ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本維新の会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本維新の会」に関する情報が集まったページです。

NHK予算、2年連続で全会一致承認ならず 放送とネットのビジョン見えず
NHKの予算が、全会一致での国会承認を2年連続で逃した。反対した日本維新の会は、NHKの問題点を「放送と通信の融合に対するビジョンをしっかりと打ち出してこなかった」と指摘する。(2021/4/14)

厳しい結果に:
NHK予算、2年連続で全会一致承認ならず ビジョン「見えぬ」と批判
NHKの予算が、全会一致での国会承認を2年連続で逃した。近年では、籾井勝人会長時代に不祥事が相次ぎ、3年連続で賛成多数での承認となったが、与野党が全会一致で認めるケースが多い。(2021/4/13)

「お花畑発想」露呈:
LINE“やっぱり”海外に、個人情報が漏れていた問題
多くの日本国民にとって身近で重大なニュースが飛び込んできた。無料通信アプリ「LINE(ライン)」の利用者の個人情報が、中国の企業に筒抜けだったという件だ。(2021/3/22)

ジャンプ編集部、『鬼滅の刃』風政治家ポスターに「一切の関与をしておりません」
ポスターを製作した議員は既に謝罪済み。(2021/2/4)

ネット被害、裁判迅速化へ 地方の負担軽減は不透明
ネット上で他人を中傷した投稿者を特定する手続きが年内にも簡易化されそうだ。だが、特定までの手続きが東京地裁に集中する問題について、有識者会議が議論を深めた形跡はなく、地方在住の被害者の負担軽減策が盛り込まれるかどうかは不透明だ。(2021/1/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「コロナで消費減税」は家計をラクにしない3つの根拠
日本では、日本維新の会が消費税を現在の10%から一律8%へ減税する法案を提出しており、これを支持する家計の声も小さくはない。しかし、消費税の減税措置は以下の3点で問題がある。勤労者世代にとっての第二の税金とも呼ぶべき「社会保険料」について引下げないしは増額幅の縮小余地がないだろうか。(2020/8/7)

コロナ禍のカジノ事情「国内編」:
汚職とコロナ禍で後ずれ カジノ誘致を再考すべき、これだけの理由
安倍晋三政権が鳴り物入りで誘致を目指していたカジノを含む統合型リゾート(IR)の実現が、コロナ危機の長期化により遠のきそうだ。(2020/6/12)

4割超が経済活動より「感染対策を優先」 若年層では「経済活動」派と「感染対策」派が2極化
世代間だけでなく、同世代間で意見が大きく分かれています。(2020/5/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナに苦しむ飲食店の“救済”に格差 カリスマシェフが指摘する重大問題
新型コロナの影響に苦しむ外食産業。家賃支援に関する与野党の法案が出そろったが、政府の対応が遅いので連鎖倒産の可能性を指摘する声も出てきた。(2020/5/19)

橋下徹“異端”の仕事術【5】:
橋下徹が実践してきた「部下の動かし方」 会議は「獲得目標の設定」を、評価は「見える化」を徹底せよ
大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第5回目は、橋下が実践してきた「部下の動かし方」を中心に、会議や評価の効果的な実施方法を聞いた。(2020/2/21)

国会中継を見て「デジタル遺品」の専門家が身構えてしまったワケ 国には期待できず……私たちができること
国会でデジタル遺品に関する質疑が初めて行われた。10分間のやりとりを通しで見た率直な感想は、「デジタル遺品はまだちょっと普通の遺品より面倒な存在だな」だった。死生とデジタルを追うライター・古田雄介氏がこの質疑の本質を解く。(2020/1/30)

小池都知事の森会長への私怨でこじれた?〜五輪マラソン札幌移転問題
舗装工事などにかかった費用は300億円超。(2019/10/30)

唐沢寿明以来10年ぶり! AAA西島隆弘、「日本 メガネ ベストドレッサー賞」サングラス部門を受賞
サングラス姿が尊い……。(2019/7/29)

どんな事態が起きるのか:
外国人労働者受け入れ法案が招く、本当の姿
政府与党と維新の会の賛成で衆院可決し、法の成立が固まった出入国管理法(入管法)改正案。日本の将来像に重大な影響を与える法案ですが、移民が始まるとどんな事態が起こり得るのでしょうか。現実的な想像をしてみたいと思います。(2018/11/30)

熱視線:
カジノ運営権獲得に向け、海外企業が大阪でPR夏の陣
人口270万人を抱える大阪市は、カジノを設置する日本初の大都市になるとみられている。(2018/8/24)

大田区区議が「東方」二次創作本をコミケで頒布 サークル参加の理由や政務との両立などいろいろ聞いた
以前から地方議員の実情を描く同人誌で参加。政治資金を一切使わずに活動しているとのことです。(2018/8/9)

日大タックル問題、負傷選手の父がFacebookで「試合中の監督の写真・動画」提供求める 「加害選手がかわいそう」
日大アメフト部の選手が、試合中に危険なタックルを行い相手選手をけがをさせた問題。けがをした選手の父親がFacebookで心境を打ち明け、「加害選手がかわいそう」と同情を寄せた。試合中の内田監督をとらえた写真や動画の提供を求めている。(2018/5/24)

漫画海賊サイトの「海外サーバだから合法」はどこまで通る? 政府の対策について文化庁著作権課に聞いた
2018年に入りますます議論が盛り上がっている漫画の海賊版サイト問題。サイトの違法性、対抗策について文化庁に取材した。(2018/2/23)

橋下氏が辛辣ツイート「鳥越さん、ケツの穴小さくないか?」
政治家を引退した橋下徹弁護士の「Twitter」への書き込みが盛んだ。法律政策顧問を務める国政政党「おおさか維新の会」の党名変更問題から東京都知事選、米大統領選に至るまで、橋下節で縦横無尽に“突っ込み”を入れている。(2016/8/2)

ニコ生配信者が選挙カーで「暴言」 おおさか維新の会・三宅博前衆議院議員が謝罪 「聴くに堪えない演説」「担当者の手違い」
「今すぐ私のように働くのをやめて、生放送を始めるべき」などと持論を展開していました。(2016/6/25)

参議院選挙の情報収集に「FRESH! by AbemaTV」――各党の公式チャンネル開設
ライブ配信を行うインターネットテレビ局「FRESH! by AbemaTV」において各党の公式7チャンネルが開設された。オリジナル番組の配信や、党首や候補者などによる街頭演説や集会、定例会見の中継などが行われる。(2016/6/20)

「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」 安倍首相が国会答弁で見解
TPP合意によって著作権侵害が非親告罪化するにあたって、安倍首相が「2次創作の同人誌は非親告罪には当たらない」と国会答弁で述べた。(2016/4/11)

次世代の党が「日本のこころを大切にする党」に改名 Twitterで「長い」の声 党員からの反発も
選挙のときに覚えにくいのでは? という政策として悪手だとする意見も。(2015/12/21)

民主・維新「公務員給与2割減」公約に橋下氏「笑えないコント」と批判
民主党と維新の党が来夏の参院選で「公務員給与の2割減」を共通公約とする報道に対し、橋下徹大阪市長は「笑えないコント」として実現不可能だと批判した。(2015/10/5)

「大阪市が公園でのドローン飛行禁止」報道が話題に 大阪市「首相官邸事件前から禁止している」
大阪市のドローン飛行の禁止は、首相官邸事件を受けてではなく、以前から条例に基づいて指導してきたとのこと。(2015/5/1)

「キモイ」発言 おぎやはぎの番組で侮辱されたとする大阪府議からの申立 BPOが問題なしと判断
山本大阪府議がLINEで中学生とトラブルになった問題を受け、オープニングトークで「思いついたことはキモイだね。完全に」とおぎやはぎが発言。府議が放送人権委員会に申し立てていた。(2015/4/14)

LINEトラブルの元府議に「キモい」発言、「問題なし」とBPO 「議員として受忍すべき」
LINEで中学生とトラブルになった元大阪府議について、TBSラジオの番組でお笑いタレントが「キモい」と述べたことについて、BPOは「名誉毀損には当たらず、放送倫理上の問題もない」と判断。(2015/4/14)

LINEで中学生に「許さない」メッセージの大阪府議 ブログで謝罪
「大人が子どもに使う言葉としては不適切でした」と謝罪している。(2014/8/10)

単純所持を禁止する児童ポルノ法改定案、衆院通過
児童ポルノの単純所持を禁止し、刑事罰を盛り込む児童ポルノ禁止法改定案が衆院を通過した。(2014/6/5)

コナミ、国内カジノへの投資子会社設立へ 法案成立に合わせ
コナミは、日本版カジノ法案の成立に合わせて、国内でのカジノ施設への投資を目的とする子会社を設立する。(2014/5/28)

ニコニコ超会議3:
安部首相の来場で自民党ブースが盛り上がっていましたが、ここで他政党のブースを見てみましょう
公明党や民主党など、各政党のブースを見てきました。(2014/4/26)

「あべぴょん危機一髪」も登場 ニコニコ超会議3政党ブースの出展内容発表
“痛車”選挙カーにレスキューロボットの展示など、各政党がさまざまな企画を行う。(2014/4/24)

日本初「政治版クラウドファンディング」オープン 現役議員や立候補予定者が資金調達
政治家や立候補予定者が資金調達するためのクラウドファンディングサイト「政治版クラウドファンディング」がオープン。現役議員などが立ち上げたプロジェクトを支援できる。(2014/3/18)

日本ペンクラブ、児童ポルノ禁止法改定案に反対声明 漫画・アニメ対象は「表現の自由を著しく侵害」
日本ペンクラブは、児童ポルノ禁止法改定案に反対する声明を発表した。「漫画やアニメを取り締まりの対象とすることは、表現の自由を著しく侵害する」と指摘している。(2014/3/18)

大阪維新の会「大阪都構想に関する質問会」ライブ配信 橋下代表ら出席
大阪維新の会による、報道関係者向けの「大阪都構想に関する質問会」の模様をライブ配信する。出席者は橋下徹代表、松井一郎幹事長。配信は2月15日13時0分〜。(2014/2/14)

「日本維新の会」結党から1年を振り返る
日本維新の会の松井一郎幹事長と浦野靖人青年局長が結党から1年を振り返る。配信は12月19日19時30分〜。(2013/12/16)

これからの働き方、新時代のリーダー:
仕事で他の人に差を付けるには? 池上流「選挙特番の作り方」――池上彰×吉岡綾乃(後編)
7月に参議院選挙が行われた夜、民放各局が選挙特番を放送する中で圧勝したのは池上彰さんが司会をしたテレビ東京でした。あの番組はどのように作られたのか? 池上×吉岡対談後編は、不利な条件下でも他の人に差を付ける仕事をするための考え方、池上さんの読書法に迫ります。(2013/9/9)

ネット選挙は空振り:
参院選のネット利用はどうだった? 政党サイトをチェックした人は1%足らず
ネットを活用した初めての選挙となった参議院選挙。Googleなどが実施した動向調査の速報リポートでは、期待された若年層の政治参加が薄かったことが分かった。(2013/7/31)

初のネット選挙運動は「空振り」? 「Webは情報収集手段としてはほとんど活用されず」──Google調査
ネット選挙運動が解禁された参院選で、テレビやネットへの接触と投票との関係を調査した速報レポートをGoogleが発表。政党の公式サイトを訪問した人は1%程度にとどまるなど、ネット活用は低調だった。(2013/7/30)

総RT数1位は三宅氏、特番ピークは池上さんと公明党──Yahoo!リアルタイム検索から見る参院選
Yahoo!リアルタイム検索から見える、ソーシャルメディア上の参院選は。(2013/7/22)

内田裕也、浜崎あゆみ…著名人のTwitterでの「投票先公表」に反響
投票先を公表した著名人のツイートに、支持する声や、「誰に投票したか言わない方がいい」との意見が寄せられた。(2013/7/22)

ファン数ではLINEが圧勝 各党のソーシャルメディア活用度は
参院選に向けた各政党のTwitter、Facebook、LINEの利用状況を調査したところ、ほとんどの政党でLINEのファン数が他サービスのファン数を上回るなど、LINEの活用度が際立った。(2013/7/18)

児童ポルノ禁止法改正案で初音ミクを語る!? 片山さつき議員の発言にネットで戸惑いの声
児童ポルノ禁止法改定案についての議論で飛び出した発言に、視聴者からは戸惑うコメントが。(2013/7/3)

【参院選】ニコ生で「ネット第一声」 日本維新の会・橋下徹代表から国民へのメッセージ
7月21日投開票の参院選。その公示日となる7月4日に「ネット第一声」と題して各党が国民へのメッセージをニコニコ生放送で配信する。映像は録画によるもので、このページでは日本維新の会・橋下徹代表の映像を配信する。配信は7月4日0時0分〜。(2013/7/2)

田原総一朗が9党代表者に聞く! 「参院選で国民に何を訴えるのか?」
田原総一朗さんが各党の代表者に「参院選で国民に何を訴えるのか?」を聞く。映像は録画によるもので、出演者はみどりの風・谷岡郁子代表、社民党・福島みずほ代表、日本共産党・志位和夫委員長、生活の党・小沢一郎代表、みんなの党・渡辺喜美代表、公明党・山口那津男代表、日本維新の会・松井一郎幹事長、民主党・細野豪志幹事長、自民党・石破茂幹事長。配信は7月3日22時30分〜。(2013/7/2)

参院選公示日、7月4日午前0時に各党党首が「ネット第一声」 ニコ生で配信
参院選公示日の7月4日午前0時に、各党党首の「ネット第一声」をニコニコ生放送が生配信する。(2013/7/2)

9党の党首がニコ生で「ネット第一声」 参院選公示・4日午前0時から配信
いよいよネット選挙運動が解禁される。(2013/7/2)

仮想空間で党首が選挙カーに アメーバピグで“街頭演説”
サイバーエージェントはネット選挙運動解禁に向け、政治家のオフィシャルブログ情報などをまとめた特設サイト「参議院選挙2013」を開設。公示日である7月4日にはアメーバピグで党首のアバターが“演説”を行う。(2013/7/2)

「無慈悲な質問」飛ぶも盛り上がりは控えめ 2回目のネット党首討論、ニコニコに期待するもの
前回より注目度が下がったネット党首討論。視聴者からの質問は切れ味抜群だったが、ニコニコの持ち味が封印されているようにも感じる。(2013/7/2)

ネット7社が「わっしょい!ネット選挙」 2日夜にマニフェスト発表特番を生配信
Twitter Japanやヤフー、ドワンゴなど7社が共同でネット選挙運動解禁に向けた共同企画を展開。2日には各党の代表者によるマニフェスト発表を3時間にわたりニコ生とUstreamで生配信する。(2013/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。