ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「近畿日本鉄道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「近畿日本鉄道」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

対象期間は6月1〜30日:
USJ、新プランを発表 1デイチケットとホテルがセットで半額に
USJは1デイパークチケットと近郊ホテルの宿泊券がセットになった新プランを発売する。料金が半額(最大5000円割引)になり、2000円分の地域限定通貨も付与。大阪の観光消費を盛り上げる。(2022/5/23)

産業動向:
2021年全国分譲マンション供給専有面積ランキング発表
不動産経済研究所は、2021年の供給実績を元に、売主・事業主別の供給専有面積ランキングを公開した。供給面積のトップは2年連続で野村不動産、三井不動産レジデンシャルが僅差で2位、前年7位の大和ハウス工業が3位に。(2022/5/20)

近鉄伝統の赤が鮮やかに:
近鉄、24年秋に新型一般車両を導入へ 40両を新造
近畿日本鉄道は5月17日、2024年秋に新型一般車両を導入すると発表した。(2022/5/17)

新幹線・駅…… 苦境の鉄道がリモートワークで反転攻勢
コロナ禍で苦境の続くJRや私鉄の鉄道各社が新たな需要を掘り起こそうと、鉄道利用者らのリモートワークを支援するサービスを広げている。駅構内のシェアオフィスの利用は堅調といい、リモートワーク環境を整備した新幹線も運行中だ。(2022/5/17)

東京メトロも配っている:
同業他社も「知らなかった」!? 小田急電鉄が“いいこと”した人に配る「カード」の正体
小田急電鉄や東京メトロは、忘れ物などを届けた利用者に対し、感謝の気持ちを伝えるカードを配っている。配布を始めた背景などを両社に聞いた。(2022/5/17)

新幹線・駅……苦境の鉄道がリモートワークで反転攻勢
新型コロナウイルスの感染拡大の勢いは落ち着いているが、JRなど鉄道各社は駅や鉄道利用者のリモートワークをサポートするサービスを広げている。(2022/5/16)

家計にしわ寄せ:
食品などの値上げ止まらず、消費はどうなる?
生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。消費者が生活防衛意識を強め、購入や利用を見送ることで、消費全体が冷え込む恐れもある。(2022/5/16)

プロジェクト:
愛知県名古屋市で延べ4.5万m2の新築分譲マンションが竣工、NTT都市開発ら
野村不動産は、旭化成不動産レジデンス、NTT都市開発、長谷工不動産、長谷工コーポレーションとともに、「錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」の一環で、愛知県名古屋市中区錦二丁目で開発を進めていた新築分譲マンション「プラウドタワー名古屋錦」が竣工したことを公表した。プラウドタワー名古屋錦に関しては2020年2月から分譲を行っている。(2022/5/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
不人気部屋が人気部屋に! なぜ「トレインビュー」は広がったのか
鉄道ファンにとって最高の「借景」が楽しめるトレインビュールーム。名が付く前は、線路からの騒音などで不人気とされ、積極的に案内されない部屋だった。しかし鉄道ファンには滞在型リゾートとなり得る。トレインシミュレーターや鉄道ジオラマなど、ファンにうれしい設備をセットにした宿泊プランも出てきた。(2022/5/7)

安全支える熟練の技:
日本屈指の平面交差 ポイントは41基も、近鉄大和西大寺駅
古都・奈良への玄関口につながる近鉄大和西大寺駅は、大阪難波や京都、橿原神宮前方面へと通じる一大ジャンクションだ。何本もの線路が立体ではなく平面で複雑に交差し、線路の分岐は計41基も。(2022/5/5)

鉄道をモチーフ:
“電鉄系”ランドセルってなに? 百貨店で商戦ピーク
令和5年度に小学校に入学する子供向けのランドセル商戦が、大型連休に各百貨店でピークを迎えている。商品の豊富なラインアップや量販店とのサービスの違いを強調。今年は鉄道をモチーフにした電鉄系ランドセルの投入も目立つ。(2022/5/2)

「十津川警部」の舞台にも:
「1番」がないのに日本一が2つ JR京都駅の謎に迫る
古都の玄関口である京都駅。JR各線をはじめ、近鉄や京都市営地下鉄が乗り入れ、1日平均約60万人(新型コロナウイルス禍前)が行き交う関西有数のターミナル駅だ。(2022/5/1)

個性あふれる鉄道:
長さ日本一の「大阪モノレール」 一時はギネス 、「鉄むす」も3位に
今年は日本の鉄道開業150年。明治5(1872)年の新橋―横浜間の開通以降、各地に路線網が広がり関西も個性あふれる鉄道を生み出してきた。関西の鉄道の「ナンバー1」にまつわる話題をみる。(2022/4/30)

新井貴子、元プロ野球選手の父の古希祝いに“腕組み”親子2ショット 「とても素敵なお写真」「現役時代大ファンでした」
名選手、名監督だった父の新井宏昌さん。(2022/4/27)

鉄道版「ドラレコ」7割導入 安全を追求 福知山線脱線事故17年
鉄道版「ドライブレコーダー」の設置状況について、産経新聞がJRと大手私鉄の計22社を対象に調べたところ、約7割が導入していることが明らかになった。JR福知山線脱線事故から17年。専門家はドラレコのさらなる広がりに期待を寄せる。(2022/4/25)

ご存じですか? 「中之島高速鉄道」と「関西高速鉄道」 路線図には出てこない、謎(?)の鉄道会社
縁の下の力持ち的な会社なのです。(2022/4/14)

展望シートも:
近鉄の新観光特急「あをによし」 車内はどうなっている?
近畿日本鉄道は12日、大阪、京都、奈良を直通で結び、4月29日に運行を始める新観光特急「あをによし」の報道向け試乗会を開いた。近鉄は「関西国際空港から入る外国人客が大阪から奈良へ行きやすいルート」とし、新型コロナウイルス収束後の訪日客需要にも期待を寄せる。(2022/4/13)

海外旅行代わりに近場で「ステイケーション」  需要掘り起こし
近場のホテルにゆっくり滞在して楽しむ「ステイケーション」と呼ばれる休暇の過ごし方が、新型コロナウイルス禍で難しくなっている海外旅行の代わりとして注目を集めている。(2022/4/8)

る海外旅行の代わりに:
「ステイケーション」が注目を集めている、なぜ
近場のホテルにゆっくり滞在して楽しむ「ステイケーション」と呼ばれる休暇の過ごし方が、新型コロナウイルス禍で難しくなっている海外旅行の代わりとして注目を集めている。(2022/4/8)

関西の「子育て世帯の住みここち」ランキング 3位「大阪市西区」、2位「大阪府箕面市」、1位は?
大東建託は、関西(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・滋賀県・和歌山県)に居住する成人男女2万8578人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/30)

月刊乗り鉄話題(2022年3月版):
順に並べて分かった意外な事実 新型車両「315系」デビュー記念! まとめてみましたJR東海「20年ぶりの新車」と仲間たち
意外と“へぇ〜!” 2022年春のダイヤ改正はちょっと寂しい話題が多かったので……「JR東海の現行車両カタログ」をどうぞ。(2022/3/29)

近鉄、ヤンマーと駅デザインをリニューアル 民間と共同改装は初めて
近畿日本鉄道は、ヤンマーと共同で駅構内のデザインをリニューアルすると発表した。近鉄が民間企業と協力して駅のデザインを行うのは今回が初めて。(2022/3/23)

ニッセイ基礎研究所の分析:
日本のホテル市場の回復は世界に遅れるのか 回復速度の違いが拡大
世界ではホテル市場において徐々に明るい展望が見えてきているようだ。一方で、国内ブランドの業績は芳しくない。原因は何なのか?(2022/3/19)

自主編集売場「Salon de GATE」オープン:
あべのハルカス近鉄本店、ファッションフロアを大規模改装 開業以来初
あべのハルカス近鉄本店タワー館4階に約50ブランドからなる自主編集売場「Salon de GATE(サロンドゲート)」がオープンする。(2022/3/10)

関西エリアの「住みここち沿線ランキング」 3位「地下鉄谷町線」、2位は「阪急今津線」、1位は?
大東建託は、関西エリアの115沿線に居住する成人男女8万8924人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/4)

アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉:
アパホテル、大阪・難波に地上40階の“高層タワー型ホテル” 客室数は2060室
アパグループは3月1日「(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉」(大阪市)の起工式を行った。(2022/3/3)

リテール&ロジスティクス:
大阪府八尾市で延べ5.4万m2のJP楽天ロジスティクス専用物流施設が着工、日本GLP
日本GLPは、大阪府八尾市で開発を進めていた物流施設「GLP八尾I」が2022年2月に着工したことを公表した。GLP八尾Iは、JP楽天ロジスティクスが専用施設として一棟全体を利用し、総開発費は約117億円で、2023年2月の竣工を予定している。周辺では、物流施設「GLP八尾II」の開発も進めている。(2022/2/28)

鉄道会社の苦悩:
JRが鉄道事業を維持するために、強化すべき「副業」は何か
経営状況の悪化が続く鉄道事業。私鉄各社が多角化した経営ビジネスを進める中、鉄道事業を中心としているのがJRだ。JR各社が今後生き残るために必要な策とは――。(2022/2/25)

移動の変革MaaS 鉄道各社が争うデータ取得
次世代移動サービス「MaaS(マース)」の本格導入に向けた取り組みが関西でも始まった。(2022/2/21)

走行中に運転士が位置情報ゲーム 近鉄
近畿日本鉄道は、男性運転士が乗務中に私用のスマートフォンを繰り返し操作していたと発表した。スマホでゲームをしていたといい、同社は処分を検討している。(2022/2/17)

猫たちの“面白立ちポーズ”がかわいくて元気をもらう! 「立ち猫」イベントが大阪・兵庫で開催
楽しそう。(2022/2/16)

神戸「神戸デリカ」(920円):
震災で途方に暮れていた老舗駅弁店に「喝」を入れた人物とは?
阪神・淡路大震災。甚大な被害を前に神戸の街と駅弁店はどのように復興していったのか。「喝」を入れてくれた人とは……? 当時の貴重な話を淡路屋の寺本社長に伺いました。(2022/2/13)

リテール&ロジスティクス:
東急不動産らが愛知県名古屋市で延べ35.5万m2のマルチテナント型物流施設を開発
東急不動産、ラサール不動産投資顧問、NIPPOは、3社が共同で計画を進めるマルチテナント型物流施設「ロジポート名古屋」の地鎮祭を2022年1月26日に行った。(2022/2/1)

需要増も事故死亡率が高いシニアカーの踏切走行
大阪府東大阪市の踏切内で、シニアカーに乗っていた男性が横断中に転倒し、電車と接触して死亡する事故があった。同様の事故は全国各地で相次いでおり、死亡率も高い。高齢化が進む中シニアカーの需要は高まっており、安全対策は喫緊の課題だ。(2022/1/25)

奈良県の「住み続けたい街」ランキング 3位は「王寺町」、2位は「広陵町」、1位は?
大東建託は、奈良県に住む成人男女累計6380人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/1/17)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
自粛から明るい話題へ、DMVデビューで大団円! 「2021年の鉄道ニュース・乗り鉄話題」10選
乗り鉄にとって、2021年も感染症の流行で自粛を強いられる年でした。それでも明るい話題、楽しいことがいくつもありました。日本の鉄道完乗率100%の筆者が振り返ります。(2021/12/31)

週末に「へえ」な話:
緑茶の「朝ボトル」を販売して、なぜ売り上げが1.8倍になったのか
名古屋市に店を構える日本茶カフェが、緑茶の「朝ボトル」を販売して、話題を集めている。店の外でボトルを販売して、飲み終わったら返却するだけ。1本300円のボトルを販売したところ、店の売り上げが1.8倍になったという。その謎に迫ったところ……。(2021/12/25)

「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに
ポケモン社は21日、ラッコポケモンの「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに任命されたと発表した。三重県のプロモーションや地域活性化に取り組む。(2021/12/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線だけじゃない! JR東海の「在来線」はどうなってるのか
JR東海といえば「東海道新幹線を運行する会社」「リニア中央新幹線を建設する会社」というイメージが強い。報道も新幹線絡みが多い。しかしほかのJR旅客会社と同様に在来線も運行している。そして「新幹線ばかり優遇して、在来線の取り組みは弱い」という声もある。本当だろうか。(2021/12/17)

新型特急やお得切符…鉄道各社のトンネル脱出策
新型コロナウイルス禍の人流抑制で打撃を受けていた鉄道各社が、誘客促進に動き出している。緊急事態宣言が解除され、新型観光特急の導入や、乗り放題切符などのキャンペーンが各社から相次いで発表された。鉄道業界は昨年から厳しい業績が続き、経費削減や資産売却で糊口をしのいできた。足元ではコロナの新たな変異株「オミクロン株」の脅威が出ているものの、ようやく「稼ぐ」方向でも力を入れられるようになったことで、長いトンネルに光が差してきている。(2021/12/13)

新型特急やお得切符……鉄道各社のトンネル脱出策
新型コロナウイルス禍の人流抑制で打撃を受けていた鉄道各社が、誘客促進に動き出している。(2021/12/13)

テレワークスペースも用意:
近鉄不動産、難波と東生駒に初の無人店舗 VRで内覧も
近鉄不動産は12月10日、近鉄難波ビル(大阪市)と近鉄東生駒駅(奈良県生駒市)に、無人の住まいの情報ステーション「SMART SPOT」を開設する。(2021/12/7)

2022年春から:
近鉄、QRコードの乗車券導入 購入から利用までスマホで完結
近畿日本鉄道(近鉄)は、2022年春からQRコードを活用したデジタル乗車券を発売すると発表した(2021/12/2)

上場企業の「早期・希望退職」募集が70社、1万4500人超 最多は日本たばこ産業の2950人
10月末地点で2021年の上場企業の早期・希望退職者募集人数は72社、1万4505人に達した。(2021/11/16)

「第7回痴漢抑止バッジデザインコンテスト」最終審査がスタート 上位5作品のデザインを製品化へ
話題のグラフティシンボルや人気の動物がモチーフになった作品も。(2021/11/12)

阪急、電車・バス運行情報の新アプリ「阪急沿線アプリ」をリリース 他社相互連携を拡充
これで、阪急、阪神、近鉄、南海、JR西日本の各社アプリが相互連携されるようになりました。(2021/11/2)

プロジェクト:
京都府の「東寺」駅前で延べ5900m2のホテルが竣工、NTT都市開発
NTT都市開発は、京都府京都市南区で計画を進めていたホテル「コンフォートホテル京都東寺」が竣工したことを公表した。コンフォートホテル京都東寺は2021年4月8日に開業した。(2021/10/28)

機体の公開も:
「空飛ぶクルマ」万博での実用化目指す ドローンで実証実験
SkyDriveは10月22日、2025年大阪万博でのエアタクシーサービスの実現を目指し、ドローンを使った実証実験を実施した。(2021/10/25)

なぜわざわざ難しい旧字体「鐵」を使う鉄道会社があるの?
「鉄」でいいじゃないか、ですけれど、実は……。(2021/10/18)

リテール&ロジスティクス:
「ZEB」認証を取得した延べ7.8万m2のサステナブル物流施設が東大阪市で竣工
SGリアルティは、大阪府東大阪市で計画を進めていた物流施設「SGリアルティ東大阪」が竣工したことを発表した。SGリアルティ東大阪には、SGホールディングスグループでデリバリー事業を担う佐川急便と、ロジスティクス事業を担当する佐川グローバルロジスティクスの入居が決まっており、他のテナントには3PLから配送まで環境に配慮したワンストップのサービスが提供できる。(2021/10/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。