ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「侮辱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「侮辱」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「aespa」カリナと熱愛俳優への誹謗中傷や侮辱的な書き込み散見 事務所が「法的対応を行う」
双方の事務所が熱愛を認めた形としてコメントを発表していました。(2024/2/29)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

スペインの復活祭、公式ポスターのキリストが「性的」「女性的」と批判殺到 作者は「ばかげている」「芸術が政治利用」と一蹴
アーティストの27歳息子がモデル。(2024/1/31)

「ガキだよね」取り調べ録画、異例の再生 国賠訴訟で東京地裁 動画あり 
犯人隠避教唆罪で起訴され、有罪が確定した元弁護士の江口大和氏(37)が、取り調べで黙秘権を侵害されたなどとして国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が、東京地裁(貝阿弥亮裁判長)であり、検事が「ガキだよね、あなたって」などと発言した取り調べの録音・録画映像が法廷で再生された。(2024/1/19)

88歳アラン・ドロン、近影がようやく確認 車椅子使用も“家族”とクリスマスを祝う 日本人女性“伴侶”と子どもたちが泥沼の法廷闘争
ずっと安否が心配されていました。(2023/12/27)

清水、J1昇格ならずで所属選手家族への“誹謗中傷”「看過することはできません」 PK献上のDFと元AKB妻が被害訴え
妻でタレントの高城亜樹さんにも誹謗中傷のメッセージが。(2023/12/7)

Social Media Today:
広告収入減はサブスクで補える? 逃げた広告主は戻る? そして余命は? Xの将来に関する5つの考察【後編】
前編ではX倒産の可能性はあるか、イーロン・マスク氏の個人資産でXを立て直すことはできないのか、考察した。後編ではX逆転のシナリオについて考える。(2023/12/6)

Social Media Today:
倒産する? マスク氏は金持ちなんだから自腹を切ればいいのでは? Xの将来に関する5つの考察【前編】
主にイーロン・マスク氏の言動をきっかけに広告主の離脱が進む中、Xの将来はますます不透明なものになりつつある。これからのXについて、誰もが知りたいポイントを考察する。(2023/12/5)

小林礼奈、誹謗中傷被害で警察へ “ヤバすぎる書き込み1位”に「酷すぎる」「傷付くとかのレベルじゃない」の声
一線を超えた書き込みを公開。(2023/12/3)

AWSの生成AIサービス「Bedrock」に新機能続々 基盤モデルのファインチューニングや、安全性保つ“ガードレール”など
米Amazon Web Servicesが、生成AIサービス「Amazon Bedrock」の新機能を複数発表した。Bedrock上で一部大規模言語モデルのファインチューニングが可能になった他、生成AIによる応答の安全性を高める新サービスも登場した。(2023/11/29)

小寺信良のIT大作戦:
「岸田首相フェイク動画」にみる、生成AIとフェイクニュースの関係 加速する誤情報にどう対処すべきか
11月4日、日本テレビは同社のニュース番組を模したフェイク動画がXを中心に拡散しているとして、注意を呼びかける報道を行った。各社の報道において、動画の制作には生成AIが使用されたとしているが、どの部分に生成AIが使用されているのか細かく説明されていない。この事件の形をもう少し細いペンでなぞってみることにしよう。(2023/11/14)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberは人間か? キャラクターか? 止まらない誹謗中傷との戦い方 ポイントは「中の人」の存在
後を絶たないインターネット上での誹謗中傷。その矛先は、バーチャルYouTuber(VTuber)にも向けられている。この記事では、VTuberの誹謗中傷における法的見解をシティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士に解説してもらう。(2023/11/1)

不適切との指摘があった『オタク用語辞典 大限界』に三省堂が回答 本は刊行、問題点は「できるだけ改善する」
語釈や用例について不適切ではないかとの指摘が出ていました。(2023/10/26)

「オタク用語辞典 大限界」巡り、出版元が声明 不適切な部分は「可能な限り改善」 出版予定は変更なし
SNS上で物議を醸していた書籍「オタク用語辞典 大限界」を巡って三省堂は、声明を発表した。語釈の不備や不適切な用例として指摘された部分について「可能な限り改善した」と説明。関係者への中傷コメントなどは止めるように求めている。(2023/10/26)

ロス五輪で金メダルの元女子体操選手、非常に珍しい肺炎でICU入りし「命がけで戦っている」 健康保険なく娘が高額治療費の支援呼びかけ
回復を祈ります。(2023/10/13)

「BreakingDown」“出禁”のSATORU、オーディション再登場で波乱の予感 頭下げ謝罪する姿に元恋人「一回ビンタさせて」
まさかの再登場。(2023/10/6)

迷惑系YouTuber、過激動画で収益 警察断固たる姿勢「一線越えるもの許さない」
大阪市内の工事現場に不法に侵入したとして、米国籍のインターネット配信者、ジョニー・ソマリことイスマエル・ラムジー・カリド容疑者らが大阪府警に逮捕された。(2023/9/22)

スピン経済の歩き方:
損保ジャパンとテレビ局はなぜ似ているのか 「ヤバい取引先」をかばう会社の特徴
テレビ局とジャニーズ事務所の「もたれあい」に厳しい批判が寄せられている。どういうことかというと……。(2023/9/5)

宮崎駿が「生命に対する侮辱」と批判してから7年 生物の進化を操るゲーム「ANLIFE」年内公開へ
生物の進化を操り、その様子を観察できるシミュレーターが年内にアーリーアクセスへ。宮崎駿さんが「生命に対する侮辱」と批判して話題になった開発元による作品だ。(2023/9/1)

「人として一番底辺」 宮崎麗果、0歳息子への攻撃に怒り心頭 “最低すぎる掲示板”に「泣くこともあります」
自分に直接報告しなくて大丈夫と説明。(2023/8/14)

“世界一嫌われた”女子テニス選手、スポーツマンシップに欠ける踏み消し行為を謝罪 「初勝利がこんな大騒ぎになるなんて」
いまだ非難され続けているアマリッサ・トート選手。(2023/7/21)

アラン・ドロンに「モラハラ」と告訴された日本人女性、39ページの文書で反論 子どもたちは「老いた父の世話をしなかった」
遺産が動機であるとも示唆されています。(2023/7/14)

小寺信良のIT大作戦:
誤解の多い「AIと著作権の関係」 クリエイターが真に戦うべき相手、被害の実態からひもとく
日本芸能従事者協会がクリエイターを対象にアンケート調査を実施した。メインは、「ご自身の作品等で実際にAIに使われた事例があれば教えてください」という事例集だ。いくつか事例を見ながら著作権との関係をひもといてみる。(2023/6/29)

働き方の「今」を知る:
カスハラに負けない企業の作り方 「毅然とした対応」は経営から
カスハラ(カスタマーハラスメント)をする悪質なクレーマーには、毅然とした対応が求められる。これを従業員に「毅然とした対応をさせる」ものと勘違いする企業が少なくないが、それでは単に「従業員に悪質客の対応を押し付けている」だけだ。では、企業はどうすべきなのか。カスハラに負けない企業の作り方の「5つのステップ」とは──?(2023/6/16)

働き方の「今」を知る:
「謝り続けた」「上司は取り合ってくれない」──危険なカスハラ対応が招くもの
悪質なクレーマーによるカスタマーハラスメント(カスハラ)に悩む企業が後を絶たない。「お客さまは神様」という意識が浸透するあまり見過ごされてきたカスハラだが、放置すると大きなリスクをはらむことになる。その理由はというと……。(2023/6/15)

「目つけられてんのかわかんないけど」 瓜田純士、YouTubeチャンネル終了の危機 審査一蹴され体調悪化も「やばいです」
過激な発言がYouTubeのガイドラインに抵触してしまった様子。(2023/6/7)

ピンク・フロイド創設メンバー、ナチス風衣装でパフォーマンスし独警察が捜査 「悪意」であり「中傷」と反論
ロジャー・ウォーターズに批判の声が集まっています。(2023/5/30)

ANYCOLOR、VTuberへの誹謗中傷で情報開示請求に成功 賠償金300万円以上で示談成立
バーチャルYouTuber(VTuber)グループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORは、所属ライバーへの誹謗中傷行為などの行為を巡り、発信者の情報開示請求が認められ、示談が成立したと発表した。示談金300万円以上で示談が成立したという。(2023/5/25)

3カ月に1回発生:
暴言に耐えかね「退職」も freeeの「カスハラ対策方針」が悪質クレームに示したこと
freeeは2月、不当・悪質なクレームについての対応方針を明らかにした。2022年夏にかかってきた脅迫電話がきっかけだったという。カスタマハラスメントによって休職・退職者が出るなど不利益を被ることが続き、対応方針公開に至った。それに至るプロセスや公開による反響などを取材した。(2023/5/18)

エド・シーラン、マーヴィン・ゲイの大ヒット曲巡る裁判で勝訴  “盗作”疑惑と戦った8年に「仕事はやめなくてもよさそう」
8年かかった長い裁判。(2023/5/5)

「横浜DeNA」エスコバー、“人種差別”発言ぶつけられ「非常に腹立たしい」 敗北当日の誹謗中傷に元チームメイト「許さない」
同日の試合で「阪神タイガース」に2対6で負けていた横浜DeNA。(2023/4/3)

ポーズマニアックス「画像生成AIで利用OK」 「進撃の巨人」作者も使ったポーズ素材サイト
人物のポーズ素材を無料で提供する「ポーズマニアックス」が、「画像生成AIで利用してもらって良い」とTwitterで表明した。条件付きだ。(2023/4/3)

65%が「パワハラを受けた」:
職場で受けたパワハラ 3位「過剰な業務を強制」、2位「過小評価」、1位は?
「職場のパワーハラスメントの現状」に関するアンケート調査を実施。65%が「職場でパワハラを受けたことがある」と回答。内容は?(2023/3/17)

埼玉栄高、東日本大震災に関する不謹慎動画を謝罪 「生徒へのネットリテラシー教育が行き渡らず」
埼玉栄高等学校は、生徒が東日本大震災に関する不謹慎な動画をSNSに投稿したとして謝罪した。(2023/3/13)

マウリッツハイス美術館が「真珠の耳飾りの少女」のオマージュ作品公募→AIアート選出で議論呼ぶ
美術館としての姿勢を問う声も。(2023/3/11)

インシデントに関わる罰則や影響度、最新の事例を紹介:
繰り返される誹謗中傷や炎上動画をどう防ぐか 情報リテラシー啓発に役立つガイドブックをラックが公開
ラックは、「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の第2.0版を公開した。近年発生したネットトラブルの事例を基に、最新の啓発内容となるように追記した。官公庁が公開している最新の統計情報も取り入れている。(2023/3/1)

迷惑行為あればサービス提供なし freeeが“カスハラ”対応方針策定
freeeが「カスタマーハラスメントに対するfreeeの考え方」を取りまとめた。提供できる価値を最大化し、同社らしい接客をするために、カスタマーハラスメントを定義し、該当する場合はサービスの提供を断るとの立場を示した。(2023/2/9)

坂口杏里、知人からの“嫌がらせ”に憔悴 「犯罪だよ!」「普通に悲しかったし、裏切られた」
現在警察が対応中とのこと。(2023/1/8)

カスハラあれば修理対応なし 任天堂が規定を改定 悪質なら警察・弁護士と対応
任天堂が「修理サービス規定/保証規定」に「カスタマーハラスメントについて」という項目を追加した。問い合わせの際に消費者側から脅迫や侮辱などがあった場合は修理を断ることがあるとしている。(2022/10/19)

“イェ”ことカニエ・ウエストがまた炎上 「WHITE LIVES MATTER」シャツ巡って『VOGUE』&トップモデルと舌戦
すごいことになってるぞ……。(2022/10/5)

ディズニーリゾートライン一部駅で「Zip-A-Dee-Doo-Dah」がBGMから削除されファン騒然 オリエンタルランド「多様性を反映」
削除の理由を聞きました。(2022/8/26)

ちょっとブリジットについて語らせてくれ! 「男の娘」として生まれたキャラクターが現実の「トランスジェンダー」についても知見を投げかける理由
20年目のかわいいは正義。(2022/8/20)

華原朋美、過去の誹謗中傷に「すごい病んだ やばかった」 夫は「あまりにひどいのは報告して」「守るのが仕事ですから」
YouTubeチャンネルのコメント欄を閉鎖している華原さん。(2022/8/10)

ビヨンセ、待望の新アルバムが問題続出で炎上騒ぎ 「障がい者差別」「無許可でサンプリング」と指摘相次ぐ
待ちに待った6年ぶりの最新アルバム。(2022/8/2)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「土下座で済むならいいじゃないか」 迷惑客への土下座を促した店長はパワハラ?
顧客がトラブルの末、従業員に土下座を要求。従業員の報告に店長は「土下座で済むならいいじゃないか」と取り合いませんでした。カスタマーハラスメントをする顧客から従業員を守らず、部下に対して土下座を促す行為は、パワハラでしょうか。(2022/7/26)

働き方の「今」を知る:
パワハラを根絶するために知るべき“5つのポイント”
パワハラ被害に関するニュースが後を絶たない。どうすればパワハラはなくなるのだろうか? パワハラ被害を未然に防ぐ方法、パワハラが起きてしまった際の対処法などを、ブラック企業アナリストの新田龍氏が5つの項目にまとめて解説する。(2022/7/18)

侮辱賞状は「余興のつもり」:
ハシモトホーム自殺事件から考える、パワハラがなくならない4つの理由
青森の住宅会社ハシモトホームで起きたパワハラによる自殺事件が話題となっている。「あーあって感じ」などと書かれた被害男性を侮辱する賞状は、「余興のつもり」で渡されたという。こうした報道から見える、パワハラがなくならない4つの理由とは──?(2022/7/15)

Innovative Tech:
出版料をだまし取る“ニセ学術誌”のリストが登場 本物と見分けがつかない詐欺サイト150以上を掲載
ドイツのFree University of BerlinのAnna Abalkina氏とRetraction Watchは、クローンジャーナル(詐欺をするために本物を模倣して作られた偽の学術誌)を一覧にしたリストを発表した。(2022/7/4)

クリス・プラット、2021年の炎上投稿を語る 「健康な娘を産んでくれて」発言が前妻と長男への侮辱と批判
「健康な」さえ付けなければ炎上しなかったかも。(2022/6/29)

スピン経済の歩き方:
なぜ「侮辱症状」を手渡したのか ハシモトホームとスルガ銀行の妙な関係
「社内イジメ」のニュースが飛び込んできた。青森県の住宅会社「ハシモトホーム」の営業社員が上司から罵声を浴びせられて、自殺をしてしまったのだ。それにしても、なぜ同社は侮辱症状」を手渡したのか。(2022/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。