ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「いらすとや」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「いらすとや」に関する情報が集まったページです。

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「僕と契約してデータサイエンティストになってよ!」 分析少女ありさ☆アリスの悲劇
未経験からデータサイエンティストを目指した「分析少女」に起きた悲劇とは。一部の怪しいデータサイエンティスト養成スクールへの警鐘を鳴らす物語。(2019/6/27)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
ネット炎上の秘孔を突かないために
ネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏が、「正義感の強い人たち」を反応させてしまう炎上の構造について解説します。(2019/6/20)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
ネット炎上は「強い正義感」が引き起こす
炎上は善意の人の正義から始まる。その仕組みを理解しよう。(2019/6/7)

RPGに学ぶセキュリティ〜第4章:
転職と上級職編――はじめから賢者にはなれない! セキュリティエンジニアに必要なスキルセット
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGによくある「職業」や「転職」を例に、セキュリティエンジニアに必要なスキルセットについて説明したい。(2019/6/3)

こいつ、歩くぞ! ゆで卵を作ったら“変な生き物”が誕生 「きもかわ」「ちょっと怖い」注目浴びる
インパクトあるビジュアル。(2019/5/27)

「コナン」が「ホームズ」を超えた! “探偵といえば誰?”のイメージ調査で圧倒的勝利
コナン・ドイルもびっくり。(2019/5/23)

コンビニのポプラ、大幅下方修正で最終赤字に 株価の“ナイアガラ”が現出する
株価は垂直に落下。(2019/4/5)

エイプリルフールと新元号発表が重なった「平成最後の4月1日」 ねとらぼ編集部が見た“空前絶後のお祭り騒ぎ”
「平成最後の4月1日」はどんな日だったのか、ねとらぼ編集部視点で振り返ってみました。(2019/4/3)

「これは覚えやすい!」 “R18”が西暦→令和の変換に役立つと話題に
新元号「令和」に関するネタ的なツイート「R18」が実は役に立つと注目を浴びている。(2019/4/1)

新元号「令和」を発表する官房長官、いらすとやがさっそくイラスト化
仕事の早さに驚いているうちに、「令和」の説明をする首相までイラストに。(2019/4/1)

いらすとやに「令和」のイラスト 「仕事早すぎ」と話題
フリー素材サイト「いらすとや」に新元号「令和」に関するイラストが追加された。(2019/4/1)

蛇口をひねると水ドバー! 不遇かわいい“水を吐くフグ”を完全再現した蛇口が制作される
無駄にクオリティーの高い映像編集がまたズルい。(2019/3/26)

口からダバーッ! 予想を超える勢いの「水を吐くフグ」の動画がやっぱり不遇かわいい
まあるいお姿も相まってかわいいのです……。(2019/3/25)

「水を吐くフグ」の写真が拡散 → いらすとやがイラスト公開、Twitterでも一大ブームに発展
愛嬌のある表情がたまらない。(2019/3/17)

「御社の犬!!」「お前も犬!!」「俺も犬!!!」 就活生だったときに作りかけた曲が頭から離れない中毒性と勢い
こんなの絶対笑う。(2019/3/4)

一番お金を使っているのは“何オタク”? 矢野経済研究所が調査
矢野経済研究所が「オタク」に関するアンケート調査を実施。1人当たりの年間消費金額が最も多いのは何オタク?(2019/1/30)

「私メリー、いまあなたのうしろにいるの」からのフリーズ 都市伝説「メリーさん」がリアクションに迷う予想外な漫画が尊い
例のセリフの意味が最後には違ってくる。(2019/1/5)

タイトルだけ考えたら漫画にしてくれるサービス「まんがか」爆誕 数万件の会話データと「いらすとや」の画像を駆使
なにこれすごい。(2018/12/29)

ここも制圧されたか! 「スマートニュース」まとめタブのアイコン「いらすとや」が席巻
上から下までほとんど一色。(2018/12/9)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「ビッグデータ」が「notデータ」でAIマジギレ!? “残念なAI導入”を卒業するには
ハロウィーンのお祭り騒ぎのように、AI(人工知能)やロボットブームに沸く日本。「とりあえずAIをしたい」という相談に悩まされてきたAIベンダー担当者が、AIが活用できる分野を紹介する。(2018/11/22)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
大激突! Pepper vs パートのおばちゃん “コスパ頂上決戦”
AI(人工知能)ブームに沸く日本企業。AIとは切っても切れない関係であるヒト型ロボット「Pepper」もブームが落ち着き、活躍の場が減ってきている印象だ。Pepperはいまどこで何をしているのか。マスクド調査隊(1人)が調査した。(2018/11/21)

「いらすとや」を立体化したトレーディングフィギュア登場 「心に闇を抱えた女性」など6種
(2018/11/13)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「AI開発ミステリー 〜そして誰も作らなかった〜」 とある大手製造業の怖いハナシ
“AIベンチャーで働きながらネットで情報発信しているマスクマン”こと、マスクド・アナライズの新連載がスタート。AI開発のリアルな現状をお届けします。第1回は、AI導入に踏み切ろうとするも、ミステリー小説並の恐ろしい事態になってしまうある大手製造業のお話です(恐らくこの物語はフィクションです)。(2018/10/25)

TBS「いらすとや」キャスター開発の裏側、深津貴之さんが明かす 「圧倒的な存在強度」「ディストピア作りたいわけではない」
TBSテレビのバーチャルYouTuberキャスター「いらすとキャスター」の開発裏話を、プロデュースを担当した深津貴之さんがnoteで公開した。(2018/10/4)

いらすとやを起用したバーチャルニュースキャスター爆誕 TBSニュースで速報からほっこり情報まで担当
(2018/10/1)

TBS、「いらすとや」キャスター起用 ニュース伝えるVTuber
VTuberのニュースキャスターが「TBS NEWS」でデビュー。その名も「いらすとキャスター」。フリー素材サイト「いらすとや」のイラストを使ったVTuberだ。(2018/10/1)

かわいいフリー素材「いらすとや」のフィギュアがワンフェス会場で販売決定 ラインアップは全6種
情趣を感じる世界観そのまま立体化。(2018/7/22)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
首吊り鳥居、古戦場跡、血を流す松 三和交通「心霊タクシー」ツアーにガチ突撃! 取材班のカメラに写り込んだこれはいったい
やだ怖い。(2018/7/15)

「草」「あつすぎワロタ」 LINE「いらすとや フルチャンスタンプ」が“NEO”になって復活、若者言葉40種
今回も100万回保存した。(2018/7/10)

“いらすとや風”MMDモデルが超絶完成度 最近よく見るピンク服の女性が動いたああぁぁっ!
独特なタッチも完全再現。(2018/7/10)

mixi世代直撃! リレー式自己紹介「バトン」がTwitterアプリとして復活
回ってくるバトンを回し続けた日々。ああ……。(2018/6/21)

「いらすとや」、地震直後に防災イラスト大量追加 1日で11点、「素早い」と称賛
6月18日午前8時前、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生し、各地で被害が報告されている。そんな中、人気の無料イラスト素材サイト「いらすとや」で防災関連イラストが相次いで投稿され、「素早い対応」と称賛を集めている。(2018/6/19)

最新巻の絵をすべて「いらすとや」に差し替えて無料公開する狂った企画 漫画『100万の命の上に俺は立っている』が公開
これはこれで面白いし、無料で出しちゃっていいのかな。(2018/6/8)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
不用意な「フェアプレー精神」には気をつけろ
「フェアプレー精神」や「弱者救済」が質から量へと変貌を遂げている。(2018/6/4)

Oculus Go! Go! Go!:
いらすとやに「電車でVR」登場
「電車で(Oculus)Goに」対応してくれた。(2018/5/24)

「それな」「わかりみ」「ぜんらたいき」 「いらすとや」公式のLINEスタンプ、ネットスラング満載の新作登場
以前のパリピ仕様から一転。(2018/5/17)

英国人もニッコリ? ニンテンドーラボで動く「パンジャンドラム」を作る猛者が登場
これでいつでもノルマンディー上陸作戦が実行できる。(2018/5/14)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝れば済む話 しかしネットでは逆効果
ネット炎上対策会社MiTERU代表取締役おおつねまさふみ氏による連載第2回。今回はネット炎上と「人狼ゲーム」の関係について。(2018/5/11)

「好きすぎて」製作 いらすとや“中二病の女の子”のファンアートが登場、超絶かっこいい
衝撃波とか出しそう。(2018/4/25)

いらすとやに「サイトブロッキングのイラスト」登場
イラスト素材サイト「いらすとや」に、「サイトブロッキングのイラスト」が登場した。Webサイトの前に警察官が立ち、両手を広げているイラストだ。(2018/4/24)

エグいほど皮肉が効いてる 『スマホをやめて本を読め』という新書に擬態できるスマホケース登場
読書中だと思ったか? 脱スマホ目指してると思ったか? スマホ中だ!(2018/4/17)

新連載:otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
火が点かないようにしても意味がない
炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏によるリスクマネジメント連載がスタート。火がついても燃え広がらないようにするためにやるべきことは?(2018/4/11)

第4回 先端デジタルテクノロジー展:
誰でも手軽に“バーチャルYouTuber” 離れた場所にいるVTuberが1つの画面に収まる制御システム公開
VRコンテンツの企画開発を手掛けるアルファコードが、離れた場所にいるバーチャルYouTuber同士が1つの画面で配信できるツールを披露。(2018/4/6)

いらすとや「草」「すこ」「ま?」 「LINEバイト」コラボスタンプのわかりみがまんじ
これは草。(2018/3/6)

これからのAIの話をしよう(人狼編):
「人工知能はうそをつく」 常識疑う力を 人狼AI研究者が描く未来
うそをつく、見破る、説得する――人間のように振る舞う、そんなエージェントの研究を進める壮大な「人狼知能プロジェクト」。同プロジェクトを率いる東京大学の鳥海不二夫准教授にAIと人間の未来について聞いた。(2018/3/1)

ふぃぎゅらぼ:
フリー素材「いらすとや」まさかのフィギュア化、味わい深いイラストがカプセルトイになって登場
フリー素材をフィギュア化する暴挙。(2018/2/18)

ITりてらしぃのすゝめ:
「タイトル詐欺」なぜ横行? 煽り記事に“釣られない”ための心構え
一部のWebメディアで見られる“扇情的なタイトル”とどう向き合うべきか。SNS時代の情報との付き合い方を考える。(2018/1/20)

「いらすとや」が「ギガが減る」のイラスト追加
フリー画像素材サイト「いらすとや」が「ギガが減るイラスト」を追加した。(2018/1/9)

「小5の弟の通知表みたら心配なってきた」 活動覧に書かれた「パァリイ・ピィ・ポォ係」に頭を抱える姉
なぜピィとポォで分かれているのか。(2017/12/27)

ITりてらしぃのすゝめ:
「許されるデマ」はあるのか? 人気アイドルの訃報で“揺れる”Twitterへの違和感
「情報は正確に。ソースも明示しよう」という考えはもう古いのか? 「感情共有サービス」としての側面が目立ち始めたTwitterについて考える。(2017/12/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。