーバ・チューニング入門(4):
DB連携のパフォーマンスはどうすれば速くなるのか?
(2007/10/18)

DCS、セキュリティ管理者など向けにデータベースアセスメントソフトウェアを販売
DCSは、NGSと総代理店契約を締結し、データベースアセスメントソフトウェアを販売する。(2007/9/10)

組み込み業界今昔モノがたり(1):
あるベテランエンジニアの組み込み業界事始め
かつて日本は“モノ作り大国”と呼ばれていた。もう一度、あの栄光を取り戻すには? あるベテランエンジニアが語る(2007/8/1)

「内部統制」に振り回されない賢いログ活用とは:
一挙紹介、ログ管理ソリューション(前編)
管理対象も対象となる企業規模も多種多様なログ管理ソリューション。内部統制の構築に際しては、目的に沿って適切な製品を選んでいく必要がある。まずは、基幹系システムと情報系システムのログ管理ソリューションに目を向けてみた。(2007/4/27)

組み込みデータベースカタログ(5):
マルチベンダRDBにつながる「DB2 Everyplace」
組み込みデータベースカタログ第5回は、IBMの組み込みデータベースDB2 Everyplaceを取り上げる。お話を伺ったのは、ソフトウェア事業の中林紀彦氏と猿山悦子氏である。(2006/9/27)

RDBとExcel連携ツールの新バージョン、複数のDBに接続可能に
ネットワールドは、さまざまなRDBのデータをMicrosoft Excelに取り込んで検索や加工、更新を行うツールの最新版「KeySQL 2006」を発売した。(2006/9/4)

進化する!データベーステクノロジー:
身の丈に合ったデータベース選び
データベース業界には、著名な製品のほかにもさまざまなRDBMSが存在する。これらは特定の用途に特化し、そのために必要な機能を備えたものや、アプリケーション組み込みに特化したものなど、それぞれに特徴がある。また、最近企業内システムへの導入例なども見られるようになったオープンソースのRDBMSについて、その動向を確認し、これから、これらのデータベースがどうなっていくのかを見てみよう。(2006/6/19)

進化する!データベーステクノロジー:
RDBMSの進化の歴史をおさらいしよう
データベースは、現在の企業システムの基盤としてなくてはならないソフトウェアである。現在の主流であるリレーショナルデータベースが登場してから約30年経つが、その長い歴史はデータベースがいかにITにとって適合しているのかを物語っている。「枯れた技術」でありながら、今なお進化を続けるデータベースに求められる最新機能を、これまでのデータベースの進化を振り返りながら考えてみよう。(2006/5/18)

「高速データウェアハウス」に隠された仕組み――日本ネティーザ
データウェアハウスアプライアンスを提供する米Netezzaの日本法人、日本ネティーザのダグラス・エッツェル社長に話を聞いた。(2005/12/20)

「DB2をもっと宣伝して」――IBMに顧客が要求
「DB2は市場シェアが大きい割に認知度が低いのではないか、IBMはもっと積極的に宣伝すべきだ」とユーザーグループカンファレンスで顧客らがIBMに求めた。(IDG)(2005/5/27)

IBM Software World 2005:
楽天のビジネス拡大を止めないために
プロ野球参入で一気に知名度をあげた楽天グループは、成長を止めないためにITへの投資にも本腰を入れている。(2005/5/18)

SRA、米国に新会社を設立しオープンソース事業の世界展開を図る
SRAは米国に子会社を新たに設立し、オープンソース・ソフトウエア事業の拠点として機能させることを発表した。SI事業ではなく、製品とサービスの提供が主とする。(2005/5/11)

MySQL、移行ツールの新β公開
MySQLは他社製品からの移行ツール「MySQL Migration Suite」の新しいβ版を公開した。同社サイから無償でダウンロードできる。(2005/4/20)

IBM、Informixをバージョンアップ。Express版も計画
「Informixをほとんど売り込まず、DB2を推進している」との批判もあったIBMだが、Informixの大型アップグレードをリリースしたほか、中小企業向けのExpressも計画している。(IDG)(2005/3/2)

PeopleSoft買収決着、その背景にあるものは?
急転決着したPeopleSoftへの敵対買収は、業界再編の潮流の中にあり、「完璧なインフラ」「一貫性のあるコンピューティング」を望む顧客の声にこたえるものだとOracle幹部は主張する。(2004/12/14)

Informixの実力を高く評価する楽天――大規模WebサイトにおけるDBMS
日本アイ・ビー・エムは、ソフトウェア・コンピテンシー・センターでInformixのユーザーカンファレンスを開催した。ゲストスピーカーには複数のDBMSを使う楽天が招かれ、Informixの実力を事例として語った。(2004/11/19)

Informixに再びスポットライトを当てる日本IBM
日本アイ・ビー・エムは11月19日、東京・渋谷のソフトウェア・コンピテンシー・センターでInformixのユーザーカンファレンスを開催する。新しい「IBM Informix Dynamic Server 9.5」をプレビューするほか、ユーザーである楽天がゲストスピーカーとして招かれている。(2004/11/18)

SGIのCEOが明かす「Opteronではない」理由
SGIのボブ・ビショップCEOは将来に向け、AltixサーバをOEM提供する考えだ。そして同氏が明らかにした「OpteronではなくItaniumを採用する理由」は……(IDG)(2004/11/9)

蜂の友はLinux? StingerはRDBMS市場を変えるか
間もなくリリース予定の「DB2 UDB(Universal Database) V8.2」は、Linuxカーネル2.6に対応するなどし、大きく変貌を遂げようとしている。(2004/9/9)

IBM、軽量Javaデータベース「Cloudscape」の開発用リソース提供
(2004/8/31)

IBM、軽量Java RDBの「Cloudscape」をオープンソース化
米IBMは、データベースソフト「Cloudscape」をApache Software Foundationに提供する。完全な商用製品のソースコードを寄付するのは今回が初めてだとしている。(IDG)(2004/8/4)

PostgreSQLで作るLinuxデータベース(1):
商用データベースに負けないPostgreSQL
無料で利用でき、機能も信頼性も一般の製品に劣らない、フリーのデータベース「PosgtreSQL」が、注目を集めている。この連載では、そのPostgreSQLを使ったシステム構築を解説していく。第1回はPostgreSQLの概要を紹介する。(2000/9/21)

PHP4で作るWeb-DBシステム(1):
理論編:PHPについて知ろう
スクリプトを記述するだけの簡単なプログラミングで、Web対応の高速なデータベースアプリケーションを実現する手法としてPHPが急速に注目を集めている。しかもデータベースはオープンソースのPostgreSQLだけでなく、Oracleなどの商用データベースも扱える。ここでは、5月にバージョンアップしたばかりのPHP4によるWeb-DBシステム構築法を紹介しよう。(2000/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。