ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IPマルチキャスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IPマルチキャスト」に関する情報が集まったページです。

産業用ネットワーク:
インダストリー4.0の推奨規格「OPC UA」、パブサブモデルでスマート工場に対応
日本OPC協議会は、OPCの動向を国内で紹介する「OPC Day 2016 in Japan」を2016年12月に開催。2017年にリリース予定の「OPC UA」のPublish/Subscribe通信モデルの概要やスマート工場内での意味、今後のロードマップなどについて紹介した。(2017/1/12)

普及を阻むのはベンダーの独善的拙速
「シンプルなファブリック」でSDNは「2016年こそ本当に」離陸できるのか
「企業はメリットのないものを決して導入しない」「従来技術によるネットワークアーキテクチャは終わりを迎えようとしている」と語るネットワーク技術者が、SDNが普及するために必要な条件を示す。(2016/6/15)

Interop Tokyo 2016 特集:
「日本のインターネットの父」が語る、Interopの意義
2016年6月8日から10日にかけて、インターネットテクノロジーをテーマとした国内最大級の展示会「Interop Tokyo 2016」が開催される。本稿では、Interop Tokyo 実行委員長である慶應義塾大学環境情報学部長 教授、村井純氏にInteropの持つ意義について聞いた。(2016/5/9)

NICTオープンハウス2015リポート ネットワーク編:
模型飛行機にP2PにSNS――災害に強い情報通信ネットワークに必要な技術とは
2015年10月22、23日、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が研究成果を一般に発表する「NICTオープンハウス 2015」が開催された。ここではセキュリティ、ネットワークだけでなく、さまざまな分野の最新技術が分かりやすく発表されていた。本記事では、NICTが取り組むネットワーク研究の成果を紹介しよう。(2015/10/30)

INTEROP TOKYO 2015の歩き方(1):
ネットワークはさらに高速化、SDNも当たり前に
INTEROP TOKYO 2015では、ネットワーク製品の高速化対応がさらに進む一方で、柔軟性を確保するとともに高度な制御を実現する手段として、各種のSDN(Software Defined Networking)、あるいはSDN的な仕組みが自然に使われつつある状況を、体感できるはずだ。(2015/6/9)

アイティメディア エグゼクティブエディター 三木が探る:
PR:巨大ネットサービスのネットワークから考える、データセンターネットワーク運用課題の克服
データセンターのネットワークは、課題が山積している。その解決のために、巨大ネットワークサービスのネットワーク運用から学べることはないのか。アイティメディア ITインダストリー事業本部 エグゼクティブエディターの三木泉が探る。(2015/6/1)

攻めのネットワーク解析で用途が拡大へ:
PR:世界初の200Gbps、爆速ネットワーク解析製品のスゴさとは
ナパテックジャパンは、INTEROP TOKYO 2015で、世界初の200Gbpsネットワーク解析ソリューションをデモ、併せて高速キャプチャデータをディスクに保存できるアプライアンスを展示する。これらの製品のスゴさとは何か。(2015/5/14)

モバイル端末でのダウンロード視聴も開始、ひかりTVがサービスを強化
NTTぷららが2013年下期の事業戦略説明会を開催し、今後展開するさまざまなサービスを紹介した。4Kトライアルのデモ映像も初公開。(2013/10/21)

CATVだって大丈夫! KDDIとJ:COMが既存インフラを活用した2K/4K/8K同時送信に成功
KDDI、KDDI研究所、ジュピターテレコムの3社は、フルHD、4K、8Kの映像を同時に伝送できる映像圧縮符号化方式を開発し、既存CATV網を利用する伝送実験に成功。デモを披露した。(2013/2/6)

仮想化で限界に達したVLAN
「VXLAN」入門──VLANを拡張する新標準とその必要性
仮想化の発展により、従来のVLANでは識別子が足りなくなる可能性がでてきた。また、VLANでは物理的に離れたデータセンター間での仮想マシンの移動にも対応できない。そこで登場したのが「VXLAN」だ。(2011/10/20)

KDDI研、Android搭載STBを試作
Androidを搭載し、IPTVやケーブルテレビに対応したSTBを、KDDI研究所がパイオニアと協力して試作した。(2010/12/1)

MediaFLOに新商用サービス――蓄積型クリップキャストなど4種を2010年下半期に提供
全米でMediaFLOでのマルチメディア放送サービスを提供するFLO TVが4月13日、インタラクティブサービスやタイムシフト視聴などの新サービスを2010年下半期に開始すると発表した。(2010/4/15)

KDDIら5社、京都市内で「ワンセグコンテンツをIPマルチキャスト配信」の実証実験実施
KDDIら5社は、11月28日から京都市内でワンセグ携帯を利用した新たな情報提供サービスの実証実験を行う。携帯向けサッカー特別番組内で配信するエリア情報を市内複数の拠点に配信する。一般ユーザーが体験できるスポットワンセグの視聴実験も同時に行う。(2008/11/28)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「IPTV」――HDにシフトするIPTVの課題は
YouTubeなどIPネットワークを利用した動画配信サービスは珍しくないが、テレビ番組を気軽に楽しめる状況にはない。今回は、日本における「IPTV」の現状と課題について考えてみよう。(2008/7/24)

ワンセグエリア放送をネット経由で任意の場所に KDDI研、ワンセグIP/RF変換技術
特定地域に限って配信する「ワンセグエリア放送」を、IPネットワークを経由して任意の場所で展開できるようにする送信システムをKDDI研究所が開発した。(2008/7/15)

KDDI研、特定エリア向けワンセグ放送のIP配信システムを開発
KDDI研究所は、特定エリア向けのワンセグ放送をIP網経由で配信する「ワンセグエリア放送送信システム」を発表した。マルチキャストを用いて、複数のエリアへ同時配信することも可能。(2008/7/14)

小寺信良:
IPマルチキャスト放送で揺れるホームネットワーク
PCのみならずテレビも対象にした映像配信サービスが普及しつつあり、IPマルチキャストの利用例も増えている。ただ、その定着によって顕在化しつつある問題もある。(2008/3/31)

「『ダウンロード違法化』阻止、まだチャンスある」――MIAUがシンポジウム
「違法サイトからのダウンロード違法化」という方向で文化庁の意向がまとまりつつある中、「国会で法案が成立するまでまだ時間がある」と、MIAUがシンポジウムを開催。ダウンロード違法化によるマイナス面を確認し、ロビー活動などを行っていく。(2007/12/27)

対談:小寺信良×椎名和夫(最終回)
ダビング10の向こうに光は見えるのか
小寺信良氏と椎名和夫氏が津田大介氏を司会に激論を交わす対談も最終回。話題は議論の表舞台に姿を見せない放送局やB-CASまで広がっていく。果たして、ダビング10の向こうに光は見えるのか。(2007/11/8)

日本HP、機器の障害を見える化するIPマルチキャスト製品を発表
日本HPは、ネットワーク管理ソフトに、障害の監視や性能管理ができるIPマルチキャスト対応の製品を追加すると発表した。(2007/7/23)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第4回 NTTドコモ 辻村清行氏──「ドコモ2.0」はWeb3.0のドコモ版
ジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、キーパーソンを招いて業界の行く末について語る鼎談企画。今回はNTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏にこれからの携帯向けサービスについて聞いた。(2007/6/13)

「エンタープライズPLC」のススメ:
AV仕様の超高速PLCが登場 その意外な使い道
PLCの業界推進団体には、HPA、UPA、CEPCAの3大グループがあるが、国内でもいよいよHPA陣営のHomePlug AV方式の単機能型PLCモデムが登場する。だがそれは、ホームユースではない新たな用途を提案するものだった。(2007/2/16)

「エンタープライズPLC」のススメ:
企業は高速PLCに何を求める?
一口にPLC製品といっても、低速ながら安定稼働するもの、たくさんつなげられるものなど、それぞれに独自の機能が盛り込まれている。ここでは、企業利用を前提としたPLCの要件を考える。(2007/2/8)

ユーザーを「認識」できるコンテンツ配信ソリューション――ジュニパー
ジュニパーネットワークスは、IPTVなど映像のブロードキャスト配信に有効な機能をルータなどの自社製品に実装することを明らかにした。(2006/12/14)

イーサーネットを産業分野で生かす
イーサーネットはオフィスの至るところで使われている。では、これをオフィスだけでなく、産業分野でも活用しようと思った場合には、どのようなことが課題になるのだろうか。本稿では、このような視点から、イーサーネットを用いた産業用ネットワークの設計のポイントについて解説する。(2006/11/1)

ハイブリッドP2Pで動画配信してました――TVバンク
ソフトバンクグループで動画配信を担当するTVバンクは、P2Pを使った動画配信システムを運用している。数万人単位の同時接続に耐え、視聴者が増えるほど通信が安定するという。(2006/9/26)

まもなく対応端末も登場──“EV-DO Rev.A”でアップロードを12倍高速に
KDDIは、WINの通信速度をさらに高速化する「EV-DO Rev.A」を12月に導入する。上りの通信速度が12倍以上速い1.8Mbpsに向上し、速度アップを生かしたテレビ電話サービスや情報配信サービスなどを拡充する。(2006/8/22)

MediaFLOを利用したサービス企画などを行う新会社を設立──ソフトバンク
ソフトバンクは7月18日、米QUALCOMMの携帯電話向け放送技術「MediaFLO」を利用した新サービスの企画や技術の調査などを行う新会社、モバイルメディア企画を設立した(2006/7/18)

対談 小寺信良×津田大介(1):
著作権を取り巻く環境はどう変わったか
「著作権」をめぐる課題は技術が進歩しても収まることなく、むしろ複雑さを増しているのが現状だ。“映像の小寺信良氏”と、“音楽の津田大介氏”に、著作権を取り巻く環境の変化について語ってもらった。(2006/6/16)

IPマルチキャストで地デジ再送信、著作権処理を簡素化へ
政府がこのほど決定した「知的財産推進計画2006」では、IPマルチキャスト放送をケーブルテレビと同じ「有線放送」とし、著作権処理を簡素化するよう求めている。(2006/6/9)

Interop Tokyo 2006:
「放送と通信の融合」の役割担う携帯電話
KDDI副社長の伊藤氏によるキーノートスピーチでは、放送と通信の融合における課題、同社の役割について語られた。(2006/6/9)

西正:
IPTVという概念の整理と形態
IP方式でテレビ番組などの動画を配信できるようにするための検討が続いているが、IPTVという広義の概念を整理して議論しないと、せっかくの検討も論点が分散して、まとまるものもまとまらなくなるように思えてならない。(2006/4/6)

コラム:
IPマルチキャストが「放送」になる日
放送のデジタル化が進むに伴い、「テレビ」ではない「テレビ」もその居場所を明確にしなければならない時期が近づいてきた。地デジ難視聴対策としての側面を持つ、IPマルチキャスト放送は「放送」になれるのだろうか。(2006/4/5)

コンテンツクリエイターとユーザーの「大国」に――知財戦略本部提言
政府の知的財産戦略本部コンテンツ専門調査会がまとめた提言では、クリエイターに適切な利益を配分できる仕組み作りや、ユーザーの視点を盛り込んだコピープロテクト技術の導入など、クリエイターもユーザーも納得できる「大国」を目指す。(2006/2/22)

小寺信良:
PCモニタの終焉がもたらす「マルチキャストルーム」構想
テレビとIPの融合が進むにつれ、テレビとPC用モニタを一元化したいというニーズが出てくる。PC世代の老齢化とともに大型テレビサイズのPCモニタも必要となる。そこから出現するのは、リビングとも仕事部屋とも言えない「マルチキャストルーム」の構想だ。(2006/2/6)

コアスイッチで企業市場狙うアルカテル、「カギはIPv6とマルチキャスト」
日本アルカテルはコアスイッチ「OmniSwitch 9000シリーズ」を発表した。IPv6の対応とマルチキャストをサポートする高性能で企業市場に攻勢をかける。(2006/1/25)

ものになるモノ、ならないモノ(5):
月額1000万円が300万になる新・映像配信って?
本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」に続き、今回はIPv6を1年前にはじめて知ったという経営者が実用化したブロードキャスト映像配信にスポットをあてる。(編集部)(2006/1/14)

アイピーモバイルが8.75億円増資〜総務省に免許申請
アイピーモバイルも総務省に免許申請。さらに、楽天やIIJが8億7500万円の第3者割当増資を引き受けることも明かした。(2005/9/30)

小寺信良:
ケーブルテレビに見る“放送網とIP網の未来”
日本のブロードバンド普及の位一翼を担ってきたCATV。映像とIPの未来を見るならば、今CATVが一番面白い。「ケーブルテレビ2005」会場での展示から「放送とIP網の可能性」を考えてみた。(2005/6/20)

Webキャスト放送は“放送機関”か?――文化庁、著作権分科会国際小委員会を開催
文化庁は法制問題小委員会に続いて、国際小委員会を公開で開催した。第1回の審議ではWIPOで議論されている“放送条約”などについて、委員たちの間で意見が交わされた。(2004/9/3)

多チャンネル放送&VoDの「4th MEDIA」、IPv6で本格展開
ぷららネットワークスとオンラインティーヴィは7月8日、NTT東日本のサービスエリアを対象として、IPv6を利用したブロードバンド映像配信サービスを開始すると発表した。提携ISPのユーザーは、専用のSTB(セットトップボックス)を使い、専門チャンネルや映画をテレビで楽しむことができる。(2004/7/8)

「市内全戸を光ファイバー化」目指すレイキャビク
アイスランドのレイキャビクでは、5年以内に市内の6万5000世帯すべてに光ファイバー接続を導入する計画を進めている。既に100世帯で試験的に100Mbpsの回線が引かれている。(IDG)(2004/6/8)

みあこネット、IPマルチキャストによる動画配信の実験を開始
(2004/1/20)

事例に学ぶWebシステム開発のワンポイント(3):
クラスタは何台までOK?―性能から見たWebLogicクラスタの適正台数―
本連載では、現場でのエンジニアの経験から得られた、アプリケーション・サーバをベースとしたWebシステム開発における注意点やヒントについて解説する。巷のドキュメントではなかなか得られない貴重なノウハウが散りばめられている。読者の問題解決や今後システムを開発する際の参考として大いに活用していただきたい。(編集局)(2002/4/19)

IPルーティング入門(4):
RIPの仕組みと運用法を知ろう!
(2002/2/23)

IPルーティング入門(1):
ルーティング・プロトコルの役割を理解する
(2001/11/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。