ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「侮辱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「侮辱」に関する情報が集まったページです。

「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声
インパクトだけじゃない。(2022/1/16)

「モルカー」のネット配信や「FF14」で学ぶ道徳など 2021年“ねとらぼで最もRTされた記事”TOP5
2022年もよろしくね。(2021/12/31)

YouTuber「ゆたぼん」を中傷、30代男性に賠償命令
ネットでのコメントで名誉を傷つけられたとして、YouTuberの少年が北海道に住む30代男性を相手取り慰謝料など60万円の損害賠償を求めた訴訟の判決があった。裁判官は「社会通念上許される限度を超えた侮辱行為」として、男性に33万円の支払いを命じた。(2021/12/20)

「病気は嘘だ」「詐病」 堀ちえみ、誹謗中傷発言寄せられ注意呼を呼び掛け「そろそろやめにしませんか?」
2019年にステージ4の口腔がんであることを公表していました。(2021/11/26)

「うちの嫁を馬鹿にした奴、許さないぞ」 永山瑛太、妻・木村カエラを侮辱する記事に怒りあらわ
永山さんかっこいい!【追記】(2021/11/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パワハラを「禁止」できない日本 佐川、守るのは加害者のみか
パワハラによる自殺事件が後を絶たない。佐川急便では、パワハラの内部通報があったにもかかわらず、十分な対策が取られなかった。パワハラ防止法が施行されているのに、なぜこのような事件はなくならないのか──?(2021/11/12)

「ファイナルファンタジー14」サイトで公開された禁止表現一覧が話題に 「すばらしい」「道徳の授業みたい」と称賛集まる
他のネトゲプレイヤーにも参考になる……。(2021/10/30)

侮辱罪厳罰化でネット中傷抑止期待 名誉毀損との適用の違いは
侮辱罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案の要綱が古川禎久法相に答申された。要綱に基づき刑法が改正されれば、社会問題化するインターネット上の誹謗中傷抑止に一定の効果が期待される。(2021/10/22)

IT基礎英語:
「misinformation」と「disinformation」、ネットに氾濫するディスり情報
デマや陰謀論などさまざまな情報が飛び交う昨今。「misinformation」「disinformation」の言葉を目にする機会が格段に増えた。同じ偽情報を表す言葉でも、「mis」と「dis」には、明確な違いがある。(2021/10/20)

Yahoo!ニュースコメント欄の健全化対策を強化 違反コメント数などによってコメント欄を非表示に
違反コメントを複数回投稿しているユーザーへの注意喚起メッセージも厳しく。(2021/10/19)

中川翔子、中傷被害は「我慢しないで警察にちゃんと相談して」 弁護士から脅迫罪などについて学ぶ
YouTubeチャンネル登録者数72万人の岡野武志弁護士が登場。(2021/10/14)

中川翔子、誹謗中傷被害で「ここ数ヶ月は命の危険を考える程の恐怖」 「泣き寝入りするのも違う」と警察への相談を覚悟
「今後の抑止になれば」と思いを伝えています。(2021/10/7)

中川翔子、自身を侮辱・脅迫した疑いで男が書類送検され「ため息しか出ない」 過去には警察への相談を告白
20代の男性が書類送検されたとのこと。(2021/10/7)

その「つぶやき」で懲役も、ネット上の中傷厳罰化で 上川法相「侮辱罪」の刑法改正など諮問
上川陽子法相は、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策として「侮辱罪」に懲役刑を導入する刑法改正など3件の検討を法制審議会に諮問した。匿名投稿者の特定に必要な情報開示請求のプロセスも来秋にも施行される改正法で簡素化される見通しだ。匿名でも卑劣な投稿をすると、重い責任を問われることになりそうだ。(2021/9/27)

氷川きよし、プライバシー侮辱する投稿に事務所が法的措置検討 「だいぶ前からインスタのコメント閉じてた」の声も
画像や動画のアップロードについても注意喚起。(2021/9/21)

やまないネット中傷 厳罰化で悪質投稿抑止へ一歩
インターネット上の中傷対策を強化するため、法務省が刑法改正を法制審に諮問することで、「侮辱罪」が厳罰化される見通しとなった。被害者の救済や中傷の抑止につながると期待される一方、批評行為との線引きや利用者のモラル向上など課題も多い。(2021/9/16)

米男性歌手の“妊娠”発表に全米が大騒ぎ! マタフォト&エコー写真付きの新作アルバムプロモーションへ賛否両論
「女性への侮辱」との声も。(2021/9/3)

活用進むヤフーの“中傷対策AI” 無償提供の背景は
ネット空間での匿名の誹謗(ひぼう)中傷は東京オリンピックでも問題化した。対策が迫られる中、「ヤフコメ」と呼ばれるニュース配信サービス大手「Yahoo!ニュース」のコメント欄は、1日平均32万件超の投稿のうち約2万件が連日削除されている。複数のAIと人力を駆使し、論理的な投稿を上位に表示することで健全化を目指し、技術は同業他社にも無償提供されている。(2021/8/24)

ヤフーニュースに中傷コメント投稿 男性に罰金
ニュース配信サービス「ヤフーニュース」のコメント欄に、大阪府高槻市の北岡隆浩市議について事実無根の内容を投稿して中傷したとして、茨木区検が名誉毀損(きそん)の罪で、同市に住む30代の介護士の男性を略式起訴していたことが、22日分かった。略式起訴は5月13日付。茨木簡裁は同月27日、罰金10万円の略式命令を出した。(2021/8/23)

Yahoo!ニュースに中傷コメント投稿 男性に罰金
ニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」のコメント欄に、大阪府高槻市の北岡隆浩市議について事実無根の内容を投稿して中傷したとして、茨木区検が名誉毀損(きそん)の罪で、同市に住む30代の介護士の男性を略式起訴していたことが分かった。(2021/8/23)

中韓メダリストも中傷の標的 SNSの功罪
熱戦が繰り広げられた東京五輪だが、選手のSNSをめぐっての議論も過熱していた。選手自らが情報発信し、ファンと交流できるとあってもはやSNSは欠かせないツールだ。その一方で、ナショナリズムが高まりやすくなる五輪の試合では、試合内容や採点方法をめぐって相手選手を誹謗(ひぼう)中傷したりするなど、匿名性を盾に過激化している。選手のメンタル面にも大きな影響を及ぼしている。(2021/8/10)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
IT弱者の部長に「こんなのも分からないんですか?」 部下の発言でもパワハラにあたる?
50代の部長が部下たちにITツールの使い方を教わっていた際、3年目の若手が「部長、こんなものの使い方も分からないで、これまでどうやって仕事してきたんですか?」と発言しました。部長は若手の処分を訴えていますが、どうすべきでしょうか?(2021/7/21)

あやなん、「東海オンエア」しばゆーとの別居婚巡るコメントに反撃 0歳次男を“育児放棄”と責められ「イライラもする」
「自分の常識を相手の常識と思わないで」とあやなんさん。【訂正】(2021/6/4)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
LGBT「無関係な企業」はない 「体は男だけど女子トイレ」問題と、淘汰される無知な企業
LGBTなどの性的マイノリティーの割合は、8.9%にのぼる。11人に1人と考えると、どの企業も「うちにはいない、関係ない」とは言い切れないのではないだろうか。企業が知っておくべき知識とは。(2021/5/28)

あのキャラに花束を:
アニメ「イジらないで、長瀞さん」は怖くない 原作を読んで、キツめないじりの裏にある長瀞さんの淡い思いにニヤニヤしよう
センパイがどんどんかっこよく見えてくる作品です。(2021/5/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
内燃機関から撤退? そんな説明でいいのかホンダ
ホンダは新目標を大きく2つに絞った。一つは「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」であり、もう一つは「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」。そして何より素晴らしいのは、その年限を2050年と明確に定めたことだ。ホンダは得意の2モーターHVである「e:HEV」を含め、全ての内燃機関から完全卒業し、EVとFCV以外を生産しない、世界で最も環境適応の進んだ会社へと意思を持って進もうとしている。(2021/5/3)

Facebook、町の名前を「ビッチ(Bitch)」と誤判定か? フランスの町「ビッチュ(Bitche)」公式ページをうっかり削除
アルゴリズムで自動処理されたようです。(2021/4/16)

半導体不足が深刻になる中:
「スマホ用以外での投資不足が露呈した」、GFのCEO
世界的な混乱の中、米国バイデン政権はより高度な半導体の国内製造に向けて500億米ドルを割り当てることを提案した。GLOBALFOUNDRIES(GF)もこうした状況の中、奮闘を続けている。同社は既に米国で高度なICの製造を手掛けているが、エレクトロニクス以外の業界ではほとんど注目されないタイプのIC製造を専門としているため、エレクトロニクス業界以外にはほぼ知られていない。(2021/4/14)

「日本文化を馬鹿にしている」 ヴァレンティノの広告、着物の帯の上を歩いていると批判 「帯ではない」と釈明し謝罪
当該のコンテンツは「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」と説明しています。(2021/3/31)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仕事中に下品なことを言う」人の未来がない、これだけの理由
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言、テレビ朝日「報道ステーション」のCMなど、このところジェンダー問題が噴出している。この問題を回避する方法はあるのか。筆者はシンプルな方法を考えていて……。(2021/3/30)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

渡辺直美、東京オリンピックの侮辱演出に言及 「もっとみんなが分かりあって理解し合える世界になったらいい」 
容姿を動物に例えた演出提案が物議を醸していました。(2021/3/19)

渡辺直美、東京オリンピックの侮辱演出騒動にコメント 「最初に聞いていた演出とは違う」「私自身はこの体型で幸せです」
渡辺さん「私自身正直驚いております」。(2021/3/18)

「調子に乗って出したアイデア」 女性タレントをブタに見立てた五輪演出統括、謝罪文全文を公開
チームメンバーの批判を集め、撤回していたといいます。(2021/3/18)

GitHub「デフォルトブランチ名変更」の影響【前編】
GitHubが「master」ブランチを「main」ブランチに変更した深い理由
「GitHub」が新規作成リポジトリのデフォルトブランチ名を「master」から「main」に変更した。その背景には、差別的な言葉をなくそうとする世界的な動きがある。(2021/2/14)

「Wikipedia」運営団体が「ユニバーサルな行動規範」公開 嫌がらせなどを「容認されない行動」に
利用者に「期待される行動」「容認されない行動」をまとめています。(2021/2/3)

「星空のように美しい義眼を特注してみた」→義眼に込められた思いにはっとさせられる
特注の義眼に込められた思いを聞きました。(2021/1/14)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(1月編):ドコモショップの不適切メモ/au PAYで毎週10億円還元
2020年1月のアクセスランキングトップ10を紹介。1位はスマホ決済の1月キャンペーンまとめ。au PAYをPontaを統合する発表もありました。ドコモショップでの「不適切メモ」は、業界に驚きを与えました。(2020/12/18)

「自分が自分を好きでいれることが大事」 「ミス・ワールド」日本代表の金谷鞠杏、18歳が伝えたい“美しさ”の価値観
負けず嫌いから日本代表へ。(2020/11/17)

原作と違う「男性の書き方」と「結末」 「82年生まれ、キム・ジヨン」に複雑な思いを抱いた話
韓国ベストセラーの映画化を漫画でレビュー。(2020/10/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
中国がスクラッチをブロック インターネット分断が子どもの領域にも
中国が、子どものプログラミング教育用ツールであるスクラッチ(Scratch)のWebサイトをブロックした。2020年8月13日に中国からスクラッチのWebサイトが使えなくなり、その後も一部の中国ユーザーによる書き込みが続いていたが、9月中旬にはそれも途絶えてしまった。(2020/9/16)

「(首相は)大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」 立憲・石垣のりこ議員のツイートが炎上 → 謝罪
絵に描いたような大炎上に。(2020/8/29)

“はるかぜちゃん”こと春名風花さん、SNS誹謗中傷の示談成立 被告が示談金315万円支払いへ
Twitterに虚偽の内容を投稿されたとして、女優の春名風花さんと母親が書き込みをした人物に慰謝料などを求めた訴訟は、被告が示談金315万4000円を支払うことで示談が成立した。(2020/7/20)

海外で受けた人種差別 叔母の毅然とした態度を描いた実録漫画が考えさせられる
差別の根本にあるものとは。(2020/7/15)

Zoomを襲う悪質行為【前編】
「Zoombombing」(Zoom爆撃)とは? Zoom会議への乱入が起こる仕組み
新型コロナウイルス感染症対策で普及が進んだWeb会議ツールの一つが「Zoom」だ。その普及と同時に、Zoom会議を狙ったサイバー攻撃「Zoombombing」も活発になってきている。なぜZoombombingは起こるのか。(2020/6/27)

中学校時代の冤罪を胸に抱えて生き続ける「かぐや様は告らせたい?」11話 石上、一人ぼっちの戦い
良い人は傷ついてほしくないから。(2020/6/21)

働き方の「今」を知る:
「パワハラ防止法の施行で『陰湿なパワハラ』が増える」という批判は正しいのか
6月1日、いわゆるパワハラ防止法が施行された。これにより、大企業にはさまざまな対策が義務付けられるようになった(中小企業は22年4月から)。これまで統一されていなかったパワハラの定義が示される一方で「陰湿なパワハラ」が増えるのでは、といった懸念もある。ブラック企業に詳しい新田龍氏の見解は?(2020/6/19)

伊藤詩織さん支援ハッシュタグ「わたしは伊藤詩織氏を支持します」がトレンドに およそ1日弱で10万投稿超える勢い
「どうして被害者が声をあげたら酷い侮辱をされなくてはならないんでしょう」などの声も。(2020/6/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
ジャッキーは国家安全法支持 安定か混乱か、“ビジネスしやすい”香港はどうなるのか
中国の全人代が香港で国家安全法を制定する方針を決めた。中国政府による支配が強まるとして物議を醸している。ただ、欧米側が反発する一方、ジャッキー・チェンや現地のビジネスリーダーなど賛成する人もいる。それぞれの立場から、日本とも関係が深い香港の今の情勢を解説する。(2020/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。